挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界樹~ちょっぴりチートと転生と~ 作者:辻桐 あすら

一章 目覚めたとき、俺は双子葉植物であった。

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/30

四話 俺って結構チートだったのか…やるなぁ神様。と思っていた時期が私にもありました。

ユグドラシルは、頭に響く声を、敬語の時は、神様。
そうじゃないときは神って呼んでます。

(ふぁ~。よく寝た)

本来世界樹は寝なくてもいいようにできているらしい。
これは別に誰かから聞いたわけじゃなくて、なぜか知ってた。
とはいえ、睡眠できないわけじゃない。
どうやら6時間ほど眠っていたらしく、まだ日は高い。
二時くらいだろうか?

(皆さんお待ちかね!身体測定の時間だ~!!)

別に誰もいないが、ずっと独りだとおかしくもなる。
待っていない、いもしない人物に喜々として話しかけながら、
ユグドラシルは再びステータスを開く。
あえて能力はスルーして、すぐさま世界樹タブを開く。

水色の光がこぼれるそのメニューには、
自分の大きさなど、様々な情報が記載されている。


――――――――――――――――――――――――――

状態:健康

神格状況:弱~中

神界干渉権:無

保有能力:
・成長速度×25
・ステータス微UP
・初期信仰値+1,000
以下unknown(自己発見求む)

神種:world class

全長:6.2cm

重量:12g

成長度:1%(成長速度×25・発動中。
      成長完了時間予想:残り4年11ヶ月29日9時間34分
(完全成長完了予想:残り9年11ヶ月29日9時間34分))

善悪値:+10

支配地:無

信仰度:0

信仰値:1,000

――――――――――――――――――――――――――


意味を理解できる項目のほうが少ないが、
一つ一つ解明していくか。

状態はなんとなくわかる。
表示されている通り、いたって健康であるのだろう。
こんな状況で健康もくそもあるかと言いたいが、
病気になっているよりはまぁ確かにマシかも。

神格状況?こいつはよく分からない。

(《解明》)


――――――――――――――――――――――――――

神格状況:
表示不可…世界関干渉権を持つ存在によって秘匿されています。

――――――――――――――――――――――――――

(な!なん…だと!!)

《解明》さんが…さっそく役立たずだとおぉぉ!!
おいおい!大体なんでもわかるんじゃなかったのか!!
詐欺ですか!!そもそも世界干渉権てなんぞ!!

まぁ落ち着け!まだたくさん項目はある。
次は神界干渉権だ。


――――――――――――――――――――――――――

神界干渉権:
表示不可…世界関干渉権を持つ存在によって秘匿されています。

――――――――――――――――――――――――――

(セカンド!!)

まさかの二度目!もう神様信じない!
こっから先は一気に《解明》かけてやる!


――――――――――――――――――――――――――

保有能力:
表示不可…世界関干渉権を持つ存在によって秘匿されています。

――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――

神種:
表示不可…世界関干渉権を持つ存在によって秘匿されています。

――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――

体長:対象の大きさ

――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――

重量:対象の重量

――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――

成長度:
表示不可…世界関干渉権を持つ存在によって秘匿されています。

――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――

善悪値:善生であるか、悪生であるか。
    正の数で値が大きいほど善であり、
    負の数で値が大きいほど悪である。

――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――

支配地:
表示不可…世界関干渉権を持つ存在によって秘匿されています。

――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――

信仰度:
表示不可…世界関干渉権を持つ存在によって秘匿されています。

――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――

信仰値:
表示不可…世界関干渉権を持つ存在によって秘匿されています。

――――――――――――――――――――――――――



表示不可のオンパレード…
神様に関することばっかりなんも見れねえだろが!
なんだよ!体長も重量も知らなくていいわ!
他の事教えてくれよ!
唯一情報らしい情報善悪値だけだぞコラ!
しかも+10だと!おれの善値は所詮そこまでなのか!?

世界干渉権を使えるのは…




(神いぃぃぃぃぃぃぃ!
野郎(女性だが)!!やりやがったなぁぁぁぁぁぁ!!)




まぁたあいつの仕業か、とユグドラシルは()を痛くした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ