挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ねこねこぴーち

作者:式部雪花々
遅刻ギリギリの朝、駅の階段から落ちた私。
突然現れた死神に猫にされ、そして身代わり捜しをする事に……。
- Prologue -
2010/11/10 22:07
- 1 -
2010/11/10 22:09
- 2 -
2010/11/10 22:14
- 3 -
2010/11/11 22:24
- 4 -
2010/11/11 22:26
- 5 -
2010/11/12 23:36
- 6 -
2010/11/12 23:38
- 7 -
2010/11/13 23:00
- 8 -
2010/11/13 23:01
- 9 -
2010/11/13 23:02
webclap.gif

ぽちっと押して応援してください♪

cont_access.php?citi_cont_id=240013723&s

image113.gif

cherry_bn10.gif
モモンガのしっぽ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
↑ページトップへ