挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
戦国小町苦労譚 作者:夾竹桃

小話 其之壱

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

59/134

魔性の女 濃姫

「お待たせしました。錠菓(ラムネでございます」

「様々な色合いや形をした菓子か。見ただけで楽しめるとは流石じゃ、静子よ」

平皿に乗せられた色とりどりのラムネ菓子に、濃姫は満足そうに頷く。
ラムネ菓子はブドウ糖、片栗粉、クエン酸の三つで作れる。ブドウ糖は薩摩芋のデンプンから作り、片栗粉はジャガイモから作れる。
唯一クエン酸のみ面倒だが、使う水の量を減らし、レモンの絞り汁で代用出来るので問題なかった。

「身体に吸収されやすい糖分を使用しておりますので、食べ過ぎに注意です」

「ほっほっ、注意しておこう。さて、少々包んで貰えぬか? 殿にも食べさせてやらぬと、後でいじけそうじゃからのう」

「その事については返答できかねます……包む事は問題ありません。すぐに対応します」

静子はラムネ菓子を小型の壺に入れ、濃姫に手渡す。
それから暫く静子の所で遊び尽くした濃姫は、上機嫌のまま岐阜の信長居館へ帰宅する。
帰宅後、早速信長とラムネ菓子を食べようとした濃姫だが、居館で働く小姓の一人に呼び止められた。

「何じゃ、妾は殿に用があるのじゃ」

「手短に終わらせます。以前、濃姫様にお仕えしていた侍女の露ですが、身体を壊した為に里へ帰りました。つきましては、露の代わりに新しい侍女を雇い入れました」

「ほぅ……では早速だが新しい侍女に仕事を与える。この文を殿に届けてまいれ。仁比売から、と言えば殿は理解するじゃろう」

言うやいなや、手紙を新しい侍女に押し付けると、濃姫はそのまま返答も聞かずその場を去った。
それから終始無言で自室に戻った濃姫だが、部屋の扉を閉めてようやく彼女は表情を変えた。

(新しい侍女じゃと……馬鹿者が。あれは侍女ではなく他国の間者じゃ。まぁおおよその予測はつくのう。妾から仁比売の居場所を探る気じゃろう)

仁比売の存在は公にはなってはいないものの、信長が莫大な富と幾つもの革新的な技術を持つ、もっともらしい理由として他国に知れ渡っていた。
更に仁比売は従四位上が初めての位だ。平安時代に絶大な権勢を誇った藤原道長の息子、頼通ですら昇殿が許される五位が初の位である。
途絶している綾小路家の娘、それも公には一度として姿を見せた事がない人物に、義昭の従四位下を超える従四位上が与えられれば、誰もが意識を向けるだろう。
ある者は自分の陣営に引き込む為、ある者は革新的な技術を盗む為、仁比売の居場所を探る。
しかし他国の間者が四苦八苦しながら探りを入れても、未だ仁比売の居場所の手がかりすら見つけられないのが現状だ。

(存在しない事を証明するのは困難じゃ。そして仁比売が存在している方が、朝廷や寺社連中には都合が良い。仁比売が殿の計略と気付くのは、果たしていつの事やら。全く殿も人が悪い)

どこかの部屋に隠れ、自分から渡された文を急いで書き写している間者の姿を想像して、濃姫はくすりと笑う。

(不正な方法で入手した情報なら真実だろう、と人はあっさり思い込む。それを後押しするために、少しの事実を混ぜておけば、ますます真実だと思い込む。鋭い者なら嘘だと気付くが、今度は何が真実か分からなくなる堂々巡りに陥る。妾にとってはどちらでも良い結果じゃ)

濃姫の手紙は嘘が三割、まるで意味がない情報が六割、真実が一割の割合で書かれている。
ただし真実と言っても、信長が間者対策に流している内容を、濃姫なりに言い換えた内容だ。
つまり真実が入っているようで一つも入っていない。それどころか単なる時間の浪費にしかならない手紙だ。

(さて、次の間者はいつまで耐えてくれるかのぅ)

天使にも悪魔にも見える笑みを浮かべつつ、濃姫は新しく手に入ったおもちゃの扱い方を考え始めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ