挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

夜の図書室で……

作者:日野 祐希
 ――タッ、タッ、タッ、タッ!

 ポニーテールにした髪をゆらしながら、わたしは小学校の廊下を駆け抜ける。
 日はすでに沈んでいて、廊下は洞窟の中のように暗い。物陰から何か出てきそうでちょっと怖いし、できるなら今すぐ家に帰りたいところだ。

(でも、まだ帰るわけにはいかないよね……)

 だってわたしは、まだここに来た目的を果たせていないから。
 せっかく怖いのを我慢してまで学校に戻ってきたのだ。
 目的を果たすまで、引き返すわけにはいかない。

「早く図書室に行こう……」

 図書室に忘れてしまったあの本を、早く見つけなければいけない。
 あの本はわたしの大切な親友がくれた、とても大切な本なのだから……。

「大事な本を忘れて来ちゃうなんて……。わたしって、どうしてこんなにドジなんだろう」

 怖さを紛らわせようと、少し大きめの声を出す。
 自分のドジを呪いながら思い出すのは、数十分前のことだった――。




「……あれ? 本がない」

 ランドセルに入れたはずの本がないことに気づいたのは、家に帰ってしばらくしてからのことだった。

「うーん……。ほんと、どこにいっちゃったんだろう?」

 ランドセルをひっくり返してみたが、やはりあの本だけが見つからない。
ペンケースと教科書の山、そして空っぽになったランドセルを前に、わたしは途方にくれた。

「あっ、もしかして……」

 思い当たったのは、今日の授業が終わった後のことだった。
今日は友達がみんな用事や習い事ですぐに帰ってしまい、わたしは一人、図書室で本を読むことにしたのだ。
 読書に夢中になっていたわたしは、閉室時間が来たことにも気づかなかった。
 で、いい加減しびれを切らした図書委員に急き立てられ、慌てて帰り支度をして図書室を出たのだ。

「きっと、あの時に忘れたんだ……」

 部屋の時計を見ると、もう六時半を回っている。
 窓の外に目を向ければ、空は夕焼けの赤色から暗い夜の青色になりつつあった。

「どうしよう……。今から取りに行ったら、暗くなっちゃうだろうし……」

 部屋の中をウロウロしながら、少し迷う。
 冷静に考えれば、明日取りに行けばいいだけのこと。何も今、無理して学校に行くことはないだろう。
 でも……。

「よし! やっぱり、取りに行こう!」

 大切な本を、そのままにしておけない。
 わたしはお母さんに一声かけ、夕ぐれの町へとび出したのだった。




 自分の失敗を思い出しながら歩いていると、図書室の入り口が見えてきた。
 やっと着いたと思いながら、入り口の前に立つ。
 だけど――そこではたと気がついた。

「そういえば、図書室って夜はカギかかってるんじゃ……」

 よくよく考えればわかりそうなことなのに、ここまで来てから気づくなんて……。
 うぅ……。今日のわたし、本当に間抜けすぎる。

「ま、まあ、もしかしたら開いているかもしれないし! ほら、先生がカギをかけ忘れたとか!」

 せっかくここまで来たのだ。何もせずに帰るのは、さすがに情けなさすぎる。
 そこで、無駄に明るい声を出しながら、ダメ元で引き戸に手をかけてみた。
 すると、どうやらまだカギはかかっていなかったようだ。戸はガラリという音を立てながら、あっさりと動いた。

「おじゃましまーす……」

 よかったと思いつつ戸を開けて、おそるおそる中をのぞきこむ。
 図書室の中は本棚がたくさんあるせいか、廊下よりも暗く感じた。

「さ、さっさと本を持って帰ろう……」

 意を決して、そろりと図書室の中に入る。
 床がきしむ音にビクビクしながら、わたしは本棚の間を進み、奥にある本を読むための席を目指した。




 本棚の森をぬけると、目の前が青白い光につつまれた。遮るものがなくなり、窓から差し込む月明りに照らされたのだ。
 本を読む席は、夜の所為かいつもより神秘的に見える。
 おかげで、さっきまでの怖いという気持ちも、スゥ……と引いていった。

「これだけ明るければ、ぜんぜんこわくないや」

 月明りにホッとしたわたしは、早速自分が座っていた席に目をやる。
 そして……。

「えっ?」

 目に入った光景におどろき、わたしは思わず声を上げた。
 なんと、わたしが昼間に座っていた席で、女の子が本を読んでいたのだ。

「あら? こんばんは」

 わたしがいることに気づき、女の子が顔を上げる。
 わたしより年上、おそらく五、六年生だろう。微笑む姿がとてもきれいなお姉さんだ。

「どうかしたの?」

 思わず見とれてしまったわたしに、お姉さんが首をかしげながら聞いてきた。

(……あれ?)

 首をかしげるお姉さんに、わたしはどこか変な感じを受けた。
 初めて会った人のはずなのに、どこかで会ったことがあるような……。そんな不思議な感じがするのだ。

「ねえ、そんなところに立ってないで、こっちにおいでよ」

 ボサッと突っ立っていたわたしへ、お姉さんがとなりの椅子を引いてくれる。わたしはお姉さんの方へ歩いて行き、おずおずと椅子に座った。

「あなた、お名前はなんていうの?」

「えっと、わたしは日坂(ひさか)夏希(なつき)っていいます。三年生です」

 ふわりと笑うお姉さんへ、自己紹介しながらペコリと頭を下げる。
 そうしたら、お姉さんのひざに置かれた本が目に入った。

「あっ、その本!」

 そう――。
 お姉さんが読んでいたのは、わたしがここに忘れた本だった。

「この本は、夏希ちゃんの本なの?」

「はい! うっかり図書室に忘れてしまって……」

「それで、こんな時間に図書室に来たのね。――はい、どうぞ」

 えへへ、とほっぺをかいていたわたしに、お姉さんが本を返してくれた。
 それにしても、このお姉さんはやっぱり不思議な人だ。いっしょにいると安心するし、とっても話しやすい。

「えっと、お姉さんは何でこんな時間に図書室にいるんですか?」

「私? 私は友達が来るのを待っていた(﹅﹅)の」

 今度はわたしがお姉さんに聞いてみると、お姉さんは少し遠い目をしながらポツリと答えた。

「『待っていた』って、こんな時間まで? 約束をすっぽかされちゃったんですか?」

「うーん、すっぽかされたわけじゃないよ」

 お姉さんがちょっと困りぎみの笑顔で言う。
 うっ! もしかしてわたし、失礼なことを言っちゃったかな?

「それはそうと、夏希ちゃんはこの本好き?」

 ちょっと失敗しちゃったかなと考えていると、お姉さんがわたしの本を指さしながら聞いてきた。

「この本ですか? もちろん、大好きです! 主人公の女の子はとてもかわいいし、ストーリーもすごくおもしろくて! それに……」

「それに?」

「それに、この本は雪菜(ゆきな)ちゃんが誕生日にプレゼントしてくれた大切な本なんです。あっ、雪菜ちゃんっていうのは、わたしの親友のことで……。ともかく、この本は世界に一冊しかないわたしの宝物なんです!」

 手にした本をギュッと抱きしめ、この本がどれだけ大切なものかを語る。
 そんなわたしに、お姉さんは優しく微笑みかけてくれた。

「そう……。実は私もね、その本が大好きなの」

「そうなんですか? わあ、すごい偶然!」

 わたしは目をキラキラさせながら、お姉さんを見る。
 まさか、お姉さんもこの本を好きだったなんて! 
 なんか、ここでお姉さんと会ったのも、運命だったように思えてくる。

「私も夏希ちゃんくらいの頃に、この本を読んでだの。初めてこの本を読んでいた時は、続きが気になって夜も眠れなかったなぁ」

 お姉さんはその時のことを思い出したかのように、楽しそうに話してくれた。

「その気持ち、よくわかります! わたしもこの本をはじめて読んだ時、寝るのも忘れて読んでしまいました。おかげで、次の日の朝は大寝坊して、学校に遅刻しそうになったんですけどね」

 あはは、と笑いながら言うと、お姉さんもおかしそうにクスクスと声をもらした。

「……ほんと、変わらないな」

「えっ? 何か言いました?」

「ううん、何も言ってないよ」

 お姉さんが、何かつぶやいた気がしたのだけど……。気のせいだったかな?
 ――って、うん?

「やばっ! もうこんな時間!」

 ふと目に入った図書室の時計は、すでに八時十分を差していた。本を持ってすぐに帰るつもりだったのに、すっかり話しこんでしまったようだ。

「お姉さん、もう八時を回ってますよ。そろそろ帰らないと、先生がカギをしめにくるかもしれません!」

 私がふり返りながら言うと、お姉さんは少しさびしそうな顔になった。
 あれ? 急にどうしたんだろう?

「そうだね。いつまでもこうしてはいられないよね……」

 そうつぶやきながら、お姉さんはわたしの目を見る。

「夏希ちゃん、最後にちょっと、私の話を聞いてくれるかな?」

「へ? はい、いいですよ」

 お姉さんの何かを決意したような目を見ながら、わたしはコクリと頷いた。




「さっき、私は友達を待っていたって言ったよね。私が待っていたのは、夏希ちゃん、あなただよ。私はあなたと話すためにここに来たの」

 お姉さんは真剣な、しかしどこか悲しげな目でわたしを見た。

「わたしを? でもわたしは、お姉さんと今日ここではじめて会ったんですよ?」

 わたしはどういうことかわからないという目でお姉さんを見る。
 そんなわたしに、お姉さんはさらに言葉を続けた。

「私の名前をまだ教えていなかったね。私の名前は――月島(つきしま)雪菜(ゆきな)。あなたにその本をプレゼントした雪菜だよ」

「――ッ! うそ……」

 月島雪菜。それは、わたしにこの本をくれた親友の名前だ。
 でも、わたしは雪菜ちゃんの名字は言っていない。なのに、なんでお姉さんは雪菜ちゃんの名字を知っているの?
 何より、このお姉さんが雪菜ちゃんってどういうこと?

「でも、雪菜ちゃんはわたしと同じ小学三年生です。お姉さんはどう見ても、私より年上じゃないですか!」

「それは、しかたないよ。私が最後にあなたと会ってから、もう二年も経ったんだから」

「わからない! お姉さんが何を言っているのか、わたしにはまったくわからない!」

 この先を聞いたら、取り返しのつかないことになる。言葉にできない恐怖がわたしの中を駆けめぐり、思わず叫んでしまう。
 そんなわたしの心の内に気づいたのだろう。お姉さんが苦しそうな顔をする。
 しかし、すぐに真剣な顔に戻り、話を続けた。

「私がここであなたを待っていたのはね、あなたに真実を伝えるためなの」

「し……んじつ……?」

「そう……。私はさっき、あなたに最後に会ったのは二年前だって言ったよね。二年が経って、私は五年生になった。でも、夏希ちゃんの時間は、二年前に三年生で止まってしまった。だから、私の方が年上になってしまった」

「わたしの時間が止まった? それって、つまり……」

 お姉さんがコクリと頷く。

「うん……。あなたは二年前に亡くなったの。今のあなたは――幽霊ってこと」




 お姉さん、ううん、雪菜ちゃんの言葉を聞いた瞬間、わたしは――すべてを思い出した。

「そう……だった……」

 わたしは手に持った本を見る。
 あの日……。この本を取りに行ったあの日、わたしは学校に行く途中でトラックにひかれたのだ。
 今なら、手に取るように思い出せる。わたしが最後に見聞きしたのは、せまりくるトラック、まぶしいライトの光、そして、けたたましいクラクションの音だった……。
 そう。わたしは――とっくの昔に死んでいたのだ。

(そっか……)

 わたしはとなりに座る、すっかり大人びた親友の顔を見た。
 いっしょにいて安心するはずだ。年上になったとはいえ、一番の友達といっしょにいたのだから……。

「あの日から、もう二年も経っていたんだね……」

「うん」

 わたしがしみじみ言うと、雪菜ちゃんは言葉少なく頷いた。

「自分が幽霊だなんて、まだ信じられないよ。あはは」

 真実を教えてもらった今でさえ、自分が幽霊だという実感がない。
 だけど、自分がもう生きた人間でないことは何となくわかる。
 何と言うか、とても不思議な感覚だった。

「それにしても、わたしがここにいるって、どうしてわかったの?」

「ある人が教えてくれたの。夏希ちゃんが、まだここで彷徨っているって」

「それでこの本を持って、助けに来てくれたんだね」

 わたしの言葉に、雪菜ちゃんが首を振った。

「もちろん、夏希ちゃんを助けたいという思いもあったよ。だけど、ここに来た一番の理由は、私が夏希ちゃんともう一度話したかったから。私があげた本のせいで、あなたは死んでしまった。だから、ずっと謝りたかったの……」

 俯いた雪菜ちゃんの目から、ポロポロと涙が零れる。
 そんな雪菜ちゃんに向かって、わたしは「ううん」と首を振った。

「雪菜ちゃんが謝ることなんて、一つもないよ」

「でも、その本を取りに行ったから、夏希ちゃんは死んじゃったんだよ。わたしがその本をあげていなかったら、夏希ちゃんは今も生きていられたかもしれない。私の所為で……」

「それは違うよ!」

 雪菜ちゃんの言葉を大きな声で遮る。

「確かに、わたしはこの本を取りに行って死んじゃった。だけど、それは不幸な偶然で、雪菜ちゃんの所為じゃない。それに……」

「それに?」

 雪菜ちゃんが泣きはらした目でわたしを見る。
 だからわたしは、自分の思いを言葉にのせて、雪菜ちゃんに伝えた。

「それにわたし、さっきも言ったよね。わたしはこの本が大好き。だから、この本をくれて――わたしに素敵な夢を見させてくれてありがとう、雪菜ちゃん!」

「――ッ! ……うん!」

 わたしにできる精一杯の笑顔を浮かべ、雪菜ちゃんの涙をぬぐう。
 わたしの言葉と行動に、雪菜ちゃんは一瞬驚いた顔を見せ――でもすぐに、木漏れ日のような温かい笑顔を見せてくれた。
 うん。目を赤くはらしてはいるけど、とてもきれいな笑顔だ。

「最後にこうやって雪菜ちゃんとお話できて、本当に良かった。ありがとう、雪菜ちゃん。わたしに会いに来てくれて」

「私も……。それに、夏希ちゃんの気持ちが聞けて、本当によかった」

 雪菜ちゃんと言葉を交わすたび、温かい思いが心に満ちてくる。
 それとシンクロするように心が軽くなり、体が浮き上がるような感じがしてきた。
 ――どうやらわたしがここにいられる時間は、残り少ないようだ。

「もう時間みたい。わたし、そろそろ行かなきゃ」

「うん……」

 わたしの一言で、雪菜ちゃんが表情をこわばらせる。
 そんな雪菜ちゃんに、わたしは持っていた本を差し出した。

「ねえ、雪菜ちゃん。この本だけど、もしよかったら雪菜ちゃんが持っててよ」

「でも……私が持っていていいの?」

「うん! それで次に会った時は、またいっしょにその本を読もうね!」

 戸惑う雪菜ちゃんへ約束といっしょに本をパスする。
 雪菜ちゃんはしっかりと本を手に取り、コクリと頷いた。

「うん、わかった。大事に預かっておくね。――それじゃあ、いってらっしゃい、夏希ちゃん!」

「ありがとう。それじゃあ、いってくるね、雪菜ちゃん!」

 体はどんどん軽くなり、ゆっくりとまぶたが下りてくる。
 わたしは雪菜ちゃんの笑顔を見ながら、心地よい眠りに落ちていった――。



   * * *



 夏希ちゃんが去った後、私は彼女が座っていた椅子を、ただ見つめていた。
 手には、夏希ちゃんから託された本もある。
 私は確かに、もう二度と会えないと思っていた親友と言葉を交わしていたのだ。

「――日坂夏希さんは、無事にこの世とお別れできたようですね」

 不意に窓の方から声をかけられた。
 声がした方をふりかえると、開け放たれた窓の上に、一人の女の子が立っていた。黒いマントを羽織り、大きな鎌を携えた女の子だ。
 彼女のルビーのように赤い目に、私の姿が映っている。

「ありがとうございました、雪菜さん。彼女を送り出してくれて」

「お礼を言うのは私の方だよ。あなたのおかげで、わたしはもう一度夏希ちゃんと会うことができた」

 そう。私に夏希ちゃんのことを教えてくれたのは、この子なのだ。

『あなたの親友の魂が、まだあの世に行けずに彷徨っています。どうかあなたの手で、彼女を助けてくれませんか?』

 一か月前、死神を名乗るこの女の子は、突然私の前に現れてそう頼んできたのだ。
 不思議なことに、わたしはこの子の言っていることを全く疑おうとは思わなかった。
 この子が人間じゃないということはすぐわかったし、何より夏希ちゃんともう一度会いたかったから……。
 私は、二つ返事で女の子を手伝うことに決めた。

「これで今回の仕事も終わりです。私は、あの世に帰ります」

 そう言って、死神の女の子は私の方を向いたまま、後ろ向きに足を踏みだす。
 窓の外へ出た女の子は地面に落ちることなく、ふわりと宙に浮かんだ。

「もう行っちゃうんだね」

「はい。私は長くこの世に留まることができません。仕事が終わったら、すぐにあの世へ帰らなければならないのです」

「そっか。それじゃあ――またね」

「? おかしなことを言いますね。あなたと私がまた会うことがあるとすれば、それはあなたの魂を迎えに来る時かもしれませんよ。それでもいいのですか?」

 感情を映さない瞳で私を見据え、女の子は私に問いかけてくる。
 彼女の言葉に、私はクスリと笑った。

「うん、いいよ。どうせ迎えに来てもらうのなら、私はあなたに来てもらいたい」

 私の答えを聞いた女の子が、びっくりしたような顔になる。
 彼女が感情を現すのを見たのは初めてだ。こうして見ると、彼女も年相応の女の子に見える。
 だけど、すぐに元の無表情に戻った彼女は、クルリと私に背を向けた。

「わかりました。なら、あなたのお迎えは私が予約しておきます」

 最後に顔だけ振り向いた女の子が、口元に微笑みを浮かべる。
 どうやら、この子との縁はこれで終わりではないようだ。

「では、またいつか」

「うん、バイバイ」

 私が手を振ると、女の子はマントを翻し、空へと昇っていった。
 女の子を見送った私は、夏希ちゃんとの絆の本を手に、図書室を後にした――。
cont_access.php?citi_cont_id=39037653&si

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ