挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
戦国小町苦労譚 作者:夾竹桃

小話 其之弐

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

115/134

死に場所を捨てた

慶次は縁側で一人月見酒を楽しんでいた。夜空を彩る幾千万の星々、ひときわ明るく輝いている月、現代では決して味わえぬ夜空の煌めきが酒の肴だった。
寝転んでは夜空を堪能し、思い出したように起き上がっては杯を傾ける。ゆったりとした、しかし自由な刻の流れを慶次は堪能していた。

「良いかな」

慶次の耳に足音が届くと同時、彼に向かって声が飛んできた。声の主は最初から座る気だったようで、慶次の返事を待たず縁側に腰を下ろす。

「可愛い女子の一人も連れて来いよ、才蔵」

「酒を飲むのに女子を連れてくる必要はないだろう」

隣に座った人物、才蔵におちゃらけた声をかけた慶次だが、才蔵から真面目に返されると苦笑する。
元より本気ではなかったが、才蔵はいつも真正直に受け取る。だが、それが慶次には心地良かった。

「一つ聞きたい」

暫く互いに無言で月見酒を堪能していたが、その沈黙を破ったのは才蔵だった。彼は視線は月に向けたまま、言葉を続ける。

「ここ最近、どうも気が抜けているように見受けられる。何やら心配事でもあるのか?」

「……そうじゃねえ。ただ、死に場所がなくなったなあと思っただけさ」

「そうか」

慶次の返答に才蔵はそれだけ言うと酒を飲む。言いたければ話せ、話したくないなら話題を変えろ、と慶次は才蔵の態度からそう受け取った。
慶次は一度小さく笑うと、杯にある酒を飲み干す。

「俺と戦った真田は「これからは鉄砲の世だ」と言った。そんな事、とっくの前に理解していたよ。あの銃を見た時にな」

「それと死に場所を失った事に、何の関係がある」

「簡単だよ。あれは強力な武器だ。これから刀や槍でやり合ういくさは減る。金の力とあの銃の力、それだけで敵は降伏する。俺が死に場所と定めるいくさは、もうどこにも残ってはいない。それが酷く悲しい」

「死に場所か……確かに言うとおりだな。もう武士の世は終わりを迎えるかも知れぬ。世は金で回り、金で動かぬ者は、はみ出し者として扱われる」

「寂しい世だ。だが、これが世の流れなのかもしれない」

酒を飲み干すと慶次は寝転がる。それを見た才蔵も、自身の盃に残っている酒を呷り、慶次に続いた。
縁側に男二人が寝転び月を眺める。華はなかったが、気を緩められる心地よい空気があった。

「鉄砲の世か。本当はもっと前に知っていた。静っちのやり方はいくさを減らし、世を平穏にしようとしているという事もな」

「そうか」

「理解して、それでも思ったよ。静っちが描く世はどんなものなんだろうかって。たとえ死に場所を捨てる事になっても、な。ははっ、真田の奴は今ごろ笑っているかもな。そんなに死に場所をころころ変えるなって」

「良いではないか。死に場所はいくさ場だけとは限らぬ」

そう語ると才蔵は盃を傾けて酒を口に含む。

「某は単純だ。これまでも、そしてこれからも静子様にお仕えする。願わくば、死してなおあの方にお仕えしたい」

才蔵らしい、と慶次は思った。視線を月に向けると、慶次はこれまでの事を思い返す。
最初はデコボコな組み合わせだと思った。暴れん坊の勝蔵、気難しい才蔵、そして傾奇者の自分。普通に考えれば、まともに機能するとは思えない組み合わせだ。
だが静子という潤滑油が間に入る事で、かみ合わない歯車が一緒に回り始めた。静子の存在を純粋に凄いと慶次は思った。

「勝蔵の奴はどうするのだろうな」

「ふっ、奴は色々と言うが、何かにつけて静子様に甘えておる。今さら奴が静子様の許を離れるとは思えぬがな」

「あー、違いない。仮に引き離されそうになったら、全力で駄々をこねるな」

もし静子の許を離れるとなった時、長可がどういう行動をするかを想像した二人は、声を殺して笑い合う。

「まあ、そういう俺も離れる気はないがな」

「旨い飯に酒がなくなるからな」

「豊かな人生を送るのに、旨い飯と酒は大事だぜ」

「違いない。しかし、飯の話をすると腹が減るな」

「倉の鍵は貰っているのだが、以前のような失敗をしたら問題だな」

「それは言えている」

慶次のいう以前の失敗とは、酒の肴を求めて倉を開けたとき、静子が信長に献上するために用意した「アワビ肝の塩辛」を、お酒に合うといって全部食べてしまった件だ。
きちんと壺に「つまみ食い禁止」の札が貼られていたが、取り出したときに外れていたようで、全く気付かなかった。元より酔っていたから、札があっても気付いたか不明だが。
無論、翌日に食べ尽くした事を知った静子に、慶次と才蔵、そしてここにいない長可が揃って謝罪したことは言うまでもない。

「しかし、酒が飲めないのに、静っちはどうしてあれだけ酒の肴を作れるのだろうか」

「何でも父上殿や祖父殿に良く作っていたとの話。ゆえに、材料があればある程度は作れるとおっしゃっていた」

「そっか。でも織田の殿様から相変わらず禁酒令が出ているんだろう。あれだけ旨い酒の肴が作れるのに、酒が飲めないなんて勿体ないな」

「酒の肴は飯にも合うから、そう困る事はなさそうだがな」

「違いない」

その後も話は尽きず、二人はたまに酒を飲んでは月を眺め、寝転んでは談笑を続けた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ