挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
姫勇者ラーニャ 作者:松宮星

新たな仲間と覚悟と愛と

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

85/115

これが最後! 人物紹介!

姫勇者ラーニャ
 私の事! 十八歳。黒髪、茶の瞳の美少女!
 ついに!『勇者の剣』も私の魅力にひれ伏したわ!
 共感能力者(エンパシー)の私は『勇者の剣』との相性は抜群、
 歴代勇者の中でも一、二を争う強さとなったのよ!
 知恵の巨人は私が大魔王に敗北する未来を見せてくれたけど、
 絶対、負けない! 最後まで私は運命に抗う!
 私の信奉者達の為にも、
 大好きなナーダお父様をM奴隷とする為にも、
 死ぬもんですか!
 現在、僧侶ナラカをぶっ倒す手を探してるところ!


忍者アーメット
 私の弟! 十六歳。金髪、青い瞳。
 第二王子だったけど、十歳の時、病死って事にして忍者になった。
 ちょっと鈍感だけど、我慢強くて、根は素直。
 多くの未来で、ナラカを倒していたのはこいつだった、
 両手剣の腕前はヘボいのに。魔族戦では『虹の小剣』を使う。
 ガジュルシンの影で、義弟で、恋人……
 そのベタベタぶりがムカついてしょうがなかったけど、
 今となってはガジュルシンの支えとなってもらうしかない。
 ジライに傀儡の術をかけられていて、私生活マル覗かれ。
 いつ体を勝手に使われるかわかんないのは、かわいそう。


第一王子ガジュルシン
 私の義弟! 十六歳。黒髪、青い瞳。アーメットより一ヶ月月上。
 十歳にして帝王学まで修めた天才で、魔法も超天才。
 世継ぎの王子のくせに、大伯父ナラカを止めるんだって
 はりきっちゃってインディラ寺院代表として一行に加わる。
 ナラカの能力を封印する魔法を使う為に。
 なのに……ナラカに呪いをかけられ声を失ってしまった。
 能力封印の魔法は使えなくなったけれど、どんな形でもいいから
 戦いたいと、あれこれ頑張っている。病弱だから、見てて心配。
 姫巫女との相互主従関係は解けた。私の弟とラブラブ中。
 ブラコンで、実弟に過保護ぎみなところあり。


第三王子ガジャクティン
 私のくそ生意気な義弟! 外見と声はお父様そっくり。
 でも、中身は後先考えないお子様。馬鹿な勇者おたく。
 霊力を取り戻し、数多くの神様に命令できる霊能者となった。
 が、その為に、味覚と嗅覚を捧げちゃったのよ! っとに馬鹿!
 ナラカの能力封印はガジュルシンから魔力をもらって、
 こいつ一人がやる事になった。無茶しないといいけど。
 カルヴェル様から借りた『雷神の槍』を使っている。
 私が好きだってこのまえ告白した。でも、返事は保留中。


アジの現王(?)アジンエンデ
 赤毛の戦士アジャンの娘。赤毛、緑の瞳。ケルティ人。
 きつい顔立ちの美女! 現在は女奴隷戦士(設定萌えっ)!
 ハリの跡継ぎハリハラルドと離婚した×イチ。だけど、処女。
 もと舅のハリハールブダン上皇から贈られた、
 呪の赤い鎧四点セットのせいで半裸状態を強要されている。
 ので、その上から服を着ている。恥しい外見のわりには
 優秀な鎧で、たいていの攻撃はふせいでくれる。
 バカ蛇のせいで深い眠りに落ちた為か、強い霊力に目覚めた。
 いろいろ見えて聞こえるらしい。ジライに惚れてたって
 言ってたけど、もうふっきれたのかな? 美形好きっぽい。


忍者ジライ
 変態忍者。私のストーカー。白子。『ムラクモ』の使い手。
 インディラ王宮付き忍者の忍者頭。
 認めたくないけど、私の実父。お母様のM奴隷。
 お母様と私にはMで、他の人にはドS。
 お母様や私への忠義は、狂信者の信仰レベル。


格闘家シャオロン
 お母様のもと従者。シャイナ人、黒髪、黒目。霊感が強い。
 閑村の村長さん。妻帯者。右手に『龍の爪』、
 左手に奥さんからもらった指輪をつけて戦う。
 にっこり笑顔の似合う爽やかな人なんだけど、なにげに
 人使いが荒いし、伝えるべき事はきつい事でも遠慮なく言う。
 シャイナ皇帝の格闘指南役の肩書を持っている。


大魔術師カルヴェル
 ホホホと笑うのが好きな、当代随一の大魔術師様。
 十二代目勇者の曾おじい様と、お母様の代で従者となり、
 大魔王を倒していた。私の代でも、大魔王の邪法を封じて
 くださったし、三回、大魔王を倒したって言って良いのかな?
 僧侶ナラカの親友で、ナラカに対し思うところがあるようだ。


ミカドの神官長タカアキ
 白粉ナンパ男。ホホホと笑うのはやめて。
 三大魔法使いの一人。浄化魔法の実力は世界一。
『破魔の強弓』の使い手。扇も使う。ミカドの従兄弟。
 十代で成長が止まってるし、二十二年も食事してない。
 姫巫女に養われ、人間の生活をやめてた半仙人。
 姫巫女の憑代で、夫で、主人で、餌で、産卵場所だった。
 姫巫女を奪われてプッツンし、シルクドでは大暴れした。
 女房を取り戻すまでという条件で、私の従者となった。


白蛇神ミズハ
 姫巫女とか名乗ってるけど、その正体はバケ蛇!
 水と長寿と多産を司る。キョウの守護神もやっていた。
 千年前にタカアキの先祖につかまって、本体はタカアキの
 母方の実家の神社に封印されている。巨大らしい。
 霊体のみタカアキの体に宿っていて、一日おきに
 タカアキから体を借りていた。
 現在、霊体はナラカの虜囚。


大僧正候補サントーシュ
 現大僧正候補。小柄、三十過ぎ。温和な性格らしい。
 移動魔法が得意。ナラカとの敵対を宣言する。


武闘僧イムラン
 インディラ(いち)の武闘僧。サントーシュの護衛役。
 故ジャガナート僧正の弟子で、お父様の弟弟子。大柄。


+ + + + + + +


『勇者の剣』
 不死身のケルベゾールドを葬れる唯一の武器。
 初代勇者ラグヴェイがエウロペ神より賜った聖なる武器……
 って事だったけど、ケルベゾールドが強すぎる為に誕生した
 卑怯なチー●品らしい……
 話す事はできないものの、剣には思考能力や感情がある。
 好き嫌いの激しい気分屋。乱暴者。魔族が大嫌い。
 恋する乙女や非処女も嫌い。今は私と仲がいい。


『ムラクモ』
 ジライの刀。『小夜時雨(さよしぐれ)』とジライは呼んでる。
 非資格者だと刀を鞘から抜けない。
 正しい持ち手が振るうと、刀身から聖なる水の飛沫が飛ぶ。


『雷神の槍』
 ガジャクティンの両手槍。カルヴェル様からの借り物。
 槍の名手以外の人が触れると雷撃を放つ。
 先端を向け『雷よ、来たれ』と叫ぶと対象に雷を落とす。 


『極光の剣』
 アジンエンデの両手剣。
 アジの部族王が代々受け継いできた、神との契約の証。
 非資格者が柄に触れると抵抗する。掌を焼いたり、
 雷を落としたり。聖なる武器って性格悪いのばっか。


『虹の小剣』
 お母様がカルヴェル様から結婚祝いにいただいた小剣。
 私かアーメットが使うことが多い。
 装備条件は美貌! 美しくないと鞘から抜けない。


『龍の爪』
 シャオロンの爪武器。右手用のみ装備している。
 左手用の爪はジャポネの龍神湖にある。
 龍神湖の龍と共鳴できると爪が振るえるらしい。 
 精神を集中すると爪から、聖水を放てたり、
 竜巻を生み出せたりする。


『聖王の剣』『エルフの弓』
 カルヴェル様所有の聖なる武器。


暴風雨神シャンカラ
 ガジャクティンの守護神。古代インディラの主神の一神。
 気分屋の暴れん坊。眷族が多いらしい。


知恵の巨人
 バンキグの古代の神、知恵を司る巨人。
 四天王フォーレンに腐らされてたのを私と姫巫女が助ける。
 そのお礼に、疑問に答えてくれた。でも、こいつが
 見せてくれた何百の未来で、だいたい私は死んでいた。


+ + + + + + +


僧侶ナラカ
 勇者ランツのもと従者で、お父様の伯父なんだけど、
 十五代目大魔王ケルベゾールドとなってしまった。
 すっごく髪が長くて、いけ好かないヤサ男。
 声はお父様にそっくり。影のガルバの病死を見過ごせず、
 魔に堕ち、迎えに行った。
 大魔王を復活させないって大僧正と約束してたのに、
 勇者と大魔王の戦いに終止符を打つ為、
 大魔王となった。『勇者の剣』の破壊を望んでいる。


忍者ガルバ
 お父様と、お父様のお母様、僧侶ナラカに仕えた忍者。
 お父様の即位後すぐに亡くなったって話だったのに、
 僧侶ナラカと駆け落ちしてた。
 おじいちゃんだったんだけど、今はナラカから
 二十代の時の肉体を与えられている。
 昔、ジライに『ご老体』と呼ばれていた。


『闇の聖書』
 初代ケルベゾールドが初代四天王それぞれに一冊づつ与えた、
 暗黒魔法の指南書。大魔王が生み出した暗黒魔法の全てが
 記されているといわれている。二代目から十四代目までの
 ケルベゾールドはこの書を読み解いた者が降臨させている。
 現存する闇の聖書は三冊で、全てナラカが持っている。
 書をバラして四天王の再召喚に使用したりしていた。
 ナラカは『勇者の剣』と共に闇の聖書を葬る気だ。


+ + + + + + +


十二代目国王ナーダ
 もとインディラ教大僧正候補! 現在は国王! 五十歳! 
 落ち着いた黒髪に、理知的な青い瞳……
 名君として民から慕われていて、信仰心に篤くて、
 武闘僧時代と変わらない輝かしい肉体で、魔法も超一流で、
 芸術にも理解が深くて、誰にでもお優しくて、
 包容力にあふれていて、とても涼しげでお美しいのに……
 お母様のM奴隷なのよ! ああああ、もう素敵!
 早くお父様と愛あるプレイをしたいわ!


もと女勇者セレス
 後宮のお立場はお父様の第一夫人だけど、本当はお母様がご主人様。
 愛をもって鞭をふるう女王様なの! インディラの真の支配者!
 ジライが第一の奴隷で、お父様もウシャス様もお母様の奴隷!
 金髪、碧眼、ナイスバディ。
 お母様も、昔は『勇者の剣』のわがままにふりまわされていたみたい。
 お母様も共感能力者(エンパシー)だけど、私の方が能力が高い。


第二夫人ウシャス
 ガジュルシンとガジャクティンのお母さん。M奴隷。
 万事控えめの良き妻、良き母で、お父様との仲もいい。
 お父様好みのあまり凹凸のない体型。


第四王子ガジュルヤーマ
 一番下の義弟。八歳。ウシャス様と一緒に後宮にいるわ。


学者リオネル
 私の教育係。よくも変な洗脳をかけてくれたわね!
 今度、会ったら、ぎったんぎったんにしてやる〜〜〜〜! 
 今はエウロペに戻ってグスタフ兄様の呪い解呪の為に働いている。
 木製の定規で机を叩くのが癖で、やたらガジャクティンと仲がいい、
 嫌ぁな勇者おたくだったわ……鼻眼鏡をしてた。


+ + + + + + +


赤毛の戦士アジャン
 もとお母様の従者。本名アジスタスフニル。
 赤毛、緑の瞳のちょっとかっこいいオジ様。
 アジ族に伝わる両手剣『極光の剣』の使い手だったんだけど、
 左腕を失って振るい手の資格を失ってしまった。
 神魔の器になれる優秀なシャーマン戦士。
 合意の上で、ナラカに異次元に封じられていたけど、
 今世に戻ったみたい。


勇者ランツ
 曾おじい様。『勇者の剣』から最も愛された、
 勇者史上最強の勇者だそうで、共感能力者(エンパシー)
 お母様が三つの時に亡くなった。


忍者ムジャ
 インディラ王宮付き忍者の副頭領。
 非常識なジライに振り回されている、かわいそうな常識人。
『姫勇者ラーニャ』の監修者。
 老忍者ガルバの子飼いの部下。


忍者クルグ
 インディラ忍者。シャイナの諜報機関の指導をしている。


忍者ヤルー
 インディラ忍者。お父様の影武者。外見はそっくり。
 普段は老人の姿で侍従をしている。


くノ一セーネ
 お母様の北方の旅に、ローラという名前で同行した。
 黒髪美人。


忍者ハンサ
 ガジュルシンのもと『影』のベテラン忍者。ガルバ子飼いの
 部下じゃなくって、正規教育で王宮付き忍者になった、
 手だれ。でも、わりと人情派。


神官キヨズミ
 タカアキのおつき。姫巫女の憑依体となる事もあった。


サムライ マサタカ
 タカアキのおつき。タカアキの母方の一族出身ではないらしい。


+ + + + + + +


先王ルゴラゾグス
 バンキグの退位した王様。類人猿そっくりの巨体で、声が大きい。
 二代目勇者の従者ゲラスゴーラグン様の霊から
 聖なる武器『狂戦士の牙』を継いだ戦斧の達人。


戦士カラドミラヌ
 バンキグの戦士。『狂戦士の牙』の現在の振るい手。
 お父様を勝手に『心の友』扱いしている。思ったより、強かった。


勇者グスタフ
 お母様のお姉さまの子、私の従兄弟。二十四歳。侯爵家当主。
『勇者の剣』より認められた『今世の勇者』だった。
 現在、勇者病というか呪いをナラカに呪返しているところ。


ヤンセン
 お母様のお父様! つまり、私のおじい様!
 ちょっとお父様に似てて包容力にあふれる素敵なオ・ト・ナ。


インディラの大僧正
 インディラ教団のトップ。二百歳近いって本当?
 お父様がすっごく尊敬してるから、絶対、とっても偉い方。
 ガジュルシンのお師匠様。
 インディラの総本山に籠りっぱなしで外に出ないみたい。


情報屋アルダナ
 ユーラティアス大陸(いち)の情報屋。表の商売は魔薬屋。
 アーメットを気にいってるらしい。


シャイナ国皇帝
 シャオロンが仕えている、九才のおチビ。
 出会ってすぐに私の魅力に心酔し、M奴隷宣言をした、
 なかなかみどころのある子供。忠義あふれる子供好きな
 家臣達に囲まれて、国の立て直しをがんばっている。


古えの神主の末裔アキフサ
 シャオロンの二番弟子。シャイナ女性と結婚してシャイナ国籍を
 得たジャポネ人。シャオロンの留守中、村を預かっている。
『龍の爪』は本当はアキフサの出身部族のものだった。


ハリの部族王ハリハールブダン
 ケルティの上皇様。渋くて素敵なんだけど、ちょっと変態。
『極光の剣』と対になる『知恵の指輪』の所有者。
 カルヴェル様の魔法の弟子で、三大魔法使いの一人。
 現在、赤毛の戦士アジャンを保護している。


緑の手エルロイ
 二百年以上、三大魔法使いをやっている偉い方だとか。
 植物を支配する力に秀でている。


+ + + + + + +

四天王エーネ
 一回目はシャイナ女性の体をのっとっていた。
 アジンエンデに斬られて今世より消滅。
 二回目はエウロペ女性?に憑依。私が倒した!


四天王ゼーヴェ
 一回目はシャオロンの弟子リューハンと同化していた。
 シャオロンに浄化されて今世より消滅。
 二回目はペリシャ人に憑依。私が倒した!


四天王バデンサ
 一回目に憑いたのはジャポネ人っぽい。
 タカアキが相手の姿もよく見ず、浄化していた。
 二回目はジライの知人に憑依。私が倒した!


四天王フォーレン
 知恵の巨人を腐敗させていた奴。
 十四代目大魔王に喰われ、今世から消滅。かわいそう。


十四代目ケルベゾールド
 ペリシャの第三王子アブーサレムを憑代にして出現。
 憑代の能力が低かったので、あんま強くなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ