挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
冬眠休暇はいりません 作者:羽月
3/13

3

 朝起きたら銀世界は範囲を広げていた。昨日はまだ色が透けていた屋根も常緑の生け垣も、すっかり白く染まって道に積もった雪が高さを増している。
 新雪は太陽の光を受けてきらりと輝いている。綺麗だ。でも、ふかふかのパウダースノウが足元で沈み込むのが心もとなくて一歩一歩慎重になる。雪に慣れていないのは自覚している。――ひと冬を、この世界でひとり越すのは初めてだとふと気付く。白銀の街は静かすぎて、空には青さすらのぞいているのにひとりきり立ちすくんでいる心地にぞっとした。思わず早足になる。
 ギルドに入れば、薪が燃えている。ひとのいる気配に気を緩めれば、昨日と同じように暖炉の前に座っていた支部長が、おはようと微笑む。

「今日も寒かっただろう。ほら、暖まりなさい」

 ありがとうございますといそいそ近寄る。冷たい両手を火にかざして暖をとり始める私に、この時期は、と支部長は柔らかな声で言う。

「通ってくる皆がすぐ暖まれるように、就業前に暖炉の火を入れておくのが日課なんだ。誰でもね、暖まった室内に入ると、ほっとした顔をする。それを見るのが好きでね」

 きみもほっとしただろう、そう訊かれて素直に頷く。

「すごく、ほっとしました」

 ならよかった、支部長は大きく頷き、ではお先にと昨日と同じ台詞で席を立つ。ただ去り際、いつも一番に来て偉いね、仕事熱心で助かるよ、そう自然と私を褒めていく。わざとらしさのない、本当に自然な態度だった。

 褒められ慣れない元日本人の私は、一瞬何を言われたかわからなくなる。が、意味を理解した瞬間炎の熱とは別の熱さに顔を火照らせることとなった。――いい年した大人でも、嬉しいものは嬉しいのだ。


 今日も暇がある。となれば、昨日の続きだ。ユイエさんに許可をもらって外回りの支度をする。アキ今日も外に行くの、と同僚が声をかけてくる。危ないんじゃないか、と年下の青年にも心配される。大丈夫大丈夫、と手を振って荷物を手に取り外に出る。雪はやんでいるけれど、道は昨日よりも雪深い。そういえば除雪とかどうなってるのかな、思いながら朝よりも若干慣れた足取りで昨日とは別の通りに向かっていたところ、

「どこへ行くんだ」

 後ろからいきなり話しかけられ、驚いて飛び上がった。雪に足を取られ転びそうになる。

「……ああ、ジオルドさんですか!脅かさないでくださいよ」

 いつどこから来たのか知らないが、全く気付かなかった。知らず力いっぱい抱えてしまっていた鞄からゆるゆると手を放す。

「すまない。癖で気配を絶っていた」
「気配を絶つのが、癖なんですか?」
「狩人はな」

 ……狩人ってそんな感じなんだ!私は新しい常識を知った。

「それで、どこへ行こうとしていたんだ」

 そんなことはどうでもいいとばかり、彼は私のそばに歩み寄る。すっぽりとその影に覆われてしまって、大きなひとだと改めて認識する。人間の私は子どもの熊人より小さいことも確かにあるけれど、目の前の青年は、太っているわけではないけれど、縦に頭二つほど、横は倍ぐらい違うと思う。やっぱり、威圧感が半端ない。

「その、昨日の続きで、今日は別の通りに」
「そうか」

 答えれば、短い返事があり、そのまま会話が途切れる。何、どうしたいの一体。困惑して見上げれば、表情変化に乏しい顔の、太めの眉毛がわずかに上がる。髪と同じ褐色の眉で、その色も熊を連想させる。今まで出会った熊人の中で、一番熊らしいと思う。

「……行かないのか」

 熊人の彼の、頭の上にある丸い耳。至近距離で見つめたおかげで、彼のそれが案外よく動くことを発見する。どういう状態かは知らないが、ぴくぴくと振動している。

「いえ、行きますが……もしかして、ついてきてしまうおつもりですか」

 少し妙な口調になりながら問えば、ああ、と頷く。

「『見回り』は俺も行く。下見なら、一緒にした方が効率がいい。それに、女が一人で外を歩くのは危ない」

 お前のところの女子職員も行き帰りは二人以上で通っているだろう、言われてそうなんですかと再度驚く。ジオルドさんは言葉を失くしたように唇を引き結んだ。

「……色々聞きたいこともあるが、歩きながらでいいだろう。行くぞ」

先導するように力強く歩き出した背を、私は反射で追いかけた。



 確認しながらの道筋で、色々と聞けた。もうしばらくすると雪かきの依頼が増えるとか、たいていの熊人は冬の間絶対一人では出歩かないとか、それに伴って買い物や急用などの同伴依頼が出されることもあるとか。ついでに、いくら他種族であっても雪への備えと心構えがなっていないと注意された。道すがら、冬でもやっている店を何店舗か教えられる。薪や食糧、防寒着や最低限の生活用品などを扱うそれらの店は、国の取り決めで冬の間も就業するように定められていて、ギルドもその取り決めによって営業を続けているらしい。国から補助も出ているそうだ。

「この街で冬を越すのは初めてか」

 去年まではもう少し南の地方にいたので、そう答えれば元々いかつい顔がなお渋くなる。

「ここの冬は、厳しい。あまり甘くみない方がいい」
「別に甘くみてるつもりは……」
「お前は、そう思っているんだろうがな」

 説教が続きそうだったので、私はうんざりした様子を隠すこともなく、わかりました気を付けますと話を切る。彼は憮然とした様子で口を閉じた。子どもじゃないんだからうるさく言わないでほしいところだ。。
 話を遮られて気分を害したのだろう、その後は会話もなく下見を終えた。律儀にギルド前まで送られ、付き合ってくれたこと自体はありがたかったので感謝を述べる。彼はああと低い声で生返事し、太くて短い尻尾を心なしか落ち込ませ去っていった。……ちょっと態度が悪かったなと反省しながら、私は暖かな室内に戻った。


 ――その日から二日間。ジオルドさんは毎日現れた。下見をする私を先導するように少し前を歩き、午後、書き込みや印を付けた地図をまとめていれば自分にも見せろと言ってくる。そして、ここは雪が溜まるから、道が狭いからと経路の変更を申し出る。現地のひとの言うことだからと私はそれに従い道を修正する。カウンター越し、または暖炉の前で額を突き合わせて作業するうちに、そんな悪いひとじゃないかな、と感じるようになった。
 真面目で実直なたちなのだろう。面白くなければ笑わないし、気の利いたことも言わない。そんなとっつきにくい性格な上、背の高さと少ない口数が威圧感を増長してしまうだけ。そして私が大きなひとに近寄られるのに慣れていないから、苦手に思う。つまり、日本人が外国で百九十近い身長の外国人と出会って萎縮する、それと同じ。多分、持っている印象よりもいいひとなのだろう。
 添削、と言っていいだろうほど何だか色々書き込まれた文字は、アルファベットとも韓国語ともどことなく似ているが実際全く異なる熊人の言語だ。日常会話と文章はマスターしている私だけれど、ところどころ解読できない。達筆なのか悪筆なのか、力強い線は無駄に角々としている。字はひとを表すというけれど。

「何だ。何か聞きたいことがあるのか」
「……ここ、文字が被ってぐちゃぐちゃになってるんですけど」
「……すまない」

 色んな思いでじとっと見つめてしまった。……割と素直に謝罪するところは、今のところ好印象ではある。
cont_access.php?citi_cont_id=351050719&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ