挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
メル・アン・エディール - 飛空艦と少女 - 作者:月宮永遠

1章:古代神器の魔法

15/43

12

 雫が笑っている……。
 あの日、二人で楽しみにしていた、ナッツベリー・ファームのウォーターライドに乗って、水飛沫を浴びながら悲鳴を上げている。

“超濡れたんだけどぉーっ!”

 水に浮かぶ丸いカートは、飛鳥と雫を乗せてくるくると回る。滝の水が頭から降り注ぐベスト・ポイントで、雫の座席がちょうど真下にきた。狙ったように頭から水を被り、ずぶ濡れになっている。

“お姉ちゃん、写真撮ってあげよっか”

“壊れるから駄目! 耐水じゃないんだから!”

 レインコートなんて、あってないようなものだ。雫ほどではないけれど、飛鳥も十分びしょ濡れだ。真夏で良かった。髪や肌を濡らす水が心地いい。

 ――あぁ……、私は今、夢を見ているんだ。

 これが夢だと判る。現実に、雫がいるわけがない。雫は、あの日あの事故で、死んでしまったのだから……。
 夢の中で会いに来てくれた。一緒に乗ろうって、約束していたから――。

“靴脱いでおけば良かったー、びしょびしょだよ”

“私サンダルだから平気ー”

 雫が勝ち誇ったように笑う。飛鳥も笑っている。夢だと判っていても、楽しくて仕方がない。いつまでも水飛沫を浴びていたいのに、終わりが近づいている。

“もう一回乗ろうよ!”

 雫が笑う。大賛成だ。何度でも乗りたい。ずっと乗っていたい。けれど、とうとうスタート地点に着いて、カートから降りた。
 スニーカーはびしょ濡れで、歩く度にカエルの潰れたような音が聞こえる。飛鳥の無様な恰好を見て、雫が笑っている。外で待っていた両親が手を振ると、雫は駆けだした――。

“濡れたー”

“待ってよ、お姉ちゃん……”




 体は目覚めつつあるが、離れ難くて、微睡にしがみつくように手を伸ばした。ずっと夢を見ていたい。いつまでも……。

「ン……」

 はだけたシーツを、体の上に掛け直された。少し肌寒かったので、ちょうどいい……。優しい手つきで頬にかかる髪を払われる。微睡から目覚めた飛鳥は、ルーシーの青い瞳を見て固まった。

「――っ」

『****、アスカ』

“起きた?”

「ルーシー……」

 ルーシーはベッドに腰掛けて、飛鳥の髪を撫でている。
 脳が覚醒すると共に、とてつもない落胆に襲われた。あれは夢で、これが現実……、逆なら良かった。これが夢で、さっきまで見ていた、幸せな世界が現実だったら、どんなに……。
 胸が痛い……。
 あっという間に視界が潤んだ。顔を背けた途端に、涙が頬を伝う。背けた頬に、ルーシーの視線を感じた。今は見ないで欲しい。背を向けて手で顔を隠したら、頭を撫でられた。

『*******……』

 思考を読むまでもなく、慰めを口にしていることは判る。けれど、その優しさは全てまやかしだ。
 緩慢な動作で起き上がると、ボサボサになっているだろう髪を手櫛で梳いた。寝起きを見られるのは、かなり恥ずかしい。
 いくら子供と思っているからって、寝起きに会いに来ないで欲しい。パジャマ姿だし、ブラもつけていないのに……。厚い生地だから透けてはいないけれど、意識したら急に恥ずかしくなってきた。

『******……』

“どうして泣いた? 夢?”

「お早うございます……」

 寝起きの顔を見られたくなくて、俯いたままお辞儀したら、大きな手で優しく頭を撫でられた。

“大丈夫?”

 居心地が悪くて仕方ない。視線を泳がせていると、額に掠めるようなキスをされた。

「ちょっと!」

 飛鳥の思考は完全に停止した。ドキドキし過ぎて、口から心臓が飛び出しそうだ。額を押さえる飛鳥を、ルーシーは優しい眼差しで見つめている。

『**********』

“案内したいが、平気? 様子を見るか……”

 どうやら艦内を案内してくれるらしい。頷きそうになるのを堪えていると、ルーシーは飛鳥の頭を軽く撫でて、ベッドから立ち上がった。

「ルーシー?」

『アスカ、******』

 ルーシーは、眩しい笑顔で「また来る」といった意味合いの言葉を口にすると、今度こそ颯爽と部屋を出て行った。
 では今は、何しに来たのだろう。
 まさか、お早うのキスをする為だけに……。……。飛鳥は顔を赤らめて、シーツに視線を落とした。



cont_access.php?citi_cont_id=837031108&s nomad-g-88-2.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ