挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
姫勇者ラーニャ 作者:松宮星

ちょっとしたおまけ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

115/115

完結記念! 没設定とかいろいろ!

「姫勇者ラーニャ」、ご愛読ありがとうございました。

「女勇者セレス」から続く未来の一つ、『女勇者セレス――千人斬り事始め編』のジライ編からの続き話も完結を迎えました。

 三人称中心+たまにラーニャ視点で書く予定だったのです。が、「思いがけない再会! 未来への約束!」で視点換えしまくったのが楽しく(しかも、書きやすかった為)、以後、一人称が中心となり、語り手もコロコロ変わるようになりました。読みづらかったかもですね、すみませんでした。

 最後という事で、どうでもいい事、本編で書ききれなかった事、こんな没設定もあったなどに触れ、「姫勇者ラーニャ」を振り返って、しめくくりたいと思います。

* * * * * *

●ラーニャが暴力をふるった相手(敵を除く)

1位……ガジャクティン
 右手で殴り飛ばす    「東へ!〜」
 ぶん殴る        「世界は広い〜」
 殴る          「勇者としての〜」
 右足をかけて踏む    「勇者としての〜」
 殴り飛ばす       「シャイナ皇宮へ〜」
 ジライをけしかける   「またいつか〜」
 左頬を殴る       「初恋の味〜」
 ジライをけしかける   「子供は嫌い!〜」
 踏んづける       「子供は嫌い!〜」
 バラ鞭を振り回す    「子供は嫌い!〜」
 右ストレートをお見舞い 「間もなく決戦!〜」
 右ストレート      「明日に向かって〜」
 ボディーブロー     「明日に向かって〜」
 渾身の一撃       「明日に向かって〜」
 ぶっ飛ばす       「間違いなく〜」
 軽くはたく       「求められた〜」
 頬をぐりぐりする    「求められた〜」
 つねる         「求められた〜」
 額を指で弾く      「届けられた〜」

2位……ジライ
 右のエルボー     「ケルベゾールドって〜」
 赤飯を顔面にぶつける 「ケルベゾールドって〜」
 バラ鞭でビシバシ   「ぼーちゅーじゅつを〜」
 右拳         「み〜んなジライが〜」
 怒りの鉄拳      「み〜んなジライが〜」
 踏みつけ       「み〜んなジライが〜」
 右拳で殴り飛ばす   「ど~んと私に~」
 後ろ蹴り       「初めての戦い〜」
 天幕から叩き出す   「世界は広い〜」
 右手で殴る      「世界は広い〜」
 右拳で殴る      「初恋の味〜」
 げしげし踏んづける  「初恋の味〜」
 かかと落とし     「異界の橋〜」
 右足で蹴り飛ばす   「万事解決〜」
 回し蹴りをお見舞い  「新たなる旅立ち~」
 右の拳をお見舞い   「深い意味なんてない〜」
 回し蹴り       「間もなく決戦!~」
 足を踏んづける    「幼い日の~」

3位……アーメット
 げんこつ        「告白しちゃうわ〜」
 姿見の鏡を投げつける  「み〜んなジライが〜」
 クッションを投げつける 「み〜んなジライが〜」
 ジライをけしかける   「み〜んなジライが〜」
 左のパンチ       「北方の上皇様〜」
 ぶん殴る        「子供の目〜」
 拳骨を頭に振り下ろす  「その奥に〜」

4位……『勇者の剣』
 踏みつけ  「両手剣の達人〜」
 棒で小突く 「両手剣の達人〜」
 石を投げる 「両手剣の達人〜」
 蹴っ飛ばす 「姫勇者と勇者の剣〜」

5位……タカアキ 
 右の拳でぶん殴る 「闇を斬る〜」
 右の拳でぶん殴る 「にぎやかな葬儀〜」

6位……ガジュルシン
 平手打ち 「いきなり四天王〜」

 ラーニャの愛(暴力)を最も受けたのはガジャクティンでした。さすが、M! 初めて殴られたのは十七話と遅かったのですが、そこからグングン伸びていきました。
 序盤は圧倒的にジライが1位だったのですが、途中から失速。アーメットが思ったよりも暴力を振るわれておらず、意外でした。
 言葉責めを暴力に含めると、シャイナ皇帝も浮上してきます。


●おまけ(ラーニャへの暴力)

アジンエンデ
 左手で頬をはたく 「いきなり四天王〜」

アジャン
 剣の鞘でバンバン叩く 「闇を斬る〜」

ガジャクティン
 左の平手で頬をはたく    「進むべき道〜」
 肩をおさえつけ壁にぶつける 「え? 嘘?〜」

セレス
 直接の暴力シーンはないのですが、『お母様のプレイルームを覗いた事はあるものの、すぐに見つかってお仕置きになっちゃった(「初恋の味〜」)』とラーニャが言っている他、ラーニャへのお仕置に関する描写はちらほら。

* * * * * *

●ラーニャと仲間たち

ラーニャと彼女の考える美
 お父様こそ究極の美! と、思っているので、世に言う美形に興味なし。
 ジライは美形らしいが『どーでもいい』『うっとーしい』『むかつく変な顔』で、
 ナラカは『フニャとしたヤサ男タイプ』であり『ニヤけた顔のイケすかない奴』で、
 ガジュルシンは『渋みも深みもやさしさも落ち着きも全くない、頭でっかちの青瓢箪』で、
 タカアキは『鬚を生やしていないわ、なよなよしてるわ、男のくせに顔に白粉ぬりたくって化粧してるわで、気色悪い』でした。
 綺麗な美形顔で、唯一ほめているのがシャオロン。『若く見えるわ。肌はすべすべしてて滑らかそうだし、武骨な感じが全然ない顔立ちは女性的な感じもする』『かわいいかも。笑うと子犬みたい』。
 オジ様がタイプなので、ハリハールブダンやアジャンの外見にはときめきを感じます。優しい包容力のある大人も好きなので、祖父ヤンセンも好き。
 女王様としては、『見るからに軟弱そうな、いぢめて〜と全身で訴えるようなMは、まったくもって好みじゃない』、『まったくそんなケがなさそうな』Mが好き。いわゆる『ギャップ萌え』。
 聖人そうなナーダ、潔癖なアジンエンデ、シャイナ国最高位のシャイナ皇帝が、好みのM奴隷だそうで……最初はシャオロンもいいなあと思ってました(しかし、意外に人使いの荒いシャオロンに『もしかして、あのMっぽい物腰やわらかな東国の格闘家は、本当はS?』とショックを受けていました)。

ガジャクティン
 お子様独特の傲岸さもありますが、根は素直で、お兄ちゃん、お姉ちゃん子。礼儀正しく敬意をもって接するので、年長者受けもいいです(カルヴェルやタカアキにかわいがられていました)。
 勇者おたくが高じて、勇者の従者になるのにふさわしい人間になろうと、学問や武術をがんばりました。凝り性です。
 ナーダと声も似ていて、声楽師になれそうな、しっとりとした色気のある美声。歌がうまいです。
 幼児体験から縛られるのは嫌い。しかし、ラーニャやらシャンカラ神が好きなんです、間違いなくMですねw 最後に視覚で捕えた映像は『ラーニャの笑顔』。その笑顔を胸に、神霊・精霊・心霊と交流しながら、ラーニャにボカスカ殴られて幸せに暮らしてゆくと思います。

ガジュルシン&アーメット
 ガジュルシンは総本山で過ごす事が多かった為、インディラ教の教えが生活の一部にまで馴染んでいます。後半、恋愛や弟への思いで揺れ動き、したたかさが減ってしまったのが、少し残念です。
 アーメットは同性愛のケはないんです。が、一回、開き直ると、後はけろっとしちゃうので、ガジュルシンを恋人にできました。
 二人のこの先の日常は、ムーンライトノベルズの「二人の十八番」で!

アジンエンデ
 私が、鉄ビキニの美女戦士が好きみたいですw ンな格好、おなかを斬ってくれって言ってるも同然だ! と、思っていたのに。
 父親への怨みを捨て、恋(ジライへの思い)よりも現実(ハリハラルド)を選んだ彼女は大人です。
 勇者として一生懸命なラーニャや、けなげなガジャクティンをかわいく思っていました。が、アーメットはラーニャの弟、ガジュルシンはガジャクティンの兄という認識。守る必要がなかったので、あまり思い入れをしていません。

* * * * * *

●「女勇者セレス」と十三代目勇者一行の事

「女勇者セレス」では、早くシャオロン&ジライを登場させたい+龍神湖に行くまでシャオロンに武器がない為、シルクドとシャイナでは大きな冒険をさせないまま話を進めました。又、ジャポネの描写もジライ関係のものばかりでした。
 なので、「姫勇者ラーニャ」では「セレス」ではあまり描かなかった国――シャイナ・ジャポネ・ペリシャを舞台とし、最終決戦の地はシルクドとしました。
 その考えでいくと、北方はシベルアを舞台にすべきだったのですが、カラドミラヌやルゴラゾグスを描きたくてバンキグに行ってもらいました。

もと女勇者セレス
 表の政治には、まったく口を出していません。ラーニャは誤解していましたが、女王様なのはプレイにおいてのみで、ナーダを支配していたわけではありません。
 インディラに意地でも来ないアジャンに呆れ、何でかしら? と、首を傾げています。

忍者ジライ
 序盤の牽引役でした。が、途中から大人しくなりました。もう少し目立たせても良かったかも。ガルバとの対決の二戦目も考えていたのですが、そちらは没としました。
 セレスとラーニャとこれからも一緒に居られるので、ジライ的にも超ハッピーエンドです。
 災厄除けのお守り(女性の毛)の話をラーニャにしたのは、ガジャクティンの事で頭を悩ませているラーニャの為でした。が、ガジャクティン本人にも多少の好意はあるようです。
 ミズハにとってジライが不味そうなのは、魔力も霊力も無くて、精気も押さえているから。素顔を見れば、卵を欲しがると思います。

格闘家シャオロン
 友人を浄化・爪を失う・全身火傷で死にかけると、作中でひどい目に合いました。が、それで、不幸とならないのが彼の強さ。
 十二代目勇者一行のもとで培われた忍耐力は、マルヤムを妻として更にグレードアップしています。本編終了後、マルヤムとの間に息子が生まれ、皇帝の私兵としても、『龍の爪』の持主の師匠としても、村長としても充実した日々を送ります。

ナーダ国王
 大魔王戦で、近くに居たのに顔を見せてくれなかったガルバの事を怒っています。
 ナーダの戦闘シーンが描けなかったのが、心残り。
『好きなもの断ち』が終わったので、ジライの事を考えられるようになりました。が、あいかわらずあまり相手はしてもらえないようです。

赤毛の戦士アジャン
 大魔王戦大詰めから目立ちまくりました。彼は華があるので、描いていて楽しかったです。
 一生、セレスとの事はふっきれないでしょう。が、姉弟妹の死の『傷』はだいぶ癒えました。

大魔術師カルヴェル
 ガジャクティンを老けさせてしまった事を申し訳なく思っていたので、セレスの時よりいろいろサービスをしました。 
 ナラカとは、気楽に気長につきあっていきます。
 タカアキとも茶飲み友達となりました。が、タカアキがお茶を飲まないので、酒か果物を土産に遊びに行っています。

* * * * * *

●「女勇者セレス」からのキャラ

『勇者の剣』
 おバカで、暴力的で、逞しくって、仲間思いで、ヒステリー。
 物語開始の頃は、グスタフに比べて出来が悪く、正義の志もなく、しかもナーダに恋しているラーニャが大嫌いでした。が、無茶を意地でも通そうとする彼女が次第にかわいくなり、『知恵の巨人』との関わりがあってからは彼女を大切に思うようになりました。LOVEじゃなくてLIKEですが。
 剣にとって、十二代目勇者ランツは相棒、ナラカは愚痴をこぼし合う仲(ノリは飲み友達)、カルヴェルは喧嘩相手、セレスはかわいいお嬢ちゃん、ラーニャはクソ生意気なガキです。
 人間の頃から「女勇者セレス」の「独白」のような方でした。ケルベゾールド降臨前に、カムアウトして勘当されてました。

僧侶ナラカ
『女勇者セレス――千人斬り事始め編』で、セレスが誰を選ぶかで、運命が大きく変わる方。
 大魔王となったのはジライ編からの続きの本作だけで、カルヴェル編の続きでは大僧正候補に復帰しており、他の続きでは二十五年後の約束を守り総本山で浄化されています。

忍者ガルバ
 ナラカ&ナーダLOVEの忍者。どちらも大切で、どちらも愛しています。
 ナラカ堕落の元凶。臓腑の病にかかった時にナーダに告白し、治癒をしてもらっていれば……「姫勇者ラーニャ」の話はありませんでした。
 自分のせいでナラカが魔に堕ちたのだと承知した上で、誠意をもって仕えてきました。ナラカと一体化でき、今は、幸せいっぱいです。
 大魔王戦ではこっそりナーダを覗き、『ご立派になられて……』と、感動の涙を流しています。

ムジャ達 インディラ忍者
 ガルバの遺志を継ぎ、ナーダに仕えています。
 人のいいガルバに育てられた為、実力差を素直に認めて、反抗もせず、東国忍者のジライを頭領として受け入れて従っています。
 ムジャは胃の弱い、真面目な忍者。文才があった為に、更にジライに振り回されています。
 クルグは物語終了後もシャイナで頑張っています。

ハリハールブダン上皇
 半身のアジャンを、大切に思っています。が、北方人なので恋愛感情には発展していません。
 本人は自分を真面目な苦労人と思っているのです。が、アジンエンデに(よかれと思って)赤い鎧四点セットを贈ったり、アジャンの心を勝手に読んだりと、マイペースすぎる為、『変人』やら『変態』とののしられています。

* * * * * *

●白蛇一族

 予定よりも出番が増えました。
 昨年十二月ごろ、タカアキと姫巫女の話「白蛇さんといっしょ」が書きたくて、頭の中は二人でいっぱいでした。しかし、まずは「姫勇者ラーニャ」を終わらせてから……と、後回しにしてたら、本編で白蛇率が高くなってしまいました。
 あやしい宮中言葉+京言葉+関西弁ですみませんでした。創作物で中国人が「〜アルよ」って言ってるのぐらい怪しいと思います。これはあまりにひどいという所がございましたら、お伝えいただけると嬉しいです。書き直します。

白蛇神ミズハ
 最初、『タカアキおにぃさまぁ(ハート)』みたいなロリキャラで考えていましたが、どうにも筆が進まず、『高ビーで好きな男にだけ愛想がいいわがまま女。でも、おバカで情が深い』に変更しました。
 って、あれ? ミズハって、もしかして、『勇者の剣』の女性版……?
 おバカな女にしたおかげで、書きやすかったです。多情で欲望に素直。後先、考えない。今が楽しければそれでいい、な神様です。

ミカドの神官長タカアキ
 高慢で身勝手で遊び好き。皇族ですが、貧乏なので、結構、せこいです。ミズハと自分が幸せなら、誰をはめようが、食いものにしようが構わないと考えています。
 女勇者セレスがジャポネを訪れた時は六才。母の実家の蔵に幽閉されてたので、出会っていません。
 母方の一族には怨みがあるものの、部下として使っているキヨズミやハルナ達は気に入っています。
『自分の死によって契約を無くし、ミズハと子供達をお山に帰そう』と、思っていただけに、今、幸せいっぱいです。

マサタカ&キヨズミ
 マサタカは、本名は違います。過去を捨てたがっていた彼の為に、ミズハがマサタカと名づけました。大好きなタカアキの名前から「タカ」を、正直者だから「マサ」をつけました。ミズハに心酔し、タカアキには恩義を感じています。
 キヨズミは、昔はもっと素直な性格でした。が、蛇夫婦に関わって性格がひねくれました。マサタカとは異なり、ミズハに惚れているわけではありません。

シン
《父上に死んでほしくないのなら協力しろ。私と本契約を結ぶよう、勧めるのだ。私が病んだ肉体を食し、新たな肉体をさしあげる。私と共にあれば、父上は永遠にも生きられるのだ》と、言ったシンをアーメットは素直だからそのまま信じました。
 しかし、『産み直す』再生の術は難しい魔法で、生まれて間もない彼が行っても正しく「成らない」可能性が高かったのです。なので、ガジュルシンと本契約を結べたら、そのへんの人間で『産み直す』稽古をして、術の成功率を高めてから大切なガジュルシンを食そうと、けっこう邪悪な事を考えていました。
 タカアキが小蛇達に体を作り直させていなかったのだからそこで怪しいと思うべきなのに、まったく疑わなかったアーメット。更にはアーメットとガジャクティンが二人して『シンはいい奴だ』『心が綺麗だ』などと思うものですから……
 今ではすっかりほだされて、ガジュルシン以外の人間も愛しく思うようになっていますw 一番愛しているのはガジュルシンですが、アーメットもバカすぎてかわいくてたまらないようです。

白蛇
 トシユキはタカアキの部下(「異界の橋〜」前後でちらりと出ています)の子供、スオウは修験者の子供、ハガネはキョウに一時現れた抜け忍の子供です。孵していない卵は百ぐらいあり、魂のない幼蛇は二十ぐらいいます。

* * * * * *

●予定より出番が減った方

大僧正候補サントーシュ&武闘僧イムラン
 ナーダの大ファンの二人。ナーダへの愛ゆえに暴走し、ナーダや姫勇者一行に迷惑をかける……予定でしたが、だいぶ大人しくなってしまいました。
 サントーシュは『勇者の歴史』に詳しいだけで、勇者おたくというわけではありません。しかし、『勇者の歴史』を話題にすると、ナーダそっくりなガジャクティンが喜ぶので、その姿みたさにガジャクティンと会話をしています。
 イムランも学問として習っているので、そこそこ『勇者の歴史』を知っています。イムランは、お師匠のジャガナートと性格がそっくりなので、わりと好きなキャラです。

戦士カラドミラヌ
 あっさり北方に帰ってしまいました。ラーニャとガジャクティンがあの状態では、ナーダに戦斧勝負を頼めないので。でも、『心の友』に会えて幸せだったと思います。

学者リオネル
 ラーニャと旅をして、一行の知恵袋役をしつつ、ラーニャに繰り返し洗脳をかける役どころを考えていました。が、結局、勇者一行の知性派はガジュルシンとシャオロンが負う事になり、彼はグスタフと共にエウロペでお留守番となりました。
 一緒に旅をしていたら、ガジャクティンの味方となり、二人でうっとーしいほどの勇者おたくぶりを発揮していたでしょう。

情報屋アルダナ
「二人の十八番」に出します。

シャイナ国皇帝
 もう少し時を進めて、格好よく成長した彼を描こうかとも思ったのです。が、やめておきました。背はちゃんと伸びます。

『聖王の剣』
 ごめんなさい……出番すらありませんでした。ナーダに持ってもらう予定だったんですが……

* * * * * *

 登場人物達はこれからも生きてゆきますが、「姫勇者ラーニャ」はこれにて完結です。お付き合い、ありがとうございました。
 ムーンライトノベルズの「二人の十八番」はもう少し続きます。まだ七番勝負までですし。十八歳以上の方で男同士でもOKの方、ご覧いただけると嬉しいです。
 そちらが完結した後は、今のところは未定です。書くのを先送りした二本(ナラカ&ガルバと「白蛇さんといっしょ」)を描くかもしれませんし、違う連載を始めるかも。その時の萌え次第で。

 書くのでしたら、「ナラカ&ガルバ」はムーンライトノベルズの方。
「白蛇さんといっしょ」も、たぶん、ムーンライトノベルズの方。性描写を抜きにしても、ミズハの存在が十八禁なので。四才のタカアキを食べてますし。

* * * * * *

 感想をくださった方、レビューを書いてくださったakane様、評価、お気に入り登録をしてくださった方々、シリーズの他の話もご覧くださった方、この作品を支えてくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。

 又、どこかで、何かでお会いできれば嬉しいです。
※ムーンライトノベルズでタカアキ&ミズハと二人を巡る人々の話「白蛇さんといっしょ」の連載を始めました。構想5年になってしまいましたが、ようやく形とできそうでホッとしております。十八歳以上の方、ムーンの「二人の十八番」ともども「白蛇さんといっしょ」をよろしくお願いいたします。
(2017年4月1日 記)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
ドラゴン・ライフ

私は人間(女)だった。だが名前が思い出せない。なぜなら私はドラゴン(雌)になってしまったからだ。 しかもある国での伝説級のドラゴン。主食は人間です。・・・・え?//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2014/01/22 21:33
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
リアデイルの大地にて

事故で半身不随となった“各務桂菜”は、ある日停電により死んでしまい、直前まで遊んでいたオンラインゲームの世界へ。 目覚めてみればゲームをしていた時代より更に20//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全75部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/03/26 21:20
第三王女のカエル様

アタシは宮本澄香(みやもとすみか)。 小さい頃から同じ設定の夢を見る。夢の中のアタシは、小国の王女様の、亡き母君様お手製の大事な大事なぬいぐるみ様。五体のぬいぐ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全124部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2013/03/17 00:58
第三王子エルメル

高校3年、病気によって命をおとした少年。再び目を開いたとき、彼は赤ん坊になっていた。存在を消された第三王子は喋らない、笑わない、出来損ない? 過保護な従者に、自//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全49部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2013/05/05 07:00
目指す地位は縁の下。

異世界に飛ばされた女子高生、相馬沙羅は、彼女そっくりな貴族の令嬢の身代わりとして後宮入りする事に。 彼女の目下の悩み事は、後宮から逃げる事でも、後宮の一番になる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全120部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/11/13 00:00
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全178部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/08/27 02:16
女勇者セレス

女嫌いの『勇者の剣』を背負い、処女嫌いの傭兵には『馬鹿女』とののしられ、武闘僧には『一般教養に欠ける小娘でもあなたは勇者、旅のリーダーでしょ』と責められ、家族と//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全151部分)
  • 35 user
  • 最終掲載日:2012/05/01 00:07
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全352部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 07:00
詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。 ――主人公の両親//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全243部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 23:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全534部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 22:46
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全400部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2018/01/16 22:30
メイデーア魔王転生記 〜俺たちの魔王はこれからだ。〜

高校生の透、真紀子、静は、前世にて異世界の三大魔王として君臨していた記憶を持っています。外道な勇者によって殺された三人は、高校で“前世懺悔同好会”を設立し、 前//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全408部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2016/01/15 03:18
勇者の嫁になりたくて ( ̄∇ ̄*)ゞ

わたくし、ベルリナ・ラコット。18歳。ファンタジーな世界に前世の記憶を持ちながら転生しました。生まれた先は孤児でしたが、前の記憶と授かった特殊スキルのおかげでま//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全267部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2016/12/31 21:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

陽気な名ばかり貴族と、元軍人の年上妻の仮契約で結ばれた夫婦の雪国暮らし。身を切るような寒さの中で狩りをしたり、仕留めた獲物の解体作業をしたり、暖炉の火で料理をし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全137部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2016/02/28 23:51
木陰のメリー

剣と魔法の世界、エルファーレン。そんなファンタジー世界に転生したメリアナ・ラニード、通称メリー。言語習得にやたらと時間を掛け、転生チートなんてものも無い彼女は現//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全20部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2014/12/31 23:10
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
三年目のイリス

後宮に入って三年目、幸運にも王の寵愛を得られなかったイリスは、規則により家に帰される事となった。 しかし荷造り中に偶然王と会ってしまい・・・。 「折角ブサイクに//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全74部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2011/07/05 09:04
勇者互助組合 交流型掲示板

多重世界に存在する勇者や元勇者が集う「勇者互助組合」。頑張って魔王を目指している最中の勇者や、かつて勇者だった人物達が、世界をこえてのんべんだらりとやりとりする//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全9部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2013/11/02 23:25
義妹が勇者になりました。

 ある日突然、あたしは義理の妹に巻き込まれて異世界へ召喚された。第一声に「勇者さまは?」と訊かれ、即座に厄介事だと判断して迷いなく義妹を指さす。「このひとです」//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全116部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/07/23 14:00
死神を食べた少女

死神を食べたらどうなるんだろう。 私には良く分からない。分かるのはたった一つ。 お腹がすいた。 だから、こいつらの首を持って偉い人に届けよう。 きっと美味しい物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全37部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2012/12/23 22:58
風呂場女神

「なに、あんた。覗き?」 「水を一杯くれないか」この一見すると全く噛み合わないちぐはぐな会話が、 日本に住むただの会社員、玉野泉と、後に神聖国ヨー ク・ザイの歴//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全4部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/04/17 22:50
結構ハードな乙女ゲーの世界

“女神によって選ばれた女勇者が、多くの仲間の手を借りて、数々の苦難に打ち勝ち、復活した魔王を倒し世界を救う話”  そんな正統派RPGをベースにした乙女ゲームにハ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全19部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2012/08/16 23:22
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全180部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/12/30 00:00
義父と養子、時々夫?

伯爵家に嫁いだニケは、今日も隠居したような生活を送っていた──── 屋敷の使用人も夫も全員義母の味方で、冷遇されているわけでもいびられているわけでもないのだけ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全62部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2016/08/20 22:03
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
↑ページトップへ