挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

そこにいるキミを抱き締めたくて

作者:sHuIcHi
ある日突然目の前に現れたのは建具のドアだった。
平行世界からやってきたという女の子の自分、恋藤真乃花。
恋藤美幸は、恋藤真乃花が自分だということを忘れ、徐々に惹かれて行く。
しかし、二人には絶対結ばれることは出来ないという『世界のルール』があり――。
決して結ばれることはない、少年と少女は、悩み葛藤し、お互いの絆を深め合って行く。
少年と少女は結ばれることは出来るのか――。
ちょっぴり異能でSFなシリアスラブコメディ。
『わたしと友達になってください』
――物語は予想もつかない展開に転がって行く。

※同人誌即売会で、同人誌として無料頒布してます。
プロローグ ―平行世界から、こんにちは―
2016/02/06 21:59
ロリは心の栄養とは限らない
2016/02/07 10:04
嘘つきはぼくも
2016/02/11 20:51
キミとぼくの危ない関係
2016/02/13 07:38
そして、キミと
2016/02/14 00:20
キミとぼくは
2016/02/18 06:53
だからキミを離さない
2016/02/19 07:01
エピローグ ―そんなキミのことが大好きです―
2016/02/19 07:03
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ