挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
楽土創世のグリモア 作者:しらたぬき

Chapter1:群青の群像

17/164

奇襲! アテラ・クイーンを討て!!

 森の入り口で思い出したようにファイセルはリーリンカのカバンの中身を見始めた。

「えーっと、これだ。擬態香水。旅の途中で買おうと思ってたけど手間が省けたよ。今回使うのは森林の擬態香水”フォレストパフュメ”。これを頭からかぶると匂いとか気配が森林に近づいて森のモンスターや索敵魔法をやり過ごせるという便利なアイテムさ」

 ファイセルは小さめの試験管に入った緑の液体を頭からかぶった。液体は体に触れるとすぐに蒸発したため、頭や服は濡れていないが、強烈な森の臭いがこびりついた。

「うわ~、青臭っ!!」

 思わず大声を上げてしまい、焦ってすぐに脇の藪に伏せる。

「ファイセルさんしっかりしてください!」

 リーネがささやくな小声でツッコミを入れた。幸いアテラサウルスには気付かれていないようだが、あまりの臭さに鼻が馬鹿になってしまった。まったく臭いがわからない。

 蒸発したせいで髪の毛とマントに森の匂いを何百倍にも濃くしたような匂いが乾燥したままベッタリくっついてしまった。

「まったく、どうしてリーリンカの薬はこう極端なんだ……」

 まだ周囲の安全が確認できなかったので藪の中でファイセルは剣に手をかけた。ここまでの道のりで剣を抜いたことは一度も無かったが、剣を投げては拾ったりを繰り返して使い方を模索してきた。

 特に人気のない街道などでは遊ぶように剣を思いっきり遠くに投げては拾ってを繰り返したりしていた。

「剣を使うんですか? 投げてばかりで剣を使ってるところを見た事ないですよ? まだコントロールできてないのでは……?」

 不安そうに剣を見つめるリーネにファイセルは答えた。

「こいつが暴れる条件みたいなのを色々と探ってたんだけど、こいつは『鞘から完全に刀身が出ると暴れだす』んだよ。つまり、自分の近くで鞘から出さずにーターゲットのそばまで投げて鞘から出るように命令すればこちらには襲い掛かって来ないんだ」

 ファイセルは腰の剣に手を添えながら解説した。

「剣を投げてテストしてたのは投げつけた後に鞘から抜けるかとか、どれだけの距離で使えそうかとかを見ていたんだよ。ただ、どんな風に暴れるかは恐ろしくて検証できなかったから不安は残るけど。オークスとリューンで何とかなればそれに越したことはないね」

周囲にモンスターの気配が無い事を確認して藪から出て、ヨーグの森の中を通る街道を歩き始めた。道幅は狭く、左右は藪に囲まれている。

 アテラサウルスはこういった藪の中や木の陰に隠れて獲物がやってくるのを狙っている。いくら気配が薄くなっているとはいえ、視界に捉えられれば襲われてしまう。

 ファイセルは時々しゃがみながら耳を澄ませて周囲を索敵しながら進んだ。

 大人の身長程度のあるアテラサウルスが走ればそれなりに大きい音がするものだ。藪や草むらを走っていればかなり距離が遠くても察知することが出来る。

「おかしい、全く遭遇しない。もしかしたら先行した冒険者に気を取られているのかもしれない」

 その調子でしばらく進むとなんだか街道の奥の方が騒がしくなってきた。緊張感が一気に高まる。一部だけ開けていて、薄暗い森の中に光が差し込んでいる箇所に人影とモンスターが見えた。ファイセルの予想は的中した。

「冒険者はあれだな! 人数は話通り3人。1人は倒れてて、2人が交戦中。アテラサウルスは3匹か。と言う事は近くに”クイーン”がいるな。そいつを先に叩く!」

 アテラサウルスは必ず群れで行動し、1匹のメスに対して3~4匹で群れをつくるのが一般的だ。このメスは”クイーン”と呼ばれ、群れの中でのブレインの役割もこなす。頭部に赤いトサカがあるのが特徴だ。

 ブレインを崩せば一気に冒険者を囲む包囲網が崩壊するとファイセルは考え、藪の中に再び入って、冒険者たちとの距離を詰めながらクイーンを探した。

「そう遠くには離れてな……いた!!」

 一匹だけ集団から離れ、茂みの中で様子をうかがっている奴がいる。隠れているつもりだろうが、トサカが丸見えだ。擬態香水のおかげか全くこちらには気付いていない様だった。

 ファイセルは素早くボタンを外し、制服を脱ぎ、その上着を地面スレスレの高さに叩きつけるようにしてクイーンめがけて投げつけた。

(そのまま泳ぐようにして地を這い、正面からターゲットに貼り付け!! 目を塞いで視界を遮り、腕で一気に締め落とせ!!)

 ファイセルの制服、”オークス”は命令に従い、藪の中をエイが水中を泳ぐようにヒラヒラと低空飛行してクイーンに接近した。

 次の瞬間、クイーンの顔面に胴の部分を被せ、首の後ろに腕の部分を回して抱きつくように巻き付け、強烈に締め付けた。

「ギャァッ!!ギャァギャァ!! ピュルルルルルル!!」

クイーンは異常事態を知らせる警戒音を出しながら暴れてオークスを引きはがそうとした。しかしオークスはガッチリ首を締め上げており、外れそうにない。

 警戒音を聞いたオスが冒険者から注意を離し、全匹クイーンの方に助けに向かった。ファイセルはその混乱に乗じてクイーンに一気に近づく。更に距離を詰めたが、またもや擬態香水のおかげでクイーンとオスには全く気付かれていない。

(よし! 上手くいったぞ。そしたらこいつの出番だ。行け! ”ザルザ”)

 ファイセルは持っていた剣を鞘ごと腰のベルトから抜き、集まり始めたアテラサウルスの真ん中に放り込んだ。剣は地面に落ちた後、ガラガラと音を鳴らしながらヘビのように鞘から這い出してくる。

 刀身が露わになったかと思うと剣の刃は不気味に光り宙に浮き、近くの動く物を手当たり次第切りつけ始めた。

 オスのアテラサウルスは剣に襲い掛かるが、本体が鋭い刃なので中々有効な攻撃を与える事が出来ない。その間も刃は確実にモンスターの群れに切り傷を与えていく。

(ひえ~、鞘を抜くとこまでテストしなくてよかったよ。正直、あれは手に負えない、それはそうと、冒険者の人達を助けないと!!)

 ファイセルはモンスターの注意が完全にそれたのを確認して冒険者の近くに駆け寄った。

「大丈夫ですか!? 酷い怪我だ。とりあえず、これを飲んで、傷薬を塗ってください!!」

 助けが来た事に安心して、さきほどまで持ちこたえていた冒険者二人は背を向けあって座り込んだ。それなりに武装していたが、さすがに相手が悪かった。

「た、助かったのか……」

 全身傷だらけの戦士2人がこちらを向く。

「いいから早く!!」

 ファイセルは飲み薬の回復薬と傷に塗る回復薬を冒険者達に手渡した。

「お、俺等はいい、フィーを、こいつを何とかしてやってくれ……」

 血だらけで全身に深いひっかき傷や噛まれた後のある女性が倒れていた。深い傷がなんとも痛々しい。一番傷が酷く、意識もない。ファイセルは焦りながらバッグを漁る。

「あった。これだ!!」

ラベルには『死にそうになったら飲め』と書いてある。女性を仰向けにして頭を手で抱え、ラベルの書いてある試験管の中の霊薬を飲ませた。

 傷がみるみるふさがっていく。呼吸も弱弱しいながら戻り、息を吹きかえした。だが顔や肌が青ざめていて、血液が足りなくなっているようだった。

 ファイセルが冒険者達に薬を配っている間に、血の匂いを嗅ぎつけた別の群れのアテラサウルスにいつのまにか背後をとられていた。オスが3匹ファイセル達を取り囲む。

 同時にゴキン!!という音がして手ごたえを感じた。オークスが最初のクイーンの首の骨をへし折って絞め殺したようだった。向こうの群れの統率は完全に失われていて、ザルザにとっては動く的という感じだった。

「オークス!! そっちはザルザに任せて今度はこちらのクイーンを見つけて締め落とすんだ!!」

 オークスはすぐにクイーンの死体から離れてこちらの上空を泳ぐようにヒラヒラと飛び、藪の向こう側へ飛んで行った。

「こ、これは……!? 君は魔法使いなのか!?」

奇妙な戦い方の数々に冒険者は度胆を抜かれた。 

(……奥の手だから本当は使いたくなかったけど、無傷で森を抜けるにはこれの手しかないかな。こいつらには4年前の雪辱があるし、今度は無駄に攻撃を食らって傷つく気はないしね)

 ファイセルはベルトからブーメランの”リューン”を引っ張り出した。冒険者たちはブーメランでアテラサウルスを倒せるか怪しく思ったが、現に服でモンスターを仕留めているのでまた何か仕掛けがあるのだろうと思ったようだった。

 良く見るとブーメランには中央付近に2箇所に金具がついていた。ファイセルが金具を外すとカバーの部分が落ちて、くの字型のブーメランの真ん中を残して鋭い刃が姿を現した。水に溶けたままのリーネにとっておきを紹介する。

「諸刃のブーメラン。コントロールは難しいし、殺傷力が高いからあまり使いたくはなかったんだけどそんな事言ってる場合じゃないしね」

「ギャギャッギャギャギャギャッ!!」

四方からアテラサウルスにほえられる。今にも襲い掛かってきそうな勢いだ。ファイセルはそれを無視し、ブーメラン中央のへこみにひとさし指を立てて構えた。目を閉じ精神を集中する。

「ひえええ!! やっぱり殺られちまうのか!!」

 冒険者達は耐えきれずに恐れおののきだした。その声も無視して更にファイセルは集中する。

(回れ……回れ……高速回転だ)

 徐々にブーメランが回転しだした。どんどん回転が速くなり、高速回転のあまり風切音が発生して円形の刃に見えてきた。

(今だ!! 僕らを中心として周辺をクルクル回りながらアテラサウルスを迎撃しろ!!)

 すぐさまスナップを効かせて指を振り、高速回転したブーメランを解き放つ。ファイセルを中心としてブーメランは指示通りクルクル回りだした。

 座っている戦士たちはブンブン音を鳴らしながら頭の上を刃のブーメランが通り過ぎるので恐怖のあまり頭を押さえて伏せた。

 使い慣れないザルザとは別格の威力で飛びかかってくるアテラサウルスをスパスパ切って深手を負わせていく。一方でファイセルはオークスがクイーンを捕まえたような感覚を感じた。

(捕えた!! いいぞ、その調子で締め落とせ!!)

 クイーンの危機を察知したようだったがこちらのオス達は脚、首などに深い傷を受け、のたうちまわっていてとても助けに行けるような状態ではなかった。またオークスがクイーンを締め上げる。

(リューン、トドメだ!! 転がってのたうちまわっている奴らの首を掻っ切れ!!)

 ブーメランは高度を落とし、一匹ずつ着実に首に深手を負わせ、仕留めていった。戦闘が終わってみればファイセルの周りにはアテラサウルスの死体の山が築かれていた。死体からは多くの血が流れ出ている。

(ザルザのほうはどうしただろうか?)

森の藪の向こうを覗くとまだアテラサウルスを斬り続けている。相手は相手でダメージは負っているものの、致命傷には至っていないようだ。

 やはりザルザでは攻撃力にムラがあるなと考えながらリューンを群れの方に送って、ザルザを援護した。

 リューンはあっという間にアテラサウルス3体を屠り、戻ってきた。猛スピードで帰ってくる凶器に備えてファイセルは目を閉じて再び集中し始めた。

(キャッチに失敗すると僕が大怪我だからな。慎重にスピードを落として……そうだ。人差し指にとまれ!!)

リューンは徐々に速度を落とし、回転も止めて蝶々が人差し指にとまるかのように刃の無い部分で人差し指に降り立った。

再びゴキンと鈍い音がして茂みからオークスが戻ってきた。向こうのクイーンも締め落とせたようだった。

 これだけクイーンと取り巻きを倒せばしばらくはアテラサウルスが増える事はないだろうとファイセルは一安心した。

 地面に落としたままのブーメランの鞘を拾って刃を収める。ザルザの回収にてこずるのではないかと思ったが、もう剣が動いている様子はない。

 魔力供給量を調整しておいたおかげで今はただの剣として藪の向こうに転がっているはずだ。回収しに行こうと藪の方を向いたとき、背後から戦士たちの悲痛な叫びが聞こえた。

 振り向くと戦士が倒れていた女性を抱えている。大部分の傷口はふさがったものの、出血量が多くて肌が青ざめていた。

「まずい!! このままでは死んでしまう!!」

 ファイセルが駆け寄ってカバンの中を見るが、この状況を打開できるような薬は無かった。

 確かに先ほど飲ませた薬は傷を急速に塞ぎ、止まりかけた心臓の鼓動を助ける効果があったようだが、大量に出血し過ぎた後だった故にもはや手遅れのように思えた。

「何とか、何とかならないのか!!」

ファイセルは体から力が抜けるのを感じて放心状態で立ち尽くした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ