挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
江戸時代の遊郭の楼主に生まれ変わったので遊女の待遇改善に努めつつ吉原遊廓の未来も変えようと思う 作者:水源
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/189

専門用語説明

遊郭などの専門用語などの解説です。
知ってる人は読み飛ばすのが吉です。
 江戸時代の遊郭に関わる専門用語の説明です。

楼主ろうしゅ
遊郭のオーナー。
楼は二階建ての建物を表し、この時代では少なく
旅館や遊郭などぐらいだった。

内儀ないぎ
遊郭のオーナーの奥さん。
遊廓の実質的な最高権力差であることも多い。
その見世の遊女上がりか裕福な商人の娘がなることが多かった。

若い衆
遊郭で働く男のこと、若くなくても若い衆と呼ばれる。

種類も色々いるが今は省略

遊女や芸者、下女など

太夫だゆう
吉原などの最上位の格の遊女の名称。
太夫の称号は江戸時代初期に誕生し、女歌舞伎における主役役者が「太夫」と呼ばれたのが始まりだといわれ、遊廓が整えられ遊女の階級制が確立すると、美貌と教養を兼ね備えた最高位の遊女に与えられる名称となった。
主に公家、大名、旗本ら上流階級を相手にする。
置屋と呼ばれる待機所から揚屋と呼ばれる宴会場のある建物まで、本来ならば10分で歩けるところを1時間ほど掛けて行列を作りながら歩いて行く。
江戸ではのちに消滅した。
見世先にはでず、口コミや馴染みの客などでの予約しか基本受け付けない。
遊ぶには一晩30両つまり300万くらいは必要な多くの人間には高嶺の花。

格子太夫こうしだゆう
太夫に継ぐ格の遊女。
見世の格子では最前列の上座に座り、太夫と同じように揚屋まで行って宴会もする。
太夫よりは少し安いが一晩で10両くらいは必要。

格子こうし
格子太夫の下の遊女。
見世の格子では格子太夫の後ろに座り置屋の二階で直接客を取る。
これ以下の格の遊女は揚屋に行かない

禿(かむろ)
遊郭で働く太夫など上級遊女の身の回りの世話や、花魁道中の先導を勤めたりする5歳以上10才以下幼女たちで売られてきたあとで見習いとなる15歳以下の未成年の遊女見習い童女のこと。
禿と呼ばれるのは下の毛がまだ生えていない子供だから。

引き込み禿ひきこみかむろ
楼主や内儀が特に優れていると判断し、直接芸事や教養を教え込むエリート。
将来の太夫候補で振袖新造になる

振袖新造ふりそでしんぞう
見習いもしくは新米の遊女
15才前後になると、振袖を着ていることからそう呼ばれた。
禿の中でも将来格子太夫以上になれることを見込まれているエリート。
容姿が美しく、芸事などを楼主からみっちり仕込まれる。
ちなみに15歳の段階では遊女見習いでありまだ客は取らない。
いつも太夫の近くにいて、太夫の仕草や客とのやり取りなどを学ぶ。
姉太夫に馴染みの客が重なった場合、「名代」として太夫の代わりに客と添い寝をするのも大切な仕事。
ただし、客は振袖新造に手を出してはいけない。
その振袖新造が17才になり、遊女として客を取り始める(デビュー)を「突き出し」という。
人気の振袖新造の水揚げをするのは見世からの信頼の証で客にとっても名誉なことだった。

留袖新造とめそでしんぞう
引き込み禿になれなかった禿が、留袖を着ていたことからそう呼ばれ、10才以上で吉原に来て教育期間が十分でなかった遊女。
振袖新造との違いは、15歳になったら客を取らされること、また大見世なら格子太夫以上には上がれなかった。

番頭新造ばんとうしんぞう
27歳まではたらいて、年季の明けた遊女がなる。
太夫のマネージャーのような世話役として、客との交渉事や連絡係りをやる。

鎗手(やりて)
こちらも元遊女で、大体30才以上の女性がなった。
女衒から買った遊女の格や客の酒宴内容を決めたり、禿の基礎教育をしたり、脱走や心中を図った遊女の折檻をしたり、見世指名の客をどの遊女につけるかなど判断した。
そのため基本的に遊女には恐れられている。
番頭新造とは違い、見世全体の遊女を売ることを切り盛りしていた。

太鼓新造たいこしんぞう
いわゆる芸者。
基本客と寝ることはなく座敷での接待だけをする。
たまに隠れて客を取ることも有ったようだが。

見世のランク

見世は店、遊女を世間に見せるから店と呼ぶ。
店にもランクがあり置いている遊女の値段や評判で決まった。
おおよそ
「大見世」料金が1両(約10万円)から2分(約5万円)
「中見世」料金が3分(約7万5千円)から2分
「小見世」料金が2分か1分(約2万5千円)か2朱(1万2千500円)
「切見世(銭見世)」料金が2朱から100文(約2千円)

妓楼の格式は、まずは、店構えのまがき、見世の正面と脇土間の横手にある格子が違う。

大見世は大籬おおまがきもしくは惣籬(そうまがきとも言う)で、全てが格子になっている。
中見世は判籬はんまがきで籬の右上四分の一があけてある。
小見世は小格子しょうこうしもしくは惣半籬そうはんまがきで格子は下半分しかない。

格の低い見世ほど格子が少なく見えやすくなっている。

遊女の位
新吉原初期では7段階

太夫 料金は一両
格子太夫 料金は3分
格子 料金は2分

ここまでが大見世の遊女

散茶 料金は3分
局 料金は2分

ここまでが中見世の遊女

端 料金は1分以下

ここまでは小店の遊女

切見世女郎 料金はピンきり

その他私娼

夜鷹(よたか)
多分江戸時代で花魁の次に有名な娼婦。
主に柳のある土手で佇み、木の陰からすうと出てきて、往来している男の袖を引っ張って一緒に土手を降り、川端に積んである材木の間などで事をすませて金を取った。
木の陰からすっと出てきて男を捕まえる様が鷹を思わせたのでこの名がある
初期は幕府による大名家のおとりつぶしにより、リストラされた下級武士や浪人の妻も多かった。
これは夜なので顔が見えないから身元がバレないで住むから。
夜鷹の質はそれこそピンきりで中には超厚化粧の50の老女もいたし、評判になった美人も中にはいた。
江戸では最低ランクの娼婦。
持参のゴザが唯一の商売道具なので夏や冬などは大変。

飯盛女めしもりおんな
江戸四宿すなわち、品川、千住、板橋、内藤新宿などの宿場で旅行者の給仕、雑用などの身の回りの世話を行いつつ売春を行なっていた女性たち。
夜鷹と同じく力で引っ張り込む女もしばしば居た。
幕府にも事実上黙認されていて数が半端でなく多いので女衒が女を売る場合の一番の得意先だったようだ。

湯女ゆおんな
最初は銭湯で男の背中を流したり着替えの手伝いをした。
しかし日にはそれだけでなく、二階に広間に上がって性的サービスも行った。
吉原遊郭の最大のライバルでも有った。
湯女が禁止され彼女たちが新吉原に来たときは散茶になった。
これも数が多く度々取り締まられたが、黙認はされなかったようだ。

比丘尼びくに
尼そっくりの格好をしている娼婦
元々は熊野神社の牛王宝印を売り歩いていた本物の比丘尼が売春を行ったのが始まりで若い美人が多い。
尼が売春とは問題ありと幕府の取締が厳しく早々に消え去った。

船饅頭ふなまんじゅう
最初は河岸から名前の通り停泊中の船の中の人間に饅頭を売る女だった
そのうちに川岸で客を乗せて川に出て戻るまでに事をすませるというものになっていった。
料金は夜鷹より高かったがあんまりさはない気もする。

提重さげじゅう
手提げの重箱にお菓子を入れて売り歩く女性のこと
主に武家屋敷などに行きました武家の相手をした。
若くてきれいな女性が多かったらしい

蹴転けころ
どんな人とでも寝る芸者のこと。
芸者は芸を売るといっておきながら「蹴れば(お金をあげれば)すぐ転ぶ(寝る)」といわれたことからこの名前がついた。
浅草や両国などに多かったようだ。

番外

陰間茶屋かげまちゃや
男娼の茶屋
まだまだ男色が盛んな時代である江戸時代
お客さんは女色が禁止されている僧侶が多かった
陰間は12歳から17歳ころまでの美少年で
昔で言うところの稚児の・ようなもので身なりは全て女性と同じでした
人気のある陰間は吉原超一流の遊女と同じくらい稼げた。
20歳を過ぎると陰間業界ではもう「年増」となり、男性相手から女性相手に切り替えました
美少年なためお金持ちの女中に大人気、現代のホストみたいなものかな。
陰間になる少年らは役者修行中の身が多く存在していました。

私娼のおおよその値段

夜鷹 24文=約600円。
船饅頭 32文=約800円。
比丘尼 100文~200文=約2000円~4000円。
蹴転 200文~500文=約4000円~10000円。
飯盛り女 400文~600文=約8000~12000円。
湯女 500文~1,000文=約10000円~20000円。
提重 500文~1,000文=約10000円~20000円。

このように私娼は吉原に比べると割安だった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ