挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
楽土創世のグリモア 作者:しらたぬき

Chapter2:Bloody tears & Rising smile

41/172

▲新雪を染めるは鮮やかなる鮮血

 少女は漠然と窓の外を眺めていた。窓枠の外では真っ白な雪が全てを包むようにシンシンと降り続いている。

 暦は裏亀竜の月から裏首長蛙の月に移り変わったが、季節は変わることがなく、今日も雪が止むことはない。

 部屋内にはしっかりとした作りの暖炉があり、そこに置かれたフレイム・オーブが熱を放っている。外の気温とは対照的に室内は春のような気候だ。

 ともするとうたた寝してしまいそうな状況ではあるが、彼女はマンツーマンで講義を受けているためにさすがに眠気は来ない。それにしても講義は退屈極まりなく、思わず彼女は窓の外を眺めているのだった。

「えー、次の頁ですじゃ。かつて、世界はひとつの大きな大陸『ガレフディア』だったと言われております。其の世界には人間だけでなく、魔物、天使、悪魔、精霊、そして死者さえもが混在する混沌とした大陸だったと古代の文献にはありますじゃ。各勢力が”覇”を求め、それが全てであった世界。人種などの小さいしがらみを全て無視した良くも悪くも群雄割拠の時代が続いたとありますじゃ」

 長い灰色の髪をして小さな丸メガネをかけた老齢の紳士が手に持った書籍から目線を上げて少女の方を見た。またいつものように彼女が上の空でよそ見をしていることを気づき、やれやれと言った感じで諫めるように声をかけた。

「レイシェルハウト様、レイシェルハウトお嬢様!!」

 そう呼びかけられるとレイシェルと呼ばれた少女は視線を窓の外から老人に向けて間をおいた後、老人の方に顔を向けてきた。左右の高い位置で結われた鮮やかな真紅のツインテールが揺れる。

 髪の毛だけでなく、瞳も同じように艶のある潤った美しい真紅の色だ。それとは対照的に肌は雪のように白い。老紳士はその色合いの落差から彼女を見るたびまるで新雪に飛び散った鮮血のようだと毎回思うのだった。

 あえて不穏な鮮血に例えているのは彼女の性格や言動に鑑みての事なのだが。ヴァンパイアのようにも見える瞳でこちらを見つめながら少女は口を開いた。

「……ガレフディアは群雄割拠で栄えたという面はあったわ。だけど絶え間のない、終わることのない覇権争いで全ての存在が疲弊していった。それを憂いた各派閥の賢人たちが争いがいつも中心に来る世界の変革を求め、秘術を編み出したんでしょ。それを記したものが……」

『楽土創世のグリモア……』

 老紳士とレイシェルは同時にそう口に出した。

「そう、そうですじゃ。それによって全ての物にとっての楽園が生まれ、次の段階へとすべての存在が導かれる筈でした。しかし、発動したグリモアは天を割き、地を割り、海を分かち、次元をねじり全ての物に等しく大きな損害を与えたのですじゃ。今現在、この世界に残っているありとあらゆる物体や生き物や精霊などは一説によればガレフディア時代の三割に満たないとされておりますじゃ」

 老紳士は片手に歴史書を持ちながら金縁のメガネをクイッっと指で押し上げて目を細め、雪が降り続く窓の外に目をやりながら続けた。

「ただ、それによって本来、人と交わるべきでない悪魔や天使、精霊などの幻魔やアンデッド(不死者)は別次元に隔離されました。まったく関わりあいがなくなったというわけではありませんが……。そして全て地続きだった世界は海を隔て分裂することによって、群雄割拠の乱世戦国時代は終わりを告げ、結果的にひとまずの平穏がもたらされたとされておりますじゃ。その全てを分かった時が我々の生きる時代”創世歴”の始まりですじゃな。俗にいう”創歴”ですな」 

 レイシェルも老紳士が視線を逸らしたのを確認して再び窓の外に視線を戻した。そして頬杖をつきながらやさぐれたようにつぶやいた。

「本当に楽園なんて作れるわけないでしょ。おおかた『なにかしら得るには犠牲が必要だった』っていうありがちで教訓じみた作り話なんだわ。 実にくだらないわね」

 それを聞いて老紳士が目を見開いた。明らかに聞き捨てならないと言った態度をとっているのが横目からでもわかった。レイシェルの方をむけて指示棒を縦に振りながら老紳士は声を軽く荒げた。

「これこれお嬢様、楽土創世のグリモアがお伽話だとでも? いくらお嬢様とは言え、言っていいことと悪いことがありますぞ!!」

 レイシェルは眉をひそめ、めんどくさそうな顔をして老紳士に言い返した。

「はいはい。その話はだいぶルーンティア教の教えに傾いてるって常日頃言ってるでしょうに。それほど熱心に信じてるのは我が家でもルーブ爺、アナタくらいなくらいなものだわ。第一、ルーンティアには未だに楽土創世のグリモアが現存してるなんて話を信じてる派閥もあるらしいじゃない。今や創歴1436年。1000年以上見つかってない代物が? それに、今更そのグリモアが解読されたとして次は何がおこるっていうのよ。どーせロクな事にならないと私は思ってるワケ!!」

 レイシェルはそう言い放って歴史書とノートを片手に抱えて席を立った。

「これ!! これこれお嬢様!! 歴史学の講義はまだあと15分残っておりますぞォ!!」

 ルーブ爺は声を荒らげたが、それをレイシェルは冷たくあしらった。

「何度同じ内容を勉強させる気? もう創世の話は聞き飽きたわ。ルーブ爺が説明する前におおかたの内容は把握していたじゃない。説明を受けずとも理解しているって事だわ。散々”お伽話”を聞かされてるものね」

 それを聞いてルーブ爺は何も言えなくなった。この分野に関してはレイシェルの習熟度は高く、歴史学に関しては同年代より遥かに造詣が深い。もっとも、それはルーブ爺の熱心な指導の賜物ではあるのだが。

「くれぐれも歴史教育と布教活動を混同しないことね」

 追い打ちをかけるように冷たい言葉を言い放って凍てつくような流し目を送りながら爺の脇をスタスタと歩いて、彼女は扉を開けて部屋から出て行った。老紳士はそれを咎められるわけもなく、為す術がなかった。

 廊下も一定間隔でランタン・ジェムが灯されており、いつも屋敷内はどこでも暖かい。庭を取り囲むように囲む廊下を歩いていると窓の外に誰か居るのが見えた。あれは修練場の方向だ。

「またアイツはこんな雪の降る中、トレーニングぅ? いくら寒いのが好きだからって限度ってもんがあるでしょうに……馬鹿馬鹿しいわ……」

 庭の訓練場には一人、格闘の演武に打ち込んでいる少女が居た。毎日精力的に演武や組手を行っており、技術の”研磨”に余念がない。

 彼女自身はそれが日常であり、別段特訓を積んでいる感覚はないようだが、傍から見れば非常に熱心に打ち込んでいる様に見える。

 レイシェルが窓に近づいて呆れるようにその様子を眺めていると急に肩に手を置かれた。ひんやりとした手の温度がひらひらとした装飾の多いゴスロリのような装飾を施された黒いドレスごしに伝わってくる。

「ひッ!?」

振り向くとそこには海外の着物、”ワフク”を着た後ろに黒い髪の毛を結って上で纏めた女性が立っていた。

 いつからそこにいたのか全くわからない。気付かなかったというよりはあちらが気配を殺していた様に思える。赤褐色を基調とした屋敷の内装において、雪のように真っ白なワフクを着ているので目立つはずなのだが……。

「サ~ユ~キ~!! 驚かすんじゃないわよ!! それに忍び寄るように後ろから近づくのは止めて頂戴と何度も……」

 サユキと呼ばれた女性はそれを聞いて両手伸ばし、体の前で重ねて深くお辞儀した。結っていない部分の前髪がまっすぐに垂れる。

「お嬢様、申し訳ありません。しかし、まだお昼前ですよ? ルーブ殿の講義が終わる時間までは少しお早いのでは……?」

 レイシェルはどう言い訳しようかと慌てふためいた。何かいい言い訳を考えようとしたが、ルーブ爺は時間にはうるさいので早く講義が終わったという言い訳は使えない。

 その場しのぎで体調不良を装おうかと思ったが、講義を受ける直前にサユキと一緒に行動していたのでどこからどう見ても体調が悪いようには思われないだろう。

「ふふふ……またルーブ殿と言い合いになって早退ですか? 我を通すのもよろしいですが、時には協調の心を尊ぶことも大切でしてよ?」

 サユキは口元に手を当ててニッコリと笑った。何か言いわけする時間もなく、サユキはなんでもお見通しと言った態度だ。

 どうせこういう反応が帰ってくるとは思っていたが、考えまで見透かされていると思うとレイシェルはなんだかとても癪にさわった。だがそれもいつものことだ。

 サユキはレイシェルが6歳の時から侍女として彼女のそばに居て世話役を務めているため、感情や言動まで見透かされているのも無理は無い。

 生まれた直後に母を亡くしたレイシェルにとっては母親的な存在と言えなくもないのだが、レイシェルのプライドの高さや、意地っ張りな性格からして、サユキに甘えることはまず無い。

 サユキ自身はもっと甘えてほしいと内心思っているのだが、あくまで侍女として仕える身として己を殺し、一歩離れた所からレイシェルを見守っている。

 お昼も近くなり、二人が他愛の無い会話をしながら廊下を歩いていると裏口からさきほど鍛錬を積んでいた少女が入ってきた。全身が雪と汗でびしょ濡れで廊下のカーペットが濡れてシミになっていた。

「あ~。やっぱり雪はイイねぇ!! たまんないね!! 気分が高ぶるよ~!!」

 少女はレイシェルとサユキが並んで歩いているのを見ると犬のように駆け寄ってきた。この寒い中、白い半袖でヘソを出し、モスグリーンの長ズボンという出で立ちで屋外に出ていたようだ。

 廊下の奥から濡れた足跡をつけながら小走りでやってくる。どんどんその姿は大きくなり、二人の側に立つ頃にはその長身さがハッキリわかった。

 サユキが普通の女性にしては高めの160数cmというところなのだが、走ってきた少女は二回り、いや、それ以上に大きい。190cmはあろうかという大きさだ。おまけに胸まで超弩級のサイズだ。

 大きいながら、がっちりした体系ではなく、胴回りははっきりとくびれがある。その胴からすらっとしなやかな手足が伸びていた。露出している腹筋も男性のようにガチガチではなく、筋肉線が軽く走る程度でそれがかえって女性らしさを醸し出し、艶かしかった。

 レイシェルは13歳にして身長が130cm弱しか無い。同年代に比べてこの身長はかなり低いと言える。プライドの高い彼女は自分が小さいことをかなり神経質に気にしていた。

 指摘されると怒り出すほどだ。「小さくて可愛い」という言葉は彼女にとって侮辱でしかない。その身長差を痛感しながらびしょ濡れの少女の顔を見上げながらサユキは苦言を呈した。あまりの身長差に顔を見て話すと二人とも首が痛くなってくる。

「パルフィー、貴女、屋敷に上がるときはしっかり体の水気を拭き取ってから上がれってあれほどメイドから怒られてましたね? これで何度目ですか? またメイドにどやされる事になりそうね……」

 パルフィーと呼ばれた少女は振り向いて自分の歩いてきた廊下のカーペットの濡れたシミを見て「しまった」と言った顔で片目をつむり、ベロを出した。

 明るい色をした茶髪でショートカットの髪型とボーイッシュな見た目ではあるが、あどけない可愛らしい顔をしている。ただ、彼女には他の人についていないものが付いている。

 彼女を見上げると頭のてっぺんの左右からは猫のような耳が生え、尻のあたりからは狸のような太いしっぽが生えている。彼女は純粋な人間ではない。”ロンテイル”と呼ばれる珍しい亜人種なのだ。

――亜人とは
 亜人は純粋な人間とは異なった存在だ。比較的人間に近い見た目や文化、言語体系を持つが、魔物の身体的や精神的特性を持った者達の事を指す。

 人語を解するだけで完全に人間の形をしていない者から、パルフィーのように見た目はほぼ人間と変わらない者など、一概に亜人と言っても様々なタイプがおり、こういうものだと定義、分類できるものでもない。

 ただ、国や地域によっては迫害や差別を受けているケースも少なくはなく、社会の中ではマイノリティであると言える。

「いっけね~。いや~。どうしようかな~。どうせこのまま逃げてもこんな足あとつけるのはアタシだけってバレてるからな~」

 パルフィーは無邪気にそう言いながら頭の後ろで手を組んで二人と並んで食堂に向けて歩き出した。

 パルフィーはまったく自分の失態に気にしている雰囲気はなく、昼食のメニューについて神経の全てを集中しているようだった。

 良く言えば楽天家、悪く言えばノーテンキな奴だとレイシェルもサユキも認識していて、誰もそれ以上、廊下を濡らしたことを蒸し返さなかった。三人はあれこれ話しながら、食堂への長い廊下を歩いていた。

 彼女たちの生活するこの広い館はウルラディール邸。ライネンテ北西の島、ノットラントの東部の都市、ウォルテナに位置する武家の屋敷だ。

 ノットラントは古くから代理戦争や内戦の当事国になる事が多く、武力を有する集団である武家に自然と自治権が預けられてきたという歴史がある。

 国内には十数の武家が存在し、それぞれが戦闘力を持った部隊を有する。武家の勢力は大きく分けて3つで、東側の親ライネンテ派、西側の親ラマダンザ派、中立のトラディッショナル・ノットラント派がある。

 第三次ノットラント内戦が東部西部の痛み分けで自然消滅してから100年あまりが経っているが、親ライネンテ派と親ラマダンザ派の溝は深く、対立が絶えない。

 それを仲裁しているのがトラディショナル派である。この派閥はこれといった武力は持たないが、過去の内戦で功績を挙げた名家が名を連ねており、再び内戦がおこらぬように両者間の調停を務めている。

 武家の間では東部と西部で一触即発の険悪な雰囲気が漂っているが、市民の間ではそういったこともなく、国境や移動の制限もないので東と西の交流は割と盛んである。

 そのため、ライネンテとラマダンザの文化がミックスされ、新しい技術や流行りなどのルーツがノットラントであるということは珍しくない。

 ちなみに平和になった現在、ノットラント国内の政治的発言力は武家同士の模擬合戦により決定されている。多くライバルの家系を打ち倒せばそれだけ、その家の発言権が上がるというものだ。

 主にトラディッショナルがこの合戦のジャッジをする。東と西で発生するいざこざもこの模擬合戦で解消されている節もある為、ガス抜きとしての役割も大きい。

 一応、トラディッショナル派が島内全域の自治を把握しているが、それは文字通り把握しているだけに過ぎず、統一された統治体系や組織は存在しない。

 ノットラント国などと呼ばれることもしばしばあるが、正確には国家ではなく、ごくごく小さな武家という単位で小分けにされた諸国群とするのが正しい。

 都市や街はほとんどが武家のお膝元であり、生活費などにかけられる諸々の税金などもそれぞれの武家が徴収額を決め、それを街の保全や武家の運営に当てたりしている。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ