挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
メル・アン・エディール - 飛空艦と少女 - 作者:月宮永遠

3章:ゴットヘイル襲撃

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/43

2

 逃走失敗から五日後。空母に来てから十二日目。
 飛鳥が朝食を摂り終えた頃、ユーノと入れ違いで、数日ぶりにルーシーが部屋を訪れた。ちなみに、ユーノの心は相変わらず読めるし、飛鳥に対する態度も相変わらず丁寧なものである。原因は、ルーシー達にも判らないらしい。
 ルーシーに対して、すっかり複雑な想いを抱いてしまったが、久しぶりに顔を見ると純粋に“嬉しい”と感じる。
 飛鳥が笑顔で迎えると、ルーシーも『お早う』と穏やかに笑んだ。

『お早うございます』

“今日の夕方にはゴットヘイルに到着します”

 飛鳥は頷いた。到着するということだけは、ユーノからも聞いている。
 ルーシーはおもむろに壁に埋め込まれた硝子製のパネルを操作して、壁面に大きなカラーの画像を映し出した。

「そんなこと出来るんだ!」

 壁面の硝子タイルは、てっきり装飾だと思っていた。そんな用途があったとは。しかも映し出されている画像は――この世界の地図だ。

“すみません、説明すると言ってから、日が経ってしまいましたね。これは、バビロン空域の地図です”

『はい』

 飛鳥は地図を見つめたまま応えた。ずっと知りたいと思っていた情報の一つだ。

“バビロンは皇帝陛下の御座おわす浮島の総称であり、空に冠する大帝国の呼び名でもあります。空中都市バビロンと言えば、ヴィラ・サン・ノエル城周辺の中心都市を差します”

 壁に映し出された地図は、当然だが飛鳥の知っている世界地図とはまるで違う。全く知らない地形、文字が描かれている。
 ルーシーは、三日月形の島の東端を差すと、ヴィラ・サン・ノエル城と説明した。

“アスカのいた聖域は、ここです”

 次に、三日月形のぽっかり空いた真ん中、やや上にある小さな孤島を差して“聖域”と説明した。
 飛鳥はようやく、自分がこの世界のどこに降り立っていたのかを知った。
 聖域からヴィラ・サン・ノエル城に到着するまで、およそ七日を要した。しかし、この空母の移動速度が判らないので、地図の縮尺がよく判らない。バビロンは、実際はどれくらいの大きさなのだろう……。

“無限空の気候は場所によって異なりますが、バビロンは寒冷地で、季節の変化は殆どありません。しばしば雪が降るような寒い土地です。ヴィラ・サン・ノエル城は、玻璃はりのように美しい城ですよ”

「へぇ……」

 言われてみると確かに、聖域も寒かった。
 艦内は適温に保たれているが、外の甲板に出ると、全身の肌が粟立つほど寒い。空に浮かぶ世界だから、どこもかしこも全体的に寒いのかもしれない。

“バビロンは、バビロン教皇庁と呼ばれる、ラージュ教会を統率する組織によって統治される、魔導教会の中心地、総本山です。エルヴァラート・ディ・バビロン皇帝陛下は、バビロン教皇であり、またバビロン魔導学校長でもあらせられます”

 皇帝陛下は確か十五歳と聞いている。その年で既に、皇帝陛下、教皇、そして学校長まで兼任していると言うのか。

“ラージュ教は、端的に説明すると、唯一神、始祖精霊アンフルラージュを信仰する一神教です。私を含め、バビロン帝国の領民のほぼ全員が、ラージュ教の信徒です”

 アンフルラージュの名前には聞き覚えがある。古い魔法の知識の中に、刻まれた名前だ。あの偉大な双子の精霊の、産みの親でもあるはず……。

“あらゆる最高権威は陛下にありますが、実際のバビロン統治を行っているのは、バビロン帝国行政庁です。機関の長官を務めているのは、ルジフェル・エヴァンズ閣下、陛下の伯父君です。彼は空軍大将の一人でもあり、当艦の総指揮権も彼が有しています”

 なるほど……と飛鳥は頷いた。バビロン帝国は、皇帝の独裁政治というわけではないらしい。皇帝の年を考えれば当然かもしれない。
 リオンの思考にもよく登場するルジフェルという男は、いわば総理大臣並の権力を持っているようだ。
 ゴットヘイルの訓令は、ルジフェルから受けたとルーシーは話していた。ルジフェルという男は、ルーシーの上司でもあるのだろう。

“今向かっているゴットヘイルはここです”

 ルーシーは地図上のバビロンを差した後、北東に向けて指を滑らせ、小さな小島で止めた。バビロンに比べたら、比較にならないほど小さな島だ。
 地図上の距離では、バビロンからゴットヘイルまで、聖域からバビロンのおよそ三倍だ。しかし、夕刻には到着するという。
 ヴィラ・サン・ノエル城からゴットヘイルに針路変更したと聞いたのが五日前だ。ということは、今この空母は、かなり高速で移動しているのだろう。でないと、聖域から七日かけて城に到着したのに、三倍の距離を五日で稼げる説明がつかない。
 理論上、高速移動していることになるが、これまで一度たりとも揺れを感じたことはない。
 アメリカ行の飛行機に乗った時は、乱気流を通過する際、激しく揺さぶられたものだ。巨大な戦艦だから安定感が違うのだろうか。

“ゴットヘイルは人口三千人程度の小規模な浮島ですが、穏やかな気流に恵まれ、空運通商の中継地として栄えています”

「へえ……」

 ゴットヘイルとは、どんな所なのだろう。この目で見てみたいが、恐らくここから出してはもらえまい。飛鳥は残念な気持ちで地図を眺めた。

“バビロン領空の中でも、重要港湾の一つです。巡洋艦の哨戒しょうかい航路にありますが、主力艦――ローズド・パラ・ディアのような超弩級艦が常駐しているわけではありません”

 ルーシーは美貌に苦々しい表情を浮かべた。

“これは、前々から懸念されていることでした。現在、新鋭戦艦級の建造が進められていますが、空賊の侵攻を許してしまった……”

 飛鳥に説明をしながら、個人的な疑問を思い浮かべている。

“とはいえ、軍港……。幾重にも張られた哨戒網しょうかいもうを抜けて、こうもあっさり、一介の空賊に占領できるものだろうか……。腑に落ちないな……”

 飛鳥が見つめていることに気付くと、ルーシーは誤魔化すようように思考を散らした。

“いえ、何でもありません”

『アスカ、******』

“心配は無用です。我々がバビロンの守護神、不沈戦艦の誇称で呼ばれるているのは、何も虚仮威こけおどしではありませんから”

 青い双眸に自信と覇気を宿して、ルーシーは笑んだ。
 この戦艦が、いかにも強そうな威容を誇っていることは知っている。だからこそ思う。彼等が戦う敵は、それほどの武装を要するのだろうか。
 飛鳥にとって戦争は、教科書やテレビに映る別世界だった。平和な日常とは、縁遠い出来事……。
 けれど、この艦も乗組員達も、当たり前のように武装している。ルーシーも然り。脇のホルターに光る鈍色のグリップを眺めていると、不意に頭を撫でられた。

“大丈夫ですよ”

「……」

 頭を撫でられると、意識の全てはたちまち大きな手に向かった。
 慈しむように撫でられる。優しい手はなかなか離れていかない。心が浮き立つと同時に、魔法をかける前はなかった優しさ……なんて思い、またも煩雑な気持ちにさせられる。
 自虐的なのだろうか。
 心配してくれるルーシーの心を疑ってしまう。心を読めても、素直に受け取れない飛鳥が後ろ向き過ぎるのだろうか……。
 気付かれないように、飛鳥は内心で深いため息をついた。



cont_access.php?citi_cont_id=837031108&s nomad-g-88-2.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ