挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
楽土創世のグリモア 作者:しらたぬき

Chapter3

161/161

優しい稲妻に包まれて

一行は王都ライネンテを後にし、海風漂う街道を歩いていた。ただ、位置的に街道からは海を臨むことは出来ない。

地平に見えるのは樹木生い茂る森である。海岸線側にも別の道があるが、そちらは足場が悪いこともあり、交易用の主要な街道としては使われていない。

足取りはスムーズに進むかと思われたが、思わぬ壁があった。カロルリーチェが未だに発見されていないらしく、通行人を検問で片っ端からチェックする厳戒態勢が敷かれていた。

等間隔で神殿守護騎士テンプル・ナイトや増援の国防軍兵士が配備され、血眼になって街道をゆく人々の中から彼女を探し出そうとしていた。

「すいません。検問です。……そちらの茶色のフードを被った方、フードを取ってもらえますか? あと、そちらの背の高い方も帽子を……」

そう声をかけられると少女はマントのフードを脱いで、両手で胸元を開けてみせた。そして堂々と胸を張り、冷たい流し目を検問の男に向けた。

「……急いでるんですが、通してもらえません?」

「―――!! か、カロルリーチェ様に大変似ては居られるが……その制服……学院の方とお見受けしました。ご無礼を失礼しました。お通り下さい」

彼女の威圧的な対応に気圧されたからか、その神殿守護騎士はフレリヤの詮索はせずに、道を開けた。

開いた道を学院の制服を来た少女はツカツカと歩いて行く。その後ろを青年と帽子を被った少女が着いていった。

「……どうですか? こんな感じでしょうか? にしても、この制服、とてもキツイんですけど……本当に先輩の制服なんですか?」

検問を突破したアシェリィはリジャントブイル魔法学院のミドルクラスの制服を着ていた。

深緑色の制服の胸元に指をはさんでつかみつつ、後ろを歩くファイセルに語りかけた。

「バッチリバッチリ!! 普通の旅人の服じゃカロルリーチェと間違われる可能性が高いからやっぱ学院の制服を着ておけばなんとかなるかなって。キツイのは我慢してよ。サイズが調整出来てるわけじゃなくて、着た人にピッタリくっつけるしか出来ないんだ。それにしても指名手配二人との旅とは随分デンジャラスだね……」

それを聞いたフレリヤは頭の後ろに手を組んでひどく不機嫌そうにファイセルの後頭部を見下ろした。

「全く、結局、尻尾はベルトで挟んだままで胸にはサラシ!! 頭には邪魔な帽子!! まったく、これはなんとかならないもんかね」

ファイセルは申し訳なさげに振り向いた。フレリヤの顔を見たつもりだったが、身長差から胸しか見えない。視線を上に戻して彼女をなだめる。

「しょうがないよ。君だってここでバレれば大騒ぎなんだから。幸い、今はカロルリーチェの方に目が行ってるから君はなんとかバレずにいるけど。それに悪いことばかりじゃないよ。なんとか学院までたどり着ければ待遇は保証されると思う。希少生物学が専門のボルカ先生が君を探しててね。三食昼寝付きで保護してくれるはずだよ」

それを聞いて彼女の目の色が変わった。豪華な食事でも思い浮かべているのだろか、ニヤケ顔でよだれを垂らしている。

彼女の食欲は底知れず、まともに食料品を用意していたら旅の資金が持たない。

そのため、結局ライネンテの海軍レーションで我慢してもらっているのだが、お世辞にも美味いものと言えないのはファイセルも知るところだったので彼女のそういった反応もやむなしと思えた。

街道を行くに連れ、検問の数は減って呼び止められることもほとんど無くなった。

ここまで来れば大丈夫だろうと一行はほっとして緊張がとけた。それでももしもの時のために、服装は変えずに居た。

街道を歩いているとアシェリィが立ち止まった。そして問いかけながら後ろを見た。

「ん……なんだかそこの草むらがキラキラ光ってませんか?」

ファイセルもフレリヤには特に草むら以外には何も見えなかった。

だが何度見返してもアシェリィだけには黄色くキラキラと光る光の粒のようなものが草むらの奥へと見えていた。まるで道標のようにキラキラと。

「行ってみましょう。何かあるかもしれません」

道もない草むらへと入っていく二人に対し、フレリヤは不思議な表情をした。

何もなさそうで整備もされていない脇道へいきなりと反れるのだ。彼女の理解が追いつかないのもしょうがなかった。

「アシェリィには精霊とか妖精……幻魔っていうんだけど、その痕跡とか存在を目でる能力があるんだ。サモナーって聞いたこと無い?」

フレリヤは知らぬ存ぜぬといった様子だ。もしかして、忘れている記憶の中ではサモナーを知っているのかもしれないが、今の彼女にはやはりわからないようだ。

「ともかく、アシェリィについていってみよう」

三人が草むらをかき分けて進んでいくと、ちらほらと人の姿が見えた。それなりに大人数で何かやっているようだった。

近づいていくと何かを囲んでいる。ある程度近づくと、こちらを見つけた男性が叫び声を上げた。

「うお!! なんだおめんら!! 獣じゃねえだか!?」

他の人々も一斉にこちらを見て身構えた。驚きや警戒の姿勢をとって鋭い視線を向けてくる。

すかさずファイセルは両手を上げて敵意がないことを示した。

「あ、すいませーーーーん。人間です!! 迷子になってしまって!!」

向こうの集団が安堵を浮かべたのを確認して三人は歩み寄った。近くへ寄ると彼らが祠を囲んでいるのがわかった。

成人男性の背の丈ほどの祠だ。祠は見たことのない鉱石を積み上げた構造であり、その上部のブロックがバラバラになって飛び散っていた。

「んな方向からくんのは獣くらいのもんだべ。さ、みんな続きをやるべや」

飛び散ったブロックは小さいものではレンガひとかけと同じくらい、大きいものでは人の頭ほどの大きさだった。

それを数人でやっと持ち上げている。ひと目でとても重い鉱石であることはアシェリィ達にもわかった。

指示を出している中年の男性が状況を説明してくれた。

「いんやなぁ、これは”フェンルーの祠”ってんで、先日の雷で壊れちまったんでさ。見ての通り、この石はただの石ではね。地元じゃ”フェンルー石”っちゅうて雷を呼ぶ石として祀られてるんで。祠に雷が落ちるんだび、こうやって修繕してんでさ。放っとくとうちらの村に雷が落ちるでな。でんも、この石が重くて重くてなァ……」

話を退屈げに聞いていたフレリヤは足元にかなり大きなフェンルー石を見つけた。そして何気なくその石を片手で掴んだ。

「ははっ。お嬢さん、そーりゃ無理でさ。その石はよっぽどの力持ちでも一人じゃ……」

その言葉を聞いてか聞かずか、彼女は片手で石をひょいっと持ち上げた。それだけでなく、方手のひらの上でポンポンと軽く投げ、弄んでいる。

「うわあぁ!! バケモンかあんたぁ!!」

「何? これを積めばいいのかな? あたしが手伝ってやるよ!!」

彼女はひょいひょいと散らばった大小様々な石を拾い上げて驚く村をよそに祠へと積み上げていった。

やがて村人達が落ちつくと、彼女に指示を出したり、協力してあっという間に祠の修繕が終わった。

「すんずらんね……。あんたらなにもんだ……。あっ、あんたは……お召し物は違う見てえですが、もすかすてカロルリーチェ様!?」

まずい展開になったとファイセルたちが思ったその時だった。晴天なのに突如、一筋の電撃が祠に落ちた。祠の周りは電撃に包まれた。

通常なら全員真っ黒焦げといったところだが、不思議な事にその場の全員が暖かな心地よい感触に包まれた。

その何とも言えない空気の中でアシェリィだけが優しい女性の声を聞いた。

「祠の修繕、感謝いたします。貴女には私の声が聞こえているようですね。ちょうど力を持て余していたところなのです。住民にこれ以上負荷をかけるわけにはまいりません。私の力をお分けしましょう……」

すぐに電撃は消え、あたりの様子も今まで通り、何の異変もない森へと戻った。

ただ、異変が完全に収まったかと言えばそうでもなかった。アシェリィの手から雷の刃が吹き出すように出現していたのである。

電撃の刃はバチバチと音を立てながら長めの剣のような形状を維持していた。

これを見た村人たちはすぐにそれがフェンルーの化身であると気づき、皆頭を地面につけてアシェリィの手の刃を拝んだ。

「カッ、カロルリーチェ様がフェンルー様とお知り合いとは初めて知っただ!! さすが巫女様だけあらあ。こら、村に招いてお祭りせにゃぁ!!」

村人一同は頭を地面に擦り付ける勢いでこちらを拝んでいる。そうこうしているうちに、電撃の刃はかき消えた。

同時にアシェリィは膝を地面につく形でかがみ込んだ。青白い顔をして脂汗をかいているのが脇からでもわかった。

「さすがにこれだけ放電したらバテもするか!! ちょうどいい、このスキに……フレリヤ、アシェリィを抱えて……ずらかるよっ!!」

ファイセルからのいきなりの指示にフレリヤはきょとんとしたが、すぐにバテきったアシェリィを小脇に抱え込むと村人たちに背を向け森の中を来た方へと走り抜けていった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

流星のアステル

 小さな町の鍛冶屋の次男として生を受けたアステルの魔力には誰もが持っているはずの属性がなかった。  属性がないため魔法を使えないアステルだったが、魔力を操ること//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全156部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 18:00
破壊の御子

現代日本で、ごく普通の高校生でしかなかった木崎蒼馬は、ある日突然、何者かによって異世界に召喚されてしまった。人間が亜人類を征服して虐げているその世界で、蒼馬は//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全222部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/21 21:31
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全106部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/03/19 00:05
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全606部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/21 17:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全184部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/21 00:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* 書籍版1~6巻//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 19:10
終天の異世界と拳撃の騎士

長年打ち込んできた空手に挫折しかけ、無気力な日々を過ごす高校生の少年・有海流護。ある初夏の晩、あれこれ思い悩む流護は、疎遠気味になっていた幼なじみの少女を夏祭り//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全341部)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/03/07 21:44
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/03/02 23:56
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全356部)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/04/19 12:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全261部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 19:00
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
竜峰の麓に僕らは住んでいます

勇者に憧れる十四歳の少年エルネア。 西に竜族と竜人族が住まう竜峰、北は飛竜の狩り場、南に広がる竜の森と竜に所縁がある王国の首都で育った彼は、十五歳の旅立ちを前//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全510部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 06:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1345部)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 18:00
暇人、魔王の姿で異世界へ ~時々チートなぶらり旅~ (旧題 暇人、異世界へ)

転職中の暇人が、転職中にも関わらずサービスが終了するからと趣味のオンラインゲームをプレイする。 仲間たちと共に最後の日を満喫した彼が目覚めたのは、ゲーム時代にも//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全265部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/03/29 00:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
聖樹の国の禁呪使い

 就活に失敗し、大学卒業後も何をするでもなくひきこもっていた相楽黒彦。そんな黒彦はある台風の日、死に場所を求めてやって来た山の中腹でまばゆい光に身体を包まれ、そ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/14 23:58
乙女ゲーム世界で戦闘職を極めます -異世界太腕漂流記

!書籍化に合わせてタイトルが変更となりました。! 女子力底辺の日本在住ゲーオタ社会人女性(喪)が、こともあろうに乙女ゲームの世界に、しかもヒロインをあの手//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全41部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/02/21 11:00
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~(旧:古今東西召喚士)

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全401部)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 11:14
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全439部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 01:00
異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする

ネトゲーマーの大学生、楓は徹夜でネトゲをプレイし続けた結果、異世界に転移する。チートじみた魔力とスキル群を持って。楓はこの世界で何を思い。何を為すのか。 テン//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全113部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/03/20 20:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られる力をとある生//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全138部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/22 21:11
やる気なし英雄譚

大陸西方の小国であるクラリス王国に、「王都のごくつぶし」と呼ばれる青年士官がいた。彼は魔法全盛の時代にほとんどの魔法を扱えず、出来損ないの士官として地方へ左遷さ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全233部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/15 21:00
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全146部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 23:00
異世界チート魔術師(マジシャン)

異世界にワープした普通の高校生西村 太一。 現代ではどこにでもいる、ちょっと運動が得意なだけの彼は、異世界ではとんでもない規格外な存在だった。 地球に戻りたい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2016/04/26 21:41
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全402部)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/04/20 11:24
サモナーさんが行く

リハビリがてらで。 説明を碌に読まずにゲーム始める人っていますか? 私はそんな傾向が強いです。 βテストを終え本スタートを開始したVRMMOに参加した主人公。 //

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全1280部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2016/12/11 00:00
賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全208部)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/04/17 12:27
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全169部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/14 00:39
嫌われ者始めました〜転生リーマンの領地運営物語〜

プログラマーの榕木(あこうぎ)丈治は、自分が携わったゲーム「君と手を取り合って冒険へ」に出てくる嫌われキャラジョージ・アコーギに転生してしまう。チートなし、ヒロ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全137部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/18 09:28
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全355部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 11:00
グリモワール×リバース~転生鬼神浪漫譚~

「見覚えのあるダンジョンだ」 やりこんだRPGで幾度となく目にしたダンジョンの中ボス部屋。 勇者を待ち構え、倒されるためだけに存在する妖鬼に、かつての記憶が甦る//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全197部)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/03/28 21:38
奪う者 奪われる者

佐藤 優(サトウ ユウ)12歳  義父に日々、虐待される毎日、ある日 借金返済の為に保険金を掛けられ殺される。 死んだはずなのに気付くとそこは異世界。 これは異//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全218部)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/04/19 18:00
聖女の回復魔法がどう見ても俺の劣化版な件について。

 昔、回復魔法を見てすっかり魅了されてしまった俺。しかし教えてもらうには多大な寄付金が必要になる。一般家庭の俺じゃどう背伸びしてもそんな金は出せない。ってことで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全172部)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/02/14 19:41
賢者の剣

事故により、彼は異世界へと転生した――が、そこは転生前にプレイしていたゲームの世界で、さらにシナリオ序盤で死んでしまうネタキャラに生まれ変わってしまった。よって//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全519部)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/04/20 21:21
セブンスターズの印刻使い

 伝説の冒険者集団《七星旅団(セブンスターズ)》が、突然の解散を宣言してから約一年。呪いにより魔力を制限されたルーン魔術師、元地球人の青年アスタは、解呪の方法を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全246部)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/03/27 19:00
↑ページトップへ