挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
恋の悩みを知る君は 作者:来栖ゆき

6章 ある晴れた日に

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/48

◆◇◆

ある晴れた日に遠い海の向こうから
あの人が帰ってくる


でも私は迎えには行かない
ここでじっと彼を待つの
ずっと待っていても何ともないんだから

聞いて、誰かが近づく足音が聞こえるわ
誰かしら? ねえ、誰が来たの?
最初になんて言うの? 私になんて言うの?


ほら、遠くから私の名前を呼ぶ声が聞こえるわ
でもね、私は返事をしないの
こっそり隠れて待っているの
それはちょっとしたいたずら心でもあるし、
嬉しくてどうにかなってしまわないためでもあるの


そしたらね、きっと彼は心配して私を探すでしょう?
愛しい人――彼は私をそう呼ぶの
愛しい人、どこにいるの? って


素敵なことだと思わない?
夢のようだと思わない?
でもね、これは夢でも想像でもなく本当のこと
誓ってもいいわ、必ずその通りになるんだって





プッチーニ作 『蝶々夫人』より ~ある晴れた日に~
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ