挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

灰を被ったお姫様

作者:緋和皐月
 
「妹、お願い! 友達と遊びに行くから、今日の掃除当番、変わって!」
「私も! 今日彼氏とデートだから、料理当番、代わりにしておいて!」
「分かりましたわ、お姉様たち。引き受けて差し上げますわ……こんなにも優しいわたくしへの素敵なお土産、期待してますわよ!」

 2人の姉の頼みを聞いて、今日も少女は家事をする。

「おーっほっほっほ! お母様、洗濯物、洗濯機で洗って、庭に干して差し上げましたわ! 感謝なさって!」
「え、え? あ、ありがとう。でもそのブラウス、手洗いしなきゃいけないやつだったんだけど……」
「うふ、洗濯機の御手が、優しく洗ってくださったのよ」
「……そっか、うん。お母さん、ちょっと泣いちゃいそうだな……」
「感激の涙ですわね? いいですわ、いいですわ。思いっきり、私のために咽び泣きなさい!」

 高笑いしながら去っていく、我が娘の後ろ姿を映す母の目には、1つ、2つ、と涙が浮かぶ。

「あのブラウス、お気に入りだったのになぁ……」



 さて。そんな家族が住んでいる国の王子は、三十路になっても未だ彼女1人出来たことのない奴だったとか。
 とうとう痺れを切らした国王陛下は、王子に彼女1人でも作らせるため、舞踏会を開くことにした。

「ゆーびんで〜す」
「はぁい、この、お姉様たちよりもずっと美人なわたくしに、何かお手紙があるのかしら? ……あら、あら。あら! 舞踏会の招待状じゃないの! 郵便屋さん、誉めて遣わすわ! 喜びなさい!」
「え? は、はい……」

 こうして、2人の姉と共に、この少女も城へ行くこととなったとか。
 だがしかし、姉達には、ピアノの発表会などの為に着るドレスはあったものの、少女には、ドレスの1つも無かった。

 だから、少女は自分で作ることにした。
 でも材料が無かったので、姉たちから要らない服やアクセを貰おうと思った。

「お姉様! この白真珠のネックレス、貰うわよ!」
「え?! だめだめっ、それ、彼氏から貰ったばっかのやつなの!」
「お姉様! このシルクのワンピース、貰うわよ!」
「えっダメダメっ、それ買ったばっかのブランドものなんだから!」

 なのに、何故か姉たちは、少女に1つもくれようとしなかった。

「もう、酷いわっ! 皆で、わたくしを虐めるのね……!」

 ぷんぷん怒った姉たちは、大切なドレスやアクセを鍵付きクローゼットに入れて、さっさと城へと出かけてしまった。

 少女は泣きながら庭へ出た。

「えーん、えんえん。あっちょっと、そこの貴女!」
「へ?」

 そして、少女は、変な格好をした妖精と出会った。

「こんなに美しいわたくしが困ってるんだから、どうにかして助けなさい!」
「えええ?!」

 そして少女は、妖精からドレスをたかり、車を出して貰って城へ向かった。

「ありがとう、妖精さん! 感謝してあげても良くってよ! おほほほほ!」

 そして、城の扉を開けると……

「ちょっ君、その扉、非常口だから開けちゃダメだよ?!」
「あら、王子様? もうわたくしの虜となったの? いいわ、踊ってあげないこともなくてよ!」
「ちょっ、話聞いてる?!」

 2人で踊っていると、だんだん王子は少女に夢中になったらしく、2人の会話は弾む。

「あっもう12時! お肌に悪いから寝なきゃいけないわね! またお会いしましょう、王子様!」
「待て! 庭を破壊したまま行くな! あと、この俺の足を踏みまくったのに、謝罪の1つも無いのはどういうことだ?! 城の修復費用請求してやるから名乗りやがれぇえ!」
「名乗るほどの者ではなくてよ? わたくしと踊れたこと、感謝するがいいわ! あ、そうだ、この靴、片方あげるわね。下衆のように舐め回しても良くってよ!」

 少女は、追いかけてくる王子を振り切って、ガラスの靴を城の階段に投げ捨てて、家に帰ったのだった。



 翌日。
 城の者が、少女の家に来ていた。

「城の一部を破壊した女を捜しています。そいつは、余裕ぶっていたのか重要な手掛かりとなる、ガラスの靴を落としていきました! 現在、本官を始め、城兵が捜査に力を注いでおります。人相はこちらです。見かけましたら、城兵に報告してください。ご協力、宜しくお願い致します!」
「まぁ、大変ですねぇ……ん? この顔どこかで見たような……」
「本当でありますか、奥様!」
 
 少女の母は、首をかしげた。

「う〜ん……と……」
「お母様! 今日の昼食は、わたくしのスペシャル料理ですの! お食べになって!」

 エプロン姿の少女が駆けて、こちらへ来た。

「お母様、何をご覧になってらっしゃるの? わたくしの料理よりも素敵だというの? ……あら、あら、あら! この絵の美人はもしかして、わたくしの顔? でも、ちょっと現実とは劣りますわね、もう少し、わたくしは細くて繊細な顔つきをしてますことよ!」

 城兵と母は、一瞬、ぽかんと少女を見つめる。

「い……い、い、居たぁぁあ! 指名手配の女、見つけたぁぁあ!」
「待って、待ってくださいっ! きっと、何かの間違いなんです、多分この子も、ちょっとした出来心だったんです! 許してあげてくださいませ、城兵様っ!」
「え? なんの話ですの……ってちょっと! その汚らしい手で、わたくしの清らかな腕を掴まないでくださいまし! 痴漢! 痴漢ですわよ! ちょっと、おやめになって! あぁ〜れぇ〜っ!」

 こうして少女は、城にいる王子の元へ連れていかれた。

「やっと見つけたか……おい女! お前、城の庭修復代金550万と、俺の足を腫れるまで踏みやがった慰謝料130万、計680万払いやがれ!!」
「なんですの、その微妙な数字は? どうせなら四捨五入して、700万きっちりになさい! 微妙な数字なんてものを見ると、わたくし、気分が悪くなりますのよ!」
「別に俺は、700万でも良いんだぜ? だけど、20万お情けかけてやったんだよ! 感謝しやろよな!」

 悪どい顔をする王子を、少女はキッと睨みつけた。

「なんですの、その口の聞き方は? 700万ですって? そんな大金、わたくしに払える訳ないでしょう、わたくし働いてないのよ? ハッまさか……わたくしを、犯すつもりですの……?!」
「誰が、お前なんかを犯すかぁーっ!」

 ブチギレた王子は、少女に、近くにあった灰をぶっ掛けた。

「この美しいわたくしに、何をするんですの!」
「お前にはそれがお似合いだよ、灰被り!」
「キーッ、ですわ! それならお前には、せいぜい、これがお似合いですの! 喰らいなさい、ドブ水ですわ!」
「何しやがる、この灰被りッ!」
「なんですの、このドブ鼠ッ!」

 灰とドブ水が飛び交う中、なんの騒ぎだと、散歩をしていた王様が帰って来た。

「一体何を騒いでおるのじゃ?」
「「あ」」

 王子が振りまいた灰の山と、少女がバケツで集めたドブ水が、運悪く、もろ王様の頭に掛かってしまった。
 が、大きい帽子を被っていたので、王様の頭も、服も、濡れてはいない。

 そんな王様だったが、帽子を脱いで、静かな……それはそれは静かな笑みを浮かべた。
 実はその帽子は、王様のとっときのお気に入りだった、なんてことを知らなかった王子と少女である。
だが、そんな2人も、恐ろしいほど静かな王様の笑みを見て、顔が青ざめていく。

「この大馬鹿者ぉぉっっっ!!」


 こうして、罰として2人は結婚させられ、ずっと同じ部屋で仲良く暮らしましたとさ、めでたしめでたし。


「どこがめでたしですのっっ!」
「仲良いとかふざけんなっっ!」

 ……2人は、大声で互いを罵り合い始めた。

「大体、全部こいつが悪いんですわ!」
「なんだとこのアマがっ!」
「なんですってこの馬鹿!」
「脳内御花畑の灰被りっ!」
「脳まで腐ったドブ鼠っ!」
「それはお前だろ!」
「アンタですわよ!」

 そんな、賑やかな城内に比べ、少女の実家は随分と静かになったとか。

「「「ああ……あの子が居ないだけで、こんなに平和だったのね……」」」


 ちゃんちゃん。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ