挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チビ犬探偵の恋愛事件簿 作者:AQ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/6

6 エピローグ/チビ犬の勝利!

 あと少しで、授業の終わりを告げるチャイムが鳴る。
 事件は解決した。なのにまだ、サヤマはこのクラスに居る。
 私もサヤマと並んで教卓の前に立っている。ユカの元へ行こうとした私の腕を、サヤマが強く掴んで引きとめたから。
 私を捕まえたまま、サヤマは顎に手をあてた『考える人』のポーズのまま黙り込んでいる。
「何よ、サヤマ?」
 待ちかねた私が、泣きまくった後の鼻声で尋ねると、サヤマは意を決したように顔を上げた。
「えーと、チビ子。この際だから、お前にも言っておきたいことがある」
 いつもとは違うサヤマの態度に、私は小首を傾げた。
 あれだけ満ち溢れていた自信は影を潜め、視線は所在なさげに私の顔や胸元へと移り変わる。
 いったい何事かと身構える私の斜め上から、サヤマの声が遠くに飛ばされた。
「ユカちゃんもだよ? ユカちゃんにとっても大事な話だから、ちゃんと聞いて欲しい」
 有無を言わさず人を従わせる、リーダーの声。
 机に突っ伏していたユカが、ぽってりと腫れた瞼をこすりながら身体を起こし、小さく頷く。
 そんなユカに軽く頷き返すと、サヤマは一度深呼吸した。だいぶ目つきの険が取れて、いつも私をからかう余裕たっぷりな表情で。
「えーと、まずは俺のバカ兄貴のことな。アイツがアホなことユカちゃんに言ったせいでこんな事件になって、本当にゴメン。ヤツは爽やかだなんだって言われてるけど、ただのバレーバカだから。バカ過ぎて、言って良いことと悪いことの区別がつかないんだ。全くあのアホは……」
 ユカは、自分の好きな人をバカだのアホだのと連呼され、ちょっと嫌そうに眉をひそめている。でもサヤマの行動原理をだいぶ理解できた私は、こう解釈した。
 サヤマが誰かをけなすのは、きっと愛情の裏返し。
 ヘンなところで子どもっぽいんだから、と内心苦笑していた私は、まだ気付かなかった。
 今まで私自身が、サヤマからどんな扱いを受けてきたのかを……。
「もうっ、佐山君てばヒドイよ!」
 口の達者なサヤマが放つ淀みない悪口に、とうとうユカの堪忍袋の緒が切れた。サヤマが「ゴメン」と顔の前で手を合わせると、ユカは尖らせていた唇を緩め「しょうがないなぁ」と泣き笑い。
 ユカの片思いはもう完全にバレてしまって、これでクラス公認だ。きっと中には悔し涙を流している男子も居るはず。
 誰が一番ショックな顔をしてるかな……ときょろきょろし始めた私に、サヤマが突然クイズを投げた。
「で、バカ兄貴がユカちゃんに、何で『チビ子について教えろ』なんて言ったか……チビ子、分かるか?」
 楽しい推理を邪魔された私は、ムッとして叫ぶ。
「はあっ? そんなの私に分かるわけないでしょ!」
「そう吠えるなって」
 サヤマは、バレーボールが片手で掴めるほど大きな手のひらを伸ばし、私のポニーテール頭をぽんぽんと叩いた。そこまでは、チビッ子の私に対するからかいの延長。
 次の台詞で、私は完全に凍りついた。
「おまえ、黙ってりゃ可愛いんだからさ」
 ヨーシヨシヨシと頭を撫でられ、ポニーテールの尻尾を掴んでふりふり振られ、涙の跡がこびりついた頬をむにゅっと摘まれ。
 それでも私は、フリーズしたまま動けない。目ん玉が飛び出しそうなほど大きく見開いた目と、顎が外れそうなほどポッカリ開いた口のまま。
 カンペキ放心状態の私を見て、サヤマが「すげー、アホヅラ」と小馬鹿にする。
 その一言で、ようやく私は解凍した。今度は、みるみる顔中が熱くなっていく。
「あっ……あんた今、何を言って……!」
「皆は、もう分かっただろ?」
 さっきまでの重苦しい雰囲気は、一体どこへ行ったのだろう?
 気付けば、私とユカを除くクラスの全員が、ニヤニヤといやらしい含み笑いを浮かべていた。壁の丸時計をチラッと気にしたサヤマが、少し早口で語り出す。
「時間もあんま残ってないし、正解な。実は俺がずっとバカ兄貴に相談してたの。女子バレー部期待のホープ、ユカちゃんにいつもじゃれ付いてるチビっ子のこと、好きになったって」
「――えっ?」
 解凍しかけた身体が、再びフリーズする。
 サヤマの言葉が頭の中でぐるぐると回る。回って回って、結局手に取られなかった回転寿司のネタのように干からびて……。
 混乱する私を置き去りに、サヤマの告白は続く。
「そしたら、バカ兄貴が調子に乗って『どんな子だ』ってシツコくてさ。しかも、わざわざ〝イニシャル入りハンカチ〟なんてアホなもん作って、『チビ子の前で落とせ』とかベタな作戦持ちかけてくるから、しばらく無視してたんだけど……」
 私は目をまん丸くしたまま、手元の白いハンカチに見入る。
 本日お世話になりまくりの、サヤマブランドハンカチ。サヤマがそんなベタなアイテムを持っていた謎は解けた。
 だけど。だけど……。
「しかし、まさかユカちゃんに、そんな誤解させるようなこと言ったとは思わなかったな……ユカちゃん、アイツのこと許してやって。単にチビ子のことリサーチしたかっただけだからさ」
 どうやら置き去りなのは、私一人になってしまったようだ。ユカは、サヤマの言葉をちゃんと理解できたらしい。「分かった」と囁くと、花が咲くように微笑んだ。
 しかし次の台詞で、ユカは再び私と同じぐるぐる回転寿司屋へ逆戻り。
「ついでに言うと、兄貴はユカちゃんと喋るキッカケが欲しかったみたいだよ。入学してすぐ俺がユカちゃんに話しかけたのも、実は兄貴の命令だったんだ。『仲良くなって情報流せ』ってさ。ホント、バカだよなー」
 ユカは「えっ」と呟いて絶句した。
 なるほど、この話は私にも良く分かった。
 つまりサヤマ兄は、最初からユカのことを気に入っていたのだ。
 そして、サヤマ自身は……。
 私はリンゴのように真っ赤な頬をしたユカから、サヤマへと視線を戻した。爆弾発言を落としまくったサヤマは、一人スッキリした顔をしている。
 涼しげな横顔を見上げる私の心に、ふつふつと湧き上がる熱い感情があった。灼熱のマグマは、理性という名の地表を一気に突き破る。
 ――ああ、もうムカつく!
 私もユカも、サヤマ兄弟に振り回されすぎ!
 私は教卓の影に隠れた足に力を入れ、できる限り背が高く見えるように爪先立ちした。どんなに頑張っても、随分下からサヤマを見上げる形になってしまう。でももう気にしない。
 思い切り、下っ腹に力を入れて……。
「――佐山悠太!」
 驚いたサヤマは、まるで授業で先生に当てられたように「ハイッ!」と返事をした。姿勢までキチンと『気をつけ』にして。
 私はそんなサヤマを、容赦なく睨み上げた。
 火事場のクソ力というのは、こういう状態を言うのだろう。緊張も動揺も、全ての感情が限界を超えてしまった。サヤマの瞳を直視したところで、もう身体も声も震えたりしない。
 私はサヤマの十八番を奪い取り、斜に構えたような口調で問いかける。
「あんた、私のフルネーム知ってるんでしょうね?」
「当たり前」
「じゃあ言ってみて」
「相川千夜子……さん?」
 語尾が微妙に上がったことが引っかかり、ギンと鋭く睨みつける。自分の唇から、聞いたことが無いくらい低い声が漏れる。
「何それ、うろ覚え?」
「まさか!」
「だったらちゃんと言って」
「相川千夜子!」
 私だけを見ているサヤマは、きっと気づいてない。ついさっき、授業終了のチャイムが鳴ったことを。そして、うちのクラスで〝事件〟が起きたって噂が、学年中に広まっていることを。
 派手女子軍団を筆頭に、皆の机の下でフル稼働するスマホと、リンクして行くチェーンメール。
 バトルの最終決戦は、リアルに観戦したいと思うのが人の常。教室のドアにも、ベランダの窓ガラスにも、好奇心旺盛な生徒たちの顔がびっしりと貼りついて、事件のクライマックスを見守っている。
 そんな中、熱くなった私とは別の、冷静なもう一人の私が諦めの溜息を零す。
 私は一生、目立たない『クラスメイトA』で良かったのに。
 でも……もう、いいや。
 私は背伸びを止めた。身体を支えていた教卓から手を外し、サヤマの前に一歩近づく。
 揺るぎない想いを胸に、ダークブラウンの瞳を真っ直ぐ見上げて、叫んだ。
「あんたが私のコトどう思ってるか、ハッキリ言え――ッ!」
「好きです! 俺と付き合ってください!」
 その瞬間……教室中、いや建物中が震えるほどの大歓声が沸き起こった。
 嵐のような拍手と、床を踏み鳴らす上履きの音。興奮のるつぼの中、私は胸の奥でキラキラ光る宝石を見つけた。
「私も、サヤマのことが好き」
 大歓声の中でも、私の囁きはしっかり届いたらしい。サヤマの目尻にくしゃっとシワが寄る。それはサヤマが初めて見せる、普通の男の子っぽい隙だらけの――本気の笑顔。
 これで私とサヤマの立場は大逆転だ。レンアイなんて、先に「好き」と言った方が負けなんだから。
 私はサヤマの緩んだネクタイを掴んで、整ったその顔をグイッと引き寄せる。
「……でも、今度チビって呼んだら別れるからね?」
 なんて、至近距離で強気に微笑んでみせる。
 耳の先まで赤くなったデカ犬のサヤマが、「ワン」と鳴く。私はめいっぱい背伸びして、ヨーシヨシヨシとサヤマの柔らかい茶髪を撫でた。

  * * *

 ――翌日。
 相変わらず遅刻ギリギリで登校した私は、真っ先にアイツの姿を探した。
 いつもならふてぶてしく私の机に座っているというのに、今日は居ない。私は残念なような、ホッとしたような、複雑な心境で席に付いた。
 昨日はあの興奮状態のまま、何一つ『約束』をせずに別れた。電話番号さえ交換していない。ユカ経由で番号を聞き出して連絡してくるかもしれないと、夜更けまで待っていたけれど、いつの間にか眠ってしまった。
 今朝だって、ずっとドキドキしっぱなし。
 サヤマがいつものように絡んできたら、どんな対応をしたらいいのやらと……だけど、見事に肩透かし。
(サヤマもきっと、私と顔を合わせるの照れくさいんだろうなぁ……)
 重たい鞄を机に置き、私は溜息をついた。ふと周囲を伺えば、サッと目を逸らすいくつもの顔顔顔。
 この状況はまさに自業自得だ。あんな派手なことをしでかしておいて、注目するなという方が無理だ。
 昨日のアレは完全に勢い一〇〇%だった。いわゆる『真夜中に書いたラブレター』ってやつだ。
 今も思い出そうとするだけで、心臓が破裂しそうになる。
「……全部サヤマのせいだよ。バカサヤマッ」
 独りごちつつ、胸の中に浮かんだサヤマの額にデコピンを落とす。ちょっとだけ溜飲が下がった私は、気を取り直して鞄に手をかける。
 教科書をしまおうとしたとき、机の中で指先にカサリと触れる物があった。
 それは一冊のノート。すっかり存在を忘れてしまっていた例のノートだ。
(これってもしかして、今朝サヤマが返しにきた、とか?)
 恐る恐る開いてみると、最初のページの一番上、二人並んだ名前の間には。

『佐山悠太【はーと】相川千夜子』

 と、しっかり〝正しい〟アイアイ傘が書き足されていて……私は、笑った。(第一部・了)
※昨夜のサーバートラブルの影響により、最終話のみアップしなおしました。スミマセン……。
cont_access.php?citi_cont_id=680031999&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

寂しい侍女は、高慢王子の一番になる

王妃に仕える侍女のエアーリアは、ある日、王妃からとんでもない命令を受け、彼女の息子である第三王子から愛されなくてはならなくなった。偉そうで高慢な王子から愛される//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全47部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/08/05 22:00
王宮の至宝と人質な私

持ち家すら無い超貧乏貴族の娘、セーラはツイていなかった。一家が都落ちの最中に拾って弟にした美少年は只の捨て子ではなかった。ある日突然王宮からやってきた騎士団に弟//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全72部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2013/04/07 10:49
騎士団付属のカフェテリアは、夜間営業をしておりません。

騎士団付属のカフェテリアでくいっぱぐれた騎士団長と、彼女を迎える料理長の物語。 ※双葉社Mノベルスから発売です。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全16部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/05/18 00:00
恋をしたら死ぬとか、つらたんです

自称『普通の女の子』であるクレイジーサイコビッチ・藤井ヒナが、未来からやってきた社員シュルツに頼まれて、発売前のVR乙女ゲームのモニターのお仕事をする穏やかなお//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全103部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2014/09/06 22:40
幼馴染

私にはすごくよくできた幼馴染がいる。格好良くて優しくて。だけど、彼らはもう一人の幼馴染の女の子に夢中なのだ。私だって、もう彼らの世話をさせられるのはうんざりした//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全5部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/02/20 21:00
あなたの傷が癒えるまで

貧乏貴族のローザリアが、偶然くじ引きで当てたのは、乙女の憧れ「第二騎士団長フェルナンド=ダーランド様との1日デート券」。借金返済のため、そのデート券をオークショ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全23部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2014/10/25 00:00
転生した私はペットとしてダラダラ生きることにした

 ブラック企業で働き過労死で死んだ私は、気が付くと獣人が人間をペットとして飼っている獣人国に転生していた。  前世で、必要最低限の休みさえとれなかった私は、この//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全57部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/06/23 00:18
男爵令嬢と王子の奮闘記

前世で身分違いの結婚をした記憶を持つ男爵家の令嬢シャナ。あんな苦労はごめんだと思っていたのに、ある日、女嫌いの王子を助けたことから運命の歯車が狂いだす。「お前と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全61部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/05/19 05:38
ナタリア姫と忠実な騎士

自分の容姿にコンプレックスを持つ大国の王女と、彼女の幼馴染である近衛騎士とのすれ違いラブロマンス。最後はハッピーエンドですが、騎士がヘタレの為、じれじれ展開です//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/12/30 18:44
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全181部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:45
副会長と私と灰色のご縁。

「…1-C、中原美耶子だな。一緒に来てもらおう。」 「…………はい。」 灰色の子猫を治療したら、なんと副会長の使い魔だったらしい。そのまま使い魔のお世話係に任命//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全52部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2014/10/31 23:44
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い

「俺はあんな女、好きじゃない。むしろ嫌いだ。大嫌いだ」――――大好きな幼馴染・レイスのそんな発言を偶々聞いてしまったスーリアの初恋は、木端微塵に砕け散った。泣き//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 21:13
リングリング

三年前、大学生の詩織は、異世界トリップして日本に来てしまった騎士の男をかくまった。彼は無事に元の世界に戻れたのだが、なぜか今度は詩織が彼の世界へトリップ。頼れる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2014/08/20 00:00
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

陽気な名ばかり貴族と、元軍人の年上妻の仮契約で結ばれた夫婦の雪国暮らし。身を切るような寒さの中で狩りをしたり、仕留めた獲物の解体作業をしたり、暖炉の火で料理をし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全137部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/02/28 23:51
目指す地位は縁の下。

異世界に飛ばされた女子高生、相馬沙羅は、彼女そっくりな貴族の令嬢の身代わりとして後宮入りする事に。 彼女の目下の悩み事は、後宮から逃げる事でも、後宮の一番になる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全120部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/13 00:00
図書館ドラゴンは火を吹かない

 親友の残した図書館を守り続ける一頭のドラゴン。  しかし、彼女は火竜であるにもかかわらず、決して炎を吐かなかった。  なぜなら自分は図書館の番人であり、そし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全91部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/28 20:02
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
猫かぶり姫と天上の音楽

断るのが面倒で受けたお見合い相手に迫られ、バルコニーから転落した音大生の花(ハナ)。それを拾ったのが、自称「神様」。で、拾得物は交番に・・・なはずが、違う世界へ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全151部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/27 00:00
体育会系ガーディアンとメビウスの輪

「健全な魔力はぁぁああぁぁ!」「健全な肉体に宿おおおおぉぉうおおぉぉぉる!!!」ひょんなことから筋骨隆々のむさ苦しい第3騎士団の騎士達に囲まれ、騎士見習い(新人//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2013/03/14 02:49
平凡なる皇帝

ハルはとある領主の元で下女として働く、普通の少女だ。しかし亡くなった母親が遺した指輪に使われている宝石が、竜の国でしか採れない希少なものだと分かってから状況が変//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全102部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
武姫の後宮物語

ヘレナ・レイルノート侯爵令嬢は二十八歳にして、ガングレイヴ帝国八大将軍が一人『赤虎将』の副官である武人である。 そんな彼女に、ある日即位したばかりの皇帝の抱える//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全273部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/12/17 12:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
神様は、少々私に手厳しい!

須山一樹は、ちょっと名前が男の子っぽいだけで花も恥らう普通の女子大学生だ。そう、普通だ。少々、十か月前に異世界に行っていただけだ。そんな一樹は、何の因果か再びそ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/10/22 17:36
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
公爵令嬢の狼

公爵令嬢ベアトリスは、家柄・魔力・外見と全てが完璧なお嬢様であるがゆえに、学園内では他の生徒たちから敬遠されていた。その上、権力者の祖父が獣人差別主義者であるた//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全13部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/02/27 21:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
ドラゴンさんは友達が欲しい

アース・スターノベルにて書籍化されたドラゴンさん。「!」マークをつけてⅣ巻まで発売中! ぼっち女子大生の”わたし”はぼっちを克服すべく新歓コンパに行く途中、 バ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全151部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 20:00
召使いじゃありません!

真面目だけが取り柄のぼっち大学生・本西双葉は、学校の同級生でアイドル的存在の江藤哲文に密かに気に入られていて、彼の家にたびたび招かれるような仲だった。 そんな//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全101部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/03/19 00:00
きみをまもりたい

異世界トリップしたら飼っていた可愛い文鳥がなぜかグリフォンに似た大きくて強い怪鳥になっていた話。 (全10話+後日談の中編。※タグの恋愛は後日談)

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全11部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/05/27 22:00
傭兵団の料理番

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全51部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/23 21:00
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
没落予定なので、鍛治職人を目指す

前世でプレイしていたゲームのキャラに生まれ変わった主人公。そのキャラとは悪役令嬢とともに没落し、晩年を夫婦として一緒に暮らすクルリ・ヘランという男だった。 ゲー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全102部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/09/26 11:00
盟約の花嫁

お前たちが望む間だけ、お前たちを導くとしよう。その代償として、お前たちは私に人族の花嫁を与えよ。お前達が約束を違えぬ限り、盟約が破られることはない。・・・・・か//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全65部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/07/08 20:59
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
竜の卵を拾いまして

オムレツを作ろうとして割った卵から出てきたのは、赤いうろこに覆われた火竜の子供。希少な生き物なはずの竜がどうしてこんなところに?と不思議に思いながらも、一人では//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全150部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/12/13 15:16
↑ページトップへ