挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

リウセイアフター

作者:藤夜アキ
 星降った夏の夜。
 私と祐一は、家路を歩いていた。
 流星群。初めて、ちゃんと目にした。
 祐一は、そういうものに目を向けさせてくれる、そんな人だったから。
 そんなロマンチックなものは、心のどこかで距離を置いていた。
 何だか、ほら、恥ずかしいし。それより即物的なものの方が、オンナノコなら求めるみたいな先入観、オトコノコの間じゃ、あったりするじゃん。
 確かに、買い物に行ったり、美味しいモノを食べたり、そういうことの方がデートには相応しい感じもする。
 星を見に行く、なんて、ちょっとした物語みたい。
 でも、祐一はあまりに自然と、私を誘い出してくれた。
 二人、行きに初めて通った道を、確かここを通ったねなんて確認しながら歩く。
 星が綺麗に見える、祐一が私に教えてくれた秘密の場所は、そのために人工の光が少なくて、そこまでの道のりも、私の知っているどんな場所よりも薄暗かった。
 何だか、私は不安になった。
 躓いてしまいそう、そんな表向きの不安と、思い出してしまいそう、そんな本当の不安。
 左手が、自然と胸元に来る。
「わっ!」
 同時に、右手に、感触。
「俺だって」
「び、びっくりしたじゃん」
「ごめん」
 右手に触れたのは――繋がれたのは、祐一の手。
「何、どうしたの」
「明香莉、今、不安がってたから」
「え」
 その一音だけで、祐一は私の(どうして分かったの? こんなに真っ暗なのに)という思いを読み取った。
「暗いところ、苦手じゃん?」
 明るい声。
 祐一はそう言ったけど、それが本当の理由じゃないのは分かっていた。
 きっと祐一には、私が、手を胸に当てようとするのが分かったんだ。なんで分かったの、って掘り下げて聞いたら、多分、「何となくだよ」なんて答えて、本当にそうなんだろうけど。
「大丈夫、明香莉には、俺がついてる」
 みんな、一度は口にした言葉。
 一人目は信じちゃって、二人目は半信半疑に聞いて、三人目からは話半分にしか聞かなかった。
 これだって、信じちゃう、のかもしれないけど、オトコノコを分かってしまった気でいる私が、それでも信じてみたいと思った。
 騙されていても構わない、じゃない。
 そんな自暴自棄の想いじゃなくて、「私のこと、託したよ」って、そんな一世一代の想い。
「オンナノコみたいなこの手に、私が守れるかなあ?」
「ぐ、そこは、精進するよ」
「筋トレ三日も続かないのに?」
「明香莉も一緒にやってくれたら、きっと続くよ」
「え、私を巻き込むんデスカ」
「明香莉も、食べないダイエットより、筋肉付けて、健康的にやせるダイエッ――痛い、痛いよ」
「この程度力入れただけで痛がる時点で、まだまだ弱っちいの」
「だから、精進するんだってば」
「ご褒美あるなら、考えるよ、一緒に筋トレ」
「うん、じゃあ、考えよう」
 バカップルと、将来性のある恋人同士の会話と。その境界は、どこからなんだろう。
 私たちのコレも、大体の人からしたら、間違いなく前者なんだろうけど。
 祐一がここまで言ったら、きっと、ずっと続いていく、そんな自信が持てる。
「守ってね、ずっと」
 星降った夏の夜。
 いつの夏も、星は輝いていたけれど。
 今日やっと、私の記憶に、綴じられた。
 祐一が、私の手を、繋いでいてくれるから。
藤夜アキという人は、死を扱ってばかりだ。

そんな風に思われている方が、中にはいらっしゃるかもしれません。

あれはあれで私です。でも、こんな私をお忘れにならないで欲しいです、と。

今日は何だか、書ける気がして。

大好きな歌い手さんの歌声で、星空を歌った歌を聞きながら書きました。

幸せな恋愛の物語を書くのはとても体力を使うので、たくさんは書けません。

でも、書き終わった時は、私まで嬉しい。

今、とても笑顔です。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ