挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

白陽国シリーズ

白陽国物語 〜蕾と華と偽華の恋〜

作者:なななん
白陽国今上帝、張煌明の元に献上されたのは、青磁の器と共にある青蘭だった。
下女として仕える青蘭と共に、帝、双子の紫鈴と緑栄、シルバ、春華が織りなす恋物語。
一途な恋、頑固な恋、ラブコメな恋。
三者三様の恋をお楽しみ下さい。

白陽国シリーズの「蕾」「高位女官と一族の掟」「君の、まんじゅうが忘れられなくて」を一つにまとめていきます。
転記完了と共に閉じていきます。
第一部 蕾
1 青磁
2017/08/01 08:16
2 月と野菊
2017/08/02 13:24
3 女官長と蕾と陛下
2017/08/03 17:33
4 その夜 ー煌明ー
2017/08/04 18:32
5 流行り病
2017/08/05 13:31
6 流行り病 ー煌明ー
2017/08/06 08:08
7 気づき
2017/08/07 08:11
8 新月
2017/08/08 07:00
9 双子 ー煌明ー
2017/08/09 06:13
10 気と澱み ー紫鈴ー
2017/08/10 06:17
11 春節
2017/08/11 06:00
12 紅梅 ー煌明ー
2017/08/12 06:31
13 紅梅 ー青蘭ー
2017/08/13 08:35
14 万丘 ー紫鈴ー
2017/08/14 08:09
15 呪 ー紫鈴ー
2017/08/15 06:13
16 木蓮
2017/08/16 09:32
17 出会い ー紫鈴ー
2017/08/17 08:11
18 食堂にて
2017/08/18 09:20
19 馬との誓い ー紫鈴ー
2017/08/19 07:27
20 コブシ
2017/08/20 07:39
21 疾走
2017/08/21 06:08
22 気
2017/08/22 06:29
23 闇の中
2017/08/23 06:06
24 許可
2017/08/24 08:17
幕間 ー煌明ー
2017/08/25 07:40
第二部 高位女官と一族の掟
序章
2017/08/26 06:11
1 ある朝
2017/08/26 06:17
2 目覚め
2017/08/27 06:40
3 約束
2017/08/28 07:40
4 緑栄と小花と陛下
2017/08/29 06:26
5 乗馬訓練
2017/08/30 10:03
6 雷雨 ー王都ー
2017/08/31 08:12
7 雷雨 ー洞窟ー
2017/09/01 06:31
8 小部屋 ー双子ー
2017/09/02 07:15
9 軒下 ー緑栄ー
2017/09/03 06:08
10 居酒屋 ー緑栄ー
2017/09/04 07:27
11 直談判
2017/09/05 06:15
12 見えない気
2017/09/06 06:20
13 呆然とくしゃみ
2017/09/07 05:43
14 くしゃみと花
2017/09/08 06:20
15 酒を呑む理由
2017/09/09 06:45
16 見舞いー緑栄ー
2017/09/10 06:47
17 挨拶
2017/09/11 06:09
18 王都門
2017/09/12 06:09
19 種火ー往路ー
2017/09/13 06:30
20 故郷へ
2017/09/14 06:36
21 故郷へ ー嵐ー
2017/09/15 06:01
22 故郷へ ー嵐の後ー
2017/09/16 05:41
23 女官長室 ー緑栄ー
2017/09/17 05:39
24 告げる
2017/09/18 08:11
25 種火 ー復路ー
2017/09/19 06:42
26 遭遇 ー緑栄ー
2017/09/20 06:42
27 帝からの課題
2017/09/21 06:24
28 感謝
2017/09/22 06:36
後日談 ー食堂にてー
2017/09/23 06:25
後日談 ー西の宿にてー
2017/09/24 06:30
後日談 ー西の宿にて 続ー
2017/09/25 07:57
第三部 側近は恋泥棒
序章
2017/10/19 15:00
2 雀も逃げ出す
2017/10/21 14:14
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

楽器が人を選ぶのか、はたまた人が楽器を選ぶのか。

楽器が人を選ぶのか、人が楽器に吸い寄せられているのか。 それぞれの楽器を選ぶ人々に、ある一定の特徴があるのでは? きらびやかな舞台で活躍している人達は、実は//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全13部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 06:31
暗愚帝は空っぽ後宮で畑姫を愛でる

ドラザシャールの暗愚帝と名高いハイラートは御歳21にして、帝国政治の膿を一掃した。ついでに賄賂と私刑と行方不明が日常茶飯事の跳梁跋扈とした後宮も空っぽにした筈だ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全25部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/29 21:29
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全50部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 18:00
公爵さまは女がお嫌い!

 “訳あり”になってしまい、他に嫁ぎ先が見つからないティアナは、同じく“訳あり”のヴァレッド・ドミニエル公爵に嫁ぐこととなる。 その彼は、女嫌いの男色家と噂の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全46部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/09/15 03:24
梅の芳香、雨の音色〜あなたに捧げる愛の証〜

三年前、とある男を体を張って助けた妓女の香梅(シャンメイ)は、未だにその男のことを忘れられずにいた。雨の降りしきるある日、三年前の礼をしたいと見知らぬ男が楼閣を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全10部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/29 13:20
伯爵令嬢の婚約状況

わたしには親の決めた婚約者がいる。公爵家の嫡男であるその婚約者は、非常に女性に人気があるらしい。そしてわたしは社交界デビュー早々、彼に愛人候補がいるということを//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 23:00
紅の死神は眠り姫の寝起きに悩まされる

 のどかな農業国フロイトの王女アマリリス――リリスは病弱なためによく眠り、人々から〝美しきフロイトの眠り姫〟と呼ばれている。  しかし、病弱設定は表向きのもので//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全116部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 21:28
黒伯爵の結婚事情

婿取りをしてクレイトン男爵家を継ぐはずだったステラ。ところが唯一の肉親である祖父亡き後、不可思議な遺言により疎遠だった義理の叔父が後継者に決まる。 そんな中、さ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全26部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/07/17 18:00
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全178部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/08/27 02:16
殿下の腕には悩める仔猫

「大好きだよ、ネリィ」そういって広げられた両手に腕を伸ばす。その腕の中にずっといたいと願い、交わした幼い日の約束。十年の時を経てすっかり忘れていたマルネリッタの//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全38部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2015/03/05 22:51
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全15部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 23:00
凶相騎士と森の魔女

強面の騎士と、森に住む黒魔女と呼ばれる女性のほのぼの話。 *思いつきで始めましたので、どう進むか未定なので、タグは保険でつけてます。 ・H28/1/24、完結し//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全12部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/03/21 16:31
非凡・平凡・シャボン!

※ 2016年9月12日、アリアンローズ様より第一巻が発売されました。 ※ 2016年8月17日、本編完結しました。 ※ 2016年9月14日、後日談完結しまし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全178部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/09/14 00:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
黒瑪瑙美術鑑定士は狙われる

1888年 倫敦 大英美術館に収まっている日本美術品の中に贋作の疑い有りとの指摘があり、 ジェラルド男爵家は日本から一人の美術鑑定士を招き入れ、真偽の美術品鑑定//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全15部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/10/10 18:26
平凡なる皇帝

ハルはとある領主の元で下女として働く、普通の少女だ。しかし亡くなった母親が遺した指輪に使われている宝石が、竜の国でしか採れない希少なものだと分かってから状況が変//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全102部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全64部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/07/14 04:00
勿論、慰謝料請求いたします!

 私はお金儲けが大好きで損することが大嫌いな商魂逞しい伯爵令嬢ユリアス。  婚約者は頭の悪い人間だと知ってはいたがここまでとは知らなかった。  婚約破棄するなら//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全46部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 13:02
喫茶「香」には猫がいます

社会人六年目の春。転勤のため引越し先を探しに訪れた町で、私が出会ったのは――。 本編・後日談完結しました。ありがとうございました! ✳︎「一目で恋に落ちる春」//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全12部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/09/28 19:21
元弱小国家の倍返し

隣国で10年間幽閉生活を送っていたフィリアは、ある日王太子から婚約を破棄される。 ーーーえ?一夫一婦制の国で王太子の妾?誰がそんな不名誉な職につくものですか。//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全14部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 00:25
不機嫌な乙女と王都の騎士

パレットは港町アカレアの領主館で働く文官だ。ある日パレットが領主様に呼ばれると、待っていたのは見目麗しい王都の騎士様。この騎士様の頼みで、危険な森への案内役に抜//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全86部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/11/23 17:00
復讐をしませんか

 伯爵令嬢コーデリアは、とある夜会で婚約者であるアルベルトに婚約破棄を言い渡され、以降屋敷に閉じこもっていた。自分の未来を悲観し、いっそこのまま朽ち果ててしまお//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/05/21 23:20
ナイアたんは、肉弾系の死霊術士です。〜S級聖女の魔王軍ライフ〜

 俺はゾンビに殺されたと思ったら、その直後に生き返った。  ネクロマンサーの少女に俺もゾンビにされたらしいが、どうも話を聞いてると死霊術士を名乗る彼女の様子が//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全42部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/09/28 09:23
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全93部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 18:23
森のほとりでジャムを煮る

休日出勤中の事故で異世界に招かれたらしい私。魔法や妖精が存在するこの世界で、せっかくだからアナログ生活を満喫させていただきます。 黙っていれば雰囲気美人、脳内は//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全34部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2016/07/14 19:00
悪堕ち姫のお姉さま

その日、私は家族に見守られて静かに息を引き取った――はずなのに。「ちょっくら別の世界に生まれ直して、妹が魔王に嫁ぐのを阻止してちょーだい」なんてことを頼まれてし//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全36部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/05/13 13:00
一緒に居てほしい。ただそう言いたかった。

恋に狂って、恋に生き、恋に死んだ一人の憐れで滑稽な女。 それが私の母だった人。 (作者の好きなものを詰め合わせ。リハビリ用作品。  本編完結済み。番外編を2//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全17部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:21
[連載版] 龍の望み、翡翠の夢

※こちらの作品は、短編として投稿した『龍の望み、翡翠の夢』(Nコード N4684DS)の連載版です。10話完結です。 翡翠のように美しい瞳をした西国の王。白皙//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全10部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/02/10 12:08
ミネルウァ様は、銀の死神をご所望です。

 セントユーノー王国にある王都ユピテルに住む侯爵令嬢のミネルウァ・オーランドゥは、婚約者すらいない18歳。  貴族学校で卓越した炎の魔術を操って賊を撃退した事//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全10部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/16 12:00
万能女中コニー・ヴィレ

コニーはハルビオン城の女中だ。容姿平凡で真面目な十七歳。異常なまでの膂力と体力を持ち、三人がかりの仕事もあっという間に完璧にこなす。ゆえに、周りからは〈万能女中//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全22部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/06/28 23:58
夜汽車にて

夜汽車の中、ある男の話 ※Generalmajor der NVAさま『鉄道記念日奉祝企画』参加作品

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全5部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 18:05
私は隣の田中です

鈴木麻衣は『闇の慟哭』という現代サイキックホラー小説の最新刊を買ったその日、エレベータで謎の物体に襲われる。気が付くと、田中舞という人間の中に入っていた。田中舞//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全55部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/08/20 23:00
公爵令嬢エリナは平穏に暮らしたい

貧乏な公爵家の令嬢として生まれたエリナには前世の記憶があった。前は国の戦争に巻き込まれて殺された姫だったので、今生では王族に関わりを持たず暮らしたいと願っていた//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全57部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/07/09 00:07
大公妃候補だけど、堅実に行こうと思います

テレーゼ・リトハルトは、名前ばかり立派な貧乏侯爵家の長女。実家を立て直し、領地を整備し、弟妹達のためにお金を稼ぐ毎日を送る彼女のもとに、アクラウド公国大公の使い//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全38部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2016/12/05 19:00
虫かぶり姫

 麗しの王子、クリストファー殿下の婚約者として過ごしてきた侯爵令嬢、エリアーナ・ベルンシュタイン。本好きが高じて彼女につけられたあだ名は、本の虫ならぬ「虫かぶり//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全36部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/05 04:39
王宮に咲く一輪のたんぽぽ

田舎育ちの元男爵令嬢アリスは、無理だと思っていた王宮での仕事に合格してしまう。 ひとり、王宮にやって来るも、実は間違いだったことが判明したのだが、そのまま王宮勤//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全32部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 02:37
↑ページトップへ