挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
メル・アン・エディール - 飛空艦と少女 - 作者:月宮永遠

3章:ゴットヘイル襲撃

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/43

8

“今度こそバビロンに向かっている。到着まであと五日だ”

 カミュはルーシーに説明しながら、飛鳥を見て思考でも話しかけてきた。

『はい』

 彼がきてくれて助かった。密かに胸を撫で下ろしながら返事をすると、カミュは一つ頷いてから言葉を継ぐ。

“それまでに、アスカに最低限の宮廷挨拶を覚えてもらう。恐れ多くも、エルヴァラート皇帝陛下に拝謁をたまわるのだからな”

 内心で小さく呻いた。果たして自分に出来るだろうか……。その瞬間を想像するだけで緊張する。強張った飛鳥の表情を見て、カミュは付け加える。

“アスカが言葉を解せないことは、陛下もご存知だ。流暢りゅうちょうに喋ろうなど、考えなくていい。最低限の礼儀がなっていれば、後はどうにかする。拝謁の際は、ルーシーと私も同行するからな”

 それを聞いて少し安心した。ルーシーがいてくれるのは心強い。
 カミュも魔法の後遺症なのか、飛鳥に対して大分険が取れたように思う。彼が飛鳥を“兵器”と喩えたことを忘れたわけではないが、表面上だけでも棘を引っ込めてくれるのはありがたい。

“礼儀作法の指導はファウスト、身支度はロクサンヌに任せる”

 ファウストの名を聞くと気が滅入る。襲撃のごたごたで忘れていたが、彼から指導を受けねばならないのだった。ロクサンヌはいいとして、ファウストはできることなら変えて欲しい。無理と知っていても……。

「リオンが良かった」

 口の中だけでこっそりと囁いたつもりが、聞こえてしまったらしい。カミュだけでなくルーシーにまで睨まれた。

“艦から内通者が出るとはな……”

 カミュは忌々しそうに吐き捨て、ルーシーも“責任は私にある”と苦々しく応えた。カミュはルーシーを気遣わしげに見る。

“あまり気に病むな。艦なんてものは、大きくなればなるほど過酷な職場だ。一千人を越える兵士が乗りこんでる。戦闘時に偽装して乗りこまれたら、はっきり言って注意を回せない”

 ルーシーは憂鬱そうに、こめかみを押さえた。

“最たる原因は、ルジフェル閣下が動いたからだ”

 二人は既にルジフェルの詭計きけいを承知しているらしい。リオンは情報を開示したのだろうか。
 今回の襲撃のせいで、バビロンへの到着が怖くなってしまった。特に、ルジフェルには会いたくない……。
 この部屋を出ても、決して安全とは限らない。むしろ、ルーシーやロクサンヌ達と離れるのかと思うと心細く思う。

『ルーシー、******』

“さて、管制室に……”

 カミュは次の用事を思い浮かべながら、部屋を出て行こうとする。飛鳥は無意識のうちに、カミュの袖を掴んでいた。

『アスカ?』

 驚いたようにカミュは飛鳥を見下ろす。

「あ……すみません」

 すぐに袖から手を離したが、カミュはその場に留まり、飛鳥を見下ろした。

『****、アスカ******?』

“どうしたんだ?”

 頭部に二人の視線を感じるが、気まずくて顔を上げられない。

『******?』

『******……』

 俯いたまま足元を見つめていると、二人は少し言葉を交わし、やがてルーシーはため息をついた。彼は今、何を考えているのか……恐くて心を覗けない。
 恐る恐る顔を上げると、カミュは胡乱げにルーシーを見つめていた。

“本気か? アスカに――”

 一瞬、カミュの心を傍受すると、自分の名前が出てきて慌てて遮断した。やはり怖くて無理だ。顔を伏せても、頬のあたりにルーシーの視線を感じる。

『アスカ、******』

 中途半端に顔を上げると、ルーシーに頭を撫でられた。数回撫でて手は離れてゆく。そして、ルーシーもカミュと一緒に部屋を出て行った。

「ルーシー……」

 誰もいなくなった部屋で一人、ひっそりと呟いてみる。
 唇の感触を思い出して、思わず甲で押さえた。彼はどうしてキスしたのだろう。
 もしかして、本当に飛鳥に惹かれている……?
 だとしたら嬉しい。
 でも――
 あと五日。バビロンに着けば、飛鳥は引き渡され、任務を終えた艦は……ルーシーは次の任務へ向かうのだろう……。
 この想いはどうにもならない。あと五日で、ルーシーとお別れなのだ……。



cont_access.php?citi_cont_id=837031108&s nomad-g-88-2.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ