挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
冬眠休暇はいりません 作者:羽月
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/13

10

 三夜極寒を折り返しとして、冬は少しずつ緩み始める。一人きりの二日間が終わると、段々とひとが戻ってきた。ときおり晴れ間ものぞき、そんな日には数える程度だけれど外を歩く者も見受けられるようになった。――これで女たちが戻ってくればもう春もすぐそこなんだけどな。男性職員同士が軽口を叩いている。冬の中でも一番厳しい時期に家で守られている女性たちは、どうやら冬明けの象徴になっているらしい。私も女ですけど、と無粋な突っ込みはしない。男性たちよりばりばりに働いていることは自覚している。
 ひとが減っている間、色んな条件で依頼を分類してみていたが、それが支部長の目に止まりそのまま採用されることになった。『見回り』以外の時間を使って精力的に作業を進めている。そして、ひと冬の働きを認められてこのまま働き続けないかと誘いを受けている。求められているところで働けるなら嬉しいとは思うけれど、冬前まで働いていた食堂のおばさんは私の戻る場所を空けてくれているはずだ。すぐに返事はできないと保留にしてもらっている。
 仕事の面では順調だ。けれどジオルドさんには、あの日以来露骨に避けられている。冬眠や本業の方で忙しいとギルドに顔を出さず、『見回り』もジオルドさんではない男性職員と一緒に行っている。

 ――彼との関係は、このまま遠くなるかもしれない。
 そんな予感がしている。



 それから数日。雪も降りつつ晴れ間もある、三寒四温な冬空を繰り返しながら天気は少しずつ上向いていく。まだ気温は低いから積もった雪はほとんど解けないけれど、日を浴びて瞬くように光る雪道に春の明るさを感じる。
 そうなってくるとひとの心は浮つくもので、どこかそわそわした様子を醸し出す職員が増えた。何かあるんですか。久々の支部長との朝に蜂蜜ティーを飲みながらたずねれば、明日には女性が出てくるだろう、とふくみ笑いする。

「冬眠前は当然だけれどね。冬眠後も、我々にとっては絶好のチャンスなのだよ」
「何のチャンスですか?」
「それはね……告白の、だ」

 ――君のいない冬眠休暇は寂しかった。次の冬には、一緒に冬眠してくれないだろうか?

「……とね。かくいう私も、休暇後に告白した口だ」

 今年は何人のつがいができるだろうね。楽しそうに声を弾ませ、君にもそういうひとが現れるといいねと微笑みかけられる。私は微笑み返して、

「……無理ですよ、私には」

 そんなひといませんよ、と否定する。

「どうしてだい?君は種族こそ違えど、働き者で真面目ないい子だ。惹かれる男は、必ずいるさ」

 支部長は慰めるように、たしなめるように、強めな語調で言い切った。私は曖昧に誤魔化す。そうだといいですね。その態度がお気に召さなかったらしく、あの青年だって、と支部長は言い募る。

「ジオルド君も、君のことは気にかけているだろう。彼はどうも女性があまり得意でないようだけれど、君とは親しくしている。例えばそういうところから芽生えるものもあるかもしれない」

 無理なんて言っちゃいけないよ。今度こそはっきりたしなめられ、私はまた曖昧に濁した。その表情を見て取ったのだろう。支部長はあれ、といった様子で見つめてきて、喧嘩でもしてたかいとあながち外れてもないことを突然問うた。

「そういえば、最近一緒にいるのをあまり見ないね。すまなかった、気に障っただろう」

 この話は今はやめておこう。二人が仲直りしてから、また話そう。
 支を部長のどことなくずれた解釈を否定した方がいいのはわかっているけれど、それでまた話題を蒸し返されるのも嫌だったので、私は何も言わなかった。ただ、思う。
 ジオルドさんへのそれがどんな感情だったかはわからない。
 でも、芽生えたものが、わずかの時間でしおれてしまったのは確かことだ。



 春の気配は、明るい女性たちの声が連れてきた。
 女性たちの冬眠休暇は平均すると二十日ほど。ユイエさんやセイナが戻ってきたギルドは、本当に色がついたように空気が華やいだ。――女性が戻ってくると春はすぐそこ。確かに、にわかに暖かい日が増えて、春めいてきていた。
 『見回り』を終える家も出始めてきて、私の仕事も徐々に室内のものが増えてきている。今年は緊急事態が起きることもなく、このまま穏やかに冬は過ぎていくだろう。何も起きなかった平和な冬に、ギルドで勤める皆が胸を撫でおろしている。厳しい寒気が飛んでいき溶けていく雪の下から芽浮きの緑がのぞくころには、街は春の訪れを喜ぶ声に満ちる。そうしてあちこちで祭りが開かれ、新しい出会いが結ばれる。想像するだけで、幸せなことだ。
 ほどなくやってくる春に思いを馳せながら、私はけれど浮かない気分だった。ついぞジオルドさんに会えないまま、明日から彼が冬眠に入ることを人伝えに聞いたからだ。彼は真冬には起きていて、春前に冬眠する。冬眠休暇を終えたら、そのまま狩人の仕事に戻る。つまり、もう二人で『見回り』に行く機会はないということだ。
 ……冬眠する前に、一度ジオルドさんと会いたかった。できることなら、せめて嫌わないでくれとすがりたかった。
 そう思いながらも、伝えられなくてよかったとも感じる。このまま自然と疎遠になれば、決定的な言葉など聞かなくてすむから。
cont_access.php?citi_cont_id=351050719&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ