挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
メル・アン・エディール - 飛空艦と少女 - 作者:月宮永遠

1章:古代神器の魔法

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/43

11

 扉を開けて、豪華な正肩章を身につけた青年が入ってきた。とても端正な顔立ちをしている。ショートボブで整えたストレートの灰銀髪を揺らして、苛立たしそうに飛鳥達の前までやってくると、涼しげな青い双眸で睥睨へいげいする。

『カミュ、******』

 ルーシーは青年を「カミュ」と呼んだ。

『******……』

『*********』

 カミュは飛鳥を見て、顔をしかめる。

“何でこんな所に?”

 顔を俯ける飛鳥の肩を、ルーシーは守るように抱き寄せた。ルーシーはカミュに何やら説明しているようだが、カミュの表情は厳しいままだ。

“アスカを大切にしたい”

 魔法によって捻じ曲げられた、ルーシーの心の声。

“何言ってる? どうした?”

 そして、戸惑いを隠せないカミュの心の声。

『ルーシー、*****! ******、********』

 カミュは飛鳥を指差して、ルーシーに向かって声を荒立てている。

“閉じ込めてなどおけない”

“何考えてる? 子供だから油断してる? なんだこの客人扱いは……”

 飛鳥の扱いに対して、二人は真っ向から対決している。普段から、気さくに意見を交わせる関係なのだろう。カミュは様子の違うルーシーを不審に思い、その原因が飛鳥にあるのではないかと疑っていた。
 その通りだ。
 二人の争う声が耳に痛い。飛鳥が魔法を使ってしまったせいで、いらぬ騒動を引き起こしている。
 カミュは飛鳥の腕を強く引っ張り、無理やり立たせようとした。

「痛っ……」

『アスカ!』

 ルーシーがすかさず間に割って入る。飛鳥も逃げるように、ルーシーの背中に隠れた。悪循環と判っていても、この場を切り抜ける為にカミュに魔法をかけたくなる。

『****! アスカ*******。カミュ、******、************……』

“乱暴は止せ。アスカは危険なんかじゃない”

『ルーシー! ******』

“おかしい。らしくない”

『アスカ****! ********』

“アスカを隔離室に戻す”

『******!』

“出ていけ”

 二人はしばらく言い争った末、最終的にカミュが折れた。扉は荒々しく閉まり、静寂が訪れる。ルーシーの背中に張りついていた飛鳥は、慌てて距離を取った。

『アスカ、******……』

“怖がらないで”

 カミュのあからさまな敵意に晒されて、心はボロボロだ。もう思考を読むのは止めようかとすら思う。差し伸べられた手を殆ど何も考えずに取ると、ゆっくり手を引かれて広い胸の中に抱きしめられた。

“大丈夫、大丈夫……”

 ルーシーは慰めるように、飛鳥の耳元で『シィ』と囁いた。腕も声も暖かくて優しいけれど、魔法にかけられているせいだと思うと、何もかも虚しく感じる。
 もう魔法はたくさんだ。
 今より状況が悪化するとしても、ルーシーとロクサンヌを早く元に戻して、罪悪感から解放されたい。
 ルーシーは魔法にかけられたことを知ったら、怒るだろうか。自業自得だが、彼になじられるのは怖い。
 家に帰りたい。
 明日の心配など、いらない世界に帰りたい。安全で、幸福に溢れた我が家に帰りたい。自分のベッドに横になって、何の心配もせずに眠りにつきたい……。

『******?』

 ルーシーの腕の中から抜け出すと、静かに首を横に振った。ルーシーが傍へ寄ろうとすれば、その分だけ距離をとる。
 一人になりたい。
 思考を読み取る気も失せて、ただ静かに首を振った。
 飛鳥の拒絶を感じとり、ルーシーは名残惜しそうにしながらも、静かに部屋を出て行った。扉の鍵も今はどうでも良かった。閉じ込めたければ、好きにすればいい。
 疲れた……。
 シャワーを浴びて、白いワンピースのようなネグリジェに着替えると、緩慢な動作で天蓋つきのベッドに潜りこんだ。
 白い絹のシーツは、うっとりするような手触りで、溜息が出そうになる。手足を伸ばすと、凪いだ海に浮かんでいるような、ゆったりとした心地良さを味わえた。
 だけど――。
 どんな豪華なベッドよりも、愛する我が家の、慣れ親しんだ狭いシングルベッドがいい。あのベッドの安心感に勝るものなんてない。あのベッドで目覚めることが出来ないのなら、いっそこのまま、永遠の眠りにつきたい。

 ――明日なんて、来なくてもいい。目が覚めなければいい……。



cont_access.php?citi_cont_id=837031108&s nomad-g-88-2.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ