挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
戦国小町苦労譚 作者:夾竹桃

永禄十年 天下布武

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/134

千五百六十七年 一月上旬

一年の計は元旦にあり、と言われるほど戦国時代の正月は重要なイベントである。
そして正月に供される餅は切っても切れない関係があった。
元来、餅は神様に捧げる神聖な食べものとして、祝い事や祭りには欠かせないものだ。
どんなに貧乏な百姓であろうと、正月には必ず餅を用意するのが常識だった。

静子も当然ながら正月の準備を行うため、年末からあれやこれやと物集めに勤しんだ。
正月の用意を行う上で、特に重要なアイテムが「門松」、「しめ飾り」、「鏡餅」である。
そもそも元旦は「年神様」という、家々に新年の幸せをもたらすために、高い山から降りてくる神様をお迎えするための日でもある。
故に門松は新年に年神様が降りてくる時の目印であり、また家に迎え入れるための依り代。
しめ飾りは年神様をお迎えするために清められた場所である事を示す清浄・神聖の印。
鏡餅は家にお迎えする年神様への供物であり、また依り代(居場所)という意味がある。
一般的に良いとされるのは十二月二八日までで、それ以降の日は避けるべきとされている。

それ以外にもやる事はあった。元旦を祝う宴会の準備である。
昨年と違い、今年は二作の村人たち、そして入植した人たちもいるため大宴会に近かった。
そんなこんなで、少し慌ただしい感じで正月を迎える。

元旦。
この日だけは普段は寒さで中々出てこない村人たちも日が昇るより前に起きてきた。
そして村人は広場に集まり、焚き火を熾して日の出を待つ。
数時間後、日が昇ると同時に全員手を合わせ、一年健やかに過ごせる事を彼らは願った。

それが終われば次は餅つきだ。
臼と杵を用意し、もち米を下準備して蒸した後、米粒の形がなくなるまでつく。
流石に人数が人数なため、幾つもの臼と杵が必要だった。

餅つきが始まり少し経った頃、二作の村人が村へ到着した。
新年の挨拶を交わした後、彼らは手土産を静子に渡した。
二作は数日前、大きな猪を三匹も捕まえたのだ。本当に運が良かった、と語る彼はその一部を持ってきたのだ。

どう料理しようかなと考えた結果、ぼたん鍋を作る事にした。
しかし古来より鍋は最も基本的な炊事具であり、同時に神聖なものとされてきていたため、鍋を直箸で汚すなどもってのほかだ。
だが『同じ釜の飯を食う』という諺もあるように、同じものを囲んで食べる事は連帯感を強める方法でもあった。
結局、『鍋』ではなく『囲炉裏』を囲う料理という事で誤魔化した。更に念の為に取り箸を用意しておく事にした。

猪料理とは別に、静子は正月によく食べられる餅を主とした汁料理、いわゆる雑煮を用意した。
雑煮という言葉は室町時代に書かれた『鈴鹿家記』に初めて出てくる。
しかし江戸時代に入るまで米は高価な品であり、同時に税だったため一般庶民は餅の代わりに里芋を食べていた。
武家社会においては宴の一番最初に食べる縁起の良い食べ物だ。雑煮を食べなければ宴が始まらないと言われるぐらい、まず初めに雑煮が振る舞われていた。
だが米以外の作物で定畑や焼畑を行っていた地域では、正月三箇日に餅を神仏に供えたり食することを禁忌とする風習がある。
これは米が自分たちの土地で生み出されない外来の食べ物であったため、神仏にお供えする食べ物に相応しくないと考えられていたからだ。

雑煮には愉快な話が一つある。
室町時代に本膳料理の前菜として出された汁物に端を発し、餅・山芋・里芋・大豆など体に良いとされるものを入れるのが習わしだった。地域によっては海産物などを入れた例もある。
それが江戸時代に入り、餅が簡単に手に入るようになると、全国(北海道と沖縄を除く)で正月は雑煮で祝うという風習が広まった。
その時、雑煮という言葉は「何でも雑多に入れて煮る」という解釈がなされ、本来の雑煮のように体に良い具材以外のものまで用いられるようになった。
今日(こんにち)、雑煮が地域によってまるで味が違うのは、この誤解から生まれたのではないかという説がある。

餅つきなどが終わった後、全員村の公民館的な建物へ集まった。

「コホン、明けましておめでとうございます」

静子は年が明け歳神様を迎える際の祝福の言葉を口にする。

「明けましておめでとうございます」

村人たちも静子に倣って祝福の言葉を口にする。
これは神様への感謝の言葉を人々の間で交わすことにより、心から歳神様を迎えたことを喜びあう意味がある。

「えー、今年も無事新年を迎えられた事、ここに喜びを申し上げます。色々とありますが、今日から三が日飲んで食べて新年の英気を養っていきましょう! では、いただきます!」

「いただきます!」

割とノリの良い村人たちが大声でそう言った瞬間、正月祝いの宴会は始まった。






雑煮やぼたん鍋など、普段食べられない料理に村人たちは舌鼓を打つ。
それを上座で見ながら二作やその家族、代一たちと当たり障りのない会話をしていた静子だが、宴会の中盤辺りで来客があった。
取次をしたのは彩なので本人が直接宴会場に入ってこなかったが、どうやら信長からの早馬との事。
待たせるのも悪いと思った静子は、早々に席を立った。廊下に出た途端、外の寒さに身を震わせた。

「うーさぶ……あ、そうだ。早馬の人も寒いだろうし、お茶を用意してね」

「お茶……と言うと、桑の葉を干したあれですか?」

桑の葉を水で洗った後、軽く蒸す。そして蒸し終えた葉を絞って三ミリ程度に細かく刻み、天日で完全に乾燥するまで干す。
それだけで出来る桑の葉茶は、様々な効能を秘めている健康に良いお茶である。

「そ、あれ。ぬるま湯で入れたのを大きめの器に、熱々のお湯で入れたのを小さな器に入れてね」

「二つですか。それは……」

「ま、ま、今は言われた通りにして。理由は後で説明するからね」

訝しげに思った彩だが、後で理由を説明してくれるとの事なので今は素直に従う事にした。
それを見届けた後、静子は早馬の人がいる場所へ向かった。
入り口から外へ出ると更に寒さが身に沁みた。長時間、外にいるのは厳しいだろう。

「静子様ですね。お館様からのご命令をお伝えします」

すぐ傍に馬と一緒に立っている鎧武者の人が、静子に気付くや否やそう声をかけてきた。
寒さをやせ我慢しているのか、その体は小刻みに震えていた。

「明日、お館様が慰労の宴会を開きます。その席に、静子様も参加するように、との事です」

「はい」

「その際、くろすぼうなる弓を持ってくるように、との事です」

「え、あ、はい……(私、クロスボウをお館様に見せたっけ?)」

ちょっと疑問に思った静子だが、どこかで見せたのだろうと思いすぐに意識から外した。
それから参加する旨を早馬の人に伝えた後、静子は彼にこう言った。

「この寒さで身が凍る思いでしょう。温かいお茶を用意しましたので、どうぞお召し上がりください」

「あ、いえ……申し訳ない」

やせ我慢しても寒さは身にしみているのか、早馬の人は小さく頭を下げた。
静子が彼を玄関まで案内しようとしたが、それより先に彩が茶を持って外に出てきた。
言われた通り、ぬるま湯で作ったお茶をボウルのような容器に、湯気が出るほど熱々なお茶を小さな容器に入れて持ってきた。

「まずは喉を潤しましょう。こちらの大きめの器のお茶をお飲みください」

「は? はぁ……」

どこか腑に落ちない顔をしつつも早馬の人は言われた通り大きめの器のお茶を飲む。
最初はちょっとずつ飲んでいた彼も、ぬるま湯で飲みやすいと分かった瞬間、煽るように飲み干した。
馬に乗るのは体力がいるのかな、と漠然と思った静子だった。

「では、次にこちらの熱々のお茶をお飲みください」

「かたじけない……あちち……」

今度は湯気が出ているほど、見た目からして熱々のお茶を渡す。
しかし寒さで手がかじかんでいた早馬の人にとっては、手を温めるよい熱源であった。

(石田三成の三献茶は、江戸時代の創作って言われてるけど、おもてなしの気配りとしては優秀なのよね)

流石に三杯も飲んでいる余裕がないと思って二杯にしたが、それでも早馬の人にとってはありがたかった。
寒さで身が凍る中、一杯の白湯がどれほどありがたいか骨身にしみるからだ。
感動した早馬の人は姿勢を正すと、静子に向かって深々と頭を下げた。

「馳走になった。静子様のお心遣いに感謝する」

「あ、いえ」

「それでは失礼する」

もう一度頭を下げた後、早馬の人は素早く馬に跨がり走り去っていった。






元旦の宴会は大いに盛り上がり、日が沈むギリギリまで宴会は続いた。
静子の村の男衆も、二作の村の男衆も、皆酔い潰れていたので、なし崩し的な感じで二作の村人は静子の村に泊まる事となった。
もっとも、その日は男女関係なく酔い潰れた人が多かったため、殆どの人が宴会場でごろ寝していたが。

一方、静子は朝から入浴をして身を清め、出来うる限り綺麗な身なりをするようにした。
慰労の宴会といえばラフな雰囲気を感じるように思えるが、武家社会においての宴会はかなり堅苦しい方に部類するのだ。
はっきり言って社交界のパーティに近いと考えても良い。それなりのマナーを守らねば、宴会を開いた人の面子を潰してしまうのだ。
そして今回ばかりは武家婦人の服装ではなく、武将の服装、つまり男装をする必要があった。

(さっむーい……囲炉裏の部屋に引き篭もりたい……)

寒さに震えながらも道中何事も無く、静子は信長がいる小牧山城(こまきやまじょう)へと辿り着く。
今回は事前に着替えていたため、城の中で着替えるような事はなかった。
しかしすぐに宴会の場へ移動という事はなかった。上下関係が厳しい武家社会なので、信長に新年の挨拶をする必要があった。
だがその挨拶をするのは何も静子一人だけではない。信長に直接仕える武将、そしてその武将に仕える武士たちもまた、信長に新年の挨拶をする予定でいた。
お陰で謁見の間の前は長蛇の列が出来ていた。

(……最後尾はこちら、って看板でも持てば面白いかも)

イベント開催前だな、と不謹慎な事を考えつつ静子も列に並ぶ。
並んだ途端、音に気付いたのか前にいた武士の一人が振り返って、そして驚愕の表情を浮かべた。
最初は何だと思った静子だが、すぐに彼が何に驚いているかを理解した。
身長差である。武士の身長は静子の胸辺りまでしかなく、どう見ても百五十前半ほどしかない。
それでも高い方で、前をよく見ると更に身長が低い武士がチラホラ見えた。

(まぁ……当時は平均百四十センチぐらいだしね)

改めて自分が大きい事を理解したが、理解した所で身長が縮むわけがない。
結局、謁見の間に入るまで静子は武士たちから見世物小屋の動物のように見られ続けた。
そして並ぶ事数十分、ようやく自分の番がやってきた。
と言っても物珍しい言葉など選ばず、前の人と似たような無難な挨拶にした。

挨拶が終われば宴会場へ移動だ。
予め席が決められているのか、使用人らしき人に彼女は場所を案内される。
しかし座って暫く経った頃、案内されたのは自分だけという事に静子は気付いた。
他の人は最初から自分の場所を知っているかのようだ。

(うーん……この席……何か嫌な予感がする……)

彼女の嫌な予感は十分ほど後に的中することになる。






静子は背筋に寒いものを感じていた。
最初から自分の席次が、信長の御座所から妙に近い事に気付くべきだったと今さらながら彼女は後悔した。
目だけ動かして静子は周りを見る。隣には織田信長の家臣の中で最も武勇の誉れ高く、「攻めの三左」と呼ばれている森可成が座っていた。
反対側を見ると、そこに座っていたのは後に織田四天王の一角を担う滝川一益が、どこか難しそうな顔をして座っている。
少し離れた所には、今は不遇の扱いを受けているが、後に織田四天王の一人で、織田家随一の猛将と言われる事になる柴田勝家がいる。
そして信長にかなり近い所には二代に渡って信長の姻戚となり、織田四天王、織田五大将の一人であり、柴田勝家と並ぶ猛将である丹羽長秀が座っていた。
後に織田四天王に加わる明智光秀は、永禄一一年(1568年)から永禄一二年(1569年)の間に織田家の家臣になったと言われるため、現在はこの場にいない。
後の豊臣秀吉となる木下藤吉郎もやはり信長の席から近い位置にいた。
つまり静子の周りには、そうそうたるメンバーが座っているのだ。

(胃が……胃薬が欲しい……ッ!)

武将たちの醸し出す威圧感で胃に穴が開きそうだと思った静子だが、今さら席を変えてくれとも言えず、ただ黙って耐えるしかなかった。
本音を言えば彼女はこういう席は苦手で、たとえ参加しても隅っこで目立たないように過ごす派だ。
更に言えば寒い日に外出などしたくないニート気質があるが。

(うぅ……今日は早く終わらないかなー)

そんな彼女の願いとは裏腹に、それから数十分経っても宴会は始まりすらしなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ