挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
江戸時代の遊郭の楼主に生まれ変わったので遊女の待遇改善に努めつつ吉原遊廓の未来も変えようと思う 作者:水源
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/189

登場人物紹介

この作品の登場人物紹介です

戒斗かいと
主人公、もとは現代の風俗店員で現在は吉原の大見世三河屋の若き楼主。
更にいろいろな店を持ち吉原惣名主にもなった。
孤児院、病院、保健所、私塾に当たるものも担当している。
父親と兄がいたが兄は早逝し、父も心労でしんでいると言う設定。
現在数えで18歳
線の細い優男風の割りとイケメン。

たえ
潰れそうだった材木問屋の娘で戒斗の嫁候補。
頭の回転も早く愛想も良い良いパートナーである。

高坂伊左衛門こうさかいざえもん
藩主の行状により属していた藩が改易となって浪人から乞胸になっていたところを
主人公に拾われた惣名主付き秘書。
今では書類に埋もれて毎日過ごしている。
縁の下の力持ち。

藤乃ふじの
この店で最も格の高い遊女である太夫で数えで23歳
あちこちの大名や豪商を客に持っている
大名との縁ができるときはだいたいこの人が話を持ってくる
割とハキハキしてる

さくら
この店で2番めに格の高い格子太夫で数えで26歳
胸に岩、乳がんのしこりが出来ていたが快方に向かってる
割とおっとりしてる

鈴蘭すずらん
この店の見習い扱いではない遊女の中では一番下の格子で数え21歳
見世の住替えをしたばかりでまだちょっと馴染めないでいる
前の見世との待遇の格差に驚いていた。
妹の茉莉花をとても大切にしている。
ちょっとどんくさいところがある

茉莉花まりか
桜と同じく格子太夫で数え19歳。
鈴蘭の妹でおねちゃん大好きっ子。
純真でちょっと世間知らずな子供っぽいところがある。

山茶花さざんか
今年格子になったばかりで数え20歳
がんばりやさんだがちょっとそそっかしい

かえで
この店では見習いでやっと客を取り始めたばかりの振袖新造の17歳
劇場での脱衣劇で人気になり毎日うずめはんと親しまれているが本人は恥ずかしい模様

桃香ももか
吉原の河岸見世の近くで、親の遊女が死んで餓死しそうになったところを
戒斗に拾われた見習いの禿かむろで数えで7歳。
戒斗のことを命の恩人ととても慕っている。
とても性格がいい頑張り屋さん。

内儀ないぎ
戒斗の母で実質的な最高権力者で数え47歳
元は三河屋の遊女で源氏名は杜若かきつばた
現役の遊女の同じ見世の男性との交際は表向き厳禁なので
年季が明けた前代楼主と結婚した。
上の息子をなくしているので下の息子を溺愛している。

竜胆りんどう
元三河屋の遊女で年季まで勤め上げた後、番頭新造としてはたらいていた美人楼の責任者で28歳
面倒見がよく、割と頭も回る。
ねえさんと慕われる姉御肌。

銀兵衛ぎんべえ
主人公が毎回建物の建築を頼んでいる腕の良い大工。
この時代であっても驚異的な建築速度で建物を立てまくる。

権兵衛ごんべえ
腕利きの大工の親方、西田屋の総角太夫に入れ込んでたが相手にされず、見習いの太助の影響で三河屋に来るようになった。
鈴蘭の顔なじみになりそう。

太助たすけ
権兵衛親方の下で働く見習い大工。
成人祝いに吉原で遊んだことで三河屋の格子、山茶花にはまってしまった。
今後がちょっと心配。

くま
三河屋の番頭。
先代三河屋の時から働いているが戒斗の行動を認めて
密かに若い衆などにフォーローも入れてる頭の切れる男である。

徳川光圀とくがわみつくに
いわゆる水戸黄門、数えで30歳。
水戸藩の次期藩主で水戸藩は江戸に常駐しているため、この人は常に江戸にいる。
そのため天下の副将軍と言われるが、副将軍という役職はなく、水戸藩は尾張藩、紀伊藩よりは実は格下である。
美味いもの好きで女好き、好奇心も旺盛。
史実でも黒人を雇ったり羊毛の羅紗を好んだりしている。
話に出てくる時は大体毎回何か新しい料理を食べている。
五右衛門と八兵衛という付き人がいるが、毒味をさせると食い荒らされるので最近はつれてきていない。
三河屋の看板太夫藤乃のなじみ客でもあり毎回40両ほど落としていっているお得意様。
西洋料理の食材や新しい食材などを手に入れられるのはだいたいこの人のおかげである。


他のキャラクターはいずれ追加します
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ