挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ニューキーツ 作者:奈備 光

2章 シリー川と洞窟

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

28/126

27 落とした涙の色

 大広間に戻ってきた。
 先ほどと同じように、しんと静まり返っていた。
 脱ぎ捨てたスーツも武器も、そのままの状態にある。
 テーブルも椅子も、ボトルもグラスも誰かに触れられた形跡はない。
 電灯はほのかな光を変わることなく投げかけ続けている。

 しかし、ンドペキは胸騒ぎを覚えた。
 大広間からいくつか伸びている暗い通路。
 その通路に誰かがいて、こちらの気配を窺っているような。
 ンドペキは何食わぬ顔でテーブルに近寄り、いつでも武器を手にできる位置に立った。


 女は明日の会談について、さらに、
「でも、あなたには覚えておいて欲しいことがあるわ」と言う。
 そして、イスに腰掛け、グラスの水を飲んだ。
「簡単なことよ。交渉相手を注意深く見ること」
 女はそう説明したが、心なしか、顔が青ざめていた。
 それきり黙り込んでしまった。

 ンドペキの兵士としての感触が、何者かの存在を告げている。
 幸いに、敵意は感じられない。
 ンドペキは周囲に注意を払いながら、女を見つめた。
 女は、くるくるとよく動く瞳を閉じていた。
 先ほどまでの闊達さはどこへやら。
 悄然として、睫毛を伏せている。


 何から何までわからない女だ。
 しかし、ンドペキには、いとおしいという感情が生まれてもいた。

 ふと、この女と以前会ったことがあるかもしれない、という気がした。
 失われた記憶の時代に。

「ところで、おまえの名は。そろそろ聞かせてくれてもいいんじゃないか」
 女は、大きく溜息をついて、肩を落とした。
 グラスをテーブルに置くと、両手を膝に揃えた。
 そしてまた吐息。

「これだけ、一緒にいて、話もして、私の顔を見て、私の声を聞いても、思い出さないんだね」
 と、顔を上げずに言った。
 指先が震えていた。
 きれいな爪をしていた。
 そこにぽつんと涙の粒が落ちた。


 やはりそうだったのか。
 ンドペキは、自分の記憶の浅はかさを呪った。

「すまない」

 自分の恋人だった人だろうか。
 あるいは妻だった人だろうか。
 言葉遣いからすると、娘ということではなかったようだ。
 まさか、母だということもあるだろうか。いや、それはないはず。

 あるいはかつて所属していた部隊の仲間……。
 それなら涙を見せることはないだろうし、素肌を見せることもないだろう。


 答えの見つからないまま、ンドペキは女の手に触れようとした。
 しかし女は、すっと手を引っ込めてしまう。

 それはそうだろう。
 いとしい人だったであろう者の名前も顔も忘れて、手をとったところで、どんな言葉を掛ければいいのだ。

「私の肌に触れたからといって、思い出しそうもないからね」
 女が顔を上げた。
 赤い目にもう涙は溜まっていなかったが、切ない目をしていた。
「それに、叱られちゃうから」

 そして立ち上がった。
「そろそろ帰らなくちゃ。明日は大事な仕事なんだから」
「ああ。で、誰に叱られるって?」
「自分で確かめてね」



 女は、自分の部屋に残ると言ってきかなかった。
 何者かの存在を感じると説明しても、そんなことはないと取り合おうとはしなかった。
「今晩のことは、誰にも言わないで。そのときが来るまでは」
 椅子から立ち上がろうとさえしなかった。

 表情から笑みは消え、苦悩だけが張り付いていた。
「気をつけろよ。何かが我々を見ている」
 ンドペキはそう言い残し、後ろ髪を引かれる思いで大広間を後にした。

 ああ、情けない記憶力。
 傷付けることしかできない自分には、そこに居続けることはできないことだった。
「私のこと、もう忘れないでよ」
 振り向くと、女が小さく手を振ったのだった。


 忘却がどれほど大きな罪か。
 そんなことを考えてしまう自分のセンチメンタルに嫌気がさしながら、街へ向かって疾走した。
「しまった。約束とは」
 今更、聞くべきことを思い出しはしたものの、相手を思い出しもしないのだから、交わした約束など何の意味があるだろう。 


 ンドペキはひとりで街に向かった。
 月が出ていた。
 周りの景色が目に入った。
 深い山の中で、木々がうっそうと茂っていた。
 洞窟の入り口の岩の隙間は、そうと言われなければ、深い洞窟の入り口だとは思えないほど、自然の風情を醸している。
 頼り気なく、木々の緑に覆い隠されていた。
cont_access.php?citi_cont_id=526017838&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ