挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

うさぎロケット

作者:天崎 剣
 おそらに ある、おつきさまの ところでね、うさぎさんが、おもちつきしてるって、しってる?
あのね、その、おつきさまに、いく ほうほうが あるんだって!
それはね、ないしょだから、だれにも いっちゃ だめだよ。
だから、こっそり おしえてあげるね。





 あのね、おつきさまに いくには まず、うさぎさんを さがすんだよ。
それもね、ふつうの うさぎさんじゃ、だめなの。
おおきい うさぎさんだよ。
どれくらい おおきいかって いうとね、おうち くらい おおきいんだよ。
そうしないと、みんなが のれないんだって。





 それでね、どうやって つかまえるか なんだけど、もりの なかに いってね、
ものすごく おおきな おりを よういして、なかに、にんじんを いれて おくの。
うさぎさんは、にんじんが だいすきだから、きっと、きてくれるよ。
 うさぎさんは、こわがりだから、そ〜っと、そ〜っと、やさしく ちかづいて、なでて あげないとね。
なかよくなったら、おりからだして、
「いっしょに おつきさまに いこうね」
って、いってあげてね。
 うさぎさんが、
「いいよ」
って、いってくれたら、だいせいこう。
 おおきな うさぎさんは、ロケットに なってくれるんだよ!





 おおきな うさぎさんはね、ほんとうは、おつきさまから やってきた、ロケットうさぎなの。
 せなかの ところが ぱかっと あいて、のれるように なってるんだよ。
そこにね、たいせつな おともだちや かぞくを のせて、おつきさまに いくの!
 ロケットうさぎは、なかなか みつからないうえに、まんまる おつきさまの ひじゃないと、とべないんだよ。
だからね、もし、おつきさまが まんまるじゃないときに つかまえちゃったら、おつきさまが まるくなるまで、まってあげてね。
 どうして、まんまるじゃないと だめなのって?
 それはね、もし、はんぶんこの おつきさまの ときに いっちゃったらね、おつきさまが はんぶんこに なってるから、ロケットうさぎが ちゃんと おつきさまに のれないからだよ。
みかづきの ときに いっちゃったら、もっと たいへんだよ! 
せまくて、おりる ところが なくて、あそべないよ!
 そうそう、とぶまえに、たくさん にんじんを あげてね。
おなかが すいて、おちちゃたら たいへんでしょ?
うさぎさんへの おみやげは なにに する? 
にんじん、クローバーの はっぱ、キャベツは どうかな。
よろこんで くれるかなぁ。
 それから、ロケットうさぎの なかに のったら、シートベルトを わすれないでね。





 まんまる おつきさまの よく みえる ところで、はっしゃ じゅんび!
 ロケットうさぎの しっぽが、パカッと あいて、そこから、ぼっと いきおいよく ひが でるの。
そして、ぶおーんと、すごい スピードで おそらに とんで いくんだよ!
 あのね、とぶとき、ちゅういすることが あるんだ。
 おそらを とぶ、ひこうきや ヘリコプターに ぶつからないこと!
 なるべく、だれにも みつからないように しないとね。
みんなが ねている ときに そーっと いくんだから、ね。
まどから みんなが すんでる まちが ちっちゃく みえてるね。
まっくらい よるの まち。
きらきら あかりが きれいだね。
 どんどん どんどん おつきさまが ちかづいてくるよ。
きいろい まんまる おつきさま。
ぴかぴか ひかって こっちを みているよ。
 おつきさまで、うさぎさんたちに あえるかなぁ。





 おつきさまにはね、たくさんの うさぎさんたちの くにが あるんだよ。
それでね、いい おてんきの ひには みんなで おもちつき してるの!
 うさぎさんに おみやげ わたして おともだちに なろうね。
みんなの おみやげは よろこんでくれた?
なかよくなった うさぎさんたちと おもちつき しよう! 
そしてね、おいしい おもちを、みんなで たべようよ。
ちからを あわせて つくった おもちは、きっと きっと とっても おいしいと おもうよ。





 おつきさまの うえで たべた おもちの あじは、どうだった?
 そろそろ おうちに かえらなくちゃ。
 うさぎさんたちが みんなで バイバイしてくれてるよ。
 きっと、また、あそびに くるからねって、にこにこで さよなら。
 みんな、ちゃんと ロケットに のったかな?
 おみやげの おもちも、たいせつに もってるかな?





 おうちに かえって、おもちを たべたよ。
 うさぎさんの かたちを した、かわいい おもち。
 おつきさまでは きょうも、うさぎさんたちは おもちつき してるのかな?
 まんまる かわいい おつきさま。
 かわいい かわいい うさぎさんたちは、きょうも おそらの うえから、みんなを みまもって くれているのかもね。




おしまい
 ある秋の夜、とってもお月様がきれいだったんです。「おはなししてー」という子供のお願いに、『本読むのもめんどくせーなー』と、適当に作ったのがこの話。
 子供が読んだら喜ぶお話の展開にしたかったので、語りかけるように書いてみたつもりなんですが、どうでしょうか。お子さんがいらっしゃる方には、是非子供に読んであげてほしいです。きっと、夜、お月様を見るのが楽しみになるでしょうから。


20071024本文修正(漢字を全て平仮名に直しました)
Fantastic Cafe
小説・イラスト中心創作サイト

虹の向こう
更新情報・CG講座・小説談義はこちらでチェックできます
off.php?img=39&id=fantasticcafe
拍手返事は小説家になろうマイページの活動報告にて


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ