挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
メル・アン・エディール - 飛空艦と少女 - 作者:月宮永遠

0

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/43

0

『古い船乗りの詩』

帆を張れ 風を呼べ

船頭がいなけりゃ お前が勇を叫べ!

黄昏に 嵐がくる

みなで歌え 低声こごえで歌え

アトラスは応えてくださる

霊気かぜが雨雲をはこんでゆく

のぞく陽の光

四方よもの水面をこんじきに染める

 +

『古い飛行士の詩』

無限の空 茫漠ぼうばくの空

蒼の中を 私はどこまでも彷徨う

世界はずっと下に在る くじけず翔けよ

アウロラは応えてくださる

霊気エーテルを成して 天が開く

空と海はようやく繋がる

 +

『古い古い恋詩』

……よ、あなたは わたくしの慰め

わたくしの 癒し

わたくしの 恋い慕うもの

わたくしの 太陽

逝きて亡き人 行きし日を今も忘れない

陽の光 海を黄金に染めしとき あなたを想う

月の光 海を銀班に染めしとき あなたを想う

あなたを偲び

空と海と此処ハーレイスフィア

魔法を一滴ひとしずく落としましょう



cont_access.php?citi_cont_id=837031108&s nomad-g-88-2.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ