挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
メル・アン・エディール - 飛空艦と少女 - 作者:月宮永遠

4章:出航

40/43

2

 いよいよ最後の扉が左右に開かれる。
 馥郁ふくいくたる香炉の焚かれた、皇帝陛下の御座おわす絢爛華麗な大広間。
 左右に並ぶ、大きく穿たれた硝子窓から、日射しが斜めに降り注ぎ、床に美しい色彩を描いている。

“足元に気をつけて”

 飛鳥はルーシーに手を取られたまま、エルヴァラート・ディ・バビロン皇帝陛下の待つ玉座へとゆっくり進んでいく。決してご尊顔をみだりに拝見しないよう、視線を少し伏せて。
 玉座から少し離れたところで立ち止まり、膝を折ると共に深く頭を垂れた。

『ルーシー、カミュ。*****。******』

“久しいな”

 耳触りの良い、涼やかなアルトの声が頭上から降ってくる。
 声をかけられて、カミュとルーシーは優雅に一礼した。次はきっと飛鳥の番だ。

『****、アスカ**』

“そうであった。そなたとは、心で話すよう聞いておる。そなたが、バビロンの至宝。アスカだな”

 自らを“至宝”と認めるのは抵抗を感じたが、飛鳥は『はい』と応えた。

『******』

“面を上げよ”

 ゆっくり顔を上げると、天使と見紛う美しい少年と眼が合った。
 白金に煌めく絹糸のような髪。水色を燃やしたような、燐としたパライバトルマリンの瞳。女神も嫉妬しそうな、薔薇色の頬に唇。
 皇子様だ……。
 それは、圧倒的な第一印象であったが、皇帝陛下にあらせられる。
 彼の頭上には、帝位を示す黄金のティアラが燦然さんぜんと輝いている。
 ほっそりした身体を包む、白を基調とした衣装。襟や袖口からは、華美なレースが覗いており、靴も艶のある白。彼以外には、およそ着こなせないであろう、どこか少女めいた衣装だ。
 黄金の玉座に、いかにも寛いだ様子で泰然自若たいぜんじじゃくと座す様は、若くして威風堂々たる皇帝のそれであり、綺羅星のようでもある。
 相手に過剰な緊張を与えないのは、彼が浮かべている柔和な笑みのおかげかもしれない。
 飛鳥が言葉もなく凝視しているように、彼もまた、飛鳥を観察していた。宝石のような碧眼を好奇心に輝かせて、じっと飛鳥を見つめている。

“うむ、可愛らしい娘だな。私はエルヴァラート・ディ・バビロン。バビロン皇帝である”

 社交辞令と判っていても、可愛いと褒められ少々たじろいだ。彼の方こそ、よほど可愛らしい容貌をしている……。

『お会いできて光栄に存じます。飛鳥と申します』

『******、***************、アスカ』

“空中都市バビロン帝国へようこそ。歓迎するぞ、聖域の乙女。アスカ”

 天使めいた容貌の若き皇帝は、花が綻ぶように微笑んだ。

『ルーシー***、カミュ***、*********』

“ルーシー、カミュ、アスカを無事に届けてくれて、ありがとう”

 皇帝は声にしながら、同じ言葉を心の内で飛鳥にも語りかけた。

“褒美を取らせねばのう。後で我が伯父上、親愛なる行政庁長官に何でも申し付けるが良い”

 皇帝の労いに、ルーシーとカミュが再び一礼して、謝礼の言葉を口にしている。
 玉座の傍らに控える、灰銀の長髪、顎髭を持つ四十過ぎの男が、深々と頭を下げた。

『******』

 答える声は硬く、凍てついた冬の氷にように冷たい。
 彼がルジフェル帝国行政庁長官――リオンを操り、飛鳥を拉致しようとした首謀者……。
 飛鳥は知らず、ルジフェルの顔を凝視していた。彼もまた、冬の湖水のような灰色の瞳で、飛鳥を高みから見下ろしている。
 見られているだけなのに、全身に緊張が走り、肌が粟立った。
 彼の思考は鉄壁そのものだ。普段より集中して覗き込もうとしても、分厚い鉄の板を前にしているかのよう。何一つ透けて見えない……。
 近付いてはいけない人。それが、ルジフェルに対する第一印象だ。恐らく、この先も変わることはない気がする。

『********、****************、******************』

 エルヴァラートは歌うような声音で、集まった聴衆に言葉を紡ぐ。

“聖域に現れた、まれな乙女。いろいろと話を聞かせておくれ。ゆるりとヴィラ・サン・ノエル城に滞在するが良い”

 飛鳥は固い表情のまま、台本を読み上げるように、教えられた通りに応えた。

『陛下、身に余る光栄です。私で良ければ、喜んで』

 拝謁はごく短い時間で終了した。元々儀礼的な顔合わせが目的である。
 この後、ルーシー達は空母に戻り、飛鳥は皇帝と個人的な対談の為、準備が整うまで客間に控えることになっている。
 謁見の間を出た後、カミュとは会釈してそこで別れた。いい思い出ばかりではなかったけれど、彼の背中を見送る時には、寂しさが込み上げた。一人、また一人と艦の人とお別れをしてゆく……。
 立ち尽くす飛鳥の手を取って、ルーシーは客間まで送ってくれた。次は彼ともお別れをしなくては……。
 道すがら、言葉はない。
 彼の心に、秘めた決意のようなものを感じたけれど、彼はそれを表に出そうとはしなかった。
 飛鳥との決別に、彼も多少は寂しさを覚えてくれているのだろうか……。
 ついに扉の前までたどり着くと、飛鳥は胸に刺さるような哀しみに襲われながら、重ねていた手をそっと離した。

“アスカ――”

 美しい青い双眸を見上げて、最後の視線が交錯する。溢れそうな恋情に蓋をして、精一杯、表情を微笑でよろった。

『ルーシー、ありがとうございます』

 本当は、もっときちんと感謝の気持ちを伝えたいのだが、これしか言えないことがもどかしい。

『アスカ、******……』

“私の方こそ……”

 白い手袋をした、ルーシーの手が飛鳥の頬に触れる。触れられた途端に、涙腺が潤みそうになり、歪みそうになる顔を必死に堪えた。
 伸ばされた手を避けて、数歩後じさると共に、瞼を半分伏せる。最後まで彼の顔を見ていられなかった。

『さようなら』

『アスカ、******――』

 ルーシーは何か言いかけたが、瞳を覆う涙の膜が雫になる前に、部屋に入るなり後ろ手に扉を閉めた。あらゆる声から耳を塞ぐ。扉に背中を預けた途端、取り繕っていた仮面は剥がれて、ぽろっと涙が零れた。

「……っ」

 両手で口を塞いで欠片も声が漏れないように、嗚咽をかみ殺した。震える手で扉に鍵をかけて、静かに部屋の中ほどに進む。

「ふ……っ」

 頑張った。よくやった。ルーシーの前で、泣いて縋らなかった自分を、必死に褒めて慰める。そうでもしないと、倒れてしまいそうだ。
 世界にたった一人だから。また一人ぼっちになってしまった。



cont_access.php?citi_cont_id=837031108&s nomad-g-88-2.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ