挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
メル・アン・エディール - 飛空艦と少女 - 作者:月宮永遠

2章:キスと魔法と逃走

28/43

10(2章完)

 隔離室に戻された後、ルーシーは部屋を出て行き、やがて、湯気の立つ料理を持って戻ってきた。

『アスカ、*******?』

“お腹空いたでしょう?”

 そう言われると、そろそろ夕食の時間だ。しかし、空腹感はどこへ飛んでしまっている。いらない、と言うように首を左右に振ったが、ルーシーは銀のトレーを机の上に置いた。
 どうにもならない沈黙が落ちる……。飛鳥がいつまでも席につかずにいると、ルーシーは諦めたように話し始めた。

『アスカ、******』

“予定が変わりました。当艦はヴィラ・サン・ノエル城から針路変更、現在、北東に位置するゴットヘイルを目指して高速移動中です”

「ゴットヘイル……?」

 飛鳥が声に出すと、ルーシーは「そうだ」と言うように頷いた。

“バビロン北東にある重要港湾都市です。基地管制の報告では、昨夜未明、クリークダウン空賊団がバビロン領空、ゴットヘイル島を侵犯し、襲撃開始。抗戦を続けるも状況は劣勢だそうです。ルジフェル閣下から、我が艦に撃墜命令が下りました”

 海賊ではなく、空賊……。空しかない世界だからか。撃墜、ということは、ルーシーも闘うのだろうか。じっと見上げていると、ルーシーは更に説明を続けた。

“バビロンは目前でしたが、可及的速やかに……、ということですので仕方ありません。現場に直行します。クリークダウン空賊団の船長、ウルファン・バーキッツを捕えてから、バビロンに帰還することになりました”

「戦うんですか……?」

『******?』

“どうかしましたか?”

 言葉を続けられずに口を閉ざすと、安心させるように頭を撫でられた。

“すぐに片付きますよ”

「ユーノは?」

 ルーシーは微笑んだ。

“今、ファウストが調律をしています。明日には会えるでしょう”

 心の底からほっとした。
 しかし、激突した操縦士を想うと、気鬱は晴れない。誰が乗っていたのかは知らない。何の罪もない人だ。飛鳥のせいで、恐ろしい事故を引き起こしてしまった。
 悄然として俯いていると、ルーシーに頭を撫でられた。

“――未帰還機は一機でしたが……”

 勢いよく顔を上げると、ルーシーは安心させるように微笑んだ。

“心配していた? 安心してください。操縦士は脱出して無事です。僚機が連れ帰りました。破損機の修理や代機との交換にも着工しています。明日には、完全な陣容に復するでしょう”

「あぁ……っ、神様……っ」

 飛鳥は両手で口を抑えた。無事だった。乗っていた人は、無事だったのだ。飛鳥は人殺しではなかった。
 視界はたちまち潤み、熱い雫が頬を滑り落ちた。

『アスカ……』

「ありがとうございます……っ」

 それだけ言うのがやっとだった。ルーシーは飛鳥をじっと見つめた後、両腕を伸ばして抱き寄せた。少々照れ臭かったが、慰めてくれるのだろうと身を任せていると、瞼の上にキスされた。

「――っ」

 柔らかな感触に、鼓動が跳ねる。
 慰めるにしても、度を超していないだろうか。少なくとも、飛鳥の感覚では。胸に手をついて押しのけようとしたら、その手を掴まれた。

“――……”

 ルーシーの淡い思考を読み取り、飛鳥はたじろいだ。慌てて彼の思考から目を背ける。覗いてはいけない気がした。

『******……』

 飛鳥が怯えたように身を引くと、ルーシーは気まずそうに飛鳥の手を離して、視線を逸らした。ぽん、と飛鳥の頭を一撫でして、静かに部屋を出て行く。
 一人になった途端に、心臓は煩いくらい早鐘を打ち始めた。
 ルーシーは、さっき何を思ったのか――キスしたい――本当にそう思ったのだろうか。そんなわけない……、と否定しながらも、胸に湧きあがる喜びを止めることは難しかった。



cont_access.php?citi_cont_id=837031108&s nomad-g-88-2.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ