挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
恋の悩みを知る君は 作者:来栖ゆき

1章 恋とはどんなものかしら

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/48

◆◇◆


恋とはどんなものかしら。

あなたがもし知っているのなら、どうか私に教えて欲しい。
この胸に渦巻いているのが恋心なのか、それとも別のものなのかを、教えて欲しい。

うっとりするほどの熱い想い……私にとっては初めての経験で、本当によくわからないの。

私の心の中にはとても愛おしくて眩しい想いがある。
ふわふわのわたあめのような甘さだったり、かと思えばたまらなくほろ苦いビターチョコレートのようなもので。

ぎゅっと胸が締め付けられて息ができないと思った瞬間、身体の内側からぽっと生まれる熱い想いで胸が高鳴る。
けれど、すぐにまた私の心は揺らいで不安でいっぱいになってしまう。

私はこの気持ちをどうにかしてほしくて、誰かに助けを求めたいのだけれど、でもどうすればいいのかわからない……。

ため息を吐いて、ヘコんで、弱音も吐いて……もう諦める? って思って――ううん、気付けばもうすでに心を奪われているんだ。

いつもいつも、その笑顔に振り回されてドキドキして落ち着かなくて――でもこんな日常が、実は嬉しくて、楽しくて、安息感に満ち溢れているんだって私は知ってる。

もう知ってしまったの。


恋とはどんなものかしら。

あなたがもし知っているのなら、お願いだから私に教えて。
この胸に溢れる想いが愛なのか、それとも別のものなのか――。





モーツァルト 『フィガロの結婚』より ~恋とはどんなものかしら~
(別名:恋の悩みを知る君は)
サブタイトルに使ったアリアの和訳ですが、直訳すると全然ちがうので、その点はフィクションとしてご了承ください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ