挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
楽土創世のグリモア 作者:しらたぬき

Chapter1:群青の群像

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/177

お食事、ご宴会のご用命は八ツ釜亭まで!

――八ツ釜亭やつがまてい
 大昔、ルーネス通りが出来たころから存在していたといわれる飲食店で、創業時から続く秘伝のスープやダシを8つの巨大な釜で常に煮ているところから八ツ釜亭と呼ばれる。

 わりと学院に近い場所にあり、料理もお手軽な値段なため、学院生御用達の飲食店である。打ち上げや宴会に使われることも多く、椅子の席だけでなく床張りの部屋もいくつか完備している二階建ての非常に大きな店だ。

 今日は休暇入りたてという事もあり、ここも学生たちで盛り上がっていた。ハつ釜亭の入り口には既にチームメイト3人が集まっていた。


「お~い、ファイセル君、ここここ!!」

店の前で手を降って金髪のポニーテールを揺らして元気に声をかけてきたのはラーシェ。天真爛漫を地で行く性格でチームのムードメイカーだ。

 割と正義感が強く、女子には珍しい熱血な性格で悪は黙って見過ごさないが座右の銘らしい。やや血の気が濃い感は受けるが、それでも女子らしいところは女子らしくスタイルもいいので、男女問わずクラス内の人気が高い。

 いつもクラスの真ん中にいるような人物だ。未だに優柔不断気味な自分より、ラーシェのほうがリーダーに向いているのではないかとしばしばファイセルは思ったりしている。

 専攻は肉体エンチャントで、魔法で自身を強化した肉弾戦を得意とする。パワーと俊敏性には定評があり、特に素手での白刃取りからの武器破壊を得意とする。

 手加減を知らず、模擬戦闘などで何本もの武器を容赦なく折ったり割ったり曲げたりしているので、裏では武器破壊小悪魔として恐れられている。

 いつでも真剣勝負するのが筋だからと話す彼女だが、愛用品を破壊される側はたまったものではない。

 正直、小悪魔どころではないと思うのだが、試合後に必ず「ゴメンね!」と笑顔でフォローを入れられると壊された側も何も言えなくなるという。

 本人は深く意識していないだろうが、そういうところが小悪魔と表現される所以だろうか。

 武器の使い手からは歓迎されていないが、武器を作ったり、修復したりする専攻の生徒からは『ラーシェに折られない武器』を作る事は興味深い研究対象とされている。

 もっともラーシェも全体から見ればまだ経験が浅いほうなので、更に腕のいいファイターにはあっさり折られてしまうのだが、折られない武器製作の出発点という意味ではちょうどいいレベルといえる。

 このように武器生成、強化や錬金などの専攻は同学年の強さに合わせて同時に成長していく科目でもある。


「よう、珍しくちょっと遅かったじゃねぇか」

 ガシッと肩をつかまれて振り返るとチーム内もう一人の男子のザティスが居た。背が高く180cmはあろうかという長身で暗めの茶髪をしている。

 服装は着古した魔法使いのローブを制服の上から羽織り、荒っぽく着こなしていた。やや顔立ちが濃く、のっぽでひょろっとしていてアウトローな雰囲気を持つ青年だ。

 3年留年しており、同級生と言うよりは兄貴分である。呪文を使う魔法使いに憧れて学院に入ったのだが中距離以上の魔法が使いこなせずにそのまま意地を張って3留したという苦労人だ。

 かつては酒にハマり飲んでは酒場でケンカを売り売られるという荒んだ毎日を送っていたそうで、最初は負けてばかりでボコボコにされ、有り金を巻き上げられるなどのひどい目にあっていたらしい。

 だが、負けるたびに自己治癒魔法のオウンヒールなどを駆使してカムバックし、更にケンカを繰り返していくうちに自分に適した戦い方を悟り、学科を変えてそれ以来、ストリートファイトでは負け知らずで留年もしていないという。

 ファイセルの優男的な性格や田舎を代表して出てきた境遇などが学院に入りたての頃の自分によく似ているため、何かと気にかけているようだ。

 ラーシェと組手をしているのをよく見かけるが力のラーシェ、技のザティスといったところだろうか。専攻は近接格闘魔術師専攻でウィザードとファイターの中間でいいとこどりの洗練されたスタイルだ。


「来たか……となるとあとはアイネか……」

 そして午前中に一緒にビンを買うのを手伝ってくれたリーリンカ。

 スタイルにほとんど凹凸がなく、クラスの男子には見向きもされないタイプだが、噂によるとその瓶底眼鏡を外すと素顔はとても美人らしい。

 ファイセルは4年間同じチームに居て、眼鏡を外したのを一度も見たことが無いのでこれは眉唾物の噂に過ぎないと確信している。

 美しい青色の長髪の持ち主で、後ろ姿を見ただけでリーリンカとわかるほどだ。チームの女子の中ではもっとも髪が長い。

 女子らしくない可愛げのない喋り方で、一見無愛想に見えるが話してみれば中々人懐っこく、チームメイトからは可愛がられている。

 ファイセルとしては女子の中では性別を意識することなく気軽に話しかけられる親友であり、チーム内で男子と女子との懸け橋になっている一面もある。

 リーリンカも何かと”リーダーの責任”と言ってはファイセルに色々と押しつけてくるので、それなりに信頼されているようではある。ただ、シャイで頑固な彼女の前で親友だと思っているなどと言ったら全力で否定されそうではあるが。

 専攻は魔法薬学で固形薬物もある程度は生成できるようだが、主に液状の薬に魔力を込めて魔法薬を生成する技術に長けている。

 主な使い道は薬液の入ったビンを投げてマヒや毒などを引き起こす奇襲攻撃から、飲み薬や塗り薬として使い、傷を癒したりマナを回復できる回復薬など薬品を幅広く活用できる能力だ。

 チーム内では唯一、貧しい東部の出身で学費などはほとんど奨学金に頼っているらしい。もっとも、優れた実技評価と学力を兼ね備えていて特待生に選ばれているため、返還義務の金額はあまり高くないようだが。

 学院はこういった奨学金制度に積極的で、特待生に限らず技能さえあれば貧しくとも、留学生であっても、亜人であっても受け入れるという懐の深い機関であったりもする。そのため、国内外から受験生が大挙し、倍率の高騰に拍車をかけているのだが。

「またアイネは遅刻か~。本当にマイペースなんだから……」

 ラーシェはやれやれといった感じで掌を上にして両手を軽く上げた。まだ残り1人のメンバーが到着していない。しばらく待っていると人の波にもまれるようにしながら豊満で丸みのあるスタイルの女性がこちらにやってきた。


「皆さんこんばんは~」

 この遅刻しても何食わぬ顔をしているマイペースな女性はアイネ。
 セミロングで毛先のウェーブがかった明るい栗色の髪をしている。おしとやかで優しく、俗にいう”癒し系”で彼女も男女問わずクラスで人気がある。

 ラーシェに比べるとだいぶ落ち着いた印象があり、大して年齢差は無いのだがずいぶん大人びて見える。だが、おっとりというか少し天然ボケな節があってほっておけない印象も受ける。

 アイネもまたラーシェのようにスタイル抜群だがタイプが違い、シャープな体系のラーシェに比べてアイネはかなり丸みを帯びてグラマラスであると言える。

 専攻はヒーラーで傷を癒したり、病気の治療や毒の治療などができる。戦闘訓練の回復補助などの課外活動や学院外の奉仕活動などでも活躍しており、そこでの経験上ではかなり大けがをしたりした状態でも時間をかければ回復させることが可能だという。

 回復だけでなく、アンデッド(不死者)への対策もいくつか持っており、ネクロマンサー(死霊使い)を相手にするときにも活躍できる。

 出生時に平和、協調と慈愛を尊ぶルーンティア教の洗礼を受けた敬虔なルーンティア教徒であり、このアンデッドに対する対処法は教会で幼い頃から学んでいるという。

 しぶといアンデッドをあっさり無力化できるのは貴重な能力で、専門の呪文をもっている生徒はクラスでも数えるほどしかいない。

 回復役の宿命ではあるが、攻撃系の特技や呪文があまり使えないので1対1の対戦などには不利であり、チームワークありきの能力だと言えるだろう。

 もっともリジャントブイルでは個でも戦えることを重視しているのでミドルに入るにつれ、彼女も新たな戦闘技能を開拓していかなければならないのだが。

 このラーシェとアイネはクラスでも5本の指に入る美少女で、男子の間では密かにこの二人の性格や見た目を女騎士リーネと慈愛のシスターのクレティアになぞらえ、その魅力が語られている。

 細かい事を言えばラーシェは剣使いではなく、拳で戦うので騎士ではないのだが。

 この二人のおかげで我がチームの男子はチーム結成から4年経ってもクラス中の男子から羨望の眼差しを向けられて、軽くやっかまれている。

 一緒にチーム活動しているといいとこ悪いとこが見えてくるので過度な憧れには賛同しかねるのだが、それでも彼女らがクラスで一際、魅力的であるというのは間違いない。

 これでもしチーム内恋愛にでも発展していれば血を見る事になりかねなさそうだ。2人が別チームの誰々に告白されたという話はしばしば聞くが、彼氏ができたという話を聞かないので、断っているのだろう。

 5人揃ったのを確認してファイセルは皆に八ツ釜亭への入店を促した。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ