挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う 作者:鬼頭鬼灯

その後

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/21

王太子のお嫁さん。~ときどきお兄ちゃんと妹~14


 トビアスの要望を聞いたクリスティーナは、真っ青になって、アルベルトに目を向けた。
 イレーネと会わせないようにするために、クリスティーナとアルベルトが対応することになったと言うのに、これでは本末転倒だ。
 アンナに口を開かせればこうなると分かっていただろうに、何を考えているのだろう。
 クリスティーナに、暗澹とした眼差しを向けられたアルベルトは、だが飄々と笑った。
「わかりました。イレーネ・デュカーという女性を探させましょう。探している間、トビアス殿下には王宮で過ごしていただきたいのだが、よろしいだろうか?」
 あっさりと受け入れられ、トビアスは面食らった。目を丸くした彼は、驚いてしまった自分を誤魔化すように一度咳ばらいをすると、不承不承といった体で応じる。
「ああ……旅の疲れもあるので、しばらく休ませてもらうのも悪くない」
「では、教会のご説明も一通り済んだところです。王宮へ戻りましょう」
 トビアスの返事を聞いたアルベルトは、至極満足そうに微笑んだ。


 アルベルトに促されるまま、それぞれが教会を出て、馬車に乗り込もうとした時、クリスティーナは王家の馬車に近づいた。アンナが馬車に乗り込むのを手伝っていたアルベルトに歩み寄り、袖を引く。トビアスは既に馬車に乗り込んでいて、外に残っているのはクリスティーナとアルベルトだけだった。
「クリスティーナ?」
 名を呼ばれたが、クリスティーナは答えず、教会前の大階段脇にアルベルトを連れて行く。馬車の周りに控えた使用人たちに、ぎりぎり声が届かない位置だった。
「なあに、クリスティーナ。こんなところで僕とむつみあってくれるの?」
「えっ」
 クリスティーナに引かれるまま、物陰についてきたアルベルトが、からかい半分の顔つきで腰を抱き寄せる。
 ――そんなつもりじゃ……っ。
 咄嗟に頬に朱を上らせ、クリスティーナは使用人の方に目を向けた。
 外とはいえ、いらぬ誤解を受けて父に報告されたら、叱られるかもしれない。
 アルベルトが、意地悪く耳元で笑った。
「嘘だよ。こんなところで何かしようなんて、さすがの僕も思わない。使用人たちからも丸見えだから、悪さをしているとは取られないよ」
「……」
 婚約者同士が仲良く会話をしているだけにしか見えない、と言われ、クリスティーナは眉を吊り上げた。
「……何を考えていらっしゃるの? イレーネ様を守ろうと言っていたでしょう?」
 アンナは既に馬車の中で待っている。彼女を長く待たせるのも悪く、クリスティーナはすぐに用件を口にした。
 アルベルトも、聞かれると思っていたのだろう。苦笑交じりに応じた。
「彼女を守るのは構わないけれど、どちらにしても、顔を合わせないことには何も解決しないよ」
「どうして?」
 イレーネは、トビアスの求婚から逃げるために、わざわざ隣国まで足を運んだのだ。ほんの少し交流を持ったクリスティーナでさえ、あんなに横柄な人とはあまり顔を合わせたいとは思えない。顔を会わさずに済めば、それに越したことはないだろう。
 納得いかず尋ね返すと、彼は眉尻を下げて、クリスティーナの頬を撫でた。
「だってあの男は、イレーネ嬢が欲しいんだよ。諦めきれないから、ここまで来たんだ。彼だって、諦めるためには、納得のいく説明が欲しいはずだろう?」
「でも……その説明を、彼女にしろとおっしゃるの?」
 クリスティーナも眉を下げて、アルベルトを見上げる。
 先日の茶会でみた、イレーネの表情は印象的だった。マルクスと気の置けない様子で会話をしていた後、後ろにクリスティーナがいたと分かった時の、不安そうな顔だ。
 紺色の髪を揺らめかした彼女は、今にも泣きだしそうだった。
 マルクスの前では快活そうに見えたけれど、きっと彼女は、トビアスの前では委縮してしまうのでは、と想像された。
 そこはアルベルトも察しているのか、弱った調子で苦く言う。
「どんなに苦手な相手でも、会わないといけない時はあるよ。彼女が今後どうするのかは知らないけれど、トビアス殿下との話が流れても、マルクスとの婚約は流れないかもしれない。クリューガー侯爵夫人の意向が通って、マルクスの妻になったとしたら、彼女はもう、ただのご令嬢じゃない。未来の侯爵夫人として、どんな人間とも笑顔で接していかなくてはいかなくなる」
「それは……っ」
 マルクスとイレーネが結婚なんてしたら、アンナが泣く。
 アルベルトは、最も高い可能性の未来を口にしただけだ。そうなるとは限らないが、アンナの気持ちを考えてしまったクリスティーナは、無意識に涙ぐんでいた。
 身内びいきだったが、クリスティーナはどうしても、アンナには幸福になってもらいたいのである。
「……クリスティーナ。どうして君が、悲しそうな顔をするの」
 アルベルトの声が、低くなった。クリスティーナは、彼の声音が変わった意味までは理解できなかった。涙を引かせようと俯いたところ、アルベルトの手がそれを許さず、強引に顎を引いて上向かせられる。
 見上げた彼は、クリスティーナの涙に眉を上げ、不機嫌そうに笑った。
「ねえクリスティーナ。どうしてそんなに、イレーネ嬢に肩入れするの?」
「……不憫だと」
 好きでもない男性と結婚するのは、つらいだろう。
 だがアルベルトは納得していない表情で、小首を傾げる。
「本当に、それだけ? ほかに理由があるんじゃないの……? 例えば、そうだな……マルクスに結婚して欲しくない、だとか」
「――」
 クリスティーナの心臓が、どきっと鳴った。
 本当の理由は、そうなのかもしれない、と思った。
 善意でイレーネを救おうとしているように見せて、その実、自分は自分のためにしか動いてなかったのでは――と。
 イレーネを救えば、マルクスは彼女とのかりそめの婚約話を解消できた。そうすれば、アンナが今後彼とよい関係になる道もある。どこかで、そんな未来を望んでいなかったか。
 自分でも意識していなかった内実に気づかされ、クリスティーナは瞳を揺らした。
 アルベルトは、動揺を見せたクリスティーナに目を眇め、面白くなさそうに鼻を鳴らす。
「ふうん、そう。それならいっそ、イレーネ嬢はトビアス殿に娶っていただいたほうがいいんじゃないかな?」
「……いいえ、でも」
 それも一理ある。だがやはり、それではイレーネが可愛そうだ。
 首を振ると、アルベルトは皮肉気に息を吐いた。
「まあそうだよね。どちらにしても、君は僕と結婚するのだし。昔の感情を引きずっていても、今後どうにかなる未来なんてないものね。君はただ、目の前でマルクスが他の女性と結ばれるのが、見たくないだけなんだから……」
「……?」
 クリスティーナは顎から手を放したアルベルトを、きょとんと見つめる。彼の言っている意味が、分からなかった。
 アルベルトは眉間に皺を寄せ、前髪をかきむしる。
「あーあ。……やっぱりあいつは目障りだな。使えるけど、邪魔だ」
「……あの、アル……?」
 問いかけると、アルベルトは珍しく、キッとクリスティーナを睨んだ。
「言っておくけど――結婚して、子供ができた後だって、僕以外に恋人を作ったりしたら、僕は君を監禁する。そして間男は殺すから」
「――……はあ」
 唐突な宣言を受けて、クリスティーナは間抜けな声を漏らした。アルベルトが何に怒っているのか、さっぱり分からない。
 彼が自分と結婚して、子供ができるところまで想像しているのだと知って、何だかこそばゆいのだが、間男うんぬんはどこから出てきた話だろう。
 よく分からないながら、クリスティーナは素直に、自分の気持ちを口にした。
「あの……私は、結婚した後も、アルベルト様以外の男性と通じるなんてあり得ませんから……どうかご安心なさってください」
「……」
 アルベルトは複雑そうな顔で、クリスティーナを見つめる。戸惑いながらも、にこっと微笑むと、彼はぐっと奥歯をかみしめ、勢いよく抱きしめてきた。
「クリスティーナ……っ、僕は君が好きだ」
「……私も、お慕いしておりますわ」
 自分の侍女の視線を感じたが、アルベルトがなんだか切羽詰まっていたので、クリスティーナは彼が満足するまで、じっと腕の中に収まっていた。


 その日の夜、母がクリスティーナの部屋を訪ね、『私はいいと思うのだけれど、一応伝えておくわね』という前置きの元、人前での抱擁は節度ある時間で済ますようにしなさい、と釘を刺した。
 父に伝えるよう言われたらしい。
 お小言だが、さして立腹しているわけでもないようだった。
 胸をなでおろしたクリスティーナは、母に次のアルベルトとの約束を伝える。
 三日後に、マルクスとイレーネを連れて、王宮を訪ねる予定だと――。


拙作をお読みくださり、誠にありがとうございます。
株式会社Jパブリッシング、フェアリーキス様より
2017年6月27日に『公爵令息と記憶をなくしたシンデレラ』(R15)(PN:鬼頭香月)という新刊を発売していただく予定です。アマゾンでは予約受付が始まっています。
活動報告にも詳細を記載しておりますので、もしもご興味を持っていただけましたら、ぜひお手に取っていただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 9343 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全234部分)
  • 5755 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
転生してヤンデレ攻略対象キャラと主従関係になった結果

七歳にして初めて魔法を使ったセシル・オールディントンはその日、前世での記憶を取り戻した。華の女子高生だったにも関わらず交通事故で亡くなった元日本人の彼女は、どう//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全43部分)
  • 5410 user
  • 最終掲載日:2015/03/12 23:55
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全50部分)
  • 6381 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 18:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 5305 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 6301 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 22:19
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部分)
  • 6981 user
  • 最終掲載日:2017/09/12 00:00
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 5935 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 6064 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全174部分)
  • 5605 user
  • 最終掲載日:2017/10/08 07:00
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部分)
  • 6576 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 21:05
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 5313 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 6975 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 5103 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 9273 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全93部分)
  • 5667 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 18:23
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全110部分)
  • 7540 user
  • 最終掲載日:2017/10/09 00:00
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全45部分)
  • 5133 user
  • 最終掲載日:2017/06/06 10:41
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全25部分)
  • 5843 user
  • 最終掲載日:2017/09/12 17:29
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 6111 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 6747 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全64部分)
  • 5371 user
  • 最終掲載日:2017/07/14 04:00
悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

婚約破棄を言い渡され、国外追放されるはずだったティアラローズ。 「ここって、私がプレイしていた乙女ゲームだ!」そう思い出したのは、物語エンディングの前日だった―//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全66部分)
  • 5658 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 19:00
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部分)
  • 5701 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 06:00
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全177部分)
  • 6542 user
  • 最終掲載日:2017/09/09 00:00
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全89部分)
  • 6167 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 12:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 8592 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全15部分)
  • 5757 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 23:00
↑ページトップへ