挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界樹~ちょっぴりチートと転生と~ 作者:辻桐 あすら

一章 目覚めたとき、俺は双子葉植物であった。

2/16

二話 投げやりな神とステータスメニュー

自分の転生先がわかり、取り乱していたものの、
すぐに落ち着きを取り戻した。やはり、心臓がないからかもしれない。
『おっ!落ち着いたみたいだねぇ。』
神にもすぐに分かったようだ。
(俺は人間じゃない、もう人間の頃のような生活はできない。
 でも、世界樹って何して暮らすんだ?)
なにしろ、世界樹なんて初経験。
右も左もどころか、上も下も分からない。
ここでちゃんと聞いておかないと、あとで後悔するだろう。
『うん。そうだね、何事も、知ることから始めなくちゃ!
 そうと決まったら、まずはワンステップ!ステータスと念じてごらん。』
(ステータスッ!)
念じると、半透明の板のような物が展開された。
RPGでよく見る、ステータスメニュー画面のようだ。
左半分には、バーが三本並んでおり、一番下のバーが薄い鼠色になっていた。
もともと鼠色なのではなく、何らかの事情で、暗い色で表示されている。
そんな印象だ。右半分には、様々なステータスが所せましと押し込まれていた。
『見せたいのは、世界樹タブだ。右上の世界樹って書いてあるところをタップするんだ。』
(いや、自分腕ないんすけど、タップなんてできないっすよ?)
『ん?ああ、そうだったか。』
神は少しへらへらしている、笑うところじゃないだろ!性格はよくないようだ。
『タップしなくても、念じればいいよ。世界樹タブひらけ~!ってね!』
調子のいい神様だ。いわれたとうりに念じてみる。
(おお!)
世界樹タブが開き、自分の姿が、バーチャル3Dのように
メニューに展開されている。
上半分にそのバーチャル3D、下半分にたくさんの情報がぎゅうぎゅうずめだった。
『そのメニューの一番下に、信仰値っていうのがあるだろう?』
神の言うとうり、一番下に、つぶされるようにして、
信仰値というステータスがあった。
いまは1,000と記されてあり、千の値であることがわかる。
『それは、君が生きていくのにとっても重要なステータスだ。
 今回は、転生した特典として、1,000ポイント入れておいたよ!』
おお、ありがたい!そんなに重要なポイントが、1,000もあるとは。
しかし・・・
(これ、生きていくのに必要ってことは、
 入手法があるんですよね?)
ききたかったのはそれだ。もしも、手に入らないとしたら、
死ねと言っているのと同義である。
『ああ、もちろん。信仰値をためるには、生き物から、感謝されるなり、
 崇められるなりすればいいんだ。知能が高い生き物、例えば、人間なんかからは
 たくさんもらえるよ。』
それはいいことを聞いた。と、おもったが。
(この辺町どころか人っ子一人いないんですけど。)
『・・・』
おい神!ふざけているのか!俺詰んだじゃん!
『あ、あとのことは、ステータスメニューを見ながら自分で考えてくれ。
 ア、アデュー・・・』
あいつ・・・確信犯だろ。
投げやりな神の声が止んだ。
投げやりな神の講座に、ステップツーはありません(笑)
ユグドラシルは生き残ることができるのでしょうか・・・。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ