挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

野良のノラが教えてくれたこと

作者:Cat Bell

「おいこらチビスケ、うるせぇぞ」


 紙の箱に手をかけて、そいつは僕にこう言った。
 少しくすんだ黒い毛並みと、ピンと尖った三角の耳。
 ゆらりと長いしっぽを揺らし、青く鋭い目で睨む。
 さっきから降り続けている雨の雫が、ヒゲからぽたぽた落ちていた。
挿絵(By みてみん)
 そこにいたのは猫だった。
 僕と同じ黒い猫。
 そいつは箱の中の僕を見て、呆れたように鼻で笑った。

「どうしてそんなに鳴きわめく」

 体にしみ込む雨粒に、僕は体を震わせる。

「だってここは寒いんだ。あたたかな毛布がここには見当たらない。お腹だってもうペコペコだ」
「毛布など、こんなところにあるものか。食べる物が欲しければ、自分で探しまわるのさ」
「あなたはいったいどこの誰? 僕はこれからどうなるの?」
「俺は野良猫、お前は捨て猫。どちらも同じ猫だろう? それ以上でも以下でもねぇ。お前のことはお前が決めろ」

 野良猫は僕の首の後ろをくわえると、箱の中から外へと出した。

「とりあえず、同じ鳴くならここよりも、向こうの通りに行くといい。そこならば、お前を拾う奴らもいるだろう。ここはガラクタばっかりで、誰も通りかかりゃしない。あぁただし、あっちの通りは近寄るな。奴らが乗ってる大きな箱が、ひっきりなしに行きかうからな。お前みたいなチビスケは、あっという間にぺちゃんこだ」

 野良猫は僕にくるりと背を向ける。

「あなたはこれからどこ行くの?」
「俺はこれから飯の時間だ。その後は、寝床に戻って寝るだけさ」
「待ってノラ。僕も一緒に連れてって」

 まだ降り続く雨の中、僕はノラの背中を追いかけた。


◆◆◆◆◆◆◆◆


 ノラの後ろを歩いて行くと、水の濁ったドブ川前で、ノラは急に立ち止まる。
 すると僕らの目の前を、ネズミがいきなり駆け抜けた。
 ネズミはとても速いけど、ノラはそれより速かった。
 僕より大きなノラなのに、体は軽く動きはしなやか。
 まばたきひとつしている間に、ネズミを二匹も捕まえた。
 それを口にくわえると、ノラは再び歩き出す。

「さあ着いた。ここが俺の寝床だチビスケ。特別に、今夜は屋根を貸してやる」

 ノラの寝床は狭くって、ガラクタだらけのゴミだらけ。
 トタンの屋根は穴ぼこだらけで、ところどころで雨漏りしていた。
 それでも紙の箱と比べれば、雨や風がしのげる分だけ、寒さはずいぶんマシだった。
 ノラは二匹のネズミの一匹を、僕の前に置いたあと、もう一匹を食べだした。
 僕もノラの真似をして、ネズミを口に入れてはみたが、すぐに戻して地面に置いた。

「どうしたチビスケ、とっとと食いな」
「今まで僕が食べてたものは、もっともっと柔らかくって、もっと美味しいものだった」
「じゃあ食うな。お前がそれを食わずとも、俺の腹は減りゃあしない」

 僕の前に置かれたネズミを、ノラは取り上げかじりつく。

「待ってよ待って、食べないで。食べないなんて言ってない。ただちょっと、食べなれてないだけだから」

 ノラは恐い顔をしながらも、小さくちぎった肉を再び、僕の前に置いて寄こした。
 食べやすくなったネズミを頬張り、僕は残さず平らげた。
 しばらくすると雨が止み、穴ぼこだらけの屋根の向こうに、星がキラキラ輝き始める。
挿絵(By みてみん)
 それはとってもキレイだけれど、吹き込む風は冷たくて、僕は体を縮こめた。
 ボロ布を集めて重ねた寝床の中に、丸くなってるノラを見て、そばに寄り添い丸くなる。
 怒られるかと思ったけれど、ノラは何も言わずに目を閉じた。
 そのときひとつ発見したんだ。
 ノラのお腹の真ん中に、小さな傷があることを。
 三日月みたいなその傷を、見ながら僕は眠りに落ちた。
 ノラの毛並みは僕のより、少しくすんで固いけど、ノラの体はあたたかかった。


◆◆◆◆◆◆◆◆


「起きろチビスケ、夜が明けた。雨は止んだし日差しは柔らか。鳴いてるお前に気がついて、足を止める奴らも多いだろうさ。どうした早く起きねぇか」

 ノラにせかされ起こされて、僕は顔を洗って伸びをした。

「ねえノラ今日も、ノラはネズミを捕りに行く?」
「捕りに行くなら何だと言うんだ。お前にゃ関係ないだろう」
「僕もノラがやってたみたいに、ネズミを捕ってみたいんだ」
「お前みたいな泣き虫の、チビスケなんかに捕まるような、鈍いネズミがいるわけねぇよ」

 僕を馬鹿にしたように鼻で笑うノラを睨んで、僕はノラに言ってやる。

「僕もネズミを捕まえる。僕だって、ノラと同じ猫だもの」

 僕はその日の一日中、ネズミを追いかけ走ったけれど、僕に捕まる鈍いネズミは一匹たりともいなかった。
 駆けずりまわってドブ川に、うっかり落ちた僕をくわえて呆れたようにノラは言う。

「汚ねぇな。あんまりばっちくなるんじゃねぇよ。そんなんじゃ、誰も拾ってくれなくなるぞ」
挿絵(By みてみん)
「今日は逃げられちゃったけど、そのうち僕はノラよりも、でっかいネズミを捕まえるから」

 僕の言った言葉にノラが、お腹を抱えて笑うから、僕はふくれてそっぽを向いた。

「チビスケみたいに鈍い奴だと、追いかけたって駄目だろう。ネズミの前に回り込め」

 やがてネズミがすべて隠れて姿を見せなくなってしまうと、ノラは小さく肩をすくめる。

「仕方ない。今夜の飯は他所で探そう」

 そう言ってノラが僕を連れて来たのは、夜でも眩しい街中の、とある店の裏口だった。
 そこにある大きなバケツの蓋をノラは開け、中に頭を突っ込んだ。
 しばらくするとバケツから、ノラが何かを放り出す。
 こげたベーコン、魚の切り身、粉々になったビスケット。
 リンゴの芯を二個分と、骨付きチキンの食べ残し。

「ネズミより、こっちの方が僕いいな」
「こんなのばっかり食ってたら、お前みたいなチビスケは、すぐに豚になっちまう。猫のまんまでいたければ、ちゃんと狩りを覚えろよ。それにここでの飯を食べるなら――」

 言いかけて、ノラは突然言葉を切ると僕をくわえて飛び上がる。
 それまで僕がいた場所に、大きなモップが振り下ろされた。
 モップはすぐに僕らを狙って再び振り下ろされたけど、ノラはひらりとそれを避け、一目散に逃げ出した。

「あれは誰? どうして僕らを襲ったの?」
「あれは店の親父だよ。あいつは捨てた物ですら、俺らに取られることを嫌うのさ。あそこで飯を食べるなら、あいつが来ないか注意しろ。もしも追いかけられたなら、壁の隙間に逃げるといい」

 口の中にまだ残る、チキンをごくりと飲みこんで、僕はノラにこう言った。

「ねえノラやっぱり、明日のご飯もネズミがいいや」


◆◆◆◆◆◆◆◆


 その日、僕は怪我をした。
 逃げる鼠を追いかけて、小さな穴をすり抜けるとき、下から出ていた尖った石が僕のお腹を切りつけた。
 地面に赤い点線えがいて、僕はノラの元へと駆けて行く。
挿絵(By みてみん)
「痛いよ痛い。死んじゃいそう」

 僕はわんわん泣いたけど、ノラは傷をなめながら、いつものように鼻で笑った。

「こんな傷じゃあ死にゃあしない。まったくお前は大げさだ」

 ノラの言葉は優しくないけど、僕が泣くのをやめるまで、傷をなめてくれていた。
 おかげで怪我は良くなった。
 だけどお腹の真ん中に、三日月みたいな傷が残った。

「ノラのお腹とおそろいだ」

 するとノラが顔をしかめた。

「お前のドジと一緒にするな」
「ノラはなんで怪我したの?」
「こいつは俺が勇敢に、でかくて強いバケモノを、倒したときの傷なのさ」
「でかくて強いバケモノを?!」
「あぁそうさ。お前みたいなチビスケなんて、ぺろりと食われちまうような、でかくて強いバケモノさ」

 ノラでも怪我をするような、でかくて強いバケモノなんて、一体どんな奴だろう。

「どうやって、ノラはそいつを倒したの!?」
「いいからもう寝ろ、うるさいぞ。お前はひとまず目の前の、ネズミのことだけ考えろ」

 僕は話を聞きたくて、何度も続きをねだったけれど、ノラはしらんふりだった。


◆◆◆◆◆◆◆◆


「馬鹿野郎! あそこには、近寄るなって言ったじゃねぇかっ!!」

 ノラの言葉と大きな声に、僕は体が強張った。
 次の瞬間ボロボロと、涙が目からこぼれて落ちる。
 僕は今日、ノラがネズミを捕ってる間、街へと一匹出かけて行った。
 ノラに注意をされていた、大きな箱が行き交う通りを、こっそり見に行くためだった。
 僕がそこへ行けたなら、ノラもきっと勇敢だなと、褒めてくれると思っていたから。
挿絵(By みてみん)
 大きな箱が行き交う道で、足がすくんでしまった僕は、ぺちゃんこになる寸前で、ノラに見つかり助け出された。
 ノラはその後さんざん僕に、危険な場所や怖い場所、行ってはいけない所について、しつこいくらいに話して聞かせた。

「さあ飯だ。そんだけたっぷり泣いたんだ。腹ぺこだろう、しっかり食えよ」

 僕がめそめそ泣き続けると、ノラがご飯を取って来る。
 焼いたハムの切れ端と、魚のフライをまるごと一匹、ミルクのパイをひとかけら。
 僕が喜びそうなものばかり。

「別に怒ったわけじゃない。心配をした、それだけだ」
「僕はノラの使う言葉が、ときどきちょっと恐いんだ」

 涙のせいか少しだけ、しょっぱいフライにかじりつき、僕はノラをちらと見た。

「どうしてそんな言葉を使うの」
「ここにはいろんな奴らが暮らしてる。強い奴や弱い奴、卑怯な奴にズルイ奴。賢い奴にバカな奴。そんな奴らとやりあうときにゃ、こんな言葉も必要なのさ」
「じゃあ僕も、そういう言葉を覚えるよ。さぁてノラ。ネズミを捕りに行こうじゃねぇか。今度こそ俺のこの手で捕まえて、奴らをむしゃむしゃ食ってやる――こんな感じでどうだろう」

 僕がノラの言葉を真似すると、ノラは大きく息を吐く。

「……やめとけ、お前にゃ似合わねぇ」


◆◆◆◆◆◆◆◆


 次の日も、僕はネズミを捕り損ね、ノラが代わりに捕まえる。
 その場でご飯をすませると、寝床へ帰る途中にノラは、いつもと違う道へと曲がった。

「ねえノラ、どこへ行くつもり?」
「ちょっと寄り道するだけだ。赤毛の旦那に会いに行く」

 僕が首を傾げると、ノラは続けてこう言った。

「赤毛の旦那はこの街を、ずっと見て来た猫なんだ。だからお前も一度くらい、顔を見せておかなきゃな」

 街の外れの崩れた壁に、空いてる穴をくぐり抜け、やってきたのは小さな空き地。
 ノラの寝床に負けず劣らず、ガラクタだらけの場所だった。

「久方ぶりだな、黒毛の若いの」

 突然上から声がして、キョロキョロ辺りを見回すと、空き地の端の木の上で、大きな猫がこちらを見ていた。
挿絵(By みてみん)
 赤茶けた毛に縞模様。黄色い瞳は穏やかで、低く静かな鳴き声は、耳にとても心地いい。

「こいつはどうも、赤毛の旦那。今夜はたいそう良い月で」
「確かに今夜は良い月だ。ところでそっちはお前の子供か」

 赤毛の猫がそう言うと、ノラは大きな声で笑いころげた。

「笑わせないでください旦那、こいつは俺の子供じゃない。この前ガラクタ通りの路地裏で、捨てられてたのを見つけたんでさ」

 笑い終わったノラが今度は、僕の頭をぐいと押す。

「チビスケ何をしてるんだ。挨拶くらいちゃんとしろ」

 僕は赤毛の猫を見上げると、ちょいと小さく頭を下げる。

「はじめまして、赤毛の旦那」
「はじめまして、黒毛のチビスケ。お前の毛並みはキレイだな。ここはお前が暮らすには、あまり向いてはいないだろう」

 赤毛の旦那の言う事に、僕の代わりにノラが答える。

「なぁに旦那、こいつはそのうち、新たな住処すみかを見つけますとも」
「そうだな、それがいいだろう」
「それでは旦那、良い夢を」
「あんたがたこそ、良い夢を」

 ノラが旦那にお辞儀をするから、僕も慌ててお辞儀する。
 今度こそ、寝床へ戻るノラに続いて、僕はノラに聞いてみた。

「寄り道したのは、これだけのため?」
「俺たちは、群れでは生きてはいかないが、仲間と呼べる者はいる。そいつらに礼儀を欠いちゃいけねぇよ。俺も旦那にゃ小さい頃に、色々世話になったしな」

 そうしてノラはニヤリと笑う。

「そういやお前、気づいたか? 実は赤毛の旦那には、しっぽが二本あるんだぞ」
「しっぽが二本? 本当に?!」
「なんだ気づかなかったのか」

 今度会ったら絶対に、旦那のしっぽを確認しよう。
 目の前で、ゆらゆら揺れるノラのしっぽを、追いかけながら僕は思った。


◆◆◆◆◆◆◆◆


 次の日も、今日こそネズミを捕まえようと、僕は寝床を飛び出した。
 そんな僕のしっぽをノラが、ぎゅうと押さえて引き止める。

「今日はちょっと出かけよう。しっかり後ろに着いて来い。よそ見はするなよ、置いてくからな」

 次々壁を乗り越えて、ノラはどんどん行くけれど、僕はときどき立ち止まる。
 ノラには軽々登れる壁でも、僕にはまるで届かなかった。
 置いてくと、さっきは言ってたノラだけど、その度ひらりと戻っては、僕を上へと押し上げる。

「もっと地面を強く蹴ろ。お前の体は小さいが、綿毛のようにとても軽い。これぐらい、お前にだって登れるはずだ」

 何度も壁をよじ登り、たどり着いたその場所は、街がぐるりと見渡せる高い屋根の上だった。
 目の前に波のように広がる屋根は、色とりどりで鮮やかで、いくつも伸びる煙突からは、煙が静かに空へと溶ける。
 いつもより近くで感じるお日様は、ぽかぽかとても穏やかで、屋根を踏んでる足裏からも、じわじわ僕をあたためた。
 おもわず寝転ぶ僕の隣で、ノラもごろりと横になる。

「どうだチビスケ、良い所だろ。眺めは抜群、日当り良好。聞こえてくるのは小鳥のさえずり。ひなたぼっこにゃ最適だ。ここは俺のお気に入り。勝手に誰かに言うんじゃねぇぞ」

 僕は大きくうなずいた。

「ねえノラ僕も、ここがとっても大好きだ」
「そうだろう。お前が自分の足だけで、来られるようになったそのときは、誰かを連れて来るといい」

 心地の良さにうとうとと、僕の瞼は落ちてくる。
 けれどノラの瞳は真っ直ぐに、街の向こうをじっと見ていた。
挿絵(By みてみん)
「どうしてノラは野良になったの。やめたいと思ったことはない?」
「いつか俺は旅に出る。この街を出てあの地の向こうへ。俺の大事な友達が、そこで俺を待っている。だから俺は野良を選んだ。これは俺が決めたこと。後悔なんてするものか」
「ノラの大事な友達は、そんなにすごい猫なんだ」
「そりゃあ立派な野良猫さ。体は軽くて動きはしなやか。どんなに素早いネズミでも、すぐに捕まえられるんだ。いろんなことを知っていて、俺になんでも教えてくれた。口は少し悪いけど、俺はあいつが大好きだ」

 懐かしそうにノラは言う。

「いつかきっと会いに行く。約束したんだ、絶対行くと」

 ノラの言葉を聞きながら、僕はゆっくり瞼を閉じた。


◆◆◆◆◆◆◆◆


 ある日ノラが怪我をした。
 僕を庇って怪我をした。
 かつて僕に食べ物や、寝場所をくれてた彼らの乗ってる、大きな固い箱のせい。
 それはいつもの帰り道。
 危険な場所には行かないし、怖い場所にも近寄らない。
 僕はノラの言う事を、きちんと守っていたけれど、アレは突然現れた。
 壁を壊して突きぬけて、僕をそのままつぶそうとした。
 ノラがとっさに前に出て、僕は怪我をしなかったけど、その代わりノラの怪我はひどかった。
挿絵(By みてみん)
 寝床までなんとか戻ったノラだけど、ぼろ布を集めて重ねたその上に、倒れて少しも動かない。
 僕は助けを求めるために、赤毛の旦那の居場所へ走った。

「赤毛の旦那、赤毛の旦那! 赤毛の旦那いませんか?! どうか返事をしてください!」
「お前は黒毛のとこのチビスケか。そんなに慌てていったいどうした」
「助けて下さい。お願いします。ノラが怪我をしたんです。僕には何もできなくて」

 赤毛の旦那はそれを聞き、すぐさまノラの元へと走ってくれた。
 しかし旦那はノラを見て、うな垂れ首を小さく振った。

「悪いがチビスケ俺にもどうやら、できることなどないようだ。力になれず、すまないな。決まって俺はそうなんだ。お前らを助ける事などできやしない」
「赤毛の旦那ありがとう。ここまで旦那が来てくれた。それだけで、僕にはとってもありがたかった」
「もしまた何かあったなら、遠慮しないで言ってくれ。俺にもできることならば、力を貸そう黒毛のチビスケ。そうは言ってもできることなど、ほとんどないに等しいが」

 旦那が帰ってしまった後は、眠ったままのノラに代わって、ご飯を探しに僕は走った。
 やっぱりネズミが捕まえられず、バケツの中から見つけ出す。
 小さな僕には少ししか、一度に運ぶことができなくて、店の親父に気をつけながら、何度も寝床と行き来する。
 そんな少しの食べ物も、ノラは食べることができなくて、見る間にどんどん弱っていった。


◆◆◆◆◆◆◆◆


 その日も僕はいつものように、ネズミを捕りに出かけて行った。
 ネズミが姿を現しそうな、壁の割れ目に狙いを定め、息を潜めてじっと待つ。
 しばらくするとネズミが一匹、僕を小馬鹿にするように、壁からするりと走り出た。
 僕はネズミの前に回り込み、相手が一瞬ひるんだその隙に、上から一気に飛びかかる。
 ネズミが僕を引っくけれど、けして離しはしなかった。
 暴れるネズミに爪を立て、しっかり口にくわえこむ。
 手足をバタバタしていたネズミは、やがて静かに力を抜いた。
 とうとうネズミを捕まえた。
 この手でネズミを捕まえた。
 僕は急いで寝床へ走った。
 ノラもネズミを食べればきっと、今より元気になるはずだ。



 寝床へと、戻って僕は驚いた。
 ノラが寝床の外に出て、体を起こして待っていた。
 耳をピンと尖らせて、背筋もしゃんと伸びている。

「ノラ、ノラ! 怪我はもういいの?」

 僕はネズミを放り出し、ノラの元へと駆け寄った。

「ああ、もうすっかり良くなった」

 しっかりとした口調で言うと、ノラは僕をじっと見た。

「俺はこれから旅に出る。その日がとうとうやって来た。だからチビスケお前とは、これでお別れ、さよならだ」

 ノラの言葉に驚いて、僕は青い瞳を丸くする。

「そんなの嫌だよ、そんなの嫌だ! 僕も一緒に連れてって。好き嫌いはもう言わないし、寒いのだって我慢する。挨拶だってきちんとできるし、ネズミも自分で捕まえられる。だからお願い、置いてかないで。ノラの邪魔はしないから」

 僕はやっぱり泣き虫で、すぐに涙が溢れ出す。

「泣くなチビスケ。泣くのをやめな」

 困ったように言うノラに、僕は涙をこらえたけれど、ぎゅっと閉じた瞼から、こぼれ続けて止まらない。

「ごめんなさい。今はちょっと無理だけど、そのうちきっと絶対に、泣くのも我慢できるから。だから僕も旅に出たい。ノラと一緒に旅に出たい」
「そりゃ駄目だ。今はまだ、お前は旅立つ時じゃない」
「いつになったら僕は行けるの?」
「そのときが来れば自然と分かるのさ。チビスケお前は大丈夫。好き嫌いはもう言わないし、寒いのだって我慢ができる。挨拶だってきちんとできるし、ネズミも自分で捕まえられる。俺がいなくなったって、立派にやっていけるだろう。だけど野良でいるのがつらければ、野良でいるのはやめるといい。お前は自由なんだから。お前なら、きっと優しい良い奴と、出会って共に暮らせるさ。じゃあなチビスケ、元気でやれよ」

 ノラは僕の頭をぽんとなで、寝床の外へ歩き出す。

「僕行くよ。いつか行くから、絶対行くから。だからきっと待っててね。いつかその日が来たときは、ノラに会いに旅に出るから!」
「チビスケお前に礼を言おう。お前と過ごした毎日が、俺は意外と嫌いじゃなかった」

 ノラはニヤリとひとつ笑うと、もう振り返ることはなく、街の外れの壁を乗り越え、僕の前から姿を消した。

挿絵(By みてみん)

 ノラが旅に出たことを、僕は赤毛の旦那に知らせに行った。
 赤毛の旦那は二本の尻尾を、残念そうに垂れ下げて、寂しくなるなとつぶやいた。

「赤毛の旦那、今夜だけ、一緒にいてもいいですか」
「もちろんだ。あいつもお前ぐらいの幼い頃は、寂しがりやのチビスケだった」

 その日の夜は一晩中、僕は赤毛の旦那と一緒になって、ノラの話をし続けた。


◆◆◆◆◆◆◆◆


 穴ぼこだらけの屋根の寝床と、ネズミの捕り方、ご飯の在処ありか
 壁の隙間の逃げ道や、危険な場所に怖い場所。
 仲間と呼べる者への礼儀に、高い壁の登り方。
 ぽかぽか日差しのあたたかい、ひなたぼっこの屋根の上。

 それがノラの教えてくれたこと。
 それはときにしんどくて、つらくてキツくて大変だった。
 何もしないで食べ物を、もらうことができたなら、どんなに楽かと考える。
 あたたかな毛布の中で眠れたら、どんなに心地いいだろう。
 それでもやっぱり思うんだ。
 僕はノラが大好きだ。

 かつて僕に食べ物や、寝場所をくれてた彼らのことは、嫌いだとか好きだとか、考えた事がなかったけれど、ノラのことは今でも好きだ。
 だから僕は決めたんだ。
 こんなことを聞いたなら、あなたはきっと笑うけど。



 ねえノラ僕は、野良になろうと思うんだ。



 大丈夫。
 これは僕が決めたこと。
 後悔なんてしてないよ。
 体はすっかり大きくなったし、どんな壁でも乗り越えられる。
 柔らかかった毛並みは少し、固くくすんできたけれど、目や耳はあの頃よりもずっといい。
 ときどき寂しいこともあるけれど、あの頃みたいに泣いたりしない。


 ねえノラ僕は、ちゃんと野良になれるかな。
 ちゃんと野良になれたなら、ノラに会いに行けるかな。
挿絵(By みてみん)
 ポツリとおでこに落ちてきた、冷たい物に空を見る。
 あっという間に降り出す雨に、早めた足をふと止めた。
 地面を叩く水音に、混じって聞こえる、うるさい鳴き声。
 ガラクタ通りの路地裏に、いつかどこかで見た様な、紙の箱が目に入る。


 忘れてた。
 もうひとつ、ノラが教えてくれたことがある。


 僕は紙の箱に手を掛けて、中を覗いてこう言った。
 ノラが僕に教えてくれた、ノラの言葉の真似をして。

挿絵(By みてみん)
「おいこらチビスケ、うるせぇぞ」


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ