挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
メル・アン・エディール - 飛空艦と少女 - 作者:月宮永遠

3章:ゴットヘイル襲撃

32/43

4

 ウルファンは驚愕の表情を浮かべて、大きく目を見開いた。
 成功した。離せと言わんばかりに腕を振ると、今度はあっけなく手を離す。飛鳥は俊敏な動きでタラップを駆け下り、一目散にリオンの傍に駆け寄った。

「リオンッ!」

『アスカッ、****!!』

“逃げろ! 最上甲板に艦長がいる!”

 飛鳥は泣きそうな顔でリオンを見下ろした。
 彼を置いていけない。それに今のウルファンに、飛鳥を傷つけることは出来ないはずだ。
 ウルファン。確か、クリークダウン空賊団の船長の名前だ。ゴットヘイルでルーシー達と戦っているのではなかったか。なぜ艦内に侵入しているのか。
 この艦に今、何が起きているのだろう――。

『アスカ……』

 ウルファンは呆然と、タラップから飛鳥を見つめている。
 兵士に扮したウルファンの手下達は、様子の可笑しいリーダーに何やらわめいているが、男には聞こえていないようだ。
 金緑に光る瞳は、もはや飛鳥しか映していない。

“アスカが欲しい……”

 ウルファンの心を読んで、飛鳥は震え上がった。
 男は、獲物を狙う猛禽のような視線でひたと飛鳥を見据え、ゆっくり近付いてくる……。
 リオンは血に濡れた手で銃を構えると、躊躇わず引き金を引いた。
 パンッと強烈な発砲音が鳴り、ウルファンの腹に命中する。しかし、近接を止めるには至らない。全く怯まずに歩いてくる。

「リオン、逃げようっ!?」

 飛鳥は叫んだ。リオンの肩を支えて起こそうとすると、リオンも苦痛の声を上げながら、どうにか立ち上ろうとする。
 ウルファンはリオンに銃口を向ける――飛鳥は咄嗟に、両手を広げてリオンの前に立ちはだかった。

「撃たないでっ!!」

『*****!!』

“危ないっ”

 リオンに肩を掴まれたが、頑として動かなかった。今の飛鳥を、あの男が撃てないことは判っている。
 ところがウルファンは、表情を変えずに銃口を飛鳥に向けたまま発砲した。
 きつく目を瞑って肩を竦めたが、弾丸は飛鳥の顔の横をすり抜け、後ろに立つリオンの右肩に命中した。

『ぐっ……』

 鈍い苦痛の呻き声。

「リオンッ!!」

 次いで悲痛な飛鳥の悲鳴が格納庫に響く。リオンは苦悶の表情を浮かべて、その場にくずおれた。
 かしぐ身体を咄嗟に支えると、光が失われつつある青い瞳は、ぼんやりと飛鳥を見上げる。

『アスカ、*****……』

“逃げて……”

 リオンの身体から力が抜けていく。

「リオンッ!」

 必死に周囲の気配を探った。思考を感知する領域を網目のように広げ、何度も触れてきた、清廉とした思考を探す。

“――……ゲートを開けたのは誰だ? 内通者がいる。探せ”

 見つけた。
 ルーシーの思考は、どんどん明瞭化していく。ここ、屋内格納庫に近付いているのだ。

“無謀にも程がある。鹵獲ろかくが目的か?”

 ルーシーの傍に、猜疑心に満ちた思考の持ち主がいる。馴染のある思考だ。カミュに違いない。

“違う。目的はアスカだ”

“同じことだ。あまり、情を移すな。アスカは古代神器――太古の兵器だ”

 ルーシーの返答に、カミュは苦言を呈した。カミュの言葉は、飛鳥を茫然自失させた。
 飛鳥は“兵器”。
 人である自信を失くしかけていたが、改めて人から指摘されると、思った以上に強烈だ。
 衝撃を受けている場合では……そうは思っても、身体に力が入らない。よろよろと床に座り、リオンの頭を抱えた。
 ウルファンは巨躯を二つに折り曲げて、静かな動作で飛鳥の前に跪く。

『アスカ、*******』

“来てくれ”

 大きな手が、飛鳥に向かって伸ばされる。

「来ないで……」

 飛鳥はリオンをぎゅっと抱きしめ、首を左右に振った。

『*****、**********……』

“叩いて悪かった……。頼む、来てくれ……”

 飛鳥が一向に首を縦に振らないと判ると、ウルファンは仕方がない、というように飛鳥の脇に手を挿し込み、強引に持ち上げようとした。



cont_access.php?citi_cont_id=837031108&s nomad-g-88-2.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ