挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
恋の悩みを知る君は 作者:来栖ゆき

Another story ~Bernardo~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

48/48

◆5◆

「よろしいですか? ベルナルド様が自由を許される時間は30分です」
 後部座席のドアを開けたロバートが懐中時計を見ながら言った。
「ああ、わかってるよ」
「お時間になっても戻られませんでしたら、強制措置を取らせていただきますので――後悔なさいませんよう」
「……万が一、そんな事になったとしても絶対にアゲハの前では変な事をするなよ!」
 何をするつもりなのかをもう少し詳しく聞きたかったのだが、こんな会話をしている間に3分が経っていた。あと27分しかないじゃないか!
 それなのに――。
「時間が無いっていうのに、どうして部屋にいないんだ……」
 アゲハの部屋は暗かった。呼び鈴を押しても反応がなかったから僕は合鍵を使って中に入ったけれど、当たり前だがアゲハは部屋にいない。いないどころかまだ帰ってきていないようだった。
「くそっ!」
 ワックスで撫でつけた髪をくしゃくしゃと掻き混ぜる。自分でもイラついているのがわかった。
 アゲハは……ヨシノと一緒にいるのかもしれない。
 ヨシノが最後に放った言葉が脳裏をよぎる。誰と誰が恋人同士だって?
「……なんでだよ!」
 腕時計を見ると10時を少し過ぎていた。
 ……遅すぎる。こんな時間になってもまだ帰っていないなんて、どこで何をしているんだアゲハは!
 僕はリビングを行ったり来たりしながら力任せにネクタイを引っ張って緩めた。
 もしも今、本当にヨシノと一緒にいたら……? けれどアゲハは息を切らせながら僕を追いかけてきた。ヨシノはアゲハと恋人同士なのだと言った……それは本当なのか?
 彼の僕に対する挑戦的な目を思い出せば、それだけで不愉快な気持ちになった。
 こんな事になるのならぐずぐずしていないでアゲハを攫ってしまえばよかったんだ。この際、金にモノを言わせたっていい。僕以外の男が触れない場所に閉じ込めておいた方が――。
 そんな自己中心的な感情が僕自身を支配し始めた時、どこからともなくアメージンググレースが聴こえた。
 その曲は、アゲハに教えてもらって設定した携帯電話のメール用の着信音だ。
 音を辿ってアゲハの寝室に入り、クローゼットを開けるとより鮮明に聞こえるようになった。
「僕の携帯がこんなところに……」
 クローゼットの箱の中には僕が探していた携帯と砕けて粉々になったロジンがあった。そう言えばアゲハが落として割ってしまったと言っていたっけ。
 割れたロジンなんてもう使えないのだから捨ててしまえばいいのに、アゲハは細かい欠片まで集めてビニール袋に入れて保管していたようだ。その気遣いが嬉しくて心が温かくなる。

 メロディが鳴り終わった携帯にはアゲハからのメールが届いていた。

 ――もうすぐかえります――

 アゲハが帰ってくる、ここに……。
 そのメールを見て、僕の鼓動が早鐘のように胸を打った。
 僕は……一体ここで何をしているんだ?
 勝手にアゲハの部屋に入って帰りを待っていたけれど、ここにいる事を許されたわけではない。
 アゲハはもうすぐここに帰る――誰と? 恐らくヨシノと、だ。
 目の前が真っ暗になった。アゲハの寝室が、リビングが――景色がぐるぐると回っている。けれどそれは気のせいで、僕はよろける事もなく玄関で靴を履くとしっかしとした足取りでアゲハの部屋を出る。
 階段を降りようとしたところで鍵をかけ忘れた事を思い出して戻った。
 車内にいるロバートが気付いて運転席のドアを開けたのとほぼ同時に、僕は自分で後部座席のドアを開けて革張りのシートにどさりと沈んだ。
「……いらっしゃらなかったのですか? 出発してもよろしいですか?」
 僕のおかしな様子に気付いたのだろう、ロバートはルームミラー越しに視線を合わせて尋ねる。
「いや――時間が許す限りここで待つ」
 自分の目で確かめなければ信じない。
 果たしてアゲハが一人で帰ってくるのか、それとも違うのか――。

 アゲハのメールを受信してから数十分ほど経った頃、ヘッドライトに照らされた前方に人影が現れた。
 男の方は見覚えがあった――ヨシノだった。
 そして手をつないでいる相手は――。
「ベルナルド様、お時間です」
「ああ……出してくれて構わない」
 許可を出せば、待ってましたと言わんばかりにロバートはアクセルを踏んだ。
 一方通行の細い道ですれ違った時、二人は抱き合っていた。
「本当だったのか……」
 アゲハの部屋で待っていなくて本当に良かったと思った。
 もしも鉢合わせしてしまっていたらアゲハに申し訳ない。恋人以外の男が部屋にいるなんて許される事ではないのだから。
 僕は静かな車内でじっと目を伏せていた。眩しさを感じて目を開ければ、車は住宅街を抜けて明るい大通りを走っている。
 汗ばむ手でずっと握っていた携帯電話の存在を思い出し二つ折りのそれを開いた。
「1通じゃない……?」
 受信メール一覧には未読メールが35通と表示されていた。それはすべてこの1週間でアゲハから送られたメールだった。
 朝の挨拶、寝る前の挨拶……それから、きっと一緒に住んでいたら聞いていたであろうささいな話。
「これは……」
 すると、一瞬メール画面が消えて着信中の画面に切り替わった。
 パッフェルベルのカノンを聴きながら僕は混乱と動揺で硬直した。
 アゲハはどうして僕の携帯電話をクローゼットに閉まっておいたのだろう。二度と見たくないと思ったから? それならば、アゲハはどうしてこんなにも沢山のメールを送っていたのだろう。
 この着信は――僕が携帯を持ち出したことを知ったから? 勝手に部屋に入った事を怒っているから?
 着信音は数秒間鳴った後、ピタリと止まって留守番電話サービスに転送された。僕は迷った後、伝言を再生させた。
 じっと耳を澄ませてそれを聞く。自分の耳が信じられなくて、そのあと2回、同じメッセージを繰り返し聞いた。
 アゲハは僕の事が好き……?
 夢ではないのだと納得した僕は、アゲハに電話を掛けようと震える手で携帯を操作して着信履歴を表示させた。僕たちの間には誤解しかないのだと思ったからだ。
 それなのに……。
「くそっ! どうしてこのタイミングで電源が切れるんだ!」
 携帯電話は最後にアラームを響かせて動かなくなったのだ。
「ロバート、今すぐ戻って欲しい!」
「だめです。時間がありません。このまま高速に乗って成田まで飛ばします」
「頼むよロバート!」
 彼は何も答えなかった。

 成田空港で僕はロバートに電源の切れた携帯電話を渡した。
「ロバート、僕が搭乗手続きをしている間にこの携帯電話に届くメールをイタリアでも確認できるようにしておいてくれ。ミラノについたらモバイルパソコンで確認する。もしもミスしていたら――そのままフィジー行きの飛行機に乗り換えてやるからな」
 無表情にそれを見下ろすロバートに「甘やかされて育った末っ子の行動力をナメるなよ」と付け加えたら、彼の顔色が一瞬にして変わった。
 こういう脅しは今後も使えるかもしれない。
 いい兆候だ、覚えておこう。
 そして数時間後、ミラノ・マルペンサ国際空港に到着すると、僕はパソコンでメールをチェックした。転送されたメールには、おやすみ、というメッセージと朝起きて作ったらしいホットケーキの写真付きメッセージの2通だった。
 どうやらロバートはうまくやってくれたらしい。


 イタリアに戻って2週間、アゲハのメールは毎日のように届いた。たまに届く写真付きのメールのお陰で、僕はアゲハのアパートにいる気さえしてしまう。けれど、どうしてもそのメールに返信はできないでいた。
「母さん……好きな人がいるんだ」
「まあ、日本で? 日本人なのね? ベルったらどうしてもっと早く言わないの?」
 それでも僕は、アゲハから届くメールが嬉しくて誰かに話したくなっていた。 
「ああ、ベルナルドったら……その子の写真はないのかしら?」
 紅茶のカップをソーサーに戻した母は、嬉しそうな声で興奮気味に質問をする。
 僕は開いたままのノートパソコンを母親に向けて見せた。
 液晶画面には「なんじゃたうんです」というメッセージと共に届いた、アゲハとネコのキャラクターのツーショット写真だ。
「まあまあ、かわいらしい子じゃないの。彼女はキモノを持っているのかしらね?」
 ほう、と息を漏らす母の姿は、先の未来に想いを馳せているだろう事が手に取るようにわかる。
 僕とアゲハが今後どうなるかもわからないと言うのに……。
「彼女は振り向いてくれるかな? 僕は何も持っていないから」
「何を言っているの、自信を持ちなさいベル。そうだわ、偉大なる二人の兄さんに女性を口説く方法を聞いてみたらどう?」
「それは絶対に嫌だ!」
 突然声を荒げた僕に、母は驚いて目をぱちくりさせた。
「あんな……女好きには聞けない」
 それにアゲハにも会わせたくない。
「まったく、まだまだバンビーノなのね。いいこと? 努力もしないで好きな子を振り向かせられると思っているのなら大きな間違いよ。それが嫌ならアドバイスは真摯に受け止めなさい! 例え女たらしのアドバイスであろうと、よ」
 それから母は、誰に似たのかしら、と言葉を続けた。
「ベル、バイオリンに傾けた情熱を彼女にも向けなさい」
 そう言ってウインクすると、母はパン、と手を叩いた。
「さあ、家族揃ってのディナーの時間よ! あなたはさっさと着替えなさい」
 着物姿の日本人女性が息子の花嫁になる――という夢を持つ母は、その夢見る乙女の仮面を脱ぎ捨てると、母親の顔に変わって言い放った。

 アメリカから帰ってきたばかりの次兄を迎えるための家族だけで行われる食事会は、フィオーレロイヤル・ミラノのレストランで行われた。
 長兄は僕と入れ替わるようにしてイタリアに戻ったが、次兄は普段アメリカにいる。家族がこうして揃うのは年に数回しかないのだ。
「いいかベル、日本人にプロポーズをするなら、結婚を前提にお付き合いして下さい、と言わなければならないんだ。あとバラの花束も必要になる。これは日本におけるシキタリだ」
 日本人を母親に持つ父がワインを飲みながら言った。
「結婚を前提に……か。わかった」
 ならば花束は駅前のフランソワで用意しよう。
 結婚を前提に――結婚を前提に――……。
 パスタ皿にあるアサリの殻をフォークでつつきながら、心の中で何度か唱えてみた。アゲハに言う前に練習が必要だ。
「あなた、ベルが本気にしているじゃないの……」
 母親の言葉に顔を上げると、反対側の席では兄達が何やら盛り上がっていた。
「なかなか可愛いじゃないか」
「ほう、やるなベルナルド……」
 彼らは写真サイズの何かを見てにやついている。
 見せてみろ、と手を伸ばす父に渡ったそれは、プリントアウトされたアゲハの写真だった。
「ね、言ったでしょう? キモノを着ればもっと素敵になるわ」
 先ほど母親に見せた写真をいつの間にかプリントアウトしたらしい。もしかして、僕が着替えている間に?
「ちょ……触るな、僕のだ!」
 写真を追いかけながらテーブルを何周かして、再度兄の手に渡ったアゲハの写真をやっと取り返した。
 恨みがましく家族を見回すが、ここにいる人間は皆、腹が立つほどにやにやと笑っていた。
「お前はバイオリンばかりで浮いた話のひとつも聞かないから心配していたんだ」
 兄弟の中で唯一結婚をしている次兄が上から目線で言った。隣では女たらしの長兄がうんうんと頷いている。
 恥ずかしさもあって僕はそのままレストランのバルコニーへ出た。
 ささやかに吹く夜風が火照った身体を冷やしてくれる。
 僕はひったくった時にできた折り目を伸ばしてアゲハの写真を見つめた。
 ――ねえ、アゲハ願掛けしてもいい?
 もしも僕が日本に戻るまでに、アゲハからのメールが一度も途切れなかったら、バラの花束を持って会いに行く。それから、僕も君が好きだと伝えたいんだ。


 それからしばらくして、僕は父に言われた通り花束を抱えてアゲハのアパートに行った。もちろん台詞だって何度となく練習をした。
 それを聞いたアゲハは急に泣き出してしまって、何を失敗したのかと思ったけれど、ただ単に寂しかっただけかと思ったらもっと愛おしくなった。
「アゲハ、僕のフルネームはベルナルド・フィオーレというんだ。今はフィオーレロイヤルジャパンの責任者をしている……驚いた――よね?」
 さらっと正体をばらしてしまおうと、僕は食事中のアゲハに伝えた。
 フィオーレロイヤルと聞いて、アゲハは思案顔で人差し指を唇に当てる。
「あ、思い出した、あたしランチバイキングに行ったことある! ロールケーキがおいしいのよね…………あの、ベル? どうしたの?」
 ランチバイキング……僕はそれを聞いて思わず笑い出していた。
 顔を伏せて笑う僕を、アゲハは不思議な顔をして覗くように見つめてきた。
「いいよ、じゃあ今度ロールケーキを食べに行こうか?」
 そう言うと彼女は嬉しそうな笑顔を僕に向けた。

 まったく、あんなに悩んだ自分がバカみたいだ。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

魔術学院の恋愛事情

とある魔術学院に通う平凡な私に、突然ふってわいた非凡な彼との関係。「俺の子供を産んでくれ」って何ですか!? 名門の家柄にも無駄に美形な顔にも興味ありません。頼む//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全74部分)
  • 228 user
  • 最終掲載日:2015/03/05 00:47
リングリング

三年前、大学生の詩織は、異世界トリップして日本に来てしまった騎士の男をかくまった。彼は無事に元の世界に戻れたのだが、なぜか今度は詩織が彼の世界へトリップ。頼れる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部分)
  • 343 user
  • 最終掲載日:2014/08/20 00:00
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 226 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 227 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
盟約の花嫁

お前たちが望む間だけ、お前たちを導くとしよう。その代償として、お前たちは私に人族の花嫁を与えよ。お前達が約束を違えぬ限り、盟約が破られることはない。・・・・・か//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全65部分)
  • 310 user
  • 最終掲載日:2015/07/08 20:59
男爵令嬢と王子の奮闘記

前世で身分違いの結婚をした記憶を持つ男爵家の令嬢シャナ。あんな苦労はごめんだと思っていたのに、ある日、女嫌いの王子を助けたことから運命の歯車が狂いだす。「お前と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全61部分)
  • 257 user
  • 最終掲載日:2016/05/19 05:38
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 244 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
目指す地位は縁の下。

異世界に飛ばされた女子高生、相馬沙羅は、彼女そっくりな貴族の令嬢の身代わりとして後宮入りする事に。 彼女の目下の悩み事は、後宮から逃げる事でも、後宮の一番になる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全120部分)
  • 281 user
  • 最終掲載日:2017/11/13 00:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 221 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
Lord of My Heart

オリヴィア・リッチモンドは都会育ちのお嬢さま。二人の出来すぎた兄と、絶世の美女の姉のすみっこで何不自由なく生きてきた19歳。しかし20歳を目前にして、いまだ夢見//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全56部分)
  • 221 user
  • 最終掲載日:2013/09/02 21:18
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 310 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
スイーツ王子の人探し

壊滅的な女子力で、彼氏いない歴20年を更新中の野田狭霧。そんな狭霧だがお菓子作りだけはプロ並みの腕前を持つ。 狭霧が差し入れに紛れ込ませたクッキーを食べた学校の//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全89部分)
  • 258 user
  • 最終掲載日:2016/04/01 17:00
王宮の至宝と人質な私

持ち家すら無い超貧乏貴族の娘、セーラはツイていなかった。一家が都落ちの最中に拾って弟にした美少年は只の捨て子ではなかった。ある日突然王宮からやってきた騎士団に弟//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全72部分)
  • 226 user
  • 最終掲載日:2013/04/07 10:49
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全111部分)
  • 216 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 341 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
傍観者の恋

契約に基づいた婚姻を結び、私は目の眩むほどの幸福と不幸を同時に手に入れた。 夫が愛しているのは、私ではない。私が彼を愛していることにも、気づかれてはならない。 //

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全12部分)
  • 233 user
  • 最終掲載日:2017/03/26 07:56
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 265 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
すぷりんぐはずかむ?

雪村美幸は28歳。見た目も仕事ぶりも地味でぱっとしないが本人はいたってのんきに現状に満足を憶えていた。自分のやることなすことにあーだこーだと口はさまれて、好きな//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全32部分)
  • 214 user
  • 最終掲載日:2016/06/22 11:59
観賞対象から告白されました。

貴族の令嬢に転生した面食いの主人公。今後の生活のために結婚相手を探しつつも、日々イケメン観賞にいそしんでいた。当然、ベスト・オブ・ザ平凡な自分が彼らとどうこうな//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全148部分)
  • 299 user
  • 最終掲載日:2016/03/13 00:00
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 243 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 245 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 240 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
撃ち抜いたのは

蜂蜜色の髪とミントみたいな翠の瞳の軍人と、平凡なちまい娘の物語。 悪い大人の男のイケメン無自覚らぶアタックに翻弄される初心な純朴乙女のときめき無意識らぶアタック//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全23部分)
  • 245 user
  • 最終掲載日:2012/12/04 22:06
蜂蜜とミルクティー

商社に併設するカフェ「スクラリ」で働くさえないアルバイト店員杏実は3年間片思いをしていた。  「黒の王子」と呼ばれる彼、"朝倉 颯人"。 ちょっとしたきっかけか//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部分)
  • 268 user
  • 最終掲載日:2013/05/12 08:53
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全181部分)
  • 305 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:45
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 291 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
いつか見た虹の向こう側

社会人一年生の美緒は、自分が提案した結婚記念日デートで姉夫婦を事故で亡くした。そのため美緒は、姉夫婦の忘れ形見である拓都の母親になろうと決意し、仕事と子育てに翻//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部分)
  • 261 user
  • 最終掲載日:2017/09/28 23:39
カン違いにもほどがある!

美春は駆け出しのWebデザイナー。優秀な弁護士だが中身は?な兄と二人暮らしをしている。ある日派遣先の会社で社内運動会に出て活躍したことから社長に気に入られてしま//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全86部分)
  • 219 user
  • 最終掲載日:2012/09/16 21:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 226 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
薬の罠に気をつけて

王弟フィオン・アルファードに『惚れ薬』が盛られた。まったく困った様子も見せず、一人の少女を口説き始めるフィオン。そんな彼にいきなり甘い言葉をささやかれ、戸惑うコ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全71部分)
  • 268 user
  • 最終掲載日:2014/09/20 23:33
アクセサリー

キスは挨拶、セックスは遊び……。 そんな男の行動一つに、泣いて浮かれて、バカみたい。 実咲は付き合っている彼の浮気を見てしまった。 もう別れるしかない、//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全49部分)
  • 220 user
  • 最終掲載日:2012/01/23 11:54
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部分)
  • 265 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 21:05
↑ページトップへ