挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
メル・アン・エディール - 飛空艦と少女 - 作者:月宮永遠

4章:出航

41/43

3

 黄昏。
 飛鳥は、エルヴァラートと面会する為に『茜射す黄金の間』に案内された。
 名前の通り、大きな硝子窓から西日が降り注ぎ、白と琥珀色を基調とした内装を、とろりとした茜色に染め上げている。
 窓辺から黄金色に染まる空を眺めていると、間もなくエルヴァラートが武装親衛隊と共に部屋を訪れた。
 若き皇帝は、天使の微笑みを浮かべて「アスカ」と、友好的に両手を広げる。おずおずと近付くと、ほっそりとした少年に抱きしめられた。
 まだ線の細い少年だ。飛鳥よりも全体的に細いかもしれない……。
 意外としっかりとした抱擁の後、座って、というようにエルヴァラート自ら椅子を引いてくれた。自分も飛鳥の隣に座ると、ぱんっと手を叩いてメイドを呼ぶ。
 間もなく、非常に高価そうな紅縞瑪瑙サルドニクスのテーブルの上に、ワインボトル、硝子のワイングラスが並べられた。

『******!』

“とっておきのワインであるぞ”

 エルヴァラートは眩しい笑みを浮かべた、
 ふと胸に、未成年……と懸念が胸をよぎったが、エルヴァラート自らグラスに注いでくれた上に“遠慮するでない”とまで言われては、飲まないわけにはいかない。ここで日本の法律を気にする必要もない。第一、皇帝陛下は飛鳥よりも年下だ。
 生まれて初めてのワインの味は、苦いけれど、香りが素敵で、不思議な高揚感と余韻をもたらした。

“心で会話するというのは、なかなか新鮮であるな。人に聞かれる心配がないのが素晴らしい”

 飛鳥は控えめに頷いた。会話と言っても、飛鳥は受け取ることしか出来ないので、基本的にエルヴァラートの独白に相槌を挟む程度だ。

“ここから眺める夕陽は、バビロン随一と、母上は褒めておられた”

『はい』

 確かに素晴らしい景観だ。尚、彼の父親は戦死しているが、母親――皇太后は健在だとファウストから聞いている。

“残念ながら、母は今不在でな。ぜひ会って欲しかったのだが……空を翔けるのが好きな人で、今は巡洋艦の艦長を務めている。城には殆ど戻らぬ”

「ファウストから聞きました。格好いい女性ですね」

 飛鳥が好意的に微笑むと、まるで言葉を理解しているように、

“そうであろ”

 とエルヴァラートは満足そうに応えた。母親への愛情が窺える、好ましい笑顔だ。

“ローズド・パラ・ディアから見る空はどうであった?”

「綺麗でした」

 甲板から眺める空を思い浮かべて答えた。殆どの時間を、窓のない隔離室で過ごしたが、たまに外へ連れ出される度に、悠然とした空には目を奪われたものだ。

“困った伯父で済まぬな。アスカには大分迷惑をかけたようだ”

 ルジフェルのことだ。飛鳥の表情も自然と厳しくなる。エルヴァラートは苦笑ぎみに応えた。

“……伯父とは錯雑とした関係でな。長く敵対していたが、私が帝位に就いた後は、懐刀を務めてくれている。更迭こうてつを勧める声もあるが、魔導学における天才でな。彼なくしては、バビロンは成り立たぬ。彼もまた、バビロンを愛しているんだ”

「彼は罰せられないのですか? リオンは、あんな目に合ったのに」

 非難めいた口調で尋ねると、エルヴァラートは察したように“うむ”と頷いた。

“伯父には貸し一つだ。リオン大尉は、内部諜報の罪を考えれば除隊もやむを得ぬが、人望も腕もある操縦士のようで、ルーシーは情状酌量を認めている”

「ローズド・パラ・ディアに残れるんですか?」

“彼には職務に励むことであがなってもらう。表立っては処理せぬ”

「良かった」

 飛鳥は顔を輝かせた。リオンとはあれから会っていないが、重い処罰を受けるわけではなさそうだ。職場に戻れるということは、独房からも出られるのだろう。

“さて……そなたにとって、どうすることが一番であろうな”

 いよいよ、今後についての話だ。飛鳥は姿勢を正すと、緊張した面差しでエルヴァラートを見つめた。

“城に残りたければ、客人として丁重に迎え入れることもできるが……”

 彫像のように強張った表情の飛鳥を見るや、皇帝は苦笑を漏らした。

“そなたには、可能なだけの選択肢を与えよう。古代神器への調査には、協力してもらうが、城に留まる必要はない。もちろん城に残ってもいいし、バビロン魔導学校への編入を希望するなら、手配しよう。世界五大学府に数えられる名門校であるぞ。或いは……ローズド・パラ・ディアに戻っても良い。アスカはどうしたい?”

 選択肢を与えられたことに、飛鳥は眼を瞠った。
 どうしたいか考えて、真っ先にルーシーの顔が思い浮かぶ。でも、ルーシーはどうだろう……?
 ルーシーの都合を考え逡巡していると、エルヴァラートは語りかけるように言葉を続ける。

“……母上は進取の気に富んだひとで、皇妃に就くまで、空賊の船長を務めていた。父上が戦死した後は、幼い私の為に城に留まってくれたが、我慢を強いることが忍びなくてな。帝冠してようやく自由を差し上げられた。私達は互いに大きな幸せを得たのだ。私は私で、早く帝位がほしかったのでな”

 艦長を務めているとは聞いていたが、空賊とは初耳である。さぞ進取の気に富んだ人なのだろう。

“母上を見てきたから、よく判る。好きに生きよ。悲歎ひたんに暮れれば、いかな富に暮らせど人は老いる。逆も然り、希望の空を仰ぐ限り、どれだけ老いても人は青春を翔ける”

 あどけない天使の容貌に反して、ふと見せる眼差しは、長い旅を終えた賢者のように思慮深い。彼の心もそうだ。とても静謐で深い。傍にいると、ルーシーとはまた違った安心感がある。

“それにな、実はルーシーから、アスカをローズド・パラ・ディアで預かりたいと言われている”

「え……」

“そなたを無事に届けた褒美は、それが良いと言うのだ”

 本当だろうか? そんなことは、ここへ来るまで、一度も彼の口から聞いていない。
 信じられずにいると、エルヴァラートは楽しそうに、きらりと瞳を光らせて飛鳥に笑いかけた。

“艦には、魔導学に通じるファウストも、アダマンティスも常駐している。研究に差し支えはないであろ。私はルーシーに褒美を与えても良いと思うのだが、そなたはどうであろ?”

 じわじわと、喜びが胸のうちに溢れてきた。ルーシーは、本当にエルヴァラートにそう言ってくれたのだろうか?
 アダマンティスとは誰だという疑問も浮かんだが、そんなことより、ルーシーが進言してくれたと知った喜びの方が大きい。

“ゴットヘイルの件では、伯父に一つ貸しができた。私が印可をくだせば、認めるしかないであろ。そなたの好きに決めて良い”

「ルーシーと、一緒にていてもいいのでしょうか?」

 縋るように問いかけると、エルヴァラートは大人びた笑みを浮かべた。

“艦がバビロンを発つまで、まだ数日ある。ルーシーと話すが良い。そなたさえ良ければ、ルーシーにその旨伝えておくが?”

『はい! ありがとうございます、陛下』

“良い。ところで、そなたは稀なる魅了の力を使えると聞いたのだが……”

「え……」

 飛鳥は途端に笑みを消した。しかし、エルヴァラートは逆に笑みを深めた。

“私にかけろとは言わぬ。取り返しのつかぬことを口走っては、大変であろ”

「そうですよね」

 飛鳥は大袈裟なほど肩から力を抜いた。彼に魔法をかけろと言われたら、どうしようかと思った。

“ただ、ファウストの話では、あのルーシーが別人のように変貌したと聞いてな。見てみたかった! 私は遠慮するが、人にかけるところは見てみたいものだ”

 無邪気な笑顔は、彼を初めて年相応の少年に見せた。心の片隅に、ルーシーをからかってやろう、という悪戯心が透けて見える。
 皇帝の困った好奇心に、飛鳥は苦笑いで応えたのだった。



cont_access.php?citi_cont_id=837031108&s nomad-g-88-2.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ