挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水鏡に咲く白き花 作者:水城ゆま

第三章『 泥中之蓮 』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

80/85

「 蓮華の花守 - 見合い 」(十八)



「 記憶が無いとは、どの様な感覚なのかな? ――― 悲しいですか? 不便でしょうか? 記憶を取り戻したいですか? 」

答える気も、答える余裕も 睡蓮(スイレン)には無かったが、晦冥(カイメイ)も彼女の返答など望んではおらず言葉を続けた ――― 。

「 しかし、睡蓮(スイレン) ――― 君は運が良いですよ?記憶を無くしても 何不自由無く生きている事もそうですが、その胸に矢が突き刺さった筈なのに生きている。 」

――― それは、確かにそうかもしれないと 睡蓮(スイレン)晦冥(カイメイ)の言葉を否定する事が出来ず、(むし)ろ 彼から語られる言葉に関心を持ったかの様に耳を傾け始める。
晦冥(カイメイ)は冷たさと鋭さが入り混じった眼を睡蓮(スイレン)に向けていたのだが、薄闇と逆光に隠れた彼の表情に睡蓮(スイレン)が気付く事は無かった ――― 。

「 思い出す事が全てではありません…――― 記憶は生きる上で邪魔になる時もある…… 折角 手に入れた " 睡蓮(スイレン) " としての幸せな人生を大事に生きなさい。 」

「 ………あなたは 」
消え入りそうな小さな声ながらも睡蓮(スイレン)が口を開いたので、部屋の前を過ぎ去ろうとした晦冥(カイメイ)は彼女の言葉に興味を持ち、耳を凝らして足を止めた ――― 。
薄暗い中でもお互いがお互いの顔を眼を逸らさずに見詰め続けているのは判っている。

「 あなたは私の事を…――― 記憶が無くなる前の私の事をご存じなのですか……!? 」

「 …まさか! ――― それなら、君を見つけて 放って置く訳が無いでしょう? 」

睡蓮(スイレン)自身も可笑(おか)しな質問である事は自覚していたが、苦笑した様な晦冥(カイメイ)の声を聴いても心の中は納得出来ず ――― 白夜(ハクヤ)秋陽(しゅうよう)桔梗(ききょう)に感じた懐かしさにも似た " 何か " を 薄暗闇の中に佇む 晦冥(カイメイ)の姿から感じずにはいられない自分の心にハッキリと気が付いていた。


「 晦冥様? 」

白夜(ハクヤ)か…――― 良かったね、睡蓮(スイレン)

睡蓮(スイレン)と聞き、血相を変えた白夜(ハクヤ)晦冥(カイメイ)を押し退ける勢いで扉の前に駆け込むと、闇に包まれて立つ睡蓮(スイレン)の姿が彼の瞳に映し出された。

「 本当に君は運が良い……。 」
晦冥(カイメイ)睡蓮(スイレン)に敬服と羨望を浮かべた眼で誰の耳にも聞こえない程の小さな声で呟くと、「 貴方を探していたのですよ 」と 嘘か誠か (にこ)やかに ナジュムに ()の後の予定を伝え始めた。

彼の()の様子を、睡蓮(スイレン)は 極度の緊張から乱れた呼吸を整えながら睨み続け ―――
震え怯える睡蓮(スイレン)を見つめながら、彼女の(かたわ)らに身を置いた白夜(ハクヤ)の胸の内は晦冥(カイメイ)に対して僅かに残っていた情の全てが怒りへと変化を遂げようとしていたが、怯える睡蓮(スイレン)を目の前にしても、彼女に触れる事への躊躇い ――― 桔梗(ききょう)の泣き顔の記憶と睡蓮(スイレン)を抱き寄せたい衝動 ――― 保護本能。
彼の心の中で理性と本能が衝突し、真っ向からの対立を繰り広げようとしていた ――― 。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ