挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
江戸時代の遊郭の楼主に生まれ変わったので遊女の待遇改善に努めつつ吉原遊廓の未来も変えようと思う 作者:水源
12/138

射精のためのテクニックはいろいろあるんだ

 さて、避妊と性病感染防止のため茎袋を配り始めてから、うちの見世の客足が遠のいて売上が落ちたかというと実はそれほどでもない。
もともとこの時代の吉原の客の中心は大名や大身の武士や豪商で、大名の隠れ遊びのために揚屋が有ったりするくらいだ。
遊女を買いに行くというのでは外聞が悪いんで、吉原に芸者遊びに行くと言ってごまかすわけだな。

 なにしろ吉原の大見世遊びには大金がかかる、有名な紀伊国屋文左衛門きのくにやぶんざえもんなどは1万両の金を使って連日連夜遊郭に泊まって遊んだくらいだがそこまで行かなくても庶民に手が届く額じゃない。

「藤乃、茎袋を付けさせるようになってからの、お前さんの客の反応はどうだ?」

「わっちのお客はんは、みなはん喜んでつけてくださりますえ」

「まあ、そりゃそうだよな」

 太夫の客であれば内心ちょっと嫌でもそうせざるをえないだろう。
なんせ太夫は吉原に居る遊女2000人のなかでたった3人しかいない。
太夫の馴染み客だと言えればすごく自慢になるわけだ。
この時代における太夫というのはトップアイドルや大女優、超有名人気AV女優、一流演奏者などを兼ねたような存在だからな。

 そもそもうちみたいな大見世の太夫や格子といった高級遊女のなじみ客になるにはものすごく金がかかるのだ。

 太夫と遊ぶために、つまり太夫と一緒に一晩過ごすために必要な揚代、つまり遊女に払う金の一両以外にも必要な金がある。
太夫と遊ぶためにはまず揚屋、要するに遊郭専用の高級料亭みたいな場所へ太夫を呼び出す必要があって、そのとき太夫は自分が面倒を見ている禿2人と、新造を4人から6人ほど連れて座敷へ向かうが、ここでその人数分の料理代や酒代、さらには人数分のご祝儀がかかる。
料理は台のオードブルで金一分(1万2千500円程度)。
お造(刺身)で二分~一両など。

 さらに遊女以外に場を盛り上げるための芸者、幇間も呼ぶのでその玉代も必要で、ご祝儀は揚屋の亭主、女将、仲居などにも包まないといけないから少なくとも十両、下手をすると二十両以上かかる場合もある。
しかも、床入りできるのは3回目からだからこのときは何もできない。
2回目も同様の宴会をして、3回目も同様。
ここで晴れて床入りとなると、床入りご祝儀で初回の3倍の揚代を包む事になる。
結局太夫と寝るためには50両(500万円)から200両(2000万円)くらいかかるってこと。

 まあ、ひどい場合は馴染みの3度目でも、気に食わない男客をすっぽかすこともあったし、同衾して身体を許しても冷たくあしらったり、あるいは横に寝ても仮病を使って性行為を拒むばあいもあった。
俺はそういう信用をなくすことはやめさせたがな。
金を払わせたならちゃんと客にも見返りを与えないと信用をなくす。
駄目なら駄目で1度目で振ったほうがいい。

 格子太夫でも金3分(7万5千円)、格子で金2分(5万円)、新造で金1分(2万5千円)というところだ。
これは全員一晩遊んでの金額で切見世のように線香ひとさしが燃え尽きるまで(約30分)で100文みたいな時間の切り売りはやっていない。

 太夫と格子以下の違いは格子の前での張見世、つまりひと目にさらされて指名を待つか、自分の部屋にいて指名を待つかの違いだ。

 太夫は自分の部屋である奥座敷にいて、基本特定の馴じみ客しか引かない。
馴染みの客の予約が空いた時に運が良ければ、初めての客も入れる場合があるという感じだ。
格子は字のごとく大通りから見える格子際に座り、お客の呼び込みもできる、格子に対しては客が指名する場合火の付いたキセルを差し出したり、逆に格子が自分でちょっと吸い付けて、火が付いたことを確かめてから、袖口でそっと拭って客に差し出す“吸付たばこ”は、相手を誘う手段として流行した。
差し出されたほうがそれを吸えばOKになるわけだ。

 格子の桔梗にも聞いてみた。

「桔梗、茎袋を付けさせるようになってからの、お前さんの客の反応はどうだ?」

「はあ、まあ、中にはちょっと嫌な顔をする方もいらっしゃりはりますが
 大抵の旦那はんは、問題ありまへんな」

「ふむ、ならいいんだが」

 太夫や格子は客に指名されても嫌なら拒否することができる。
湯女から吉原に移ってきた散茶女郎は指名客を振らないので、そのうちそっちに人気が移っていくわけだが。

 しかし、まだ見習いに過ぎない新造になってくるとそうもいかないようだ。

「楓、茎袋を付けさせるようになってからの、お前さんの客の反応はどうだ?」

「やっぱり、いやがる旦那はんもいはりますなぁ」

「そうか、やっぱりそうだよな」

 風俗でも水商売でも金を持ってるやつほどこういったことにこだわらない。
逆に言えば新造を買うようなやつは中途半端にけちくさい。

 これは現代でもそうで、女の子を一日を貸し切りにするようなお客さんは、風俗嬢とやることよりも一緒に食事をしたりカラオケしたり散歩したり、膝枕で耳かきしてもらったりするにを楽しみにしていたりする、要するに会って癒やされたいわけだ。
そういうひとは従業員にも差し入れをしてくれたりするんだよな。
そしてそういったひとはトラブルを起こすことも殆ど無い。

 しかし、一番短い時間の料金を一番安くなるように値切ってしたりくるやつのほうがガツガツしていてトラブルも多い。

 同じ金を払うなら一番いいサービスの子と思ってるんだろうが、それを言うなら値切ってくる客に売れてない女の子をつけるのは店として当然の対応になるんじゃないかね。

 まあそれはともかく、見習いだとどうしてもテクニックなどで劣るのは仕方ない。

「じゃ、まあ、穴を使わなくても男を喜ばせる事ができるやつを連れてくるか」

「そんなかたがいはるんですの?」

「まあ、まってろ」

 江戸時代では、遊女や女芸人が行う遊女歌舞伎、成人前の若い男性が行う若衆歌舞伎は売春行為が問題となって禁止されたが、野郎歌舞伎でも、客の男色の要望に応えて身を売った。
また、男娼の世界においても、陰間茶屋の高級色子もいる。

 俺は日本橋の高級陰間茶屋に向かう。

「おう、済まねえが、陰間を一人貸してほしいんだが」

「へえ、旦那さんがお相手するんで?」

「ん、そういうわけじゃねえがな、まあ、ははは」

「ははは、まあ、世間体はようございませんからな。
 どうぞお連れなさってくだされ」

「一晩1両で足りるか?」

「ええ構いません」

 陰間と呼ばれる男娼は遊女よりも多くは早い12歳で水揚げつまり客を取り始め、19歳くらいには引退する。
20代後半になっても男の客を取っている男娼は大釜などと言われ嘲笑の対象となった。

 男娼は、なよやかでほっそりとした小柄な少年が好まれ、遊女と同じように幼少期から男娼として育てられる少年もいたが、ここ江戸では大半が京都・大阪出身、で優美な言葉遣いや所作が身に付いた上方から下った少年たち。
彼らは体臭の元となるような食物はいっさい摂らず、常に口と身体を清潔に保つように心がけ、20前は専ら男性の相手をしたが、20をすぎると御殿女中や後家などの女を相手にすることもあった。
まあ、現代のホストみたいなもんだな。

 というわけで、陰間の技術を新造達を集めて教えてもらう。
口を使った尺八の技術や太ももの間に挟み込んでまるで女性器に挿入しているかのように勘違いさせる素股すまたの技術など。
口で抜くにしてもいろいろな技術があるし、素股はいろんな体位でもできる。
陰間は男であるからこそ男がどうすれば気持ちよくなるか女よりよくわかってるし、尻の穴を使わないでもいい方法もよく知ってるという点では見習うべきところもあるというわけだ。

「いやあ、こうしてみるとすごうござんすな」

 楓が感心してるが、まあ分かる。

「感心してないでちゃんと覚えろよ。
 俺が男色家だと勘違いされるのを承知で一晩買ったんだからな」

「まあ、ここまでなよなよしく色っぽいと
 買いたくなる殿方や女中さんが居るのもわかりんすなぁ」

「だーかーらー、感心してないでちゃんと覚えろって」

「わかっとりやすよ」

「わかればよろしい」

 まあそれについては俺も同意見だがな。
言っとくが俺には男色や両刀の趣味はないぞ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ