挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
冬眠休暇はいりません 作者:羽月
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/13

9

 ――レイナートさんに保護されてしばらく経った頃。短い夏の一日のこと。あの日のことは忘れない。
 私は、髪をひとつにくくって、サリュースさんが若い時着ていた膝丈スカートをはいていた。丸くて顔の横にあり肌と同色で無毛の人間の耳を、高地の夏のような涼風に無造作にさらしていた。人間であることが問題になるとは、考えたこともなかった。レイナートさんもサリュースさんも、何も言わなかったから。
 人間のこと。熊人という種族のこと。レイナートさんは言うか言わないか幾夜も悩んで、それから私に告げ。その夜を、よく覚えている。

 人間は、全ての獣人の先祖だと言われた。
 そして、全ての獣人の、敵であると。



 獣人の遠い遠い先祖たちは、獣の耳も尾も持たないただの人間だったという。
 人間同士の間で争いが起きた。先祖たちはその争いに負けて、雪深いこの北の地にまで追われた。そして、厳しい土地で少しでも多く生き残るために、いくつかの場所に分かれて集落を築いた。ある者らは山の麓に、ある者らは森の中に、またある者らは川べりに、分かれて暮らしたという。
 熊人の先祖は高い山の麓に住みついた。そこは最北の奥地で、環境は過酷だった。冬の只中は雪嵐が何十日も吹きすさぶような場所だった。それでも耐え、ひと冬ふた冬と越した。けれども三度目の冬、彼らは死に絶えそうになった。
 ――それを助けたのが一頭の獣である。
 立派な体躯の黒い獣は、美しい人間の少女を死の淵から救いあげ、のちに彼らは結ばれたという。
 他の集落でも同じようなことがあり、獣とひとは種を越えて交わっていった。昔話に語られる幾通りもの恋物語。獣人は、そうして生まれたのだ。



 人間を恨んでいるわけではない。憎んでいるわけでもない。それでも思うところはあって、全ての獣人がアキを受け入れられるわけでもない。
 だから耳を隠しなさい。尾のない足を隠しなさい。人間であることは、明かしてもいいと思えるひとにだけ明かしなさい。それがお前のためだから。レイナートさんはサリュースさんと頷きあって、その夜の話はそれで終わった。
 言われた通りに、翌日からは二人の前であっても耳を隠すため頭に布を巻くようになった。短いスカートはやめて、丈のあるスカートを履くようになった。その変化を少し寂し気な目で見ながらも、お前のためと私を諭した以上二人が何かを言うことはなかった。
 そして季節は巡り、冬を過ぎて。私は、二人以外で初めてこの耳を人目にさらしたわけだけれど。
 思い返す。この世界で最初の友人の、あの瞬間、開かれ切った瞳を。



 あの日から三日。明日には男性職員二人も休暇に入り、二日の間、ギルドは私一人で開けることになる。ただ開けておくだけでいい、何もしなくていいと言われてはいても一人になる不安はあって、私は当然のように……ジオルドさんに一緒にいてもらう気でいた。一緒にいてくれると思っていたのだ。
 けれど、彼の返事は否だった。どころか、すませておくことがあるからと二日間『見回り』は休むと告げられた。避けられ、突き放された。その衝撃は、大きくて。

 彼は、人間の私を受け入れてくれなかった。

 ――ジオルドさんとの距離が遠い。



 一人きり、ギルドにこもり。ちらちらする雪を窓の外に眺めながら。静かすぎる空間に、考え事ばかりしている。
 ――日本にいた頃は、漫然と毎日を生きていた。みんなと同じように学生をやって、就職して、働いて。いつか誰かと結婚して家庭を作るのが当然だと思っていた。
 それがこの世界にきて、ようやく必死で生きるということを知った。誰かがくれる無償の優しさを知った。ここに今いる理由を求めるようになった。
 人間だと知られたら、誰もかれもがジオルドさんと同じように私を否定するようになってしまうだろうか?
 それは嫌だなとささやく。ならば、どうすればいいのか。もっと頑張らなければいけない。人間であっても、認めてもらえるように。……ジオルドさんに拒絶された衝撃は、少しずつ別の思いへと形を変え始めていた。

 レイナートさんとサリュースさんがあまりに優しすぎたから、多分私は勘違いをしていたのだ。おおらかな熊人は私のことを否定したりなんかしないと。けれどそれは間違いだった。私は、人間だとばれたら受け入れてもらえない。頑張って溶け込まなければ、一人きりになってしまう。

 頑張らないと。小さく、呟く。身寄りも同じ種族もいない極寒の地で、一人になるのは想像の中でも耐えられなかった。――ひしひし押し寄せる孤独感は、日本にいた頃は感じなかったもの。私は、この世界に来て、孤独というものもよく知るようになった。
 ぱちり、爆ぜる暖炉の音だけが空間に響いていた。
cont_access.php?citi_cont_id=351050719&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ