挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

つららひめ

作者:雪梨真白
 嘘をつくものにとって、真実ほど怖いものはない。
 いつだって、自分のいられる世界を守るためにつく嘘に、悪気なんてない。
 だが、どうしてだろう。
 言葉を重ねるうちに、自分の口から離れていく言葉達は、活気のないしょぼくれた自分を完成させていく。
 そのうち、つまらないほどに、ポッカリと空いてしまった穴を、何もせずに見下ろすことにも慣れてしまうのだろう。
 それが、「私」なのだと。





つららひめ





 彼女が、その男に近づいたのは、寒そうだったから、それだけなのです。
 右も左もわからないほど吹雪いていたから、少しからかってやろうと思っていました。

『そちら側には、崖がございます。風の吹く方へ、お進みください』
 もしも、この声の主の姿を見てしまったら、この男は驚くでしょう。だって、彼女の容姿は三歳くらい。このような口調で、誰かに言わされているわけでもなく、思うままに言うのだから、それは異常以外の何者でもありません。
 それに加え、こんな吹雪の中。姿も表さず、声だけ聞こえるというのは、どうも可笑しいものでしょう。それとも、この男は、彼女の声自体、自分の頭の中の幻聴だと思ってしまっているでしょうか。

 だが、その男は「ごめんなさい、助かります」と口を開きました。
 声変わりしたてのような、高い声。
 おそらく、成年には達していないでしょう。
 可哀想に、寒さに凍えて、吐息で一生懸命手を温めながら、今にも倒れてしまいそうな足取りです。

 もう少しだけ、からかってやろう。
 彼女は、ククッと笑いを堪えて、『ここはよく、地元の者でも迷うのです。でも大丈夫、もうすぐ温まれますよ』と、気休めを言い、男を導きます。
 当然のように、彼の歩く先に、崖はないのだが、温まれるようなロッジはありません。

「あの、このあたりの人・・・なんですか」
 正直、彼に喋れるほどの余裕と体力はない。やはり、彼女を不審に思ったのでしょう。
『ええ。子どもが迷ってしまったようで、探しているのです』
 今日も、彼女の口からこぼれるのは、嘘ばかりです。
 その言葉に振り回される人が、何人いたことか。今となっては、数えようもありません。
 だから、この言葉の返事はわかっていました。「このままここにいると、あなたも危険だ。一旦戻りましょう」。
 皆、そう言って、探すことをやめさせ、彼女がいなくなれば、「あれは雪女だったんだ」と噂する。その雪女、の心配なんかじゃなく、自分が助かりたいがために、偽善者ぶって助けようとする振りをする。
 彼女は大嫌いでした。だから、その人々がどんな目に会おうと、どうだってよかった。
 さぁ、この青年には、どんな目にあわせよう。
 なんて考えながら、笑う彼女の青白い肌に、少女らしい表情はうつりません。
 だが、彼女のペースもここまででした。

「そんな、何してるんですか!早くしないと!」
 青年には絶対に見えない、吹雪の中で、その顔は確かに驚いていたのです。
「小さい子ですか?だったら、長時間こんなところにいたら、死んでしまいますよ!僕も探します。三人で早くロッジに戻りましょう」
 こんなところにいて、死んでしまうのはお前の方だ。"こんなところ"をすみかにしている子どもに、「寒い」なんて感覚があるものか。
 彼女は心の中で思いました。

 こんな人物は初めて。
 一瞬、聞き返してしまいそうでした。
「どんな子ですか。何歳くらいの!」
 拍子抜けして、彼女は、少しの間黙ってしまいます。
 そして、悪戯をする雪女・・は姿を消しました。
 ですが、ひどく吹雪いて顔も見えないくせに、そんな声もでない彼女の、腕を掴むのです。

「いた!いましたよ!」
 彼女はこれまでにないくらい吃驚びっくりして、腰を抜かしかけたが、その掴まれた手を、振りほどきませんでした。
 これまでに触れたことのないほど、温かかったのです。もはや、溶けてしまいそうなくらいに。
「おい、しっかりしろ。お母さんがお前のことを探しているよ。もう大丈夫だ」
 青年は、凍えた手で、彼女のことを抱き上げ、抱えたまま歩き出しました。
 だが、二、三歩歩いたところで、青年は足を止め、彼女を下ろします。
 彼は自分の手をはめていた手袋を素早く外し、はぁと彼女の小さな手に、息を吹きかけて、温めようと手袋をはめてやりました。

「よし、これで本当に大丈夫だ」

 そう言うと、また、青年は彼女を背負い込んで、歩きはじめます。
 見ているだけで、彼の優しさが伝わる、真っ赤な手袋でした。
 彼の大きさじゃ、ブカブカで、腕まですっぽりとはまっています。
 気がつけば、再び抱きかかえてくれる腕に、しっかりとしがみついていました。
 人の温度が、これほどまでに温かいとは思わなかった。
 温かすぎて、なんだか涙が溢れる。
 手袋の赤い色が肌を撫でると、まんまるな頬に明かりが灯るよう。
 そこには、たった一人の幼い女の子が、背を借りて泣く姿しかありません。

「怖がらなくていい。お母さんもすぐに見つかるさ」

 いないよ。お母さんなんて、最初からいない。
 私はただ、あなたがここに現れたから、一緒に遊んで欲しかった。
 この辺りに住むような人々は、ここを怪しがって会いに来てくれないから、誰かに会いたかったの。
 この寒さを、独りでいるには耐えられないでしょう。
 独りでいるには、嘘が必要なのです。

 誰にも会いたくない。
 寒い方が心地良い。
 寂しくない。

 温かさを知ってしまった氷柱は、後はただ溶けてしまうだけ。
 氷柱に重なった光を見て、人は美しいと言うでしょう。
 しかし、彼らは、その氷柱が溶け、落ちて溜まっただけの水を、美しいとは言いません。

 意味などないのならば、最初からいなければ良かったのに。
 その水ですら、最後には消えてしまうのに。
 でも、この温もりを感じることができるなら、身が滅びようと、いなくなってしまっても、良いと思えるのでしょうか。

 やがて、泣き出した彼女に気づいた青年は、寒さに怖がる少女を気づかい、凍えて紫色になった唇を動かし、話をしてやりました。
「兄ちゃんな、ここに来るの初めてなんだ。すごいなぁ、ここは。ちょっと寒いけど、雪景色は最高だし、もてなしてくれるご飯はどれも美味しい。ここにいる人はみんないい人で、とても気遣ってくれるよ」
 楽しそうに話す彼の抱きしめる手は、震えていました。
「あとちょっとだ。もう少しでロッジにつくよ。お母さんも待っている」
 彼女は、その声に返事ができませんでした。
 嘘をつき続けた彼女の言葉達は、まるで石のように固まってしまったのです。
 いいえ、それが彼女の意思だったのかもしれません。


 声を、聞かないで。


「僕は、きっともう一度ここへ来るよ。そのときは、もっとお前とも話したいなぁ」
 彼なら、美しいと言ってくれるでしょうか。
 皆がただの水だと言っても、あなただけは。

 空から降り注いでいた吹雪が、足を止めました。

 視界が広がり、嬉しくなった青年は、彼女のほうに振り返ります。
 その時です。
 降り注ぐ暖かい日差しが、彼女にわかれの言葉をぶつけました。
 それでも、構わないのです。
 その頃にはもう、頬の涙が足元の雪をつかまえて、空と同じように、清々しく晴れているのですから。
 彼とともに微笑み仰ぐ空に、曇ることなど、ありはしないのです。

「なんでだろう。なんだか、やっとお前に会えた気がするよ」

 彼は、自分の手で顔の全てを覆えそうなくらい、小さな顔に触れました。
 彼女が初めて、彼女の言葉で、真実を口にするのは、「さようなら」でも、「帰らないで」でもありません。


「ありがとう」


 彼への感謝の気持ちと、生まれたことに向けて、そう言ったのです。
 最初から、意味など、必要ではなかった。
 本当はわかっていたのです。
 だって、いつかは自分自身に会えることが、運命なのですから。

 つながった世界は、まるで今までのものとは違って見えました。
 昨日の顔、その前の顔。きっと、もっともっと好きになれる。
 だから、そう言ったのです。



 眠っていた青年は、目を覚ましました。
 ずっと眠っていたようで、なんだか頭がズキズキと痛みましたが、フラフラと窓の近くまで歩きました。
 それに気が付き、心配して駆け寄ってきた彼の友人から、青年は雪の中遭難し、一人、倒れていたと知らされます。
 ですが、彼は少し黙って、クスッと笑い、「違うよ」と言いました。
 わけのわからない友人は、首をかしげましたが、彼は何も言いません。
 快晴の空を、ただ眺めているのです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ