挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
姫勇者ラーニャ 作者:松宮星

最後の戦いのはじまり

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

96/115

龍の爪が求めるもの! 命が尽きる前に!

 オレの全身は炎の中だ。
 妻の与えてくれた魔法道具の結界が、きしみ始めている。炎を後どれぐらい防いでくれるのか? 限界は近い。
 邪龍の炎が直撃すれば、瞬時にオレは溶ける。骨すら残るまい。
 結界によって威力を弱められた息吹が、熱風と化し、オレの全身の皮膚を焦がす。
 即座に、外部から誰かがオレにかけてくれた回復魔法が発動する。ありがたい。焼けた肌が癒され、再び、肌が焼かれゆく。
 その繰り返しの中、オレはひたすら爪を振るう。吹き飛ばされぬよう、足を踏みしめて立ち続けて。
 邪龍の口腔が見える。
 尖った鍾乳石のような巨大な牙と歯が並ぶ歯列、蛇のごとき細く長い舌、そして絶えることなく喉から噴き上がってくる炎。
 鱗の無い口の中ならば、斬れる。
 斬れるのだが、爪の届く距離まで近寄る事ができない。
 邪龍は顔前に外部からの攻撃を阻む結界を、張っているのだ。それをこじ開けない事には、敵を浄化できない。
『龍の爪』に力を望み、竜巻や聖水を呼び、邪龍の結界へと斬りかかる。


『あなたの旅は終わるわ、シャオロン』


 邪龍を倒せようとも、倒せずとも、オレの運命は変わらないそうだ。
 爪と共に戦うのは、これが最後なのだ。
 ならば……
 勝利しかありえない。
 最後の勝利を龍に捧げるのだ。
 真龍は、未熟な子供に爪を与えてくださった。仇討を助けてくれ、その後も力を貸し続けてくれた偉大なる存在に、報いるのだ。
 この邪悪なる龍を葬る事こそ、龍の望み。
 オレは負けない。


『諦めたら、そこでおしまいですものね』


 決してあきらめず、強くあろうとした、美しく優しい方の姿が心に浮かぶ。


『あなたならできるわ、シャオロン』


 その方への敬意をも爪にのせ、眼前の結界へと爪をきらめかせる。


 ピシッ……と、ひび割れる感覚があった。


 亀裂が始まったのだ。


 邪龍の結界は間もなく破れる。
 けれども、もう……オレの結界も長くない。


「うぉぉぉぉ!」


 気合をこめ、『龍の爪』を振るう。
 共にあり、戦い続けた日々が胸をよぎる。
 オレの爪となり、支えてくれた聖なる武器を……恐れ多くも、オレは戦友のように思っていた。友と一体化し、戦い続ける日々はきらめいていた……


 光を感じた。


 上空より、光が降って来る。
 さながら、落ちる星。邪龍よりも巨大な光の塊が、頭上より落下してくる。
 光はオレを素通りし、邪龍のみに降り注がれる。
 魔族のみを攻撃する光の魔法なのだ。
 凄まじい衝撃に、火龍の巨体は揺らめき、そして……龍の結界は砕け散った。


 オレは走った。
『龍の爪』の求めに応じて。
 倒れゆく邪龍、その口腔へと飛び込み、爪にてその中を切り裂き浄化した。


* * * * * *


「すごい魔法……だったぜ、びっくりした……シン、やっぱ、おまえ……神様だったんだな……」
 魔法詠唱時も、発動時も、巨大な浄化の光が降って来るのを見た時も、頭がものすごく痛かったんだけど……
 地鳴りと共に倒れた邪龍が浄化されてゆく姿を見ているうちに、血が下がった。
 くらくらと、めまいがした。
 俺は砂地の上に、両手、両膝をついて座りこんだ。
 ひどい脱力感だ……
 それに、寒い……嫌な汗が流れている……
 動けなくなった俺の元に、すばやく誰かが駆けつけてくれ癒しの魔法をかけてくれた。が、目が回っていて顔をあげられない。誰だかわからない。
 防御結界も張ってくれてるみたいだ。
 ありがとうございます、と言ったつもりだったけど、声が出たかどうかわからない。
 俺の内のシンが、うんともすんとも言わない。
 ぜえぜえと荒い息を吐くイメージだけが、伝わってくる。消耗しきってる。
 回復魔法をもらえて、本当、良かった。シンが虫の息っぽいんだもの。
 ちょっとだけ、体に熱が戻ってきた。
 だが、まだシンは無反応だ。
 ごめんな、と俺は謝った。俺が魔法(うつわ)に向かないせいで、無理させちまったんだ。
 だけど……
 ありがとう、とも伝えた。シンがあのデカい光の玉をぶつけて協力したからこそ、シャオロン様が邪龍を倒せたんだ。
 従者仲間の友情の勝利だな、と思ったら、
《……ガキ》
 と、思念が返ってきた。
《私は、私と父上の為に戦っているだけだ……他の者など知らん》
 思念を返せるんなら、大丈夫だろう。良かった、無事だったんだな。
 と、思ったら、気持ち悪い! と、怒鳴られた。気持ち悪いって、何が?
「治癒の呪符にて、応急の治療のみいたしました。拙者では、これ以上の事はできませぬ」
 あれ?
 知った声だ。
「お身体をお起こします」
 俺の背を支え、上半身を起してくれたのは……タカアキのおつきのサムライだった。サムライは左手の竹筒を、俺へと差し出す。
「よろしければ、まずは、こちらを」
「マサタカ……そもじ、どうして?」
 ん?
 今、口、きいたのシンだよな?
「シン様が邪龍を敵と定めたと見受けましたので、駆けつけました。ミズハ様のお子様方の守護も、拙者の仕事と心得ますゆえ」
 サムライが、竹筒を俺の口へと近づける。
「御神酒にございます。お喉をお潤しください」
 受け取ったシンが、素直にそれを口に運ぶ。薬酒みたいな味だ。前、タカアキが心と体を馴染ませるお薬だって、ガジュルシンに贈ったヤツだ。精神安定&魔力行使時の肉体負担軽減用って聞いてたけど、精気やら霊力やら魔力やらの補充効果もあるようだ。酒でシンの弱っていた気が、ちょっとだけ力強くなる。
 全部飲み干し、シンが満足そうに息を吐く。
「ありがとう、少し楽になった。助かったで、マサタカ。魂、潰れるかと思うたわ」
 んん?
「人の体は魔力を行使すれば、その分、負荷を負うのでござります。大きな技を使えば使うほど、肉体に大きな負担がかかるとお心得くだされ」
 サムライが髭だらけの顔に、笑みを浮かべた。
「憑依体が、丈夫な男でようございましたな。失礼ながら、インディラの第一王子様では、術の行使後、心の臓が止まっていたやもしれませぬ」
 げっ。
 マサタカの言葉に、シンが不満そうに唇を尖らせる。
「父上の体やったら、同時に回復魔法も唱えられたわ。麿が倒れたのは、この男のせいや。こん体が魔力の欠片もないカスなのがあかんのやわ」
 えっと……
「なんや、カス呼ばわりされたのが不満なんか、忍者?」
 いや、そうじゃなくって……シン、おまえ、キョウのお貴族様しゃべり、できたんだな……もしかして、そっちが()
 表面に出ているシンが、ハッとして口元をおさえる。
 顔が熱くなる。多分、シンが顔を紅潮させてるんだ。
《父上には話すなよ、忍者!》
 心話に切り替えて、シンが噛みつくように言う。
 何で口調を変えてるの? って聞いたら、おまえには関係ない! と、ほざきやがる。
 ムッとした。
 なので、黙ってて欲しきゃ理由を言え、言わなきゃバラすぞって脅しといた。
 シンが、ぶるぶると震える。
 よっぽど言いたくないみたいだ。
 けど、バラしていいんだな? って確認をとったら、観念した。すげぇ不満そうに弱々しい思念で答えたんだ。
《……父上が……キョウ風の話し言葉が……あまりお好きではないからだ》
 へ?
 そんな理由……?
 思わず吹きだしてしまった。笑ってから、俺が、今、表面に出てるのかと気づく。
「馬鹿だなあ。ガジュルシンは、言葉使いで好き嫌いを決めたりしないよ」
《声に出すな、忍者!》
「おまえ、意外とかわいかったんだなあ」
《黙れ!》
 急に笑えなくなってしまう。又、シンに体の支配を奪われたようだ。勝手な奴。
 シンはコホンと咳払いをしてから、タカアキの従者に横柄に言った。
「マサタカ、父上のもとまで護衛しろ。ま、……私は、今、足が立たない。背負え」
「承知つかまつりました」
 サムライのオッサンに俺は、背負われる。
 怪我人が出たら拾ってくれるはずのサントーシュからの、移動魔法がこない。
 黒煙やら、瘴気やらがあがってて、あんま視界がきかない。シンがバテてるせいか白蛇の眼も、いまいち働かない。
 遠くがよく見えないけど、後衛の魔法担当組が、やられたって事はないよな。
 あっちには、カルヴェル様がいるんだから、負けるはずはない。
 怪我人が多すぎて大わらわで、俺の回収どころではないんだろう、きっと。
 俺は、俺の主人を思った。
 ガジュルシン……
 俺が憑依体になったのは失敗だったかもって、さっきチラっと思った。でも、正解だったようだ。俺は体力だけはある。シンがデッカい魔法を使っても、死ぬ事はない。
 魔力が枯渇するシンは気の毒だけど。
 シンがガジュルシンの体で魔法を行使していたら……
 ただでさえ、ガジュルシンは……が弱くて、……に侵されて……が短いのに、無茶な魔法をその肉体で行使されたら、更に……が短く……
 あれ……?
 何だっけ? 俺は何を考えてたんだっけ?
 頭がぼうっとする。
《泣くなよ、忍者》
 泣く? 俺が? 何で?
《おまえは突然、泣き出す。理解できない。気持ち悪い》
 失敬な言いがかり。俺はこいつの前で泣いた事ないのに。
 だけど、シンの思念は見下すというより、心配してって感じ。憑依体の俺を気づかってくれてるっぽい。
 友情が芽生えかけてる? って思考したら、罵詈雑言が飛んできた。
 うん、だいぶ、わかってきた。
 いろいろ気に喰わないところがあるけど、シンも悪い奴じゃない。


* * * * * *


 やわらかに降り注ぐ小雨を感じた。
 重たい目を開くと、白い神主服が見えた。
 古えの神主様か……? と、思ったのだが、すぐに違うとわかった。
 全身に霊的な存在を、鈴なりにつけている方だ。護符でできた円陣の中であぐらをかいて座っている方から、小雨が降り、オレにも降り注いでいるんだ。その方の頭の上でとぐろを巻いている白蛇から、小雨は生み出されている。
「もちょっと寝てた方がいいよ、英雄はん」
 大弓を左手に持った方は、頭痛を感じているのか額を押さえていた。
「そもじ、黒こげで、死にかけてたんや、今、無理したら魂が散るで?」
 オレは砂地の上に敷かれたマントの上に仰向けに寝かされ、その上から違うマントをかけられていた。
「死にかけてた……?」
「ああ。お礼はあっち」
 白蛇と共にある男が指さした方へと、オレは眼球を動かした。小柄なインディラ僧侶の背が見える。僧衣に血が飛んで、汚れている。誰かに回復魔法をかけているようだ。
 他にも怪我人が数人いるようだ。治癒魔法の唱え手も他にいるようで、呪文詠唱の声が重なっている。
「大僧正候補はんが、大きな回復魔法かけてくれはったんや」
「サントーシュ様が……」
「麿の周囲は、たんなる疲労回復所や」
「疲労回復所……?」
 眼球を動かすと、オレ同様、砂の上に倒れている者達が居た。新たにラーニャ様の従者に加わった方達だ。衣服が焦げたり、破けたり、血がついている。重傷を負ったところを癒されたのか?
「『トシユキ』が、ずぅ〜と麿を治癒してるさかい、その範囲を広くさせて、そもじらにおこぼれかけてやっとるんよ。麿のそばにしばらくいれば、元気になれるやろ」
 三大魔法使いが、ふぅと重い息を吐いた。ひどく疲れているようだ。
 マントから出ているオレの肩は、剥き出しだ。黒焦げになりかけたという事は、全身が火に包まれたんだろう。
 衣服は焼けたのだ。
 では、右手の爪は……?
 動かそうとしたのだが、まったく反応がない。
 体が麻痺しているのだろうか?
 それとも……
 動かすべき右手を失ったのか?
「『龍の爪』は……?」
「ある」
 三大魔法使いが『マサタカ』と命じる。魔法使いの膝の上にいた白蛇が砂の上を這い、オレのすぐそばまで来る。白く輝く聖なる存在だが、まだ華奢であどけない。
 白蛇が頭を微かに動かすと、オレの上をまとっていたマントの右側がめくれる。
 右腕はちゃんとあった。
 火傷もなく、表面上に怪我は見当たらない。
 剥き出しの肩から続く腕、そして肘から先には黒の小手と銀に輝く爪が見えた。五(そう)の爪……
『龍の爪』は、変わらぬ姿のまま、オレの腕にあった。
 邪龍の炎にも焼けず……
 美しい姿のまま……
 今世に残っていたのだ……
 胸が熱くなった。
 爪の無事が何より、嬉しい。
 目尻から涙が伝わった。
「又、戦える」
 懐から右手で扇子を出し、三大魔法使いが顔を隠し、そっぽを向く。オレの涙を見ないように。
「そもじ、ええ魔法かけてもろうたんよ? 反則すれすれやと思うわ、インディラ教的には、あそこまで治療してはいけないはずや」
 え?
「ミズハの再生並の威力やったわぁ。まあ、頭の良さそうな男やし、ちゃんと言い訳も用意してあるやろな。良かったな、英雄はん、そもじはまだ戦える。戦い続けられる」
 オレは……
 二度と戦えない体になっていたのか……
 妻の預言は、その事だったのか?
 サントーシュ様のおかげで、オレの運命は変わったのだろうか?
 オレは、まだ、爪と共に戦えるのだろうか?
 そうならば、嬉しい。
 だが……理由はないが……
 そうではないような気がした。
「タカアキ殿、そろそろじゃ」
 カルヴェル様のお声が聞こえた。
 三大魔法使いが、派手に溜息をついて、扇子を懐にしまう。
「ああ、もう、めんどくさ。こんなに働くの、生まれて初めてやわ」
 立ち上がって弓に矢をつがえる東国人に、カルヴェル様がホホホと笑いかける。
「すまぬのう、黒の気の浄化は、やはり、世界一にお願いしたいからの」
「このまんまやと疲れ果てて、身も心も儚くなってしまいそうやわ」
「あと一矢か二矢じゃろ。ガジャクティンの能力封印の魔法はきいてきておる。そこに存在するだけで、人をすくませるほどの気は、もうすぐナラカから無くなる。もう少しの辛抱じゃ」
「姫勇者はんに戦ってもらわな、勝てんもんな……あと二矢ぐらいなら、きばって働くわ」
 三大魔法使いが、霊力をこめ、矢を引きしぼる。
「はよ、動かんか、クサレ僧侶」
 大量の霊力が矢へと注がれる。
「ミズハをはよう出せ……浄化できな、死んでも死にきれんわ」
 光となった矢が、宙を飛ぶ。
 輝かしい浄化の気が、大魔王の気に染まりかけていた空間を祓ってゆく。
 魔族と戦う者達の心を奮い立たせる光だ……
 ナラカの気が周囲から薄れゆくのを感じながら、オレは瞼を閉じた。


* * * * * *


 ナラカは嫌ぁな顔で、ずっと笑っている。


 何を考えてるんだかわかんない。


 私の行く手を防ぐのは、つまんない小物魔族ぐらい。なので、道を塞ぐものはザクザク斬っている。みんなが引き受けてくれてるんで、大物魔族は私からひきはがされている。
 実質、私と戦っているのはナラカだけ。
 でも、ナラカは、四天王やら邪龍やらを呼び出して、私らにぶつけた以外、大きな技を使わない。今回は分身すら出していない。
 カルヴェル様が精神面への攻撃をしてるはずではあるんだけど、それにしても、戦わなさすぎ。私の攻撃を、余裕の体術と短距離の移動魔法で避けてるだけなんだもん。
 ガジャクティンが能力封印の魔法をかけてるのは、こいつも知っている。時間が経てば経つほど、自分の能力が下がってゆくのがわかっているのに……
 何故、序盤で一気に決着をつけないのだろう?
 やろうと思えばできるはずだ。こいつの能力ならば。


 何か企んでる……?
 だとしたら、かなりえげつないものだろう。


 けっこう、ひんぱんに、ズキン! と、全身が痛む。
 肉を削られるような痛みだ。
 四方から剣で全身を貫かれたように、痛い時もあった。
 何で痛いのかはわかってる。
 闇の聖書の欠片が消滅しているからだ。
 ナラカは、闇の聖書の欠片を核として、高位魔族を召喚している。
 仲間が召喚を阻止する度、そして、召喚されたものを葬る度、『勇者の剣』が痛みを感じるのだ。
 闇の聖書を消滅すると、剣は苦痛を感じる。
 それが共感能力のせいで、私にも伝わってくるんだ。
 体には傷一つないけど……痛いのだ……


 疲労回復&怪我自動治癒の魔法道具(マジック・アイテム)をカルヴェル様が持たせてくれたから、どうにか動けているけれども。


 私が感じる痛みは、瞬間的なものだ。
 痛いのは欠片が消滅した、その一瞬だけ。
 けれども、剣はどうなのだろう?


 嫌な予感がした。


 私は『勇者の剣』に力を願った。
 早く目の前の男を、斬り捨てたかった。
 キョウ言葉は、ジャポネの一方言。キョウの方々の話す共通語は、キョウ訛りがあって、のた~とした感じ。ジライの共通語も、古臭い表現のある、癖のある感じ。そんな話し方だとご理解ください。わかりづらくてすみません。

 六日で六話は、やはり無理でした。現在、四話目まで下書きが終わり、五話目を執筆中。一日か二日、間をおいてから六話つづけてアップします。
 次の話は『北方の戦士の戦い! それぞれの役目!』です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ