挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
メル・アン・エディール - 飛空艦と少女 - 作者:月宮永遠

3章:ゴットヘイル襲撃

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

34/43

6

 翌朝。
 ユーノが朝食を運んできた時に、リオンについて尋ねてみた。

“リオン大尉の治療は完了しました。現在、独房に隔離されています”

 独房。衝撃的な言葉に、飛鳥は目を剥いてユーノに詰め寄った。

「リオンは無事なの?」

『アスカ?』

“リオン大尉に、何か?”

「ユーノ、私、リオンに会いたい」

 澄んだ赤い瞳はじっと飛鳥を見つめる。

“リオン大尉の面会は規制されています。査問が終わるまでは、面会できません”

「査問って、何それ……」

 状況から見て、飛鳥が拉致されそうになった一端は、リオンにあるのだろう。ウルファンと最初に対峙した時、リオンは動かなかった。ウルファンもまた、リオンを敵とは見なしていなかった。
 しかし。
 リオンは、飛鳥を助けようとしてくれた。連れ去られそうになった時、止めようとしてくれた。銃弾を受けた後も、飛鳥を庇おうとしてくれた。
 それらを証言できるのは、あの場にいた飛鳥だけだ……視線をあちこち彷徨わせた末、こちらを見つめる少年に声をかけた。

『ルーシーを、呼んでください』

 昨夜教わったばかりの言葉を口に載せると、ユーノは頷き、一度部屋を出ていくと間もなくルーシーを連れて戻ってきた。

『アスカ? ***リオン******』

“リオンがどうしかしましたか?”

「リオンに会わせてください!」

 ルーシーは眉根を寄せたが、飛鳥が同じ言葉を繰り返すと、もしかして、という風に思考を閃かせた。

“リオンに会いたい?”

 首肯すると、ルーシーは飛鳥を見つめたまま黙考する。飛鳥が尚も懇願すると、彼は諦めたようにため息をついた。

“……判りました”

 ほっとして、笑顔で感謝を口にしたが、ルーシーは顔色を変えずに淡々と応えた。

“リオンもアスカに会いたいそうです。貴方に会わせないと、情報開示しないと……。割らせるつもりでしたが、いいでしょう。許可します”

 隔離室を出た後、第四甲板の奥に案内された。
 鉄格子のゲートを幾つも抜けると、やがて硬質な扉が並ぶ通路に着いた。なんだかアルカトラズの刑務所のようだ。
 ルーシーは鉄扉てっぴの前で立ち止まると、傍に控えている兵士に声をかけて扉を開けさせた。ギギ……と重たい音を響かせて、分厚い鋼鉄の扉が開く。
 飛鳥はルーシーの背中越しに、恐る恐る中を覗いた。薄暗い部屋に光の筋が入りこむ。陰影に光が当たると、鎖に繋がれた人の姿を明らかにした。
 リオン――。
 両手を鎖で拘束されて、寝台に腰かけている。飛鳥は恐怖も忘れて、リオンの傍に駆け寄った。

「リオンッ!!」

 リオンは瞑目していた瞼を上げると、飛鳥を見て、安心したように息を吐いた。

“良かった……無事だったんだ”

 治療を受けたはずではなかったのか。この非道な扱いはなんだ――不意に、猿ぐつわを噛ませられた時の、煮えたぎるようないきどおりが蘇った。
 飛鳥は震える両手を、中途半端にリオンへ伸ばす。

『アスカ、******』

“離れて”

 伸ばした手は、リオンに触れることはなかった。後ろからルーシーに肩を引き寄せられる。

「ルーシー……」

 飛鳥はルーシーを見上げて首を左右に振った。視界は自然と涙で潤む。

「彼は、私を助けてくれたんです」

『*********』

“心配しなくても、拷問はしていませんよ”

 リオンの手錠を差して首を左右に振ったが、ルーシーは鋼のように冷たい表情を崩さない。

“ありがとう、アスカ。いいんだ……”

 リオンの声を聞いて、飛鳥は彼の傍へ近寄ろうとした。しかし、すかさずルーシーに肩を引き寄せられる。近付くことを許してくれない。

“治療を受けさせてもらえただけでも、感謝しなくては。アスカ、君に言わなくてはいけないことがある……”

「私も、お礼を言わないと……」

“ルジフェル閣下は、アスカを狙っている”

「え……」

“ゴットフリート襲撃は、閣下の詭計きけいだ。バビロンに到着すれば、アスカはエルヴァラート陛下の守護にくだる。容易に手を出せなくなると考え、艦をバビロンから遠ざけ、ゴットフリート襲撃に乗じて拉致らちする手筈だった。艦に空賊を手引きしたのは、私なんだ……”

 リオンは淀みなく思考を伝えてきた。絶対に伝える、という強い覚悟すら感じる。衝撃に目を瞠る飛鳥に構わず、リオンは更に続ける。

“私は君の様子を、逐一閣下に報告していた。艦長の様子が変わったと報告した時、閣下はアスカに強い興味を持ったのだと思う”

 心臓が、ドクンッと音を立てた。

“全て、私のせいだ。言い訳にしかならないが……家族を人質に取られている。望んでやったことでは、なかった……”

「リオン……」

『アスカ? ******、************?』

 ルーシーは飛鳥の顔を見るなり、厳しい眼差しをリオンに向けた。動こうとするが、飛鳥は視線を動かさずに手だけで制する。

“仕方ないと、自分に言い聞かせていた。けれど、何の罪もない君を陥れていい理由にはならない。ウルファンに連れ去られようとしているアスカを見て、ようやく目が覚めた。守護神の一翼にありながら、正義に背く行為だった。本当に済まない。どうか許して欲しい……”

 飛鳥は苦痛を堪えるように呻いた。リオンの優しさに裏があったのかと思うと、辛い……けれど、真摯に打ち明けてくれる彼を、正面からなじることもできない。それに、彼が何かを隠していることは、薄々気付いていた。
 どうにか小さく頷くと、リオンは疲労の滲む顔に微かな安堵を浮かべた。

“こんな一方的な告白で済まない……”

『いいえ……』

“――何を話している? 平気?”

 声なき会話に、蚊帳の外のルーシーは苛立ったように、飛鳥に訴えてきた。もう少しだけリオンと会話したい。飛鳥は宥めるように、前を向いたままルーシーの胸を叩いた。

“アスカが聖域に現れたことを知る者は他にもいる。誰もが君を欲しがるだろう。エルヴァラート陛下を頼るんだ。艦長も、きっと力になってくださる”

 リオンの目を見て首肯した。誰かの手を取るしかないのなら、言われるまでもなく、ルーシーがいい。

「ルーシー、リオンの鎖を取ってあげられませんか?」

 たとえ彼に裏切りがあったのだとしても、鎖に繋ぐのは、あまりに不当な扱いだ。しかし、ルーシーは首を左右に振って応える。

“もう行きましょう”

「待って! リオンは怪我をしているんです。鎖に繋ぐなんて」

『アスカ、*********』

“アスカ、ありがとう。いいんだ。どんな処罰も、受け入れなくては……”

 リオンの諦観に触れて、飛鳥は思わず手を伸ばした。しかし、ルーシーは許さない。暴れる飛鳥を後ろから抱きすくめ、有無を言わさず部屋の外へ引きずり出した。

「ルーシー!」

 降り返れば、鋭い視線に射抜かれる。飛鳥も臆せずに見返し、鋼鉄のような視線が絡み合い、火花が散った。
 しかし、扉は無情にも飛鳥の目の前で閉じられた。

“やけにリオンを気にかけますね”

 非難めいた視線と言葉に、今度は返答に詰まる飛鳥を見下ろし、ルーシーもそれ以上は何も言わず、飛鳥を隔離室に戻した。



cont_access.php?citi_cont_id=837031108&s nomad-g-88-2.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ