挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
楽土創世のグリモア 作者:しらたぬき

Chapter2:Bloody tears & Rising smile

44/164

ミゼラブル・テン・ディケイド・ガイスト

「またアナタ? 今日はもう野狩りを終えたの。用事がないなら付きまとわないでくれる? 汚らわしいわ……」

 クレイントスは両腕をひらいて大げさに悲しみのこもった身振をした。ローブの裾から白骨化した手があらわになる。

「おお、それはそれは随分なお言葉。お嬢様はリッチーをお気に召しませんかな? フフフ……もっとも、リッチーを好き好んでいる物好きはそうそう居ないとは思いますが」

 すぐにサユキもクレイントスを睨みつけて臨戦態勢に入り、牽制した。さきほどのレイシェルにも負けず劣らない殺気を放っている。

「おお……怖や怖や。ですが貴女方と私は本質的に同じだと思うのですよ。何度も言うようですが『殺しを愉しんでいる』のでは? 御存知の通り、私は味方殺しの狂人というレッテルを貼られていますが……いや、もう人ではありませんがね……フフフ」

 骨の体をすっぽり覆うローブをヒラヒラとなびかせて、フワフワと浮きながらクレイントスはレイシェルを指差した。真っ白な骨の指先で何やら印を書き始めた。まるで呪いをかけるように不規則で不気味な動きで印を描いていく。

「クレイントスッ!! 貴様、お嬢様に何かしてみなさい!! ただでは済まさなくってよ!!」

 サユキが声大にして荒らげ、クレイントスを遮るように腕をレイシェルの前に伸ばした。

「おやおやぁ……いい加減慣れてくださいよ。人間は”God bless you”って言って互いの幸運を祈るじゃないですか。それのリッチー版だと思って下さい。”Devil curse you”ですよ。フフフ……」

 そう言うとクレイントスは伸ばしていた指を引っ込めて手のひらを上に向けて指を手前に引きながら動かし、手招きするような仕草を見せながら大きく体を曲げてレイシェルたちとの距離を詰めた。

「いやぁ。なぜ貴女達が私に似ているという感想を持ったかというとですね、昔は私も貴女方と同じような事をしていました。ただし、狩るのはモンスターや獣でなく、”人間”でしたがね。私はある時、ふと気づいたのです。私が戦う理由は東部の為でも、自分の家の為でも、戦いを終わらせる為でも、自分の名誉の為でさえもなかったことを……」

 レイシェルはクレイントスが悦に入りながら長い語り話を始めた事にまだイラつき始めたようで、話をぶった切りにして相手の言わんとする事を先に言い放った。

「結局、人を殺すのが一番楽しかったんでしょ……。その話は何度も聞いたわ。だから何? そのうち私が殺人鬼に成り果てるとでも言いたいの?」

 立ちっぱなしだったレイシェルは腰に手を当てて、少し姿勢を変えクレイントスを嫌悪の視線で睨みつけた。

「いえ……そうは言い切りませんが”将来有望”だなと。素晴らしいことです」

 クレイントスは骨の手のひらをぶつけ、カタカタ音を立てながら賞賛の拍手を送った。フードの下に頭部が隠れていて、表情をうかがい知ることは出来ない。

 恐らくフードの中身も頭蓋骨であるはずなので、表情もなにもあったものでないとは思うのだが。

「アンタを見るのは2ヶ月ぶりかしら。で、何? 私達の前に現れたという事は何か用事があるんでしょ? さっさと言いなさいよ。用事がないなら帰るわよ」

 レイシェルが亡者の横を早足で歩き始め、すれ違った瞬間、目の前にローブがテレポートしてきて行く手を阻んだ。

 テレポートを始めとした転移魔法は肉体の束縛から逃れたものでない限りは使いこなすのが難しい。転移先を指定する時に、指定座標をミスすると別次元や別空間に行ったまま帰ってこれなくなる恐れがあるためだ。

 その点、リッチーはどのような環境でも耐えうる為、万が一、別次元に飛んでもすぐに戻ってくることができる。

「フフフ……お待ちください。私が貴方に用事があるっておわかりじゃないですか。ならばお付き合いしてくださいよ。今回の発明は『炎の効かないアンデッド』です」

 クレイントスはしばしばこうやって山に狩りに来るレイシェルを捕まえては実験を繰り返している。彼の出してくる課題や発明は毎回なかなか手応えがあり、下手な狩りに比べてよっぽど面白い。その新発明を聞いてレイシェルの表情が明るくなった。

「面白そうじゃない。いいわ。やってみなさい」
「お嬢様!! いけません。こんな者の戯言に耳を傾けては――」

 そうやって腕を前に出して静止するサユキを押しのけてレイシェルは前に出た。

 クレイントスとレイシェルは俗にいう腐れ縁というやつで、友好とも敵対とも言えないアンバランスな危うい関係が成り立っている。

 クレイントスが彼女の感情を逆なでしたり、問題行動を起こすたびにレイシェルは「山狩りをかけてお前のラボラトリーを探しだして貴様を消滅させる」と警告しているが、結局いつも有耶無耶になっている。なんだかんだで良い遊び相手だと言えるのかもしれない。

「う~ん、いいですねェいいですねェ……。火力の強さ的にはお嬢様は申し分ありません。もしこれでお嬢様の攻撃に耐え切れば、実験は成功です……では行きますよ!! サモン・テン・ディケイド・ガイスト!!」

 そうクレイントスが唱えると地面から胴と下半身の一部に鎧を着たスケルトンが浮き出てきた。腕当てや脚あては無いが、剣と盾を装備している。通常のスケルトンとは違い、やや橙色がかっていた。

「ううう……母さん、俺が悪かったよ。戦場に出て名を上げようとした俺が馬鹿だったんだ……」

 スケルトンは通常の不死者とは思えないクリアな発声と高度な言語で喋り始めた。

「これが試作新型スケルトン、『ネークノーク』です。ちなみに魂は先の内戦で荒廃した古戦場からつい最近拾い上げてきたものです。あの戦いから100年も経つのに未だにこんな未練深い魂がさまよっているモンですねぇ。私も驚きましたよ」

 ネークノークがカタカタ口を開け閉めしてまたなにか喋り始めた。本来筋肉でつながっているはずの間接はクレイントスの魔力供給によってつながり、生存の人間と同じ挙動をしている。

「背中に刺さった矢が痛い。背中だけじゃなくてあちこちに刺さっている……もう、どこが痛いのかさえわからない。誰かいっそ殺してくれ……」

「ああ……母さん、畑を手伝わずに剣の稽古ばかりしていた俺を許してくれ……もし無事に帰れたら一緒に畑をやろう……」

「うう……ううう……また今夜も敵兵がやってくる。暗闇の中、誰が生き残って誰が死んだかも分からない。眠ることさえも出来ない。もうここ3日間は一睡もしていない……」

「わからない。わからない。俺は何をするためにここに来たんだ。英雄になりたかったんじゃないのか。人を殺せば英雄になれるっていうのか……」

 ネークノークは立て続けに苦悶の言葉を一方的にしゃべり続けている。クレイントスはそれを聞いていて吐き捨てるように言った。

「所詮は過去の魂。記憶を掘り返してうわ言の様につぶやくだけですね。自律的な発展性が全く感じられない。ここらへんはまだ改造する余地がありそうですね。実に非生産的な存在だ」

 ネークノークに宿らされた魂の悲痛な言葉を聞いてレイシェルとサユキは愕然とした。サユキは同時に激しい怒りを覚えた。

「貴様ッ!! 死者を愚弄するのも大概にしろ!!」

口調を荒らげて食って掛かるように身を乗り出したサユキをレイシェルが体で遮った。

 振り向いたレイシェルは不敵な笑みを浮かべた。レイシェルはサユキとは対照的にこれをゲームか何かのように愉しんででいるらしく、スリリングな展開に興奮を隠せない様子だった。

 こうなってしまったらもう誰も手を付けることは出来ない。サユキはそう悟って一歩退いた。

「哀れな亡者だこと。望み通り私が元通りになれないほど粉々にしてあげるわ!!」

 クレイントスはその様子をみて満足そうに声を上げて笑った。

「フフフ……ハハ。それでこそウルラディールの次期当主……。できるだけ全力でかかって来てくださいよ。あ、そうだ。これはオプションなんですが、ネークノークに攻撃指令を出しますか? 無抵抗で魔法だけ打ち込んでもらっても実験にはなるのですが、やはりそれではお嬢様が退屈でしょう。どうです? “殺り合って”みますか……?」

 彼のその問いにレイシェルは即答し、首を縦に振った。サユキはその反応に眉をしかめた。もはやレイシェルは明らかに戦いに取り憑かれた戦闘マシーンでしかない。

 100年前の戦士と対峙することによって自分もかつての戦場に立っているような感覚に陥り、我を忘れているように見えた。次の瞬間、ネークノークは眼球の無い空っぽの眼窩の奥を真っ赤に光らせて一気に駆け出してレイシェルに斬りつけてきた。

「敵兵だ!! こいつを殺して手柄を立てて、故郷に錦を飾るんだ!!」

 ネークノークはそう叫びながら剣の連撃をレイシェルめがけて放った。しかし、レイシェルはそれをヒラリヒラリと器用にかわし、逆に強烈な反撃を打ち込んだ。

「熱・拳・発・破!! ブラスティング・ビィィィィトッ!!」

 炎を帯びた右腕の拳がネークノークにクリティカルヒットした。この一撃で相手の左半身は一気にはじけ飛ぶかと思われたが、シールドを破壊するだけにとどまった。

 確かにシールドを貫通して内側の本体に攻撃が当たった感触はあったのだが、相手の腕はびくともしていない。

 一気に仕留めるつもりだったが、今の一撃でダメージが通らないのならばわざわざ近接戦で相手をすることもないとレイシェルは考え、バックステップの後、走って後退してネークノークとの距離を開けた。

 腰に差していた革の細長いポーチのボタンを弾いて開けるとそこから先端に宝石のついた小ぶりなステッキを取り出した。

「ほう、魔術杖ですか。あの宝石を見るに、マナ・エキスパンダー・ショート・ワンドですかね。魔法の威力を上げて一気にダメージを与えるつもりのようですねェ。おっと、さきほどの結果は……全力のブラスティング・ビートを受けて本体の損傷率30%未満。盾がなかったとすれば損傷率80%。んー、試作にしてはまずまずの結果ですねェ……」

 クレイントスはレイシェルとネークノークの戦いを脇で眺めながら様々な情報を分析、蓄積し、改良に向けてのフィードバック内容をすらすらと漆黒の装丁がなされた手帳に書き上げてリストアップしていた。

「スペル・メルティング・ポット!! ブリッツ&フレイム!! 天から注ぐ業炎の雷ッ!! エクセキューショナーズ・ハンズ!!」

 レイシェルが唱えると赤い稲光があちこちで起こり、ネークノークめがけて炎を帯びた電撃の塊が轟音を上げて落下した。

 赤い雷はそのまましばらく地上で爆音と閃光を上げ炸裂し、やがて四方八方に赤い電気の筋を残しながら消えていった。稲妻の音が山を揺らし、やまびこのようにウォルテナ中に轟音を轟かせた。

 町の人々はどうせまたウルラディール家の者が演習でもやっているのだろうと意にも介さなかった。

「あり……ありがとう……」

 微かに声が聞こえたような気がしたが、それは雷の轟音でかき消された。炎の雷が落ちたあとにはネークノークだったようなものの焦げカスが残っているのみだった。それを見たクレイントスは思わず感嘆し。再び拍手を送った。

「おォ~。ミックス・ジュースですか。高度な魔法をお使いでいらっしゃる。ネークノークの最終損傷率は160%っと。あれだけの呪文を食らって160%はかなり好成績と言えますね……。予想より遥かに耐久率の高いアンデッドが出来そうだ……」

 クレイントスが嬉しそうにしている脇でレイシェルはまたもやマナ切れを起こし、膝に手を付いて前かがみになっていた。額からは大量の汗が噴き出している。

 レイシェルがバテたのを確認してからクレイントスは後退しはじめた。万が一、攻撃される場合に備えて用心深く、ソロリソロリと距離を開けていく。ある程度距離をとったのを確認してレイシェルに向けて声をかけた。

「あ~、お嬢様、私の完敗……と言いたいところなのですが、決め手は炎属性だけでなく、雷属性も混じっていました。残念ながらレギュレーション違反で今回は”失格”です。次回は炎属性だけでお相手してくださる事を期待していますよ……フフフ。これで次のリッチー学会で有意義なプレゼンができると思います。貴女のお陰ですよお嬢様。それではまたいつか。ご機嫌麗しゅう」

 そう言い放つとクレイントスは跡形もなくネークノークの残骸とともにどこかへテレポートして掻き消えた。近くに気配が無いため、遠くに転移したかまたは亜空間の隙間に入り込んだようだった。

 噂によればリッチーはリッチー同士で密かに会合を開き、あらゆる分野での研究を重ねているという。今回の耐炎アンデッドの件も学会に持ち込むための話のタネだったのだろう。

 レイシェルはそれを聞いて我に返り、上手い具合にそそのかされて利用されたように感じた。おまけに未練の塊のような魂を見せられて胸糞も悪かった。行きどころのない憤りが彼女を包んでついに堪忍袋の緒が切れた。

「ふッ、ふっざけるんじゃ、ふさけるんじゃふざけるんじゃふざけるんじゃふざけるんじゃふざけるんじゃァないわよーーーーーーーーッ!!」

 彼女は我を忘れ、狂乱したかのように拳で何度も露出した地表を激しく殴りつけた。気づくとサユキが彼女の腕を掴んで押さえ込んでいた。目線を落とすとかすかに積もる雪に自分の拳からにじみ出た鮮血が紅く、紅く染みていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ