挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
メル・アン・エディール - 飛空艦と少女 - 作者:月宮永遠

2章:キスと魔法と逃走

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/43

1

 飛鳥は空母から飛び降りて、ルーシーに助けられた後、再び第四甲板の隔離室に戻された。
 ルーシーに聞いた話では、ロクサンヌにかけた魔法も自然と消えたらしい。一昨日の夜、彼等に魔法をかけて、昨夜、自然に消えたということは、魔法の持続時間はおよそ一日だ。

“アスカ、気分はどうですか?”

 あんなことがあったばかりなのに、ルーシーはその日の昼過ぎに、飛鳥の食事を持って現れた。
 しかも、飛鳥が心を読めると知っていて尚、怯まずに、むしろ堂々と心の中で話しかけてくる。「大丈夫です」と応える代わりに頷くと、ルーシーは軽く微笑んで、机の上に銀のトレーを乗せた。
 ゴマやひまわりの種を散らした黒パンは、たった今、釜で焼き上げたかのように、ほくほくとしていて、いかにも香ばしい。手で割ったら、サクッと軽快な音が鳴った。
 小さく千切って口に運びながら、今朝は姿を見せないロクサンヌを想う。彼女はもう、ここへ来ないのかもしれない。
 無理もない……。平然としているルーシーの方がおかしいのだ。飛鳥のことが怖くないのだろうか。
 飛鳥が黙々と食事を続ける間、ルーシーは腕を組んで壁に寄りかかっていた。出て行く気配はない。飛鳥が食べ終える頃を見計らって、ルーシーは尋問を開始した。

“アスカに聞きたいことがあります。年齢は?”

 飛鳥は少し迷ってから、両手を開いた後、両手で六の数字を作った。あわせて十六、というように。十進法のことまで気が回らなかったが、幸いルーシーには通じた。

“十六?”

 首を縦に振った後、二回聞き返された。少し、いや大分切ない……。
 アメリカ旅行中にも思ったことだが、スタイルのいい欧米人種に交じると、飛鳥の体型はずんぐりしていて、年齢以上に幼く見える。
 ストリート・カフェでコーヒーを注文した際、十代と思われる大人びたウェイトレスに「シロップもホイップクリームもいらないの?」と念押しされたことは記憶に新しい。「いいです」と首を振っても「本当に?」と何度か念押しされたのだ。
 彼女の目に、飛鳥はさぞ幼く映っていたのだろう……。
 ここでも同じだ。
 ルーシーに限らず、リオンやロクサンヌ、彼等の飛鳥に対する言動は、あのウェイトレスとのやりとりを思い出させる。

“出身はバビロンですか?”

 否。飛鳥は首を左右に振った。

“バビロン空域外?”

 是。少し迷ったが、これには頷いた。飛鳥の口で説明できない以上、真実を理解してもらうことは不可能に等しい。
 この世界が無限に続く空の世界だと言うのなら、飛鳥は、広大な空のどこかに浮かぶ国の生まれで、目が覚めたら聖域にいた。誘拐された上に、迷子――という設定で誤魔化すつもりだ。

“家族はいますか?”

 その質問は胸に突き刺さった。家族はいたけれど、もう……。今もまだ、悪夢を見ているような気がする。
 顔を伏せて首を左右に振ると、ルーシーの明瞭だった思考はおぼろに揺れた。多少なりとも、飛鳥に対して同情心が芽生えたのかもしれない。

“言葉を話せれば、アスカの口から、古代神器の力について説明できますか?”

 ついにこの質問がきた――。
 いつかは聞かれると思っていたので、あらかじめ設定を考えてある。心を読めること、相手の心を奪う魔法については、知られてしまったから隠しようがないけれど……、世界を渡る力については、黙っているつもりだ。
 飛鳥は自信なさそうに見えることを祈りながら、首を左右に振った。

“古代神器の力を発動するには、口内で音にする必要がありますね?”

 質問、というよりは念押しするように聞かれた。“メル・アン・エディール”と“メル・サタナ”の呪文のことを言ってるのだろう。
 飛鳥が頷くと、ルーシーも「よろしい」と言うように頷いた。

“アスカの今後については、今、上層に確認しているところです。いずれにせよ、言葉を話せないと不便ですね……。こちらの考えを伝えることは出来ても、アスカの考えていることは判らないのですから……”

 飛鳥は同意を示すように深く頷いた。全くその通り。不便で仕方がない。第一、飛鳥は相手の心を読めるのに、相手は読めないだなんて、一方的なコミュニケーションという以前に、フェアではないだろう。
 そう考えると、ルーシーがこうして心の中で語りかけてくれるのは、奇跡と言えるかもしれない。
 この右も左も判らない世界で、彼の一貫した態度には救われる。時々怖いこともあるけれど、ルーシーは飛鳥に対して誠実だ。心の内を暴かれると知っていても、嫌悪どころか、コミュニケーションがはかどると、喜んでいるようにすら思う。
 とはいえ――。
 ルーシーの親切を鵜呑みにしてはいけない。飛鳥に親切に接してくれるのは、それが彼の仕事だからだ。そう考えると、なぜか微かに胸が痛む。
 問答を続けるうちに、気付いたことがある。飛鳥の思考を読む能力は、相手の心を何でもかんでも読めるわけではなく、相手の心の中の、最もはっきりした思考に引っ張られるらしい。ルーシーが思考を読まれていると自覚した後では、その傾向が特に顕著になった。
 それから、読まれることを嫌がっている思考は、靄がかっていて読み辛い。やろうと思えば読めそうだが、無理に暴こうとは思わない。むしろ、プライバシーを自ら守ってくれて助かるくらいだ。ほんの少しだけ罪悪感が和らぐから。

“アスカには、言葉を覚えてもらう必要があります。環境は、こちらで用意します”

 飛鳥はルーシーの青い瞳をじっと見つめた後、『はい』と返事すると共に頷いた。

“……この部屋は窮屈ですか?”

『はい』

 聞くまでもない。瞳に力を入れて見上げると、ルーシーは考える素振りを見せたが、無理だな、というように軽く首を振った。

“また飛び降りられたら困りますからね……”

 飛鳥はしゅんとした。

“明日の夜には、ヴィラ・サン・ノエル城に到着予定です。もう少しの辛抱ですよ”

『はい……』

 ルーシーは、しょげている飛鳥を見て、慰めるように頭を撫でた。慈しむ、優しい手。それは無意識の行為であったが、俯く飛鳥も、ルーシー自身にも違和感は無かった。



cont_access.php?citi_cont_id=837031108&s nomad-g-88-2.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ