挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
楽土創世のグリモア 作者:しらたぬき

Chapter1:群青の群像

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/184

綺麗な薔薇の刺は鋭い

「私は先にロンカ・ロンカへ下見に行く。明後日の早朝、ロンカ・ロンカの宿で会おう」

 ファイセルは自力でノダールを脱ごうとしたが、絡まってしまいうまく脱げなかった。着付けだけではなく、脱ぐのも一苦労だ。すぐに店長が手伝ってくれ、元の服装に戻った。これには思わず二人共苦笑いを浮かべた。

「遅れて申し訳ありません。私、服屋のアッジルと申します。お客さん、その服装ではやはり目立ち過ぎます。ノダールでない民族衣装をお貸ししましょう」

 ファイセルはシャツとズボンをカバンに詰めて、民族衣装に着替えた。通常の服はノダールほどヒラヒラしておらず、頭には何も巻かない。布切れを集めて服にしているという感じだ。

 ところどころ肌が露出していてローブほどすっぽり体を覆わないが、このあたりの気候ならばこの程度でも十分だった。少しスースーする感触があるのは気になるが。

 ファイセルが着替え終わるとアッジルがペコペコ頭を下げながら言った。

「申し訳ありませんが、明日一日は婚前の書き入れ時でして、ノダールがそれなりに出ますので店番させていただきたいのです。明後日の早朝、できるだけ早くノダール一式を持って宿にお伺い致しますので、何卒ご容赦を」

 ファイセルはそれに了承して、契約書類を受け取った。とりあえず偽名を名乗っておこうとしたがいい名前が思いつかない。

 オルバからM.D.T.Fのコフォルという名前は偽名だろうと聞いたのを思い出し、こちらも偽名を名乗るとあって、とっさに彼の名をもじった名を名乗った。

「私も名乗りが遅れた。私はコフォーラという名だ。覚えておいてくれたまえ」

 それを聞いたアッジルは手をヒラヒラ振って笑いながらファイセルに忠告した。

「はははっ。失礼ですが、やっぱりノダールを着ないとただの少年って感じですな。その喋り方も全く似つかわしくないですよ。中年男性に化けるのは無茶がありますな」

 ファイセルは思わぬ指摘に恥ずかしくなり、顔を赤らめて目線をそらした。

「まぁまぁ。それが歳相応というもんですよ。あっ、そういえばコフォーラさん。花嫁の方とはお知りあいなんですか? それともただラーレンズの顔に泥を塗りたいだけですか?」

 今のところラーレンズ個人にはいい感情を抱かないが、恨むというほど深い関係でもない。とりあえず下見で花嫁と接触してみるつもりである旨をアッジルに話した。それを聞いたアッジルは脱がれたノダールを丁寧に畳みながらまた忠告してきた。

「それは無理ですね。この地方の花嫁は式を挙げる2~3日前は異性との接触を禁じる風習があるのです。恐らくもう自宅にはいないでしょうし、花嫁の居る建物に不用意に近づくのもまずい。結婚式までは会えないと思ったほうがいいでしょう。まぁ式場を見ておくことは潰しの基本ですから、下見をしておくのは基本でしょう」

 それを聞いてファイセルは考えてばかりいてもしょうがないと思い、アッジルに礼を言って一足先にボークスを発った。森のなかの街道を進み、昼になる頃には目的のロンカ・ロンカについた。

 街はとても活気にあふれていて、街中のいたるところに施された装飾などを見るとまるでお祭りでも始まるかのようだ。結婚を想起させる飾り付けも多く、このお祭り騒ぎは例の結婚式のためなのだなとファイセルは悟った。

(ラーレンズ・セブンス・ブライド……か)

 ロンカ・ロンカは思ったより広い街でカルツと同程度の規模はあった。昼時で街中の市は昼食をとろうとする人で一杯だ。案内所のおじさんにチップを渡し、銀行と広場の位置を聞いた。

 まずは銀行に行き、リーリンカのカバンに詰めた残りの約450万シエールを預けた。預金総額はほぼ1000万シエールある。残りの資金でマーケットにて青いあんかけスープにちぢれ麺のブルースライム・ヌードルを食べて空腹を満たした。

 北部は真っ直ぐな麺が主流だが、東部はこういったちぢれ麺が主流らしい。昼食をとってすぐに街中央の広場へ向かってみた。街の作りもカルツと良く似ている。ある程度、発展した街は似たような構造になるといったところだろうか。

 広場に着いてファイセルは想像以上に大きい式場に仰天した。広場全体が貸し切られ、豪華な舞台や客席が組まれている。どれだけ人が来るのかわからないが、これでは半分くらいは立ち見だろう。

 こんな巨大な会場の式をぶち壊す事になるのかと思うと恐怖と緊張が入り混じり、体が震えだした。もうちょっとこじんまりしていると思ったのだが、考えが甘かった。

 ファイセルは果たして自分にそんな大それた事が出来るのかと臆病風に吹かれて、広場の隅の椅子に座り込んだ。広場の石畳に視線を落としてしばらく愕然としていた。

 しばらくすると悲しそうな顔をしたリーリンカが脳裏をよぎった。そのまま何度も振り向きながら遠くへ歩いて行く。悲しげな笑顔を浮かべながら。ふと我に返ると広場は会場を設置する職人の喧騒と通行人の楽しげな声で溢れていた。

(ええい!! ここまで来て尻込みしてどうする!! 一番苦しんで、悲しんでいるのは誰だ。僕じゃなくてリーリンカだろう!! しっかりするんだ!!)

 ファイセルは自分の両頬を叩いて気合を入れなおした。そう簡単に恐怖は払拭できるものではなかったが、もはや覚悟を決める他ない。立ち上がって顎に手を添え、次にするべき事を考えた。

 オルバと婚潰しの打ち合わせはしたものの、さすがにオルバも現地で婚潰しを見たりしたわけではないので式の段取りなど具体的な情報が足りなかった。

 となると現時点で頼れるのはアッジルしか居ない。冷静になって考えれば結婚式まであと1日残っている。一度ボークスへ戻って体勢を立て直すのも一つの策だと思い、ファイセルは来た道を戻ってボークスへと戻った。服屋に入るとアッジルは”やはりな”といった表情でファイセルを迎えた。

「おや、戻ってきたんですか。顔色が優れませんね。見てきたんですねあの結婚式場を。あれがラーレンズの権力です。ああやってなんでもかんでも札束で頬を叩けば解決すると思っている。それがラーレンズという男です」

 そうアッジルが話すと店の奥から店とは不釣り合いの若くてスタイル抜群な美女が出てきた。

「あ。あなたが潰しの富豪さん? とてもそうは見えないんだけど」

 アッジルは慌てて女性に頭を下げさせて自分も頭を下げた。

「す、すいません。家内です。こらっ、失礼な事言うんじゃない。色々と事情がおありなんだ!!」

 不服そうに顔を上げた女性はなおもキツイい言葉をあびせ続ける。

「ちぇっ。第一、なんでそんなシケた顔してるわけ? そんなんじゃラーレンズの野郎をますます天狗にさせて終わりよ。みんな心のどっかじゃラーレンズはくたばりゃいいと思ってんだから、潰しが成功すりゃきっとみんな喜ぶに決まってるのに」

 アッジルの妻は吐き捨てるように言った。それについてはアッジルも何も口出ししなかった。ファイセルは祝いの式を破壊することに強く戸惑っていたが、その話を聞いて、今回の場合はむしろそれが歓迎されそうな雰囲気であることを知り気が楽になった。

「すいません、他言無用のはずが妻にさっきの話を盗み聞きされていまして……」

 そうアッジルが申し訳なさそうにしていると妻がすぐに口を挟んだ。

「ちょっとちょっと。なんであたしがラーレンズのスパイみたくなってるのよ? こんな面白そうなこと誰にも言うわけ無いじゃない。アタシ達は”共犯者”じゃない? 仕事は全部アンタに任すわ~。あたしはこの貧乏臭いヨソモノ富豪さんにみっちりレクチャーしてやることにするわ」

アッジルの妻だという女性はそう言いながらファイセルに歩み寄って舐めるように足元から頭の天辺までじろじろと見た。

「あんたがどのくらいリッチなのかは知らないけど、せいぜい楽しませてちょうだい。今回の結婚式はバックれるつもりだったけど、あんたがツブすっていうなら話は別よ。私も見物に行くわ」

 その態度を見るに、真剣なファイセルと対照的にまさに物見遊山で結婚式に参加するといったところだ。そのまま、妻は店の奥の方へすたすたと歩いて行った。

 アッジルはやれやれといった風にファイセルの方を見た。何も言い返さない辺り、完全に尻に敷かれているようだった。ファイセルがアッジルにささやく。

「奥さん居たんですね。それも相当若くて美人だけど……なんというか血の気が濃い……」

 アッジルは照れたように頭を掻きながらうなづいた。

「ええ、ちょうど若い嫁が余っているというので私も家庭を持とうと6年前に結婚したのですが、これがとんだじゃじゃ馬でして……あれだけの見た目で余っているのはそれなりの理由があったというわけですな」

 この調子で6年も続いている事が意外だったが、これはこれでうまくいってるのだろうとアッジルの懐の深さを見てそう思った。

「富豪もどきのおぼっちゃん!! つっ立ってないでとっとと奥へおいで。店先にいたら邪魔だし目立つだろ。さっさとしな!!」

 なんだかこんな感じの女性には以前も合った気がする。――いや、あれは人間ではなかったが……。

 言われるままに奥に行くと居住スペースが広がっていた。奥さんは名前も名乗る気も、聞く気もないといった感じで結婚式の流れから婚潰しの手順までを説明し始めた。すぐにそれを止めて最低限のやり取りをする。

「あ……あの、奥さんの名前を教えていただけませんか? まだ伺っていないのですが。僕はコフォーラといいます」

 そう聞くと女性は思い出したとばかりに名乗った。

「ん、ああ、まだ名乗ってなかったね。わたしはレッジーナ。んで、コフォーラぁ?……まぁどうせ偽名なんだろう?」

 レジーナは見透かした感じでニヤリと笑い、こちらを見つめた。偽名に関してあっさり看破されてしまった。

「だってさー、コフォーラなんて富豪や貴族の名前はこの近辺では聞いたことがないし。流れの富豪とか旅をしてる富豪とか新規参入した富豪とか適当に誤魔化さないと見掛け倒しのパンピーだって事がバレるよ。まぁ大金持ってるようだから実質的には富豪なんだろうけど、体裁は大事だからね」

 似たような話はオルバとしていたが、こちら風の名前の付け方はまだ知らないし、ましてや富豪の名前というとますますわからない。ファイセルが少し考え込んでいるとレッジーナはビシッっと指をさしてツッコミをいれた。

「あとそのナヨナヨした態度と、喋り方はすぐに止めな。一発でガキんちょだってバレる。いくらツブしが歓迎されるとはいえ、ヨソモノのガキんちょが買い戻せるほど甘くはないし。ちょっと勘違いしたくらいの振る舞いをしないと式をひっくり返す事はできないね」

 レッジーナは座敷に座り、テーブルに頬杖をついてファイセルを手招きした。それに従って座敷に上がろうとしたが、制止された。

「おっと座敷に上がるときは靴は脱ぎな。家具の位置取りからしてどこが座敷なのかわからないのかい? アンタ、マジモンのよそ者だねぇ」

 ファイセルはバカにされっぱなしなのが若干気に触って、無茶だとアッジルに言われたにもかかわらず、中年の富豪のフリをして見得を切ってみた。

「ぼ……私だって、一端の富豪だ。バカにしてもらっては困る!!」

「あー、ダメダメ。わざとらしすぎる。それにそんな心に余裕のない富豪なんていないでしょ。そんなんラーレンズだけで十分。あとヒス持ちの男は嫌われるよ。おまけに方言の訛りが無いからヨソモノだってバレバレ。なんだ~、式の説明だけすりゃいいかと思ったけどそっから始めないとなのか。こりゃダメかもなぁ~」

 その後、しばらく会話のやりとりをしてみたが、どうも言動や所作がこの地方の富豪のそれとは大きくズレているらしい。レッジーナが言うに、節々から庶民臭さがにじみ出ているとのことだ。

 これはファイセルも自覚するところではあって、ミナレートなどでもどちらかといえば庶民臭いと言われる身だった。田舎者の宿命だろうか。

「あ~、めんどくさっ。金払いからするに久々の対抗馬かと思ったけど、とんだ見当違いだったようだね」

 レッジーナの突き放し気味の対応にファイセルは思わず打ちひしがれた。レクチャーが一段落する頃にはもう日が暮れ始めていた。

「諦めな。望み薄だね。そもそもあんたなんで潰しなんかやるんだい。そんなタマじゃないだろ」

 ファイセルは素性などの情報をちょいちょい隠しながらも、かいつまんで経緯を話してガールフレンドを自由の身にしてやりたくて来たという婚潰しの動機ををレッジーナに伝えた。

 話の途中からレッジーナは興味が無いのかそっぽを向いて黙ったままだ。店じまいの支度をしていたアッジルもその話を聞いて居たのか、こちらにやってきた。驚くべきことに、顔を真赤にして涙を流している。レッジーナも肩を震わせて泣いているようだった。

「あ、あの……お二方……?」

 思わず二人に声をかけると二人共感極まった様子で語りかけてきた。

「いーい話じゃないかい。くーーーーっ!! あたしこういう話には弱くってさ!!」
「うーむ、はるばる遠方から彼女のために……なんという好青年なんだ!!」

 まるでとびきりの美談でも聞いたかのような反応だ。まぁ美談といえば美談なのかもしれないが。

「あ、あの、彼女じゃなくてガールフ……」

 アッジルが無言で両手を握って熱を込めて応援してきた。レッジーナも鼻をかみながら謝罪している。

「あたしがわるかったよぉぉぉぉ!! まだ結婚式までは時間がある!! 貴族とまではいかないが、ダンナとアタシであんたを立派な富豪に仕立ててやるからよぉぉぉ!!」

 レッジーナはテーブルを叩きながら立ち上がった。あれよあれよという間にに3人の間で円陣が組まれ「打倒ラーレンズ、花嫁奪還!!」と手を重ねあって掛け声を上げた。ファイセルはそのノリに置いてけぼりにされ、唖然としたが更に頼もしい協力者が増えたことを実感して、自信をつけた。

ラーレンズ対3人の戦いが始まろうとしていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ