挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界樹~ちょっぴりチートと転生と~ 作者:辻桐 あすら

一章 目覚めたとき、俺は双子葉植物であった。

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/32

五話 あれは…獣耳じゃないか!

(あ~~…)
ユグドラシルは、遠くを眺めていた…
転生してから三日ほどたっており、
やることがない彼は、有り余る時間、
ひたすら寝るか遠くを眺めるかしていた。
元素属性魔法を試してもよかったのだが、
光魔法のことを考えると、どうしても調べるきになれなかった。
少し時間をさかのぼり、昨日。自分のステータスを眺めていたユグドラシル。
(う~ん。やっぱりなんにも…うぇっえっ!)
なんと信仰値が1減っていたのだ!
どうやら、信仰値は一日に1減るようだ。
(このままでは、あと999日。)
そう、信仰を集めなければまずい。
だが、周りにはなにもないがゆえにユグドラシルは何もできず、
ひたすらぼーっとしていたのだった。
時間は今に戻る。暇を持て余していたユグドラシルは、
視線を移動させて遊んでいた。
(ふーん。なるほどなぁ。)
神は、視線を自由に動かせると言っていたが、どうやら、
効果範囲はだいたい半径1mほどのようだ。
それに、五感の内、つかえるのは視覚と触覚のみで、
嗅覚、聴覚、味覚は使えなかった。悲しい…
(おおー、おおー。)
視線をぐるぐるまわしてあそんでいると、
(んあ?なんだあれ?)
遠くにこちらに向かってくる何かの影が見えた。
結構たくさんいるようだ。
まさか!人かっ!もしそうだとしたら…
(た、たすかったぞ!)
こちらからは会いに行けないので、辛抱強く待つ。
一時間ほどしただろうか。だいぶ近づいてきた。
よ~く見るとやはり人間のようだ。だが…
(なんだ…あれは…?)
こちらにむかってくる人間みんなの頭に、
なにかもふもふしたものがついている。
(まさか…あれは、獣耳、か?)
そう、その集団の人間すべてに、獣耳がついていたのだ。
(獣耳があるということは、あれはすべて獣人ってことか。)
まさにそれが正解で、そこにいたのは獣人という種族であった。
でも、どうしてあんなに沢山…?
集落か、町の一つもつくれそうな人数だ。
そんなにたくさんの人数が一度に移動するのは流石におかしい。
あれやこれやこれや考えていると、その集団はさらに
こちらに来る。様子などからなにかわかればいいのだが…
先ほどのように、よ~く観察する。
すると、なんと獣人の半数が傷を負っており、数人が
担がれていて、重傷に見えた。
(い、いったいどうしたんだ?)
彼らは、生気を失ったように、暗い表情でトボトボと歩き、
ユグドラシルのとなりを通り過ぎてゆく。
(まって!まってくれ~!ここで君たちみたいな
 人材がいないと、まずいんだよ~!)
(どうしてそんなに怪我をしているんだ!?誰か俺に気づいてくれ~~!)
ユグドラシルは心で叫び続けた。
その時であった。ひとりの獣人の少女が、ぴくり、となにかに
気づいたように表情を変えた。その瞳はまっすぐにユグドラシルを見ていた。
彼女は一体何者なのでしょうか・・・?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ