挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
恋の悩みを知る君は 作者:来栖ゆき

3章 恋は野の鳥

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/48

◆◇◆

恋は野の鳥
気まぐれで自由気ままよ
いくら甘い言葉を囁いても
その手にはのらないわ、おあいにくさま
嫌って言ったら嫌なのよ


脅かしたって何したって意味のないことだわ
おしゃべりな人も無口なあなたも……
私が好きなのは――あなたに決めたわ!


恋よ、恋よ、と囁くわ
恋は私から生まれたようなもの
あなたが好きじゃなくても私は好き
もしも私が惚れたなら、どうぞお気を付けあそばして


あなたが腕の中に捕まえた野の鳥は
自由な羽根を広げて大空へとはばたいた
追いかければ追いかけるほど遠くに飛んでゆくけれど
諦めた頃、いつの間にかあなたの傍に私はいるの


自由奔放に飛び回り
行って戻って、また遠くへ
捕まえたと思ったら逃げている
逃がしたと思ったら捕まえている


恋よ、恋よ、と囁くわ
私は恋から生まれたの
あなたが好きじゃなくても私はね……
もしも私が惚れたなら、どうかどうか気を付けて





ビゼー作 『カルメン』より ~恋は野の鳥~
ここまでお読みいただきありがとうございます。
次話よりベルナルド視点のお話が始まります。
アゲハ視点だけで読みたい方はもう少々更新をお待ちくださいませっ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ