挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

さいごのきょうりゅう

作者:アザとー
 つきがあおいよるのことです。
 サバンナのまんなかで、おかあさんきょうりゅうが、タマゴをうみました。

 やわらかいくさのうえにならんだのはいつつのタマゴ。
 おつきさまのひかりがあたるとまっしろにみえるほどぴかぴかな、きれいなタマゴ。

 おかあさんきょうりゅうは、よるのつめたいかぜからまもってあげようと、タマゴのうえにそっとすわります。つきのひかりがとてもすきとおっていて、おかあさんきょうりゅうをまっすぐにてらします。
 ちいさなうろこはきらきら、きらきらと、つきとおなじいろでかがやきました。


 とてもしずかなよるでした。


 おかあさんきょうりゅうは、そうっとふきかけるようなためいきをつきます。

「ああ、これでさみしくなくなるわ」

 このおかあさんは、さいごのきょうりゅうです。
 ほかのきょうりゅうたちはずいぶんまえにいなくなってしまったので、おかあさんきょうりゅうは、ずっとひとりぼっちでした。

 でも、タマゴからこどもたちがでてきたら、きっとにぎやかになるでしょう。

「はやくでておいで、こどもたち」

 ぴゅうっと、さっきよりもつめたいかぜがふきます。おかあさんきょうりゅうはタマゴがさむくないように、からだをまるめます。
 おなかにあたるタマゴはつるつるしていて、すこしひんやりしていて、おかあさんきょうりゅうはとてもあんしんしました。

 だから、はなさきをくさのうえにおしつけて、しずかにめをとじました。ながいながいゆめが、はじまります。



 つぎのひ、おかあさんきょうりゅうは、はっぱをたくさんあつめてきました。
 ごはんをたべにいっているあいだ、タマゴがころがってわれてしまわないように、ていねいにはっぱでタマゴをつつみます。

 そしてやさしく、こもりうたをうたうようなこえで、タマゴにはなしかけました。

「はやくでておいで、こどもたち」

 サバンナにあめがふるひは、りょうあしをふんばってタマゴのうえにたちます。あめでタマゴがぬれないように、やねのかわりになるのです。

 つののさきからも、うろこのあいだからも、あめがじとじととたれおちます。
 それでもおかあさんきょうりゅうは、タマゴがぬれていないことをはなのさきでたしかめながら、そっとつぶやくのです。

「さむくはないかい、こどもたち」

 そうやってだいじに、だいじに、おかあさんきょうりゅうはタマゴをそだてました。ずいぶんとながいじかんがすぎました。

 それでも、こどもたちはタマゴからでてきません。

 おかあさんきょうりゅうはどんどんとしをとってゆきました。



 あるひ、いちわのとりが、おかあさんきょうりゅうのはなさきにとまりました。

 おかあさんきょうりゅうはずっとひとりぼっちだったので、はなしあいてがほしかったのです。
 だから、とりにむかってはなしかけました。

「ゆめをみました。こどもたちが、このタマゴからでてくるゆめです」

 それはながいゆめでした。

 タマゴからでてきたこどもたちは、おなかをすかせてなきます。
 おかあさんはこどもたちにたべさせるごはんをさがすため、いっしょうけんめいにサバンナをはしりまわります。

 そんな、とてもしあわせなゆめです。

 ゆめのはなしをききながら、とりは、おかあさんきょうりゅうをみました。

 つのがほんのちょっぴりかけています。
 とてもとしをとった、ひとりぼっちのきょうりゅうです。

 それから、いつつのタマゴをみました。
 ながいあいだあめと、かぜにあたったので、タマゴはすこしきいろくなっています。これはあかちゃんがうまれないタマゴなのだと、とりにはわかりました。

 だけど、とりはなにもいいません。
 ただすこしだけ、さみしいきぶんになって、ちいさなためいきをつきます。
 それから、おおきなつばさをひろげて、いそいでとびたちました。

 これいじょうおかあさんきょうりゅうのはなしをきいていたら、なきだしそうなきがしたからです。

 このよでたったひとりきりのきょうりゅうは、タマゴをかかえるようにからだをまるめて、ふたたびねむりはじめました。



 さらにながいじかんがたちました。
 おかあさんきょうりゅうはうごくこともできなくなって、だいじそうにタマゴをかかえてねむっているばかりになりました。

 そのはなさきに、いっぴきのねずみがとおりかかります。
 おかあさんきょうりゅうは、そのねずみにむかってはなしかけました。

「ゆめをみました。こどもたちが、このタマゴからでてくるゆめです」

 それは、ながいながいゆめでした。

 ごはんをたべてげんきになったこどもたちは、なかよくあそんだり、けんかをしたり、おかあさんきょうりゅうのあしもとでじゃれあいます。
 それをふみつぶさないように、おかあさんきょうりゅうはふといあしをあっちへあげたり、こっちへさげたり、どたどた、おろおろとあるきまわります。

 そんな、しあわせなゆめでした。

 そのはなしをききながら、ねずみはおかあさんきょうりゅうをみあげます。
 やまのようにおおきなからだは、すこしもうごきません。だいじそうにタマゴをかかえたかたちのまま、かたまっています。

 それから、タマゴをみました。
 タマゴはかなりきいろっぽくなって、あかちゃんがうまれるタマゴではないことが、ねずみにもわかりました。

 それでもねずみはなにもいいません。

 ひげをひくひくさせて、あわててはしりだしました。ひげのさきが、すこしなみだでしめっているような、そんなきがしました。

 おかあさんきょうりゅうは、はなすのをやめました。
 ちからのはいらなくなったしっぽのさきを、かぜがおします。

 じぶんのしっぽのさきがタマゴにとどいたようなきがして、おかあさんきょうりゅうはとてもしあわせなきぶんで、また、ねむりはじめました。



 きょうりゅうのおかあさんがめをさますと、あたりはすっかりかわってしまっていました。

 ちょびちょびとしたくさがはえるサバンナは、さばくになっているのです。
 ずいぶんとながい、ほんとうにながいねむりだったのです。
 おおきなからだはすっかりすなにうずまっていました。

 おかあさんきょうりゅうがさいしょにおもったのは、タマゴのことでした。じぶんのとなりに、ちゃんといつつのタマゴがあるのをたしかめたかったのです。
 でも、からだはいしのようにかたまってしまって、すこしもうごきません。

 それに、ここはとてもくらいのです。みぎも、ひだりも、うえも、したも、どこもかしこもすなだらけで、おひさまのひかりさえみえません。
 もちろん、タマゴもみえません。

 おかあさんきょうりゅうはとてもさみしいきもちになって、なきだしそうでした。

 そのとき、あたまのずっとうえのほうで、ざっざという、すなをふむおとがきこえました。そのつぎに、ざっくざっくと、すなをかきわけるおとも。

 まわりのすながさらさら、さらさらとおとをたててうごき、やがて、きゅうにひかりがさしこみました。

 だれかがおかあさんきょうりゅうをほりだしたのです。

 おひさまにむかってあけられたあなからのぞきこんでいるのは、にんげんでした。
 なんにんものにんげんが、おかあさんきょうりゅうのまわりのすなをほりおこしているのです。

 そのうちのひとりはしろいひげをはやした、えらそうなにんげんでしたが、ひどくちゅういぶかく、なでるようにして、おかあさんきょうりゅうのまわりのすなをはらってくれました。

 それがあまりにやさしいしぐさだったので、おかあさんきょうりゅうは、はなしはじめました。

「ゆめをみました。こどもたちがタマゴからでてくるゆめです。それは、とてもながい、ながいゆめでした」

 どのぐらいのじかん、そのゆめをみていたのでしょうか。
 こどもたちはおおきくなり、タマゴをうみ、ちきゅうがきょうりゅうでいっぱいになる、そんなゆめでした。

 なにもさみしいことはない、とてもしあわせなゆめでした。

「それなのに、わたしのタマゴはどこにいったのでしょうか。たいせつな、たいせつなタマゴがないのです」

 にんげんはなにもいいません。
 だまってすなをほってはこびだし、おかあさんきょうりゅうのからだをなでるばかりです。

「タマゴ、ああ、わたしのタマゴ!」

 おかあさんきょうりゅうがさけんだそのとき、すこしはなれたばしょをほっていたおとこが、おおきなこえをあげました。

「おい、あったぞ!」

 おかあさんきょうりゅうのからだをなでていたにんげんがふりむきました。おかあさんきょうりゅうも、おもわずそちらにいしきをむけました。

「りっぱなタマゴだ、いつつも!」

 ほりだされたタマゴが、おかあさんきょうりゅうのはなさきにおかれます。

「ああ、タマゴ。わたしのタマゴ」

 おかあさんきょうりゅうはなみだをながしたかったのですが、ながいあいだかわいたすなにうもれていたからでしょうか、なみだはいってきもでませんでした

 ひげをはやしたにんげんは、おかあさんきょうりゅうをみました。
 そのからだはほねだけになって、かたくかたまっています。

 それからにんげんは、タマゴをみました。
 ひょうめんはカチカチで、ざらざらで、オレンジいろにかわってしまっています。ひどくかちかちなタマゴからあかちゃんがうまれてこないことは、にんげんにはよくわかっていました。

 だけどにんげんは、きょうりゅうのおかあさんをかなしませるようなことをいいたくはありません。

 だから、タマゴをおかあさんきょうりゅうのすぐとなりまでおしやって、そっとつぶやきました。

「タマゴはここにあるよ、だから、あんしんしておやすみ」

 にんげんは、おかあさんきょうりゅうとタマゴをトラックにつみこみます。
 にだいでゴトゴトゆられながら、おかあさんきょうりゅうは、また、ねむりはじめました。

 すなは、かぜがふくたびにさらさら、さらさらと、おとをたてます。でも、それはトラックのタイヤにはじかれるだけで、おかあさんきょうりゅうにはとどきません。

 だから、おかあさんきょうりゅうは、とてもあんしんして、ながい、ながいゆめのつづきをみはじめるのでした……。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ